剣盾がむしゃら。 【ポケモン剣盾】ミミッキュ弱体化!? 前作からの変更点まとめ【特性、技、道具など】

【ソードシールド】ルガルガン(たそがれ)の育成論|起点作り+削りのエキスパート【ポケモン剣盾】

剣盾がむしゃら

トゲデマルの育成論 トゲデマルの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:ひらいしん or がんじょう• 持ち物:きあいのタスキ or とつげきチョッキ or ラムのみ• 努力値:H4 A252 S252• トゲデマルは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は避雷針と頑丈の好きな方を選ぼう! トゲデマル通常特性で『てつのとげ』と『ひらいしん』、夢特性で『がんじょう』と、どれも優秀な特性なので悩みどころです。 この中でも特に強いのが避雷針と頑丈であり、自分の構築と相談しながら選ぶといいと思います。 避雷針で襷をもたせれば、特性の両立のような形になるので、こちらもおすすめです。 持ち物は行動保証をつけられるものが望ましい トゲデマルは耐久の低いポケモンであるため、避雷針の特性を選んだのであれば、きあいのタスキを選ぶのが良いです。 襷を持たせることで、努力値を火力面に思いっきり振ることができるようになるのも大きいです。 一方、耐久に振るのであれば、とつげきチョッキも相性が良いです。 猫騙しやほっぺすりすりといった、攻撃技でありながらサポートができる技をそなえており、補助技が採用できないというデメリットをあまり気にせず持つことができます。 鬼火も誘いやすいのでラムのみもおすすめです! 努力値は基本的にAS特化で! トリプルならまだしも、ダブルやシングルではサポート役にもある程度の火力が求められます。 トゲデマルは素早さにも長けているため、火力を上げることで上から倒していく動きができるようになるので、基本的には火力を上げるAS振りが望ましいです。 おすすめの技 トゲデマルのおすすめの技を紹介します。 ねこだまし シングルでは不要ですが、ダブルならよほどのことがない限り採用しましょう! ダイマックスには無効化されるものの、エルフーンやドータクンなど、サポーターであることがわかり切っているポケモンには撃っていけます。 ほっぺすりすり ほっぺすりすりを覚えることがトゲデマルを採用する理由と言っても過言ではないのでしょうか? 命中100で襷を削りながら麻痺を付与できるのがとても優秀で、とつげきチョッキと相性が良いのも嬉しいところです。 ポケモン剣盾では、素早さ操作がそのターンに反映されるため、この技で素早さを落として隣のポケモンに仕留めてもらう動きが非常に強力です。 アイアンヘッド トゲデマルの鋼技としてアイアンヘッドもほぼ確定でしょう。 フェアリータイプへの打点として、非常に有効です。 びりびりちくちく ほっぺすりすりを電気技のメインとするには威力が低すぎるので、攻撃技としての電気技もほしい方はびりびりちくちくも合わせて採用しましょう。 ワイルドボルトと違って反動がなく、3割で怯みをとれるのも強いです。 とんぼがえり ねこだまし持ちは交代戦でこそ真価を発揮するので、攻撃しながら引っ込むことができるとんぼがえりもほしいところです。 とんぼがえりで降臨させたポケモンに、隣のポケモンのダイジェットで素早さアップを付与していくなど、おもしろい動きもできるようになるのでおすすめです。 味方の弱点保険を押しながら交代するのもおもしろいですね。 ニードルガード トゲデマル式の守るです。 てだすけ アンコールの圧力から守るを選択されにくいので、てだすけも使いやすくておすすめです。 アンコール わざわざ覚えさせなくても、覚えている前提で相手側は動かなくてはいけないため、持っている可能性があるという択があるだけで十分だと思います。 (技スペが足りない) トゲデマルの対策 トゲデマルは様々なサポートが可能なため、全く仕事させないといったことは難しいです。 そんな中でも有効な対策を紹介します。 地面タイプのポケモンを採用する トゲデマルは電気タイプのほっぺすりすりで素早さを落としていくのがメインの仕事になるので、電気技の効かない地面タイプのポケモンを採用するのが有効です。 トゲデマルが地面4倍弱点なのもあり、地面タイプのポケモンがいればかなり楽になるはずです。 高耐久のポケモンを採用する トゲデマルを採用すると火力があまり期待できないため、攻撃面は隣のポケモンに依存していく形になっていきます。 トゲデマルのコンボ自体を無力化するのは難しくても、攻撃を受けきることは耐久の高いポケモンであれば難しくないでしょう。 トゲデマル自身も耐久が低いポケモンなので、火力のないポケモンでも反撃で十分削っていけるはずです。 まとめ トゲデマルは避雷針の特性で味方を守りつつ、猫騙しやほっぺすりすりで盤面を操作するサポーターとして活躍できます。 避雷針の特性を選んだケースでは、AS振りで襷を持たせて、行動保証と火力を両立させるのがおすすめです。 サポーターとしては優秀ですが、地面タイプのポケモンや高耐久のポケモンを突破するのが苦手なので、トゲデマルを採用する際には、そこをどうカバーするかがポイントになりそうです。

次の

【ソードシールド】ルガルガン(たそがれ)の育成論|起点作り+削りのエキスパート【ポケモン剣盾】

剣盾がむしゃら

ひなたです。 マックスレイドバトルの仕様あれこれ 色々と通常のバトルと違う仕様のマックスレイドバトル。 今回はそんなマックスレイドバトルで色々試してみた結果を書いていこうと思います。 また、 キョックスできる個体かどうかは、シルエットを見ればわかるようになっています。 マホイップはわかりやすいですね。 キョックス+ともなると、なかなか出ないです……。 この場合、こだわりがなければ捕獲率が高くなるボールを使いましょう。 ダークボールなら昼夜問わずマックスレイドバトルで効果を発揮するようです。 積み技は無駄になる可能性アリ マックスレイドバトルの相手は、時々攻撃前に全体のステータス変化・特性を消してしまいます。 これをされてしまうと、相手のバリアを破壊した時の防御・特防ダウンすらも消えてしまいます。 以前の記事でを紹介しましたが、あくまでモスノウ用です。 にも使えなくはないですが、打ち消される可能性があることはご理解ください。 気付いたあれこれ ここからは、マックスレイドバトルで色々やってみた結果を書いていきます。 気付いた・見つけたことがあれば随時追記していきます。 トリック無効 スカーフ押し付けを狙ってトリックを使ってみましたが、無効でした。 トリックで相手を縛ることはできないようです。 ふういん出来ない 「出来ない」と書くべきかどうか……。 一応、 ふういん自体は決まります。 しかし、 ふういん状態にもかかわらず、普通にこちらの覚えている技と同じ技を撃ってきます。 マックスレイドの相手はックス状態にもかかわらず通常技を使用できるため、変な仕様が多いです。 眠りすら解除する謎の波動 ステータス変化を打ち消す波動ですが、何故か 相手の状態異常まで解除してしまいます。 眠り状態でも使用してくるため、眠らせて倒す……なんてことは出来ません。 元より、バリア中は変化技無効になるため、状態異常技を撃つ機会自体ありませんが……。 のろいは効く……が 実際のろいを撃つ暇があるかは別として、のろいは通ります。 ただし 効果は微々たるものなので、 HPを半分削ってまで使う価値は薄いです。 一撃必殺技について バリアを張っていない時は効かず、張っている時に効くという変わった仕様です。 しかも バリアを2ゲージ破壊します。 なんと固有のメッセージ付きです。 ただし、 ックス相手でもよく外れますので、使用する価値は……うん。 どく・やけどについて どく・やけど状態など、 割合ダメージはックスしていない状態のHPで計算するため、ダメージは非常に微々たるものになります。 しかも 波動で相手は状態異常を回復してくるため、 おにびやどくどくを撃つ意味はほとんどないです。 の追加効果はバリア貫通 のが使用する。 なぜか バリアを張っていても能力変化がリセットされます。 相手が積み技を使っている時は役に立つのですが、バリアを破った時に下がった防御・特防ダウンもリセットしてしまうのは……うん がむしゃらについて 相手のHPを自分のHPと同じにする「 がむしゃら」。 実際撃つとどうなるのか試しました。 ますは レベル60の で にがむしゃら。 ダメージ低いなぁ……。 どうやら「自分のHPと同じにする」わけではないようです。 次は同じに レベル100にした同じでがむしゃら。 ……あれ? 効果がありませんでした。 どうやら、「 自分のHPの方が高い場合は不発」の仕様が働いているようです。 ですが星5ックスのよりHPが高いなんてことは……。 おそらく「 ックス前のHP参照でダメージが通るか判定している」のだと思います。 また、 与えるダメージも「ックス前のHPを参照している」と推測できます。 どっちにしろ、そこまで有用な技ではありません。 おとなしく他の技を使った方がいいでしょう。 たこがための仕様 相手が逃げられなくなる上に毎ターン防御・特防を下げる「たこがため」ですが、たこがためを非バリア時に当てても、 相手がターン終了時点でバリアを張っている場合は防御・特防が下がりません。 ちなみに、 謎の波動でランク変化は解除されますが、たこがため状態は解除されません。 しかし、バリアを張っている方が長いマックスレイドバトル。 たこがためを採用するメリットはないと言っていいでしょう。 みずびたしの成否 バ リア時・非バリア時にかかわらず失敗します。 非バリア時は「うまく きまらなかった!」と表示され、バリア時は「ックスのちからで はじかれた!」と表示されます。 パワーシェアの効果 当然ですが、 バリア時無効です。 しかし、 非バリア時はちゃんと攻撃・特攻がシェアされます。 しかも 波動を使われてもシェア状態は解除されず、ツボツボのように攻撃系ステータスが低いでパワーシェアを使えば大幅な弱体化をさせることができます。 水タイプのに抜群の放電が急所に当たってもこの程度。 パワーシェアの使い手的に使用が難しいですが、 無効化されない弱体化としての価値は十分にありますね。 さて、今回はこの辺で。 また次回の更新でお会いしましょう。 hinata-nagare.

次の

【ポケモン剣盾】「ビークイン」がガラル地方で失った技一覧がこちら… 専用技没収はあんまりだよ!!

剣盾がむしゃら

トゲデマルの育成論 トゲデマルの育成論はこのようになります。 性格:ようき• 特性:ひらいしん or がんじょう• 持ち物:きあいのタスキ or とつげきチョッキ or ラムのみ• 努力値:H4 A252 S252• トゲデマルは基本的に攻撃を活かす形になるので、陽気が良いでしょう。 特性は避雷針と頑丈の好きな方を選ぼう! トゲデマル通常特性で『てつのとげ』と『ひらいしん』、夢特性で『がんじょう』と、どれも優秀な特性なので悩みどころです。 この中でも特に強いのが避雷針と頑丈であり、自分の構築と相談しながら選ぶといいと思います。 避雷針で襷をもたせれば、特性の両立のような形になるので、こちらもおすすめです。 持ち物は行動保証をつけられるものが望ましい トゲデマルは耐久の低いポケモンであるため、避雷針の特性を選んだのであれば、きあいのタスキを選ぶのが良いです。 襷を持たせることで、努力値を火力面に思いっきり振ることができるようになるのも大きいです。 一方、耐久に振るのであれば、とつげきチョッキも相性が良いです。 猫騙しやほっぺすりすりといった、攻撃技でありながらサポートができる技をそなえており、補助技が採用できないというデメリットをあまり気にせず持つことができます。 鬼火も誘いやすいのでラムのみもおすすめです! 努力値は基本的にAS特化で! トリプルならまだしも、ダブルやシングルではサポート役にもある程度の火力が求められます。 トゲデマルは素早さにも長けているため、火力を上げることで上から倒していく動きができるようになるので、基本的には火力を上げるAS振りが望ましいです。 おすすめの技 トゲデマルのおすすめの技を紹介します。 ねこだまし シングルでは不要ですが、ダブルならよほどのことがない限り採用しましょう! ダイマックスには無効化されるものの、エルフーンやドータクンなど、サポーターであることがわかり切っているポケモンには撃っていけます。 ほっぺすりすり ほっぺすりすりを覚えることがトゲデマルを採用する理由と言っても過言ではないのでしょうか? 命中100で襷を削りながら麻痺を付与できるのがとても優秀で、とつげきチョッキと相性が良いのも嬉しいところです。 ポケモン剣盾では、素早さ操作がそのターンに反映されるため、この技で素早さを落として隣のポケモンに仕留めてもらう動きが非常に強力です。 アイアンヘッド トゲデマルの鋼技としてアイアンヘッドもほぼ確定でしょう。 フェアリータイプへの打点として、非常に有効です。 びりびりちくちく ほっぺすりすりを電気技のメインとするには威力が低すぎるので、攻撃技としての電気技もほしい方はびりびりちくちくも合わせて採用しましょう。 ワイルドボルトと違って反動がなく、3割で怯みをとれるのも強いです。 とんぼがえり ねこだまし持ちは交代戦でこそ真価を発揮するので、攻撃しながら引っ込むことができるとんぼがえりもほしいところです。 とんぼがえりで降臨させたポケモンに、隣のポケモンのダイジェットで素早さアップを付与していくなど、おもしろい動きもできるようになるのでおすすめです。 味方の弱点保険を押しながら交代するのもおもしろいですね。 ニードルガード トゲデマル式の守るです。 てだすけ アンコールの圧力から守るを選択されにくいので、てだすけも使いやすくておすすめです。 アンコール わざわざ覚えさせなくても、覚えている前提で相手側は動かなくてはいけないため、持っている可能性があるという択があるだけで十分だと思います。 (技スペが足りない) トゲデマルの対策 トゲデマルは様々なサポートが可能なため、全く仕事させないといったことは難しいです。 そんな中でも有効な対策を紹介します。 地面タイプのポケモンを採用する トゲデマルは電気タイプのほっぺすりすりで素早さを落としていくのがメインの仕事になるので、電気技の効かない地面タイプのポケモンを採用するのが有効です。 トゲデマルが地面4倍弱点なのもあり、地面タイプのポケモンがいればかなり楽になるはずです。 高耐久のポケモンを採用する トゲデマルを採用すると火力があまり期待できないため、攻撃面は隣のポケモンに依存していく形になっていきます。 トゲデマルのコンボ自体を無力化するのは難しくても、攻撃を受けきることは耐久の高いポケモンであれば難しくないでしょう。 トゲデマル自身も耐久が低いポケモンなので、火力のないポケモンでも反撃で十分削っていけるはずです。 まとめ トゲデマルは避雷針の特性で味方を守りつつ、猫騙しやほっぺすりすりで盤面を操作するサポーターとして活躍できます。 避雷針の特性を選んだケースでは、AS振りで襷を持たせて、行動保証と火力を両立させるのがおすすめです。 サポーターとしては優秀ですが、地面タイプのポケモンや高耐久のポケモンを突破するのが苦手なので、トゲデマルを採用する際には、そこをどうカバーするかがポイントになりそうです。

次の