ハイキュー 367。 ハイキューネタバレ最新367話確定【日向不在を受け入れる烏野】

ハイキュー 367話 ネタバレ 感想 春高 鴎台戦 決着 日向なしの闘いの結末

ハイキュー 367

2019年9月30日(月)週刊少年ジャンプ44号 発売 367話のネタバレ 本作は今回影山のジャンプサーブから始まった。 鴎台はうまくとることができず、チャンスボールになるところを味方のサポートがあって烏野コートに押し込みますがすかさず西谷が上げて月島、田中へとボールが渡る。 田中へのトスは良かったものの鴎台はまだ上げてくる。 しかし、これも烏野のチャンスボール。 同時多発位置差攻撃(シンクロ攻撃)で決めようとするものの、月島が足をつってしまう。 烏養は菅原と山口のどちらを出すか迷いますが、菅原が積極的に山口を出すように指示。 月島は去り際に大きな声で仲間にアドバイス。 改めて田中のサーブ。 しかしこれは、返され鴎台の得点に。 23対24で鴎台のマッチポイント。 鴎台のサーブを東峰がレシーブ。 沢村がスパイク。 鴎台のチャンスボールになるもまた烏野がチャンスボールに。 山口、西谷がつなぎ、田中、これも鴎台のチャンスボールと白熱な試合に。 鴎台のスパイクを沢村がレシーブ。 ここでエース東峰にスパイクを任せる。 鴎台は3枚ブロックでなんとかチャンスボールに。 そして鴎台はエース星海光海によるスパイク。 西谷がレシーブするもボールは乱れ、そのボールに向かい田中が全力で追おうとするものの届かない。 こうして烏野高校は敗退。 彼らの春が終わってしまう… 「ハイキュー!! 」367話の感想(ネタバレ含む) 「ハイキュー!! 」367話を読んだ感想(ネタバレ含む)1 鴎台の星海が強烈なスパイクを放ち西谷がそれに食らいつくもボールは無情にもコートに落ち、烏野の春が終わりました。 この試合では、烏野の切り札でもあった陽向が発熱により途中交代、守備の要でもある月島が足をつるなど試合終盤には満身創痍のチーム状況でした。 今後の展開としては、3年生が引退し新章へ突入すると考えます。 今大会を通して烏野の活躍はめざましく、有望な1年生が入部してくると思います。 そして、今の1年生2年生がそれぞれ学年を一つ上げて新入生とともに新生烏野バレー部のストーリーが始まると考えます。 鴎台との試合で烏野の面々はそれぞれが課題を突きつけられました。 それと向き合いながらそれぞれが成長を遂げていくのだと思います。 漫画「ハイキュー!! 」367話を無料で読む方法 「ハイキュー!! 」367話が掲載されている「週刊少年ジャンプ」を完全無料で読む方法は漫画の読み放題のサービスを含めありません。 ですが「ハイキュー!! 」の電子版コミック単行本を完全無料で読む方法は存在します。

次の

【ネタバレ注意】カラス散る…。ハイキュー!!367話【感想・考察】

ハイキュー 367

ハイキュー367話で遂に鴎台との勝負が決着となりました。 決勝での梟谷との勝負が待っているのではと言われていましたが、 現実に準決勝の相手が未だに名前すら登場していないと言う事から、 おそらくこの鴎台で敗北に喫するのではと言われていました。 今3年の菅原や東峰そして澤村はここで引退となります。 インターハイが描かれていなかったので来年2年となる影山や日向がどんなチーム作りをしていくのかを見ていく事になりそうです。 それでは鴎台と烏野のクライマックス367話を考察していきましょう。 ハイキュー367話 満身創痍の烏野 日向が抜けた穴を感じさせない攻防を見せている烏野ではあります。 影山のサーブに対して何とか触ろうとする鴎台。 チャンスには同時攻撃を仕掛けますが疲労困憊の月島はジャンプと同時に足がつってしまいます。 下がる月島に対して烏養は菅原を入れようとしますが、 菅原から今の状況なら山口だと言われます。 「学年なら関係ないと」 冷静な判断をする菅原の言葉を聞き入れての烏養監督。 出ていく時に月島は残ったメンバーに対してブロック指示を出しています。 鬼気迫るとはまさにこの事を言うのではないでしょうか。 点差は1点で烏野22-23鴎台となっています。 試合状況を真剣に見ている日向の姿。 一体何を考えているのでしょうか。 ハイキュー367話 烏野が敗北する お互いに執念のこもった一球入魂を見せています。 しかし点差は1点のまま鴎台のマッチポイントとなりました。 ワンチが続くラリー。 強烈な一打を澤村が見事に上げています。 最後に託したのは烏野エースの澤村でした。 ブロックに辺り上空へ上がりますがそれを上げて鴎台は星海のスパイク。 西谷に当たりますが外側に弾かれてしまいます。 そのボールを追いかける田中。 しかし間に合わず地面に落ちてしまいます。 この瞬間に烏野の負けが確定しました。 一瞬会場内全ての時間が止まったような雰囲気になりました。 烏野は春高ベスト8の成績で幕を閉じる事になりました。 ハイキュー368話 敗北の烏野 勝って次の試合と考えていたであろう選手ですが帰る事になります。 古豪と呼ばれた烏野がもう一度空を飛んだ今回の春高ですが、 もう一度同じメンバーで出来る訳ではありません。 日向と影山と月島は1年なのでそのまま2年で残留です。 西谷は2年でキャプテンになるのであろうと推察されますね。 山口も更に力を引き上げて今後の展開次第ではスタメンもあるでしょう。 次に入ってくる部員は全国に再度向かったチームとして人数が多めに来るのではとも想像出来ます。 2年にあがる日向たちの前にまずは引退となる澤村や東峰や菅原の事があります。 来年も同様に烏養が監督としていてくれるのかはまだ分かりません。 今回は日向にとっても大きな意味の持つ敗北になったでしょう。 自分がいない所で自分のチームの敗北が決まってしまう。 中学校のチームに恵まれなかった状況でもそれはありませんでした。 本当の意味で一番ショックを受けているであろう日向だからこそ、 ここでの精神的な成長はチームに大きな意味を持たせるのだろうと思えます。 ただ作品として日向2年を描いて、 また白鳥沢との戦いなどを見せていくのかは分かりません。 もしかしたら全日本ユースの話に転換されていく事も考えられそうですが、 この先の展開がどうなるのかも含めてここから数話は重要な意味を持ちそうです。

次の

ハイキューのネタバレ368話は静かな試合終了!敗者は何を想うのか|大漫画時代

ハイキュー 367

スポンサードリンク ハイキュー367ネタバレ:月島交代 日向が抜けた穴を感じさせない攻防を見せている烏野。 影山のサーブに対し、何とか触ろうとする鴎台。 チャンスには同時攻撃を仕掛けるものの、疲労困憊の月島はジャンプと同時に足がつってしまう…。 下がる月島に対し、烏養は菅原を入れようとしますが、菅原は、今の状況なら山口だと言います。 「学年は関係ない」 冷静な判断をする菅原の言葉を聞き入れた烏養監督。 ハイキュー367ネタバレ:一点差 出ていくとき、月島は残ったメンバーに対し、ブロック指示を出していました。 鬼気迫るとはまさにこのこと。 点差は一点差。 烏野22-23鴎台 そして、試合状況を真剣に見る日向。 スポンサードリンク ハイキュー367ネタバレ:敗北後の展開 おそらくは読者の大方の予想通りではあったでしょう。 決勝で梟谷との勝負が待っているのではとも思われていましたが、現実に準決勝の相手が未だに名前すら登場していなかったので、この鴎台戦が今回の烏野の最後の試合なのだろうと。 今3年の澤村、菅原、東峰はここで引退となります。 もう一度同じメンバーではもうできません。 日向と影山、月島は1年なのでそのまま2年へ。 西谷は2年なのでキャプテンとなるのではないでしょうか。 山口も更に力を入れ、今後の展開ではスタメンもあり得ますね。 そして、次に入ってくる部員は全国に再度立ち向かった烏野高校ということで、大勢入ってくる可能性もあります。 今回は日向にとって、大きな意味の持つ敗北になりました。 自分がいないところでチームの敗北が決まってしまう。 中学校のチームに恵まれなかった状況でも、そんなことはありませんでした。 本当の意味で一番ショックを受けているであろう日向。 ここで精神的な成長を見せることができるのか…!?.

次の