グラブル ルシファーhl 初心者。 ルシファーHLでの土マグナ編成の紹介(キャラクター編)

【グラブル】ルシファーHL初心者向け攻略!お勧めキャラや立ち回りを解説

グラブル ルシファーhl 初心者

ちなみにのアニマはともかくオメガユニットが足らないのは僕がアルバハHLあんまりやってないからです。 前回話したモチベもありますが、とにかく高速リロしないと展開におっつかないんで、ターン毎に思考する時間があるルシファーHLより苦手なんすよね…。 というわけで前回の続きでキャラ・武器・石編です。 まずはキャラから ・オクトー 必須枠。 土の最大の役割はオクトー入れてのオバチェなので。 水もヴァジラ入れればいけますが、水に負担かかるうえにじゃあオクトー抜いて誰いれんのよって話。 他のキャラの奥義威力がせいぜい100万いくかいかないかくらいのところ、オクトーはLBと1アビのおかげでルシファーHL相手にも十分なダメージが出ます(さすがに上限は出ないけど)。 途切れることなく土バフ撒き続け、奥義や2アビのゲージ分配でウォフ剣奥義の水変換やブロ奥義のディスペルの頻度を高められる。 特に長期戦になるおかげで4アビの永続消去不可の高揚が大きく感じます。 ・ ほぼ必須枠。 2アビでパラロス受け、オクトー奥義の土バフをブロが強化することによって全体のダメージを底上げ、スパルタのクスがない場面でも1アビで行動可能、奥義でディスペル、さらにサポアビの刃鏡が永続消去不可なので、オクトーほどではないにせよスパルタや他のキャラに比べて火力がダンチ。 土レならともかくサラ入れてるときですらオメ剣採用してるのは、スパルタもそうですがブロの奥義頻度を高めるためでもあります。 ・サラ ここから選択枠ッッッ。 特に試練開始時のオバチェで95踏んだ場合一番確実な受け流しが可能なのはダントツでサラ。 特にカットが必要ない場面でも70や55のCTMAX時に、既にCTMAXのルシファーに対してサラ2アビに反応させてMAXを無駄打ちさせたり、+でつく防御UP目当てにファラの上からかけるのもアリ。 もちろんサラに被弾が集中するのでサラのHPは凹むが、逆にいえば他のメンバーの渾身維持が可能であり、サラ自身も背水のサポアビを持つためにHPが減れば減るほど火力が増す。 弱点は後の2人に比べて回復面はからっきしなことだが、被ダメを抑えるという点で回復以上にHPに貢献してるはず。 ・土レ サブで磨いた圧倒的LB!サブ枠のデンジャラス・コイン!土レだッッ! 強みの1つは剣得意。 4人中3人剣得意になることでオメ剣の恩恵が増す。 1アビの土バフはオクトー奥義と重複するので火力増強&再生でHP維持。 2アビの単体回復は回転が速いうえに強バフ尽き。 (石のほう)の召喚効果に加えて1アビと2アビの回復量も底上げされるので、ある意味ユグマグ(石)の召喚効果を一番うまく使える女。 ただおそらく土レの一番の強みは3アビ。 反射は 全属性カットが無効にされるケースでも有効なので(75以降とか)、オバチェと同ターンのポースボロス対策にも有効。 石が使えないのでパラロスを受けるにはアビや奥義だけで100カットするしかなく、土レがいればクスとあわせて対処可能。 スンマセン。 ちなみに火力はオメ剣適用されても所詮回復タイプなのでクソカス。 大事なのは闘争の手数。 ・ラ!1年生 超一流アイドルの超一流の回復だ!生で拝んでオドロキやがれッッ からの刺客!&&!! なぜかルシファーと戦わされることになったスクールアイドルにして第3の少女。 強みはなんといってもその圧倒的な回復力。 4アビで回避すれば 2100と、とにかく全体のHPを戻すことに長けている。 特筆すべきはこれらがすべて高回転なことで、奥義は威力は弱いし土バフはオクトーに上書きされるがそのオクトーのおかげで頻度を高められ、2アビはCt6、4アビに至ってはCT5。 1アビのグラビティもパラロス担当の際の調整に有用(ただし命中率は低いので頼りきりにはできない)。 弱点はやはり火力がゴミクズなことと、かばうや別枠カットがないので特殊技の受けに難があること。 ただし95のポースボロスはHPが高いキャラを、85のはHPが低いキャラを狙う特性があるので、HPしだいでは4アビで受け流し可能(95はともかく85はなりアテナなりで100カットするほうが早いけど)。 ・ユーリくん めいどの土産にかばうとはよく言ったもの! 達人のかばうが今実戦でバクハツする!エルステ流防御術!ユーリ先生だ! サイド配布のユーリくん。 役割は羽根70で終末へのカウントダウンが本体につく前に、最初の特殊技をかばうで受けて死ぬこと。 こんなんばっかやなコイツ。 これによりサラなり土レなり1年なりを無傷でフロントに出すことが可能。 HPによっては特殊技の前に通常攻撃ですでに死に掛けるが、開幕パラロス後の通常攻撃の減りが厳しいのは他3人(スパ・オクトー・ブロ)も同じなので、オルポ使うのもアリといえばアリ。 この際ODのイブリースでなくポースボロスで死ねれば他の味方に裂傷だの恐怖だののデバフがつかないが、ルシファーはすぐODするので狙いすぎて急ぐとファラないのに通常攻撃のターンを進んで壊滅するので注意。 あとリミサポ振ってるとファラ+かばうで生存確定してしまうので振ってたらリセットしておきましょう。 ・なんか適当なエルーンかハーヴィン 誰でもいいんですがウチはマキラもアルルメイヤもキャもいないので消去法でユーステス。 基本的にこいつ(サブ2人目)が出てきたら火力的にも防御的にもアウト。 ユーリを落として出す4人目はサラ・土レ・1年の誰を選んでもいいと思います。 ただ中でもどれかといわれれば僅差でサラ。 土レの反射は便利ですがCT9なのに対してサラのかばうはCT4なので。 あとカイムくん持ってる人はカイムくんでもいいと思います。 ファラ枚数増えるしクリアオールに反応してハートトリックで回復もできるし。 ・武器ッッッ これはまあ開始時と変わってないんですが ただ試練終了&羽撃破後は通常攻撃は半分以上サラが吸い、特殊技はファラ+アテナorかサラの13アビでほとんどHPが減らないので(サラ以外)、渾身(斧)もアリかなあという気はします。 オメ剣刺してるのはブロの項でも述べましたが、ウォフ剣奥義とブロの奥義の回転を少しでも高めるためです。 終末5凸して闘争つければ弓とオメ剣のところを斧3本にチェンジが理想かも。 弓かたっぽはエレが足りなくて(今はイベ石砕きまくったので余裕)4凸です。 許してプンスカ。 ・石ッッッ ルシ・ギル・アテナまではほぼ鉄板。 残る黒は使わんときは本当に使わんのですが(投げて他人に拾わせてもアビ回復しないし)、誰もファラなかったりパラロス受けの同期ミスった際に解決できるので…ただテュポやバハやとどれがいいかってーと正直どれでもいいと思います。 攻防的には完凸済みの2枚とかがよさそうですが、さすがに他属性の参戦者にブチ切れられそう。 以上、前回とあわせてルシファー土マグナ講座でした。 気に入ったらチャンネル登録お願いします。 tempest.

次の

グラブル攻略

グラブル ルシファーhl 初心者

使用編成 キャラ、アビ アビリティは基本この3つ。 光がパラロスを担当するという場合に限り、センチュリオンが入ったりします。 ノアはリミヴィーラで代用可能。 自分はガイゼン未所持なので、3キャラ目にノイシュやゾーイを入れて挑むことが多いです。 フュンフ ヒール、クリア、ディスペル 奥義 とルシHLに重要な要素を持っているため優先度大。 現状外す理由も無く、取得難易度も高くないため実質必須。 リミヴィーラ リミノアかリミヴィーラのどちらかは欲しい。 私はノアを持っていないのでヴィーラ。 あまりやらないが、1アビをうまく使うと光がパラロス受けを担当出来たりもする。 その他候補 現状では上記の2キャラが必須に近いキャラで、3キャラ目は自由枠と言えます。 候補としては、• 水着ノイシュ:1アビのカットを使ったターン回し、3アビでの奥義火力伸ばしなど。 他キャラと種族が異なるのもgood。 水着ハールートマールート:無属性ダメ試練を光が担当できるようになる。 リミヴィーラと種族が被っているため、闇がバレクラ無し、土がサラーサ無しのときぐらいしか使わない気がする。 銃ゾーイ:3アビによる強化が強力で、安定性が大きく増す。 種族がリミヴィーラと被っているので控えに1キャラ置きましょう。 アルベール:スロウによりCT管理の事故を軽減できる。 サルナーン:ヒールとスロウ持ち。 ソーン:マグナの場合は火力が不足しやすいので選択肢に。 ガイゼンボーガ:持っているなら使ってあげましょう。 ガイゼンボーガはルシHLにて最強。 などが挙げられます。 光の3キャラ目は自由度が高いため、使い勝手の好みで決めてしまっていいと思います。 装備 エデン3、サティ2のゼウスルシ編成でやってます。 ゼウス4凸実装により、火力もHPも確保しやすくなりました。 イーリアス4凸で代用できるため、エデン2でも問題ないとは思います 試したこと無いので確証はない。 サティは1でも問題ないので、 サティ 1 エデン 2 が神石編成の最低限のラインなのかなと勝手に思ってます。 それより少ない場合は大人しくマグナでやりましょう。 HPはガ剣2とコロ拳1で確保しています。 コロ拳を2にするとガ剣0でも十分なHPを確保できるため、装備の自由度が少し上がります。 オーラフラルジェム4凸がある人はそちらを使ってください。 召喚石 ゼウスルシ編成です。 召喚石は特に変哲もない普通の編成ですが、ルシを持っていないため黒麒麟を2枚入れています。 光は、ヴィーラの1・2アビ、フュンフの1アビ、ゾーイの3アビなどターン回しに有効なアビリティが多いため、 黒麒麟が使いやすい属性となっています。 サティフィケイトや黄龍槍などで奥義ダメージを伸ばしやすいため、バハは入れてません。 試練突破に不安のあるマグナ編成の場合は優先度が上がります。 立ち回り 初動 どの属性にも言えることですが、初動はある程度固定化できます。 とやっています。 2Tは部屋や使用キャラによって変えていますが、1Tは毎回これでやってます。 光でルシをやるときに意識していること ターンを回す ヴィーラ1アビ、ノイシュのカット、ゾーイ3アビ、豊富なヒールとディスペルなどがあるため、 光はターン回しが圧倒的に楽な属性です。 通常攻撃であれば、ファラ無しでヴィーラ 1 アビだけでも十分に受けられます。 クリアやファラが無くて他のメンバーが動けなくなっている場合は、光がターンを回してファラやクリアを打ってあげましょう。 ターンを回せる属性がしっかりターンを回してアビや召喚石を投げるのが大事です。 頑張りましょう。 ターン回しも簡単であるため、羽50になる前に停止してまで試練の準備をする必要はないです。 黒麒麟は躊躇せず使う ルシ HL は、試練を突破するまでが一番難しいコンテンツです。 光は、黒麒麟でゾーイ3とリミヴィーラ1アビが使用可能になるため、他の属性より局面を打開しやすくなります。 グダって試練が突破できないぐらいなら、黒麒麟を使って多少無理やりでも突破してしまいましょう。 まとめ 編成面での敷居はそこまで高くない リミヴィーラと最終フュンフさえいればマグナでも十分戦力になれます。 ただしマグナの場合は火力に難があるため、3キャラ目や召喚石で補いましょう。 ターン回しがやりやすい ヴィーラ1アビが強いため、他の属性に比べてターンが回しやすいです。 そのためターンを回して削ったり、召喚石やアビリティのリキャストを進めて他属性のサポートをすることが大きな役割になります。 総じて初心者向け 編成面で用意がしやすく、動きやすい属性なためルシ初心者でもやりやすい属性となっています。 しかし、ターンを回せないと役割が果たせない側面もあるため、行動表とにらめっこしながら練習部屋などで経験を積むと良いと思います。 最後に、ルシHLは6人がしっかり役割を果たして攻略するようにデザインされていることから、 中々手が出しにくいようなコンテンツだと思います。 ですが、実際に挑戦してみないと分からないことも多いので、練習部屋などを立てるなどして積極的に挑戦してみてください。

次の

ルシファーHL 土マグナ講座2

グラブル ルシファーhl 初心者

グランブルーファンタジーとは 『グランブルーファンタジー』は、2014年3月10日より配信開始された国内有数の大人気ソーシャルゲームです。 公式略称は「グラブル」。 Cygames社が開発運営し、現在mobage、Google play、App Store、DMM. com等のプラットフォームで配信されています。 2017年4月~6月にはテレビアニメも放送され、漫画や小説等のメディアミックスも活発です。 プレイヤーは騎空士となって空を旅し、伝説の島イスタルシアを目指して冒険に出ます。 ゲームシステム APを消費しクエストでバトルに勝利するとルピや経験値、武器や各種アイテム等報酬が獲得できます。 マルチバトルと共闘クエストは、複数プレイヤーが参加し協力して行うバトルで、マルチバトルでは救援依頼ができ、BPを消費することで救援としてマルチバトルに参加することが可能です。 サブメンバー2人はメインメンバーが戦闘不能になると代わりに戦闘に参加します。 主人公には取得済みのジョブが設定でき、ジョブ固有のアビリティを3つまで習得可能で、EXアビリティを1つ自由に設定できます。 武器編成は、主人公のジョブによって装備できる種類が限られるメイン武器1つとその他9つを設定します。 主人公の属性はメイン武器の属性になります。 召喚石はメイン1つとサブ4つが設定でき、メインに設定された召喚石の加護が適用されます。 複数敵の場合はチャージターンの少ないものから倒していくのが基本方針です。 ボス等の一部の敵にはモードゲージがあり、こちらが攻撃すると溜まっていき、最大になるとオーバードライブモード OD になります。 OD時は通常より強力な特殊技を使用することがあるので、OD状態になったら奥義やチェインバーストでゲージを削り、ブレイクモードに持っていきます。 ブレイクモードでは通常攻撃のみでチャージターンも溜まらないので、この隙きに通常攻撃を連打してアビリティのターン稼ぎをします。 初心者向け序盤の攻略手順 無課金を想定した場合、初心者が効率よくゲームを進めていくには、まずはシナリオを進めていき、武器や召喚石を入手して装備を整えつつジョブを解放し、マグナ武器を集めてマグナ編成を揃えていくことが目標になってきます。 シナリオを進める まずは行けるところまでシナリオクエストをどんどん進めていきましょう。 章を重ねていくことで、ゲームの基本システムであるカジノが解放されたり、無課金や序盤では重要となるSRのメインキャラクターが獲得できます。 とりあえず最初の目標となるのは、各島HARDマルチが全解禁される24章までのクリアです。 シナリオを進めていくとランクも自動的に上がり、各種マルチバトルに参加できるようになります。 ジョブはダークフェンサーの解放を目標に 敵の弱体化や特殊技の妨害ができるジョブで、主人公のメインジョブとして当面使うことになるダークフェンサー クラス3 の解放を目指します。 武器を集めよう グラブルにおいて最も重要で強さに直結する要素が武器編成。 計算機を叩いて理想編成を目指すのはハードルが高いので、まずは基礎的なことを理解して徐々に集めるようにしましょう。 火力に直結するのがスキル「攻刃」が付いた武器。 これらを属性毎に集めていくことになります。 4属性があるセラフィックウェポンはメインクエストを進めると容易に作成可能であるため、早めに作って編成に入れておきます。 各島のマルチバトルで入手できるスキル「方陣攻刃」が付いたマグナ武器を集め、「通常攻刃」武器と組み合わせていきます。 特定種族のステータスを大きく強化できる「バハムートウェポン」の獲得も進めます。 マグナの確定流しを目指す SSRマグナ武器が入手可能なマルチバトルでMVPを獲得するいわゆる確定流しが出来るようになるのが当面の目標。 SSRマグナ武器は武勲の輝きでも入手可能なので、マルチバトルの自発・参加で毎週コツコツ輝きを稼いでいきましょう。 イベントに参加しよう 各イベントは初心者でも参加できるように難易度設定されているので積極的に参加し、武器や召喚石、各種アイテムを入手しましょう。 カジノは日課に カジノはメインクエスト第8章をクリアすることで開放されます。 2CARDポーカーを利用してメダルを稼ぎ、SSR召喚石アナトの獲得を目指します。 エリクシールハーフやソウルシード、各種マグナアニマといった消耗品は毎日交換するようにしましょう。 パネルミッション パネルミッションはチュートリアル的なもので、全てこなすとSSRキャラ武器確定ガチャチケットが貰えるので確実に攻略しましょう。 1stパネルのミッションコンプ景品カーバンクル・ペリドットは貴重な召喚石なので売ったりしないように注意。 はじブルもチェック! 公式攻略動画「」では初心者向けの基礎情報が紹介されているのでチェックしておきましょう。 十天衆とは 十天衆とは、10種類の武器の全空一の使い手が集まった全空最強の伝説の騎空団であり、各武器種に対応したキャラ10人は、古戦場武器を強化していくことで仲間にすることができます。 構成メンバーはウーノ 槍 、ソーン 弓 、サラーサ 斧 、カトル 短剣 、フュンフ 杖 、シス 格闘 、シエテ 剣 、オクトー 刀 、ニオ 楽器 、エッセル 銃。 取得は大変ですが、時間をかければ無課金プレイヤーでも入手できる強力なキャラクター達です。 最終上限解放も実装されており、ガチャ産SSRキャラ以上の破格の性能を備えているので、コツコツ素材を集めて是非獲得を目指しましょう。 決戦!星の古戦場 古戦場とは、敵を倒して稼いだ貢献度によって騎空団同士が争うイベントで「団イベ」とも呼ばれます。 ランキングで特定順位以上を目指す「予選」がまず開催され、その後2つの団で1日の獲得貢献度を競う「本戦」が開催されます。 古戦場では十天衆の加入に必要な古戦場武器が入手できたり、各種アイテムと交換可能な「勲章」が獲得できます。 勲章で交換できる目玉アイテムの「金剛晶」は、好きな召喚石の上限解放ができるアイテムで、基本的には古戦場でしか入手できない貴重なものです。 他には十天衆の加入や最終上限解放に必要となる「ヒヒイロカネ」なども勲章の交換対象になっています。 四象降臨 四象降臨とは、4属性のボスと戦闘を行い「四象の輝き」や「討伐章」を集めて各種報酬と交換できるイベントです。 集めるとヒヒイロカネと交換ができるクロム鋼やSSR四象武器などの報酬が交換対象となっています。 印符を集めることで「黄龍」「黒麒麟」に挑戦できる「四象金印」も入手できます。 輝きが多く手に入るボーナスタイムに戦うようにすると効率的です。 グラブル初心者の方は、初めから3凸されているSSR武器「朱雀光剣 火刀 」「玄武甲槌 水斧 」「白虎咆拳 土拳 」「青竜牙矛 風槍 」が序盤から役立つので優先的に交換するのがおすすめです。 討滅戦 討滅戦とは、特定のボス敵と戦闘して得たドロップ素材と召喚石や武器を交換できる常設コンテンツです。 イフリート 火 、コキュートス 水 、ウォフマナフ 土 、サジタリウス 風 、コロゥ 光 、ディアボロス 闇 の6属性の討滅戦が用意されており、出現するクエストは基本的には72時間毎のローテーション制です。 また期間限定でケルベロス 闇 とフェンリル 水 の討滅戦がイベントとして開催されることもあります。 常設の討滅戦で入手できるSSR召喚石は最大まで解放すればそこそこの性能となるので、無課金や初心者の方であれば序盤の各属性の戦力を強化できます。 1日1回ツイッター回復 「スマホRPGは今これをやってるよ。 今のジョブはこれ!」といったつぶやきをツイッターで見かけたことはないでしょうか。 グラブルではツイッターアカウントと連携する機能があり、ゲーム内からツイートを投稿することで1日に1回だけAPとBPを全回復することができます。 毎朝5時に1日1回の制限がリセットされるので、それまでに回復するのを忘れないようにしましょう。 共闘クエスト 共闘クエストとは、ロビーに集まった1~4人のプレイヤーが協力して1つのクエストに挑戦するマルチバトルです。 通常のマルチバトルとの相違点は、クエストを受注したプレイヤーだけがAPを消費することです。 日替わりで設定されるデイリーミッションが存在し、クリアした際に入手するMPを各報酬と交換することが可能です。 全ミッションを達成すると「碧空の結晶」という貴重なトレジャーがコンプリート報酬として手に入ります。 また、JMP ジョブマスターピース というジョブ専用武器の入手及び強化に必要となるアイテムも入手できるため、重要なコンテンツの一つとして位置づけられます。 公式推奨ブラウザ SkyLeap SkyLeapとは、モバゲーを運営するDeNA社が提供するスマホ向けブラウザで、グラブルPも当ブラウザに搭載されている機能を使用してプレイしても問題ないとアナウンスしています。 「ジェスチャー」と「クイックアクセス」の機能を活用し周回速度を上げ効率化する等、通常のアプリよりも快適に遊ぶことができるのでぜひ試してみよう。 アーカルムの転世 『アーカルムの転世』は、イベントではない一人プレイ用の常設コンテンツで、毎日コツコツ進めていくことで召喚石「アーカルムシリーズ」を入手でき、それらの召喚石をSSR5凸まで強化することで解放されるフェイトエピソードをクリアすると、対応する十賢者を仲間にすることができます。 メインクエスト第44章クリア後にフリークエスト『胎動する世界』をクリアすることで本コンテンツをプレイすることができるようになります。

次の