ブラタモリ 歴代 アシスタント。 ブラタモリ歴代アシスタント女子アナウンサー経歴と学歴まとめ!

ブラタモリ

ブラタモリ 歴代 アシスタント

ブラタモリとは まずブラタモリは、 2008年から放送が開始しています。 老若男女愛されるNHKのバラエティ番組です。 このブラタモリでは、 タモリさんが 日本の由緒ある名所を巡って旅する日本の紀行・旅して学べる、タモさんの冠番組となっています。 結構録画してお子さんと一緒に見ているという家庭も多いですよね! このブラタモリでは、結構歴史が登場しますが、 子供にもわかりやすく旅をしているので、面白く見て、勉強にもなる、そんな番組です。 町歩きが趣味だというタモリさん。 このブラタモリでは、 江戸時代・明治時代などの古地図を見ながら、 実際の日本各地・地方など、その地に足を運んで旅をします。 タモリさんは毎週、街を散策しているそうです。 その街々に 古くから残る建物や神社、食べ物屋さん、駅、川や山、洞窟までも、 貴重な各地方のスポットを毎週紹介してくれます。 本当ためになる番組です! さて、そんなブラタモリですが、 なくてはならない存在が、タモリさんにつく 女子アシストさん! 今回 4代目の近江友里恵アナに変わって、 5代目アシストに林田理沙アナが選ばれました。 色々調べて見ましたが、絶対音感があって、結構すごい成績なのだとか・・・? 大学時代は、日本でクラシックがどのように普及したかを追求し研究していたそうです。 2014年にNHMアナウンサーになり、長崎県の放送局でアナウンサーを務めていたようです。 初任地長崎局で制作したリポートが、九州・沖縄地区で最優秀賞を受賞したのだそうです。 ウィキペディアでも見ましたが、結構アナウンサーとして活発に活動していらっしゃったのですね。 スポンサーリンク まとめ 現在は第4シリーズまでが放送されていますが、第5シリーズが始まるのでしょうか? その5代目アシストに選ばれた林田理沙アナ、頑張って番組を盛り上げて欲しいところですね。 ブラタモリは調べると、視聴率が常時10%以上! これを記録する人気番組なので、今後、笑顔とエクボの可愛い林田理沙アナが入ってきてくれることによって、 一層活気付くことでしょう。 期待が高まりますね。 これまでの歴代アナも可愛くて落ち着いていて、旅を盛り上げてくれましたよね。 そしてブラタモリには欠かせないナレーターさんも! 人気声優さんや、アンパンマンで有名な戸田恵子さんもされていましたよね。 最近では草なぎ剛さんが定番となっていましたが、 ブラタモリ新シリーズでのナレーターは一体誰になるのでしょうか? そこも気になるところではありますが、今後のブラタモリ新シリーズに期待しましょう! 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

次の

ブラタモリの林田理沙アナがかわいい!身長や年齢が気になる!【画像】 | ホットワードブログ

ブラタモリ 歴代 アシスタント

管理人も京都に住んでいるので、京都の回はどちらも楽しく拝見しました。 実は、 近江友里恵アナは運を持ってるアナかもしれませんね。 あ、近江友里恵アナの歩き方について調べた記事はコチラです。 ブラタモリ歴代3代目は桑子真帆アナ ブラタモリの歴代3代目となるのが桑子真帆アナで、 2015年4月からはじまった ブラタモリ第4シリーズを初回から担当されていました。 そして、2016年4月で近江友里恵アナにバトンタッチ。 実は、完全にブラタモリ効果と言われていますが、桑子真帆アナは 2015年の女子アナ人気ランキングで前年ランク外から一気に5位にランクインされています。 そして、桑子真帆アナは 2016年4月4日から放送が開始された夜のニュース番組 「ニュースチェック11」(平日 23:15 — 23:55)のメインキャスターとして活躍中。 桑子真帆アナは、 ブラタモリ出演中はNHKのニュース7という番組でサブキャスターをされていましたが、メインキャスターに昇格し、活躍中です。 ちなみに、2010年に桑子真帆アナが入局されて、 看板番組を6年目で担当するのはかなり早いのだそう。 今後も期待ですね。 で、ブラタモリの初代アナ、2代目アナは、この後すぐ紹介します。 ブラタモリの歴代アナウンサーの現在は? ブラタモリ歴代2代目アナは NHKの首藤奈知子(しゅどうなちこ)アナでした。 ただ、実は首藤奈知子アナがブラタモリに出演したのは、 2015年の正月に放送されたスペシャル版ブラタモリ「京都編」の1回だけで、代打起用という声もあるそうです。 現在、 首藤奈知子アナは2016年1月に第一子を妊娠して産休入りされているようです。 ちなみに首藤奈知子アナは1979年生まれで今日時点で36歳。 春に出産予定と言われているので、ニュースにはなっていませんが、もう出産された頃ではないでしょうか。 ブラタモリの歴代アナで一番任期が長いアナは? ブラタモリの歴代アナで 一番任期が長いのが初代を務めた久保田祐佳(くぼたゆか)アナ。 ここまでの話をご覧頂けば予想つくと思いますが、 2008年のブラタモリのパイロット番、2009年のブラタモリ第1シリーズ、2010年のブラタモリ第2シーズン、2011-12年のブラタモリ第3シリーズはすべて、久保田祐佳アナが担当。 当時は、タモリさんが「笑っていいとも」に毎日出演されていたので、 ブラタモリ1-3シリーズは東京や横浜近辺での街歩きが中心で、一般の人が入れない多くの場所にスポットをあてて、話題を提供してくれました。 番組を通して、東海道の重要性や、 段差のおもしろさを知った人も多いようです。 やはり、ブラタモリに起用されるNHKアナは人気&実力がある方が多いですね。 まとめ ブラタモリの歴代アナウンサーをまとめました。 4代目の近江友里恵アナ以前の3名のアナの担当時期や、 桑子真帆アナ、首藤奈知子アナ、久保田祐佳アナの現在も紹介しました。 ブラタモリ本編だけでなく、担当アナに今後も注目しましょう。

次の

浅野里香【NHK】可愛い!経歴や彼氏は?ブラタモリのアシスタント

ブラタモリ 歴代 アシスタント

ブラタモリ5代目アシスタント林田アナとは? ブラタモリ5代目のアシスタントとなった林田理沙アナウンサー。 林田アナは1989年12月19日生まれ。 長崎県出身の神奈川県育ち。 東京藝術大学大学院音楽研究科を修了しています。 NHKに入局後は長崎放送局、福岡放送局を経て、東京アナウンス室に異動。 ブラタモリのアシスタントとなりました。 そんな林田アナのブラタモリを見ていきます。 ブラタモリ4代目アシスタント近江友里恵アナと交代 ブラタモリの4代目アシスタント近江友里恵アナと2018年3月に交代しました。 近江アナはブラタモリ100回目の記念すべき会で卒業となり、その次の年から5代目の林田理沙アナが就任することになりました。 そんな近江アナと林田アナですが、かなり共通点があります。 まず、林田アナは福岡の情報番組「ロクいち!福岡」の司会を近江アナの後に担当。 そして、ブラタモリの担当も林田アナは近江アナの後を担当することになりました。 近江アナの道を林田アナが歩むという流れになっています。 ブラタモリアシスタント林田理沙アナのやり取り では、第1回出演からの林田アナの足跡をまとめていきます。 第1回出演では絶対音感を発揮 アシスタントが変わると京都になるというブラタモリ都市伝説から、スタートしたブラタモリアシスタント。 理沙という名前がタモリさんお気に入りという上々のスタートを切り、名前だけでまずはポイントを獲得しました。 その後、京都散策に入りますが、基本的にはタモリさんの横を歩き、説明を聞くことに専念という従来のブラタモリのスタイルを踏襲しています。 ですが、まだ初回なので、緊張の面持ちだったのが印象的でした。 キャンパスライフ 芸大で、音楽の歴史研究していたという林田アナ。 日本でピアノがなんで普及していったのかを研究していたと語り、絶対音感を披露しました。 重機の音で絶対音感という無茶ブリを振られましたが、しっかりと対応。 さすがの絶対音感を見せつけました。 第2回では洗礼を浴びた・・・ タモリさんと専門家の先生が繰り出す高度な会話に圧倒される林田アナ。 「はぁ〜」とため息をつく場面も見られました。 枯山水作りでは「始動」というタイトルの作品を披露。 独特のセンスを見せつけました。 第2回の最後では「ブラタモリの洗礼を浴びた」と思わず本音を吐露しましたが、タモリさんからは「何も気にする必要がない」というメッセージが伝えられました。 臼を回すも力不足露呈 出演第3回目では臼を回すことができないという力不足を露呈しました。 ブラタモリ5代目アシスタント林田理沙アナ〜まとめ〜 ブラタモリのアシスタントに林田アナが就任し、新しいブラタモリがスタートしました。 まだまだ林田アナはブラタモリの独特な世界観に慣れていない様子ですが、今後はどのように馴染んでいくのでしょうか!? 今後、ブラタモリでの林田アナに注目です。

次の