杉良太郎 伍代夏子。 杉良太郎の嫁は伍代夏子!前妻は?息子は山田純大!

伍代夏子には離婚歴あり?子供は娘がいた?病気で闘病してたの?

杉良太郎 伍代夏子

伍代夏子はC型肝炎だった!旦那・杉良太郎との結婚馴れ初めが美しすぎる! 伍代夏子は藤あや子や坂本冬美とともに、美人演歌歌手として活躍 伍代夏子は、演歌の不振がいわれて久しい現在も、活躍している美人演歌歌手です。 「ひとり酒」や「金木犀」などが、代表曲として知られています。 1999年に、かの大御所俳優、17歳年上の杉良太郎と結婚。 男っぽく姉御肌のイメージもあった伍代夏子の電撃結婚は、芸能界でも大きな話題となりました。 公私ともに順調で、幸せいっぱいであるかのように思われた伍代夏子ですが、実は、33歳の時にC型肝炎であることが判明しています。 C型肝炎とは、C型肝炎ウイルスにかかることで発症する肝臓の病気です。 慢性肝炎から肝硬変、肝臓がんへと進行する場合もあることから、早期に発見し、治療を開始することが必要とされています。 伍代夏子は、2009年よりインターフェロンの治療を行いながら、2010年8月に、自身がC型肝炎であることを公表しました。 治療後も、同じようにC型肝炎に苦しんでいる患者のための支援活動を積極的に行っています。 伍代夏子は夫・杉良太郎の支えでC型肝炎を克服した 伍代夏子が、C型肝炎の闘病生活を支え続けた旦那・杉良太郎と出会ったきっかけは、伍代夏子が知り合いの紹介で、杉良太郎の舞台を3回も見に行ったことでした。 3度の観劇の後に、初めて電話番号交換をした2人。 その後は、電話デートをほぼ毎日続けて、たった1カ月で結婚を決めたといいます。 とはいえ、出会ったときには、自分がC型肝炎に感染していることを認識していた伍代夏子は、当初、妊娠・出産にも消極的でした。 そんな伍代夏子に、杉良太郎がかけたのは「2人で頑張っていこう」という言葉。 こうして、結婚にいたった伍代夏子は、その後、C型肝炎の克服に向けて、治療を開始しました。 伍代夏子と藤あや子、坂本冬美の関係!プロフィールと経歴は? 伍代夏子にアイドルデビューの過去があった!再デビュー後の「忍ぶ雨」で紅白初出場 伍代夏子は、花の82年組といわれるほど、多くの人気アイドルを輩出した1982年に、アイドルとしてデビューしています。 しかし、加川有希、中川照美と3度名前を変えても、全く売れませんでした。 そして1987年、26歳の時、演歌歌手伍代夏子として、再デビュー。 1990年に、「忍ぶ雨」がようやくヒットし、その年の紅白歌合戦に初出場を果たしました。 1987年には、伍代夏子だけでなく、藤あや子と坂本冬美もデビューしています。 3人の中では、坂本冬美が一番若くて49歳。 藤あや子と伍代夏子は、1961年生まれで、今年55歳になります。 3人は、デビュー当時から仲が良く、その後も、それぞれが紆余曲折を経ながら、今も親交が続いているようです。 伍代夏子、藤あや子、坂本冬美、演歌の絆 伍代夏子と藤あや子、坂本冬美は、本来ならば、ガチガチのライバル関係となる3人です。 しかし、演歌が冬の時代に出会い、ともに苦労を重ね、それぞれが個性ある美人。 キャラも三人三様であったことから、営業やコンサートをいっしょにすることもでき、おのずと連帯感が生まれたのかもしれません。 藤あや子はデビュー前、20歳の時に結婚して離婚し、女の子が1人います。 今では、その娘が結婚して、孫もいるそうです。 1987年、村勢真奈美という名でデビューした後、2年後に、藤あや子として再デビューしています。 1992年、「こころ酒」のヒットで、やっとブレイクを果たしました。 藤あや子は、意外にも、ボン・ジョヴィやエアロスミスなどのロックファンで、性格は、大らかで天然っぽいところがあるそうです。 坂本冬美は、1987年、デビュー曲の「あばれ太鼓」が、いきなりのヒット。 3人の中では順調な滑り出しで、一番人気もありましたが、2002年に持病の膵炎の悪化や、歌に対する行き詰まりから、一旦、無期限で歌手を休業します。 しかし療養中、先輩歌手である二葉百合子の歌う姿を見て感動。 二葉百合子を自ら訪ねて師事し、彼女より、一から歌唱法を学んで、見事に歌手復活を果たしました。 このようなエピソードからも、坂本冬美は、気真面目で一本気な性格であるといえます。 伍代夏子と杉良太郎とのラブラブぶりには藤あや子や坂本冬美も感動 伍代夏子は、C型肝炎の治療は続けていても、「仕事は休まない」という決意のもと、2009年にインターフェロン治療に踏み切りました。 高熱や貧血などの副作用が出て、公演中も、息切れやめまいに、何度も苦しんだといいます。 しかし、夫である杉良太郎の支えもあり、1年半に及んだC型肝炎の治療を無事に乗り越えました。 今では、肝炎のことを知ってほしいという思いから、コンサートでは必ず、検査の重要性を観客に伝えているという伍代夏子。 彼女を支えた杉良太郎の豪快で優しい夫ぶりは、藤あや子と坂本冬美が、目の当たりにしています。 ある時、杉良太郎と伍代夏子は滋賀県に、藤あや子と坂本冬美は和歌山県にいました。 2人が和歌山にいることを知った杉良太郎は、すかさずヘリコプターをチャーターして、伍代夏子とともに、和歌山に現れたそうです。 藤あや子と坂本冬美が、「さすが杉さま」と感動したことは言うまでもありません。 そんな旦那・杉良太郎は、17歳年下の妻・伍代夏子を評して、貴金属や装飾品には全く興味がなく、竹を割ったような江戸っ子で、情に厚く、きめ細かな気遣いができる女性と、ベタ惚れです。 かつて演歌歌手は、不幸な人生ほど、いい歌が歌えるなどといわれたこともありました。 しかし、伍代夏子をはじめ、藤あや子や、坂本冬美には、自分たち自身がいつまでも美しくありつづけて、21世紀の新しい演歌を歌ってほしいものです。 <こちらもおすすめ!>.

次の

杉良太郎の息子は山田純大で母親は伍代夏子?寄付で売名行為とは?

杉良太郎 伍代夏子

伍代夏子 プロフィール 名前 伍代夏子 本名 山田輝美(旧姓 中川輝美 ) 生年月日 1961年12月18日(55歳) 出身 東京都渋谷区 レーベル ソニー・ミュージックダイレクト 伍代夏子さんの生まれた家は代々木の魚屋だったそう。 現在は道路拡張のためやめてしまったそうです。 子供の頃から歌が上手かったと言うことも無く、中学生までは歌手になるなど考えもしなかったそうです。 元々は15歳の頃モデルとしてスカウトされたようです。 伍代夏子さんは何度か名前を変えています。 最初のデビューは1982年、星ひろみの名前で「恋の家なき子」でデビュー。 伍代夏子さんはこの時21歳 この時は、演歌ではなくアイドルだったようです。 1985年、加川有希の名前で「夜明けまでヨコハマ」を発売 1986年、本名の中川輝美に改名、「夢きずな」発売 1987年、伍代夏子として「戻り川」で再デビュー。 1990年、「忍ぶ雨」が大ヒット。 この年、「NHK紅白歌合戦」に初出場します。 伍代夏子さん、29歳の時。 1999年、杉良太郎と結婚 伍代夏子の旦那は杉良太郎で子供は? 1999年、37歳の時、現在の旦那の杉良太郎と結婚。 この時の杉良太郎さんの年齢は55歳。 年の差は17歳。 出会って数ヶ月で手も握ったこともない状態で結婚したそうです。 伍代夏子さんと杉良太郎さんの間に子供はいないそうです。 伍代夏子と旦那の杉良太郎の出会いは? 出会いは伍代夏子さんが習っていた踊りの先生に勧められて、杉良太郎さんの舞台を見に行ったことがきっかけだそうです。 伍代夏子さんの杉良太郎さんのイメージは「怖い人」だったそう。 緊張しながら、杉良太郎さんの楽屋に差し入れを持って挨拶に行ったところ、次の舞台の場所を教えられ、次の舞台も見に行き、その次の舞台も見に行ったそう。 三回目の舞台を見に行った時に、電話番号を交換。 それから、1ヶ月間毎日電話で話したそうです。 その1ヶ月の電話の中で結婚することが決まったとのこと。 ただ、どっちもプロポーズはしていないそうで、どっちが結婚を言い出したかで、今でも言い合いになるそうです。 デートすらしていなかったそうですよ。 電話だけで盛り上がり、すぐ結婚を前提に同棲生活になったとのことです。 そして、すぐ結婚。 電話だけで結婚を決めるなんて、余程2人はきが合ったんでしょうね。 杉良太郎さんは、食器洗い率先してやるそうです。 洗い物は手が荒れる心配があるので、自分がやっていると杉良太郎さんは話しいます。 ただ、せっかちなようで食べ終わるとすぐ洗い始めてしまうそう。 伍代夏子さんは旦那の杉良太郎さんのことを 邪な考えがない、だから、そのままでいさせてあげたい人 と話しています。 伍代夏子に離婚歴があるって本当? 伍代夏子さ離婚歴はないようです。 離婚歴があるのは、旦那の杉良太郎さんでした。 杉良太郎は1972年結婚。 1998年に離婚しています。 結婚生活は26年で、子供は3人いるようです。 その1人は俳優の山田純大さんです。 伍代夏子さんと結婚したのが1999年ですから、離婚して1年程での再婚ですね。 息子の山田純大は、1973年2月14日(44歳)で1997年には俳優として活動しています。 伍代夏子さんとの年の差は11歳で、義理の母にはなりますが、親子という感じではないでしょうね。 山田純大はさんは2016年に結婚していて、その際に伍代夏子さんは、 「よかった、うれしいです」 とコメントしています。 伍代夏子 まとめ 伍代夏子さんは最初はモデルやアイドルだったなんて以外でした。 有名な演歌歌手なので演歌一筋だろうと勝手に思ってました。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

杉良太郎

杉良太郎 伍代夏子

Sponsored Link 前妻は? 杉さんは、1972年に、山田信子さんという一般の女性と結婚されると、3人の子ども(1男2女)が誕生しているのですが、1998年に離婚されています。 (慰謝料は10億円以上だったとも言われています) その後、杉さんは、早くも翌年の1999年には、演歌歌手のさんと再婚されており、そのため、伍代さんの略奪婚だと言われています。 伍代夏子との馴れ初めは? 伍代さんによると、伍代さんが踊りの師匠から、杉さんの公演を観に行くことを勧められ、杉さんの楽屋に差し入れを持って行ったことがきっかけで知り合われると、 その時、杉さんから、次の公演があることを伝えられ、つい、 わかりました。 では、必ず観に伺います。 勉強させて頂きます。 と、答えてしまい、次の公演も観に行くことに。 すると、さらに次の公演もと、結局、年に3回ある公演、すべて観に行かれたそうで、しかも、3回目に会われた時には電話番号を交換し、それから1ヶ月間、毎日電話で話すようになったそうで、なんと、その1ヶ月の間で結婚することが決まったのだとか。 なんと、1度もデートせずじまいで結婚されたということで、よほど、電話での会話で息が合ったのでしょうね。 伍代夏子さんと杉さん。 プロポーズの言葉は? ちなみに、伍代さんは、 「C型肝炎」を患っていたため、結婚するにあたり、杉さんにそのことを告げると、 杉さんは、 人生を歩いて行くパートナーなんだから、ふたりで病気と闘っていこう。 と、言ってくれたそうで、 伍代さんは、その言葉を聞き、 この人となら、どんなことも乗り越えられる。 Sponsored Link 息子は山田純大 ところで、杉さんには、最初の奥さんである山田さんとの間に、男の子が一人と女の子が2人いらっしゃるのですが、その息子さんというのが、現在、俳優として活動されている、(やまだ じゅんだい)さんです。 純大さんは、中学・高校とハワイの学校に留学されると、ハワイ大学に進学され、その後、アメリカのペパーダイン大学国際関係学部アジア学科に転校。 ペパーダイン大学卒業後の1997年には、NHK連続テレビ小説 「あぐり」で、ヒロインの長男・望月淳之介役で俳優デビューされると、 2001年には、 「水戸黄門」に出演し、 「格」さんこと、4代目・渥美格之進役を演じられているほか、2016年には、スペシャル時代劇 「遠山の金さん」の特番で、お父さんの杉さんと共演されています。 杉さん(中央)と山田純大さん(右) また、純大さんは、2013年には、著書 「命のビザを繋いだ男~小辻節三とユダヤ難民~」 を出版し、作家としてもデビューされているのですが、 これは、ナチス・ドイツの迫害を受けて、シベリア鉄道でウラジオストクに到着したユダヤ難民たちの希望国への渡航を手助けした、小辻節三という人物についてのノンフィクションで、 アメリカ滞在中に小辻節三の自伝を読んで感銘を受け、日本で出版をしようと、300ページもある本を日本語に訳し、出版社に持っていかれたそうですが、 編集者との話で、この本を出す前に、小辻さんがどんな方だったのかという本を出そうということになり、純大さん自ら、小辻さんの取材を重ね、5年の月日をかけて出版されたそうで、 純大さんは、 多くの人々に彼の事を知ってもらいたい。 と、おっしゃっており、この正義感あふれる行動は、お父さんである杉さん譲りのようですね。 (娘さん2人は、情報がないことから、一般のお仕事をされていると思われます。 ) に続く.

次の