トレイシー ハイド 死亡。 あの頃の恋愛は、告白からは始まらなかった(堀井 憲一郎)

語り継がれる幻の女優トレイシー・ハイド

トレイシー ハイド 死亡

クリント・イーストウッドやジュリアーノ・ジェンマ、フランコ・ネロといったスターが生まれた。 本国イタリアでは3人のデビュー作が脚光を浴びた。 クリント・イーストウッド主演の「荒野の用心棒」(1964年)は、ひげ面に葉巻をくわえ、ポンチョ姿のイーストウッドにしびれるファンが急増。 ジュリアーノ・ジェンマ主演の「荒野の1ドル銅貨」(65年)では悪漢に撃たれたジェンマが胸のポケットに入れていた1ドル銅貨で一命をとりとめるアイデアが高評価を得た。 そしてフランコ・ネロ主演の「続・荒野の用心棒」(66年)は棺おけを引きずりながら、ぬかるみを歩くネロの登場シーンが圧巻で、棺おけから取り出した機関銃にもびっくり。 短期間で日本を侵略したマカロニ・ウエスタンは70年代後半ぐらいまでピークが続いた。 題名も前作と関係がないのに「続」とか「新」をつけ、プロガンマンやプロファイターといった新語も誕生したほど。 映画ファン、特にティーンエージャーから愛されたのが「小さな恋のメロディ」(71年)。 純粋なイギリス映画なのに、本国やアメリカではパッとせず日本のみで大ヒットした。 マーク・レスター、トレイシー・ハイドのかわいさが大人気に。 ビージーズの名曲「メロディ・フェア」が作品を優しく後押しした。 世界中に君臨したカンフー映画ブームの火付け役となったのがアメリカ=香港合作の「燃えよドラゴン」(73年)。 主演のブルース・リーの肉体美から放たれるアクションの連続に世界が熱狂した。 しかしリー本人は映画完成後に亡くなってしまうという残酷な現実。 その志はジャッキー・チェンやスティーブン・セガール、ジェット・リーたちに受け継がれた。 シルベスター・スタローンの代表作が「ランボー」(82年)。 原題は「First Blood=最初の血」。 日本では「ランボー」としたところ、第2作以降は本国もそちらを本タイトルに。 シリーズ5作目最終章となる「ランボー/ラスト・ブラッド」(2020年)は26日に公開予定。 怒りと悲しみに満ちたスタローンの表情と鋭く光るサバイバルナイフはアクション映画ファンの心をとらえて離さない。 テッド・コッチェフ監督。 シルベスター・スタローンのロッキーに並ぶ代表作。 2作目以降は「怒りの脱出」「怒りのアフガン」「最後の戦場」「ラスト・ブラッド」とサブタイトルがつく。

次の

おくやみ情報 : ジャック・ワイルド (俳優) の履歴,死亡日,関連人物,フィルモグラフィーなど

トレイシー ハイド 死亡

出演 [ ] 映画 [ ]• (、)• (、)• (、)- 永井乃里子(のんちゃん)役• (、) - なおこ(幼少期) 役• (、) - 磯山香織(幼少期) 役 ドラマ [ ]• (、)• (、)- 本郷 詩織 幼少期役• 第3話「リアルワールド」(、)- 幼少期役• (、NHK)- 井上の娘役• 第4話(、TBS) - 幼少期のスナコ 役• 第3話(、テレビ朝日) - 越坂奈月(少女時代) 役• 第2話(、テレビ朝日、ABC) - 岡本香織 役• (、NHK) - 白須美梨 役 吹き替え [ ] 映画(吹き替え) [ ]• (2013年) - ジェイド 役〈〉• (2015年) - アニー・ベネット 役〈〉• (2015年) - 少女エイプリル 役• (2016年) - ゾーイ 役〈シェイリン・ピエール=ディクソン〉• (2017年) - 少女のダイアナ 役〈エミリー・キャリー〉• (2019年) - 少女キャロル 役〈〉 ドラマ(吹き替え) [ ]• (2011年 - 、AXN) - グレイス 役〈テイラー・グラブス〉• (2011年、WOWOWプライム) - トレイシー 役 アニメ [ ]• (2014年) - 幼いエルサ 役 テレビアニメ [ ]• (2011年、フジテレビ) - ゆき 役• (2014年、TOKYO MX他) - ヒナタ 役• (2015年) - エメリー・アーモンド 役 劇場アニメ [ ]• (2013年) - 亜紀 役• オバケのどくろう(2013年) - ミクちゃん 役• (2016年) - リエちゃん 役 ゲーム [ ]• (2012年) - みこと(子供時代)役• (2019年) - 役 CM [ ]• デュポンジャパン・テフロン• カラオケバンバン()• 『お電話待ってます篇』『だんぜん得なのだ篇』() その他テレビ番組 [ ]• 商品降臨() スチール [ ]• 国外活動 [ ]• 開催地選考FIFA()理事会 日本開催招致プレゼンター() 脚注 [ ] [].

次の

トレイシーハイド 関連動画

トレイシー ハイド 死亡

トレイシー・ハイド Tracy Hyde 本名 Tracy Constance Margaret Hyde 生年月日 1959-05-16 (60歳) 出生地 ・ 国籍 主な作品 『』 テンプレートを表示 トレイシー・ハイド( Tracy Hyde、 - )は、の元。 『』のメロディ役で知られる。 キャリア [編集 ] 8歳からを習い、キッズモデルとして雑誌に載っていた。 それがでありの(の兄)の目にとまり、を受けるように勧められる。 そしてトレイシーは見事『小さな恋のメロディ』のメロディ役を射止めることとなった。 その後、イギリスでなどのいくつかのTVシリーズに出演。 日本でも1972年にを相手役にした映画が企画された。 しかし勉強を続けることを望み、女優業を休業。 秘書養成学校を卒業したあとで秘書として働いていた。 しかしその間も日本からの声援は衰えることはなく、カレンダーが発売されたり、「Roadshow」誌の「お気に入り女優」にランクインしていた。 1977年には同誌の招聘で来日もしている。 80年代に再び女優として復帰。 いくつかの映画やテレビに出演した。 結婚後、3人の子供を設けてフランスで暮らした。 再婚後はロンドンに戻り家業のを営んでいる。 外部リンク [編集 ]• - (英語)•

次の