ベトナム コロナ 状況。 新型コロナウイルスに関するベトナムでの感染、対応状況。日本人はベトナムに入国できない!?

ベトナムの新型コロナ死者数がゼロなのはなぜ?国の対策や予防方法は?

ベトナム コロナ 状況

新型コロナ感染症阻止に伴い、各国は海外在住の自国民の帰国を禁止しております。 あまり報道されていませんが、その中でもベトナム人の帰国困難者は大使館への登録者だけで14,000人に上っており、弊社の受入を支援しているインターンシップ生が、まだ25名も帰国できずに日本で待機しています。 なかなか帰国が許可されない状況が続いているので、この状況に関して、実際どうなっているのかを確認しました。 ベトナム政府は、現時点で海外在住者の入国を拒否し続けております。 先のにも記載しましたが、 早期帰国を促進できる唯一の方法として、在ベトナム日本大使館のWebsiteにて、 帰国困難申請フォームを記載し、パスポートと一緒に登録することです。 この登録は既に弊社でサポートしたインターン生は全員実施しましたが、一行に帰国許可が出ません。 また、情報では5月10日時点で、日本国内には、留学生や短期滞在者含め、約1万4,000人の帰国困難者がおり、 まだ増加している状況です。 そこで、 どのような優先順位を付けて帰国を許可しているのかを確認したところ、 帰国困難者は、下記の手順及び優先順位で帰国許可を得るということでした。 <手順> 1. 帰国困難申請 2. ベトナム大使館全権特命大使の承認 3. ベトナム外務大臣の承認 4. 帰国後の隔離先の指定 5. ベトナム首相の承認 6. 帰国後、14日間の隔離 7. 治療中の疾病者(待機中:500人) 2. 妊婦及び子供(待機中:500人) 3. 外務関係者 4. 一般 課題は、14日間の隔離先の確保です。 また困ったことにベトナムには、日本以外にも、 アメリカ、カナダ、フランス、ロシア、スペインなど感染者数が多い国に滞在している ベトナム人も多いため、これら感染者数が多い国には、優先的に入国を認め、チャーター便を出すという状況(写真参照)です。 ということで、日本は相対的に感染者数が少なく、妊娠していない、病気もしていない一般の帰国困難者は、優先順位が最下位となり、5月中の帰国は難しい状況です。 現時点では、残念ですがベトナム政府が日本からの帰国を全面的に許可を出す状況になることを待つしか無さそうです。

次の

【4月23日更新】新型コロナで日本人はベトナムに入国できない!? 旅行キャンセルしたくない方へ【現地の最新情報を更新中】

ベトナム コロナ 状況

主な内容は以下のとおりであり,邦人のみなさまにおかれましては,その内容にご留意ください(同指示の詳細は,以下2参照)。 1.2020年4月1日0時から15日間、全国規模の社会隔離を実施する。 (1)全ての国民は自宅に待機する。 (2) a 食料、食品、薬品の調達や救急の目的、 b 必需品、必需サービスを生産・提供する企業・工場で働く目的、及び c その他の緊急の場合等、本当に必要な場合に限って外出するよう求める。 (3)接触する際2メートル以上の間隔を保つ。 会社、学校、病院の外部や公共の場所において3人以上で集まらない。 (4)企業、生産事業所、商品・サービス提供事業所の長は,それぞれにおいて,感染症対策の実施、従業員の健康・安全の確保に責任を持つ。 2.交通運輸省、各省市の人民委員会は,原則として公共交通手段による旅客運搬を停止する。 3.2020年4月1日0時(深夜)から,ラオスとカンボジア国境を往来するメインゲート,サブゲートを一時停止する。 しかし,政府が出した対策を適応する責任は負う。 政府としては,ITを駆使して可能な限り自宅で勤務させることを奨励する。 」と回答しています。 【本文】 1 ベトナムにおける感染状況 ベトナム保健省の発表によれば,3月31日午前9時30分現在におけるベトナム国内での新型コロナウイルスの陽性事例は計204名(うち55名は治癒)です。 2 首相指示第16号の内容(当館にて仮訳したもの。 ) 1. 2020年4月1日0時から15日間、全国規模の社会隔離を実施する。 原則として、世帯と世帯、村と村、郡と郡、県と県、省と省の間の隔離を実施し、工場や生産会社では規定に従って安全間隔を確保し、マスク着用、消毒を実施すること。 全ての国民は自宅に待機し、食料、食品、薬品の調達や救急の目的、業務休止・閉店の対象ではない必需品、必需サービスを生産・提供する企業・工場で働く目的及びその他の緊急の場合等、真に必要な場合に限って,外出するよう求める。 接触する際2メートル以上の間隔を保ち、会社、学校、病院の外部や公共の場所において3人以上で集まらない規則を厳格に履行する。 首相は,全国民に対し、感染症防止の要件、対策を自主的に実施し、自主的医療申告を積極的に実施するとともに、自分と家族を守るための対策を十分に実施し、当局及びコミュニティが行う感染防止対策に責任を持って参加するよう要請する。 企業、生産事業所、商品・サービス提供事業所の長は,それぞれにおいて,感染症対策の実施、従業員の健康・安全の確保に責任を持つ。 保健省、公安省、ハノイ市人民委員会、ホーチミン市人民委員会は毅然とした姿勢で可及的速やかに、各種リソースを総動員して、あらゆる対策でハノイ市のバクマイ病院及びホーチミン市のBUDDHAバーにおける集団感染を徹底処理し、一刻も早く感染者と接触歴がある人、感染のリスクがある人、集団感染源へのアクセス歴がある人を追跡し、適切な措置をとり、集団感染源へのアクセス歴がある人に対し医療申告、テスト検査を受けるために当局に連絡するよう引き続き呼びかける。 公安省に対し、保健当局と連携し、チュオンシン会社の各種活動と関連し、感染のリスクがある人を全員リストアップし、感染源を迅速かつ徹底的に処理するために医療観察、監視、隔離を行うよう要請する。 上記任務の実施にあたり、関係各省・市の人民委員会は各省及び同2市と緊密な連携をとる。 2020年3月12日からバクマイ病院にアクセスしたことがある人に対し、自宅隔離、医療申告をさせ、必要な場合に分類、検査、集団隔離を行う。 草の根レベルの政府機関が各世帯における密接な監視を行う。 公安省と省レベルの人民委員会は,2020年3月8日以降に入国し、隔離の対象となっていない人のスクリーニング、医療検査、健康状況の確認を引き続き至急に実施し、直接接触者・濃厚接触者をリストアップ・分類し、適切な隔離措置(集団隔離、自宅隔離、宿泊施設隔離等)を取る。 政府機関、部隊は,幹部、公務員、準公務員に対し、ITを活用して在宅勤務させるよう調整する。 戦闘即応任務に当たる部隊、機関の当直当番、必需品・必需サービスを提供する部門、緊密書簡の取り扱いやその他の要請に応じる不可欠な任務を遂行する者に限り,勤務先で勤務する。 勤務先での感染症防止規定を厳格に履行しなかったために幹部、従業員の感染を発生させた場合,その機関の長は責任を取る。 交通運輸省、各省市の人民委員会は,原則として公共交通手段による旅客運搬を停止するよう指示する。 但し、公務に係る理由による特別な場合や、食料、食品、必需品、企業の従業員・専門家の送迎バス、生産原料運搬車を除き、一つの場所、地域から違う場所、地域への移動を最大限に制限し、感染地域からその他地域への移動を停止する。 保健省に対して,以下のことを命じた。 a)病院での院内感染を避けるために、厳格な手順と管理を実施する;患者、その家族、介護者を厳格に管理し、医療申告を義務付ける;一人の患者に1人の介護者のみを認める;医療施設での患者のお見舞いを停止する。 患者の受け入れには厳格なルールを規定し、感染した個人が病院全体の運営に影響を与えないように、病院に対して指示する。 b)医療機器、特に人工呼吸器、モニター、輸液ポンプ、透析装置を国内で製造している企業を支援するための制度、政策を具体的に提案し、チン・ディン・ズン副首相に報告する。 c)2020年3月31日の午後に、流行の緊急事態に対する計画、シナリオ、および緊急対応の可能性を首相に報告する。 d)対策指導委員会と保健省の要請により、バックマイ病院(ハノイ)での診療の継続を組織し、整理し、職員、医療従事者、国民の安全を確保する。 e)ハノイ市人民委員会の提案事項を検討・処理し、ハノイでの流行防止対策を支援し実施するための良い環境を整備する。 保健省は、各地域での陽性症例の検査結果を取りまとめて、定期的に1日2回公表し、正確性を確保する。 2020年4月1日0時(深夜)から,ラオスとカンボジア国境を往来するメインゲート及びサブゲートを一時停止する。 陸上国境上の国際ゲートにおける入国を厳しく監査し,ラオス,カンボジアから入国するすべての者は14日間隔離されなければならない。 国防省は,各集中隔離施設の運営,調整,拡大を指導し,新たに隔離する者と隔離中の者を明確に分類することで交差感染を防止し,国境沿いの小道の管理を強化する。 公安省は,特に農村地域において,安全秩序の維持,犯罪防止を強化する。 財政省は,税関総局に対して,布マスク輸出の障壁の解決を指導し,各保険会社に対して,COVID-19に関連した保険プランを紹介,実施しないよう要求する。 各省庁,地方,報道機関は,人民の健康を確保するという方針を支持する報道,発信を促進し,混乱や誤解を招く報道を行ったいくつかの機関は訂正する。 感染防止の責任を有する者は,人民の中で混乱を招く発言をしない。 商工省,各地方人民委員会は,人民のために必要な商品,食料,食糧を確保する。

次の

【4月23日更新】新型コロナで日本人はベトナムに入国できない!? 旅行キャンセルしたくない方へ【現地の最新情報を更新中】

ベトナム コロナ 状況

英国の市場調査会社ユーガブ(YouGov)が発表した、世界26の国と地域で実施した新型コロナウイルス感染症に関するによると、ベトナム国民は世界で最も新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する危機意識と政府に対する信頼度が高いことが分かりました。 5月4日時点で、国・地域別の回答者のうちベトナムは89%の人が「新型コロナウイルス感染を危惧している」と回答し、調査対象国・地域の中で最も国民の危機意識が高いという結果になりました。 また、97%の人が「新型コロナウィルスに対する政府の対応がとても良い・良い」と回答し、こちらも調査対象国・地域の中で最も政府に対する信頼度が高いという結果になったことが分かります。 すでにベトナムに進出している会社や、今後ベトナムに進出することを考えている日系企業は多くあります。 このコラムでは、在ベトナム日本国大使館が公表している情報()を中心に、ベトナムの新型コロナウイルスの感染状況(2020年5月13日時点)と、ベトナムが実施した対策についてレポートします。 また、ベトナム経済が直近で受けている影響と今後の見通しについても提示します。 コンテンツ一覧• ベトナムの感染者数 5月13日現在のベトナム国内の新型コロナウイルス感染者数は、合計288人で5月7日から増加していません。 そのうち回復者数は252人で、感染者数全体の87%が回復・退院しました。 隔離・治療中者数は36人で、これまでに新型コロナウイルスによる死者は出ていません。 ベトナムでは、海外からの入国者を除く国内での新規感染は27日間続けてゼロ人となっています。 ベトナムの感染者288人のうち、海外からの入国者が148人と半数以上を占めています。 ベトナムのコロナウイルス対策 これまでのベトナムでの新型コロナウイルス感染症の拡大防止策で代表的なものをここで取り上げます。 感染予防に関するガイドラインの発表 ベトナム保健省は3月13日,「アパートでのCOVID-19感染予防と制御に関する17のガイドライン」を公表しました。 このガイドラインでは、エレベーターの中や階段で、会話をしないように勧めています。 また、毎日の体温測定、疑う事例があれば直ちにアパート管理者に通知すること、保健省や地元保健当局の情報を常に確認し、感染症の状況についての不正な情報を宣伝しないこと、感染症例・疑わしい症例・自宅での隔離の事例がある場合には、アパートの管理者の指示に従うことなどが含まれています。 「アパートでのCOVID-19感染予防と制御に関する17のガイドライン」を以下に掲載します。 (1)家に帰ったら,すぐに石鹸ときれいな水で手をよく洗う。 (2)袖,タオル,ハンカチ,ティッシュで咳やくしゃみをするときは,鼻と口を覆う。 使用後はタオルを洗うか,すぐにティッシュをゴミ箱に入れる。 ごみは所定の場所で処分する。 (3)手で目,鼻,口に触らない。 唾を無差別に吐き出さない。 (4)塩水又はうがい薬で良くうがいする。 (5)体を暖かく保ち,運動習慣をつけ,熱を通したものを飲食し,栄養のバランスを確保する。 (6)仕事,外出,人混みからの帰宅後,すぐに着替えてその衣類を洗濯する。 (7)エレベーターや階段を使用する場合,それぞれの表面との直接接触及び人々との会話を制限することを推奨。 (8)人混みへ行くのを制限し,人混みの中ではマスクを着用する。 (9)咳,発熱,息切れの症状がある人との接触を制限する。 接触する場合は,2メートル以上の距離を保ち,マスクを着用する。 (10)通常の洗浄液で毎日自宅の環境を掃除する。 特にドアノブ,階段の手すり,スイッチなどを定期的に消毒する。 (11)家の換気を行う。 ドアや窓を定期的に開ける。 エアコンの使用を制限する。 (12)ゴミを毎日収集し,指定された場所に処分する。 (13)自己健康管理及び毎日の体温測定を行う。 発熱,咳,のどの痛み,息切れの兆候が見られる場合は,マスクを着用し,人との接触を制限する。 ホットラインへ電話し,アドバイスを受けて,検査と治療のために最寄りの医療施設を受診する。 (14)健康管理又は隔離の必要がある疑い事例があれば,直ちにアパート管理者に通知する。 (15)保健省の公式ウェブサイト(,),地元の保健当局のCOVID-19感染流行に関する情報を常に更新する。 感染症の状況についての不正な情報を宣伝しない。 (16)地元の保健機関,マンション,アパートにおけるCOVID-19感染予防と制御に関する規制を厳守する。 (17)感染症例,疑わしい症例,自宅での隔離の事例がある場合は,マンション,アパートの管理者の指示に従う。 外国人の入国制限 ベトナム政府による入国制限について、時系列順に紹介します。 外国人のベトナム入国に関して 3月18日午前0時から、ベトナムに入国する者に対するビザ発給を停止しました。 同時刻から、査証免除の者、ベトナム系の人や親族訪問者に対する査証免除書の保有者、その他特別な場合(例えば、専門家、企業管理者、高技能労働者)については、在住国の権限を持つ機関が発行する新型コロナウイルス感染症が陽性ではないとする証明書を持ち、かつ、この証明書に関するベトナムによる承認を得なければ、入国できなくなります。 上記の措置は、外交、公用目的のために入国する者に対しては適用されません。 入国者の隔離 3月21日午前0時から、ベトナムに入国するすべての国・地域の者に対して、集団隔離が実施されます。 日本に対する査証免除措置の停止 3月21日12時から、日本に対するビザ免除措置が停止されます。 全外国人のベトナム入国停止 3月22日より、すべての外国人の入国が禁止されました。 この時点以降、一般の方がベトナムに入国することは不可能になりました。 国際線の運航について 3月22日以降の外国人入国禁止とともに、隔離施設の容量確保のため、外国からの航空便は最大限制限されています。 ベトナム航空は3月23日から日本便を停止、また3月25日から全ての国際線の運行を停止しました。 現在の状況 1.現在、ベトナム政府は、外国人の入国を禁止しています。 専門家、企業管理者、高技能労働者については、新型コロナウイルスにかかっていない証明書を提出した場合には、入国を認めることとしていますが、日本国内の状況から当該証明書を入手することが難しく、事実上、ベトナムへの入国は極めて難しいです。 2.仮に入国できても、自宅や居住地での14日間の隔離が義務づけられています。 (省・市によっては、集中隔離を求める場合や入域を拒否する場合があります。 ) 3.自宅・居住地隔離期間中は、生活必需品や食事等については、自分で手配しなければなりません。 新型コロナウイルス感染症対策のためのハノイ市とホーチミン市の罰則 ハノイ市では、新型コロナウイルス感染症対策としてソーシャル・ディスタンシング 社会距離拡大戦略 の情報周知に努めるとともに、マスク投棄や不要不急の外出に罰金を科すなどして行政処分を徹底しています。 最高で2000万ドン(約9万円)の罰金が科され、ケースによっては刑法が適用される可能性もあります。 また3月4日から市内の各ルートに人員を配置して、不要不急の外出を取り締まっており、実際に罰金が科された例もいくつか報告されています。 ハノイ市人民委員会司法局は、新型コロナウィルス対策として、以下の罰則を適用することを発表しました。 主なものを抜粋しています。 (1)公共の場でマスクを着用しなかった者:最大30万ドン(約1400円)の罰金 (2)公共の場、道端や路上に使用済みマスクをポイ捨てした者:最大7百万ドン(約3万2千円)の罰金 (3)自分又は他人の新型コロナウイルスの感染を隠した者:最大2百万ドン(約9000円)の罰金 (4)公共での飲食サービスの休止措置を遵守しなかった個人及び団体:それぞれ最大1千万ドン(約4万5千円)と2千万ドン(約9万円)の罰金 (5)公共の場での集会制限又は商業サービスの休止措置を遵守しなかった個人及び団体:それぞれ1千万ドン(約4万5千円)と2千万ドン(約9万円)の罰金 (6)感染地域を出入りする前に行う医療検査・観察措置を遵守しなかった者:最大2千万ドン(約9万円)の罰金 (7)隔離施設からの脱走、隔離に関する規定の不遵守、隔離・強制隔離措置の拒否:最大1千万ドン(約4万5千円)の罰金 (8)インターネット上にデマ情報を投稿した者:最大1500万ドン(約7万円)の罰金 (9)上記(7)の者や医療申告を不誠実に行う者が他人に感染させた場合、上記(8)の場合等には、刑法の適用もあり得る また、ホーチミン市でも、医療分野での行政違反に対する処罰の規定に基づき、緊急事態が宣言されている地域での多数の人々の集会を禁止する決定を遵守しなかった組織および個人に、最高3000万ドン(約14万円)の罰金を科す場合がある。 この歌は、2017年にリリースされた人気曲「嫉妬 Ghen 」の替え歌で、陽気なメロディーにウイルス予防対策の歌詞をのせて、動画付きで子供にも分かりやすく、ユーモラスに紹介しています。 この歌は、米国のケーブルテレビ局「HBO」の日曜夜放送のニュース風刺番組「ラスト・ウィーク・トゥナイト・ウィズ・ジョン・オリバー Last Week Tonight with John Oliver 」の新型コロナウイルスのニュースを扱うコーナーで紹介され、世界中に知られるようになりました。 現在、この歌は英語版も正式にリリースされています。 ベトナム経済が受けている影響 ベトナムの経済の中心地、ホーチミン市の状況を中心にお伝えします。 ホーチミン市観光局によると、新型コロナウイルス感染症による影響で、1-3月期中に、ホーチミン市内のホテルなどの宿泊施設で働く従業員約2万8000人のうち、1万9587人が無給休暇、830人が離職を余儀なくされました。 これは全体の73%で、とても大きな影響を受けていることが分かります。 また同市教育訓練局によれば、新型コロナウイルス感染症による影響を受け、市の教育施設で働く教職員4万1722人が無給休暇や離職を余儀なくされています。 ベトナムの教育施設では、1月に2019-2020年度の前期が終了してからテト 旧正月 休みに入り、テト明けからは約3か月間にわたり新型コロナウイルス感染症対策として休校措置が適用されていました。 そんな中、公立の教育施設にはある国からの資金配分を受けられず、オンライン学習も難しい、私立の幼稚園は特に苦境に立たされています。 前述のとおり、ベトナム政府は3月15日より全ての外国人に対する到着ビザ発給を一時停止しました。 さらに3月22日からは全ての外国人のベトナム入国を一時停止しました。 その影響で、ホーチミン市で活動する中小規模の旅行会社の90%が窮地に追い込まれ、臨時休業を余儀なくされています。 これらの措置は観光業に大きな打撃を与えており、旅行会社にとって今後も一層厳しい状況になるものと予想されています。 ホーチミン市企業協会 HUBA が会員企業を対象に実施した調査によれば、21%が「5月末までは凌ぐことができる」、12%が「6月末までは凌ぐことができる」、12%が「9月末までは凌ぐことができる」と回答した一方で、「年末まで凌ぐことができる」と回答した企業は全体のわずか2%程度に留まりました。 さらに労働傷病兵社会省によると、2020年年初4か月の全国の失業者数は67万人で、4月だけで27万人が労働契約を解除されました。 4月中旬の時点で労働者約500万人が新型コロナウイルス感染症により打撃を受けていると統計総局 GSO も明らかにしました。 82%の1523社が解散したほか、1万8000以上の自営業者が事業停止または休業に追い込まれました。 今後の見通し 新型コロナウイルス感染症対策として実施されていた社会隔離措置が緩和され、ベトナムは日常生活の風景を取り戻しつつあります。 5月4日には、ハノイ市で路線バス運行会社に対し通常運行に戻すことが許可されました。 ホーチミン市では4日に路線バス72路線の運行が再開されましたが、11日からはさらに22路線を増やし計94路線を運行していて、これは通常の運行頻度の80%になります。 また、新型コロナウイルス感染症対策として実施していた公共交通機関におけるソーシャルディスタンス 社会的距離 に関する制限も、5月7日0時付で全面的に解除となりました。 ただし、交通運輸省は感染予防に向けて、駅やバスターミナルおよび移動中でのマスク着用、サービス利用時の健康申告と検温、アルコール消毒による手洗いを続けるよう、運輸サービス業者に対し要請しています。 不要不急の業種についてカラオケとディスコを除き営業再開を認められたことを受け、ホーチミン市内では5月9日からバーや映画館、スパなどが一斉に営業を再開しました。 営業再開が許可されたのは、コンベンションセンター、ビューティーケア施設、美容整形クリニック、スパ、マッサージ店、サウナ、娯楽施設、映画館、劇場、バー、ビアクラブ、インターネットカフェなどで、人が集まる会合の開催や宗教施設での儀式の再開も可能になりました。 全市では引き続き、アルコール消毒による手洗いを徹底させるほか、公共の場や公共交通機関でのマスク着用を義務付けています。 ベトナム航空は新型コロナウイルス感染症の影響により運航便数を大幅に削減していましたが、ベトナム国内で感染症の流行が効率的に制圧されていることを受け、国内観光と往来需要の刺激に向けて国内線の運航を段階的に再開・増便していき、6月からの全面的な運航再開を目指すとしています。 しかし、3月23日より全区間が運休になっているベトナム~日本路線の定期便に関しては、ベトナム政府と日本政府による外国人の入国制限措置も継続されていることから、6月30日まで引き続き運休することが決定されました。 観光地の入場料値引きなど旅行需要を刺激するための具体的な支援策が実施されます。 また、ベトナムが適切な対策により新型コロナウイルス感染症を効率的に制圧していることを世界的に報じるとともに、ベトナムが「安全な旅行先」であると世界にアピールすることの必要性が、観光業の復興策を討議するビデオ会議で示されました。 海外からの観光客の受け入れについては10-12月からの再開を目指すとされています。 社会隔離措置が緩和され、不要不急の業種とされていた各業種の一部営業再開が認められたことから、今後、経済活動は徐々に通常の状態に戻されていくことと思われます。 しかし今後も、依然として公共の場や公共交通機関でのマスク着用や手洗いの徹底、不要な外出自粛などの感染防止対策が求められるなど、引き続き新型コロナウィルス感染予防に努める必要がありそうです。 まとめ ベトナムの新型コロナウイルス感染者数は、世界各国の数字と比べて非常に良好な結果だと評判されています。 4月23日から社会的な隔離は基本的に解除されましたが、ベトナム政府と国民は最高レベルの警戒を継続しています。 このようなたゆまぬ努力と迅速な対策により、ベトナムは新型コロナウイルスに勝利し、これからは人々の生活と経済の回復・発展に傾注することが可能になると期待されています。 コロナの状況が良くなり次第、ベトナムへの進出をご検討の企業も多いかもしれません。 このストラテを運営しているは、ベトナムのホーチミンに現地法人を持っており、現地の最新の情報をいち早く入手することが可能です。 ベトナムへの進出やベトナムでのマーケティングサポートが必要になった際には、ぜひ弊社のサービスをご利用ください。

次の