サンズ 対 ネッツ - ハーデン獲得のネッツは9人でニックスと対戦 全員が22分以上出場して今季7勝目― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ネッツ サンズ 対 4試合ぶり復帰のケビン・デュラントが33得点、ネッツがサンズに勝利

ネッツ サンズ 対 「これこそがチームの定義」。ハーデン率いるネッツが最大24点差を覆してサンズを撃破(バスケットボールキング)

ネッツ サンズ 対 サンズ 119

ネッツ サンズ 対 ブルックリンネッツ V/S

ネッツ サンズ 対 ネッツがサンズとの東西上位対決を制す…アービングとデュラントが30得点越え(バスケットボールキング)

ネッツ サンズ 対 ネッツがサンズとの東西上位対決を制す…アービングとデュラントが30得点越え(バスケットボールキング)

ネッツ サンズ 対 ネッツがサンズとの東西上位対決を制す…アービングとデュラントが30得点越え

ブルックリンネッツ V/S ボストンセルティックス

ネッツ サンズ 対 ネッツのケビン・デュラントがサンズ戦でベンチスタート「自分にとってチャレンジになると思った」

ネッツ サンズ 対 デビン・ブッカー(サンズ)とジェームス・ハーデン(ネッツ)が2月のNBA月間最優秀プレーヤーに

ネッツ サンズ 対 ネッツがサンズとの東西上位対決を制す…アービングとデュラントが30得点越え(バスケットボールキング)

ネッツのケビン・デュラントがサンズ戦でベンチスタート「自分にとってチャレンジになると思った」

「ウォーレンにかなりやられた」とネッツのケニー・アトキンソンHCは敗因を語っている。

  • しかもダブルダブル11回、そのうちトリプルダブルが3回あり、フランチャイズ記録となるアウェイでの5連勝を含む8連勝(2005-06シーズン以来初)でも中心的な活躍を見せた。

  • ハーデンは合流しておらず、複数の故障者に加えて4選手が抜けたことで実質9人だけで応戦した。

  • 月間12勝3敗という2月としてはチーム歴代最高の成績を収めたサンズに大きく貢献した。

ネッツがサンズとの東西上位対決を制す…アービングとデュラントが30得点越え(バスケットボールキング)

特にウォーレンは第4Qだけで14得点をあげ、終盤の逆転劇の立役者となった。

  • ネッツは18日(同19日)のマイアミ・ヒート戦で左ももを痛め、3試合を欠場したケビン・デュラントが戦列に復帰した。

  • シーディングゲームズが始まる前、ウェスタン・カンファレンス13位だったフェニックス・サンズがプレイイン・トーナメントに進出する可能性は皆無のように思われていました。

  • デビン・ブッカー 出場試合数: 15試合 主要成績: 27. ポールの29得点7アシストを筆頭に、デビン・ブッカーが22得点7アシスト、ディアンドレ・エイトンが16得点9リバウンド、ジェイ・クラウダーが15得点7リバウンド、ミケル・ブリッジズが10得点6リバウンドと、スターター全員が2ケタ得点を残すも、思わぬ形で連勝ストップとなった。

ネッツがサンズとの東西上位対決を制す…アービングとデュラントが30得点越え(バスケットボールキング)

4秒にハーデンが長距離砲を沈めてネッツがこの試合初のリード(126-124)を奪う。

  • 一致団結したサンズはブッカーのほか、マイク・ジェームズが24得点、TJ・ウォーレンが20得点、11リバウンドと貢献。

  • 10点のリードを手にしたネッツが2連勝を飾っている。

  • しかし、中盤に逆転を許すと、試合は拮抗した展開に。

ハーデン獲得のネッツは9人でニックスと対戦 全員が22分以上出場して今季7勝目― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

素晴らしい走りだったよ」とサンズを称えました。

  • 12点差に縮めて最終クォーターを迎えると、ネッツの追い上げはさらに続き、残り31. — Brooklyn Nets BrooklynNets 記憶に残るサンズ8連勝のは、ブレイザーズが言ったように「明るい将来」を確かに示したと言えるでしょう。

  • 試合も128-119でネッツが勝利している。

  • この日はベンチからの登場で、出場時間も28分と抑え気味だったものの、フィールドゴールを21本中12本、3ポイントも3本中2本、フリースローも8本中7本といずれも高確率で沈め、カイリー・アービング(34点)に次ぐチーム2位の得点を記録。

ネッツのケビン・デュラントがサンズ戦でベンチスタート「自分にとってチャレンジになると思った」

サンズも、 ジェイ・クラウダー選手と ダリオ・シャリッチ選手らが故障で出場できなかったので、彼らがいればまた違った展開になっていたと言いたいのですが、誰が欠場していようとも、勝敗は結果の通りについてしまいます。

  • 7アシスト。

  • 前半終了時点で21点ビハインドを背負いながら逆転勝利したことで、ネッツは1976-77シーズンにABAからNBAへ参戦後、前半終了時点としてはフランチャイズ史上最多得点差からの大逆転劇となったのである。

  • 一方イースタンカンファレンスで受賞したハーデンは自身として11度目、またネッツ移籍後初めて月初からプレーした月での受賞となった。

「これこそがチームの定義」。ハーデン率いるネッツが最大24点差を覆してサンズを撃破(バスケットボールキング)

BASKETBALL KING. フォワードとしてはさほどサイズに恵まれているわけではないクレイグ選手がこれだけリバウンドを奪えるのですから、やはりインサイドをしつこくついていくのが良いのですかね。

  • ブルックリン・ネッツは敵地PHXアリーナに乗り込み、フェニックス・サンズ戦に臨んだ。

  • デュラント、カイリーとプレーする際はポイントガードを務めるハーデンだが、サンズ戦ではプレーメイカーを務めつつ、アグレッシブなスコアラーと化してネッツをけん引。

  • sorry guys. 「昨年は、相手チームが連続得点を始めるとドミノのように全て崩れてしまうのが問題だったんだ。

サンズ 119

ウェスタン・カンファレンスのチームとの対戦成績を20勝6敗としたイースタン・カンファレンス首位のネッツは、カイリー・アービングが34得点、12アシスト、6リバウンド、ブレイク・グリフィンが16得点をマークした。

  • 試合後、本人は「良いスタートだった。

  • All our love back 💛💛 — Portland Trail Blazers trailblazers 一方で、惜しくも敗れたネッツも「申し訳ない。

  • 控えガードの1人だったタイラー・ジョンソン(28)は新型コロナ感染防止規定によって管理下に置かれている。




2021 cdn.snowboardermag.com