コネクタ に 液体。 航空宇宙・産業機器用コネクタ

航空宇宙・産業機器用コネクタ

コネクタ に 液体

両サイドに漏れ防止の弁が付き、ひねるだけで簡単に固定されます。 化学薬品に対する耐性があり、多くの用途にご利用いただけます。 【NS212シリーズ】は、ノンスピルデザインにより、加圧下での接続が可能な超軽量液ダレ防止継手。 ガラス繊維入りポリプロピレンの材質のため、多くの化学薬品に対応している。 漏れを限りなくゼロに低減。 <CPCプラスティック継手の特徴> 軽量で低価格。 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 食品の安全性を守るNSF規格C-2,USPタイプVIなど、安全性が確認されたプラスティックを使用したカップリングのラインアップが多数あります。 CPCのワンタッチ継手(カップリング)には、18,000種類以上のラインアップがあります。 圧力をかけたまま片手で一瞬に着脱できるほか、ラインへの空気進入も限りなくゼロで、インクなどの凝固・劣化も防ぎます。 ステンレスカップリングのコストダウン・軽量化をお考えの場合には、スーパーエンプラ樹脂ポリスルホン製の継手もございます。 詳細はカタログをダウンロードください。 また実演の様子を下記リンクにてご覧いただけます。 youtube. 2019年現在。 () インクジェットプリンターなどで採用多数。 着脱時に1滴でもこぼれると非常に困るインクに最適のジョイントです。 ノンスピルバルブにより着脱時の漏れを限りなくゼロに抑える継手です。 ノンスピルデザインにより加圧下での接続が可能であり、ガラス繊維入りポリプロピレンの材質であるため多くの化学薬品に対応します。 ワンタッチボタンで片手で着脱でき、カラーにより配管を視覚的に区別することも可能です。 メンテナンスの時間を短縮することもできます。 環境を守るため、ISO14000遵守のために効果的な製品です。 <CPCプラスティック継手の特徴> 軽量で低価格。 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 チューブが自由に回転でき、ねじれを低減、使用中のチューブ脱落事故を防止。 弁付タイプでは、加圧下で外しても液体(気体)を自動的にストップ。 食品の安全性を守るNSF規格C-2,USPタイプVIなど、安全性が確認されたプラスティックを使用したカップリングのラインアップが多数あります。 () ノンスピルバルブにより着脱時の漏れを限りなくゼロに抑える継手(ジョイント)です。 ノンスピルデザインにより加圧下での接続が可能であり、ガラス繊維入りポリプロピレンの材質で多くの化学薬品に対応します。 ワンタッチボタンのため片手で着脱でき、カラーにより配管を視覚的に区別することも可能です。 インクジェットプリンターでの採用多数。 (写真はHP社様での採用例) 実演の動画を下記リンクにてご覧いただけます。 youtube. 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 チューブが自由に回転でき、ねじれを低減、使用中のチューブ脱落事故を防止。 弁付タイプでは、加圧下で外しても液体(気体)を自動的にストップ。 () ノンスピルバルブにより着脱時の漏れを限りなくゼロに抑える継手(ジョイント)です。 ノンスピルデザインにより加圧下での接続が可能であり、ガラス繊維入りポリプロピレンの材質であり多くの化学薬品に対応します。 ワンタッチボタンのため片手で着脱でき、カラーにより配管を視覚的に区別することも可能です。 <CPCプラスティック継手の特徴> 軽量で低価格。 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 チューブが自由に回転でき、ねじれを低減、使用中のチューブ脱落事故を防止。 弁付タイプでは、加圧下で外しても液体(気体)を自動的にストップ。 食品の安全性を守るNSF規格C-2,USPタイプVIなど、安全性が確認されたプラスティックを使用したカップリングのラインアップが多数あります。 () 【NS212シリーズ】は、ノンスピルデザインにより、加圧下での接続が可能な超軽量液ダレ防止継手。 ガラス繊維入りポリプロピレンの材質のため、多くの化学薬品に対応している。 漏れを限りなくゼロに低減。 <CPCプラスティック継手の特徴>軽量で低価格。 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 食品の安全性を守るNSF規格C-2,USPタイプVIなど、安全性が確認されたプラスティックを使用したカップリングのラインアップが多数あります。 <CPCプラスティック継手の特徴> 軽量で低価格。 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 チューブが自由に回転でき、ねじれを低減、使用中のチューブ脱落事故を防止。 弁付タイプでは、加圧下で外しても液体(気体)を自動的にストップ。 () 貴重な電子製品を保護する、信頼性が極めて高く漏れのない接続と接断を実現します。 BLQ2はラックマウント式液冷用に特別に設計されており、漏れをなくし長期間の接続に耐えうる特許取得中のバルブ技術を使用しています。 BLQ2は、接続および接断、ラッチ機構がコネクター以外のシステム機能により保持される用途で使用するよう、特別に設計されています。 BLQ2ではラッチの代わりに、接続中に接続器に合うような面取りと先端部を有しています。 BLQ2では、LQ2と同じ革新的なバルブ技術を使用しています。 すべてのLQシリーズ製品同様、BLQ2ではコネクターの信頼性を確実なものとする(Oリングの様な単一シールではなく)複数のポイントでシールできるシール材を使用しています。 () CPC コールダー プロダクツ カンパニーは押しボタン式カップリング(継手)とフィティングのメーカー。 CPC カップリングは、気体・液体の両方に使用可能。 超小型・軽量、安価で、材質はエンプラ・スーパーエンプラ・金属から選べます。 機械に組み込めば自動弁で減圧せずに着脱可能。 ノンスピル継手は着脱時の液ダレを解消し、電源の液冷 水冷)や、インクジェットプリンターでの採用も多数。 ハイブリッドコネクターは、液体と電気端子の接続を可能にします。 マルチタイプは10本まで接続可能。 CPC カップリングの使用例は、液冷・インクジェットプリンター・バイク・自動車、分析機、半導体・高純度ライン・耐光性ライン・マイクロチューブ接続・ドラム缶など。 他にICタグ内臓継手、医療食品用・使い捨て、バイオ医薬用、無菌接続継手、フィティング・ルアーロックなどもあります。 (特注も可) ISO9001、RoHS、REACHへの対応は勿論、医療・食品用に膨大な安全データ・世界での承認実績。 クリーンルームでの無塵品の製造も可能。

次の

iPhone7でライトニングコネクタ修理が多発!

コネクタ に 液体

昨年 9月に発売されてから半年が経過した iPhone7と 7Plusですが、年明けからライトニングコネクタの修理が多くなっています。 これには、 7と 7Plusが持つ「耐水性」が大きな要因になっている可能性があります! ライトニングコネクタとは そもそもライトニングコネクタとは何か知らない人のためにご説明します。 ライトニングコネクタとは、アイフォンの充電コネクタ部分です。 7シリーズになってからはイヤホンジャックの廃止に伴ってイヤホンもこのコネクタを介して利用することになりました。 コネクタが故障すると充電ができないばかりか、 iTunesとの接続もできなくなるのでバックアップをとることもできなくなってしまうため、非常に怖い故障の 1つです! ライトニングコネクタ故障多発の原因 このコネクタは本来なかなか壊れるものではありません。 iPhone4sまでは幅広のドックコネクタだったのですが、これには裏表があり、間違った方向で充電端子を差し込み壊してしまうということも多く報告されていました。 iPhone5になってからコネクタが小型化し、さらに裏表がなくなったことから故障が激減しました。 しかし、アイフォンの 7と 7Plusに関してはリリースから半年足らずで、 6sシリーズ以前以上の修理依頼がありました。 現在のところ、全て直っているのですが、私としては、故障が多発している原因は以下の理由なのではないかと考えています。 <故障多発の原因> 1.お風呂で使うことが増えたため 2.ライトニングコネクタの抜き差しが増えたため 仮説1:水による故障 iPhone7シリーズは耐水性を高めたモデルとして登場しました。 これは、多くのユーザーが TVなどのメディアで宣伝され知っていることかと思います。 このイメージによって、お風呂で使ったり水になかに故意に入れたりするユーザーが増え、その水濡れがコネクタに悪影響を与えているのではないかと思うのです。 アップルとしても耐水性の向上は宣伝していますが、防水だとは言っていません。 保証でも水没故障は保証の対象外と言われています。 水分に対して内部構造は強くなったものの、コネクタに水分が付着した状態で放置していると、錆の原因となり、それによって充電ができなくなってしまったのかもしれません。 仮説2:コネクタ抜き差しの増加 アイフォンの耐水性を高めるために、 7シリーズではイヤホンジャックが廃止されました。 代わりにイヤホンはライトニングコネクタを通して使用することになったのですが、充電+イヤホンの使用によって、 6s以前のモデルと比べてライトニングコネクタ部分への抜き差し回数が増え、中の端子への負荷が増加しているのかもしれません。 端子も繰り返し抜き差しをすることで摩耗していくことや、純正品ではない端子との接触により負荷が大きくなることがあります。 これによって従来のモデルよりも非常に早い段階でコネクタが劣化してしまう事により、充電などができなくなるのかもしれません。 iPhone7や 7Plusでは過去のモデルと比べてライトニングコネクタの修理依頼が多いのは事実です。 私が立てた仮説ではどちらも耐水性を高めるための措置によってユーザーが誤認したり、通常よりも損傷しやすくなったことが原因ではないかと考えています。 どちらにしても、充電ができないと 1日ほどでアイフォンは使用できなくなってしまいます。 また、 iTunesに接続できなければ、バックアップもままなりません。 あまり耐水性を過信せず、イヤホンを使用するにしてもアダプタをつけっぱなしにするなど、摩耗を防ぐことが必要かもしれません。 それでもコネクタの調子が悪かったり、まったく使えなくなったりしたときには、当店までいらしてください!.

次の

着脱時の液漏れ、液ダレを防止する継手(ジョイント・コネクタ) CPC

コネクタ に 液体

液ダレなしにワンタッチ接続が可能に ノンスピルバルブにより着脱時の漏れを限りなくゼロに抑える継手(ジョイント)。 ノンスピルデザインにより加圧下での接続が可能であり、ガラス繊維入りポリプロピレンの材質で出来ているため多くの化学薬品に対応します。 ワンタッチボタンのため片手で着脱でき、カラーにより配管を視覚的に区別することも可能です。 <CPCプラスティック継手の特徴> 軽量で低価格。 錆(さび)対策に。 気体と液体両方に使用可能。 オールプラスティック製はディスポも可。 無塵クリーンルーム対応品は、医療、精密機械にどうぞ。 チューブが自由に回転でき、ねじれを低減、使用中のチューブ脱落事故を防止。 弁付タイプでは、加圧下で外しても液体(気体)を自動的にストップ。 食品の安全性を守るNSF規格C-2,USPタイプVIなど、安全性が確認されたプラスティックを使用したカップリングのラインアップが多数あります。 クリップする• 関連する製品をウォッチする 関連動画 着脱時の液漏れ、液ダレを防止する継手(ジョイント・コネクタ)• 基本情報 着脱時の液漏れ、液ダレを防止する継手(ジョイント・コネクタ) CPC コールダー プロダクツ カンパニーのワンタッチ式継手(カップリング)には、エンプラや金属継手など8000種類以上のラインアップがあります。 詳細はカタログをダウンロードください。 実演の動画を下記リンクにてご覧いただけます。 youtube. カタログ 着脱時の液漏れ、液ダレを防止する継手(ジョイント・コネクタ)• 取扱企業 着脱時の液漏れ、液ダレを防止する継手(ジョイント・コネクタ) CPC コールダー プロダクツ カンパニーは押しボタン式カップリング(継手)とフィティングのメーカー。 CPC カップリングは、気体・液体の両方に使用可能。 超小型・軽量、安価で、材質はエンプラ・スーパーエンプラ・金属から選べます。 機械に組み込めば自動弁で減圧せずに着脱可能。 ノンスピル継手は着脱時の液ダレを解消し、電源の液冷 水冷)や、インクジェットプリンターでの採用も多数。 ハイブリッドコネクターは、液体と電気端子の接続を可能にします。 マルチタイプは10本まで接続可能。 CPC カップリングの使用例は、液冷・インクジェットプリンター・バイク・自動車、分析機、半導体・高純度ライン・耐光性ライン・マイクロチューブ接続・ドラム缶など。 他にICタグ内臓継手、医療食品用・使い捨て、バイオ医薬用、無菌接続継手、フィティング・ルアーロックなどもあります。 (特注も可) ISO9001、RoHS、REACHへの対応は勿論、医療・食品用に膨大な安全データ・世界での承認実績。 クリーンルームでの無塵品の製造も可能。

次の