サボテン 名前 の 由来。 サボテンという名前の由来とは?花言葉は「枯れない愛」という皮肉?

サボテン、名前の由来は?【ことば検定】 答え林修

サボテン 名前 の 由来

サボテンまたはシャボテンは、英語ではカクタス(cactus)と呼ばれています。 カクタスはギリシア語のカクトス(ある種のとげのある植物)が語源で、地中海沿岸の土地では野生の朝鮮アザミ(西洋野菜のアーチチョーク)をこの名で呼んでいたとみられています。 元来サボテンとはウチワサボテンに付けられた名前だったそうです。 江戸時代に畳についた油の汚れをとるのにこの植物を切り取ってふき取ったので「シャボン」と呼ばれ、それがシャボテン、転じてサボテンに変化したといわれています。 当時の文献には、 貝原益軒著「大和本草」(1709年)に 「誠に草中の異物なり。 油の汚れをよくとる。 」とあり、 小野蘭山著「本草網目啓蒙」(1803年)石けんの項より 「(前略)コレヲタタミニ油ノツキタル時、此物ヲ横ニ切テ磨スレバ、油ヲスイトルニ依ツテシヤボント云フヲ、転ジテ俗ニサボテント云フ。 皆本条ノシヤボンヨリ出タル名ナリト云フ。 」 と記述されています。 他方ではシャボンの語源はポルトガル語のサバウで、それがサボンないしシャボンといわれ、前者がサボテン、後者がシャボテンになったとする説もあります。 円柱サボテン サボテンの中でも最大種である円柱サボテン(column cactus)は、高さが12〜15mに生長するサボテンです。 その生長の速度は10年に10cmぐらいで、12mに生長するのに200年は要するといいます。 雨の少ない気候の植物のため、雨が降ると柱がふくらむほど水分を貯えられるそうです。 ときには1本に6トンほど貯えられ、3,4年ほどの生活を支えているそうです。 多肉植物 茎、葉、根が多汁かつ多肉質で形成されている植物群のことです。 これは、各部に水分と養分を貯えて乾燥に耐える構造もった植物と定義できます。 しかしながら植物分類学上、多肉植物という科はなく、はっきりとした定義もありません。 サボテンも多肉植物ではありますが、サボテンは独立した一科をなしています。 多肉植物は狭義に解釈したもので、サボテン科の植物を除いたものを指しています。

次の

サボテン/仙人掌/覇王樹【さぼてん】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

サボテン 名前 の 由来

現在では、100円ショップにもサボテンが販売されています。 サボテンは、そのトゲや線毛を楽しめる品種もあれば、綺麗な花を咲かせることで観賞用として楽しむ品種もあるなど、多岐に及びます。 また、サボテンは砂漠といった乾燥地に生息しているというイメージを強く持っている方も多いと思います。 しかし、サボテンは多種多様であることや、大きさも数センチといった小さいものから、正解最大の20mもの大きさを誇るサボテンもあります。 色や形も様々で、トゲがない、また、食用とできる、その他、薬としても使用されるものもあります。 サボテンは水やりをしなくても良いといった誤ったイメージを持つ方も多く、実際には水やりも必要であり、多肉の部分だけを楽しむのではなく、美しい花も咲かせるサボテンもあるのです。 また、サボテンにはトゲがありますが、多肉植物にはトゲはありません。 温かい心• 枯れない愛• 燃えるような愛• 秘めた情熱• 内気な乙女心 といったような、サボテンにはこのような花言葉があります。 サボテンは乾燥地の厳しい環境下においても育つ植物で、とても美しい花を咲かせるサボテンもあれば、とても可愛らしい花を咲かせるサボテンもあります。 その昔、1600年代頃に、トルコにおいては、男性が女性にプロポーズをする際に、女性に向けてサボテンを贈っていました。 その為、贈る相手に心のこもった花言葉を持つようになったのです。 もちろん、サボテンは、その花言葉の意味の通り、恋人同士でお互いが贈り合うことも素敵なことであるといった認識があります。 それは現代においてもなお、続く習慣となっているようです。 サボテンの花に込められた花言葉で「偉大」という花言葉を持っています。 その為、会社の上司や先輩といった目上の方に向けたプレゼントとしてもおすすめです。 一方で、「内気な乙女心」という花言葉については、サボテンが花を咲かせる為には一定条件が必要となり、なかなか花が咲かないということから由来しているそうです。 現在、サボテンが販売されている植物店や雑貨店をのぞくと、とても可愛いサボテンや、インテリアとしても重宝できるスタイリッシュなデザインを持つサボテンなどもあります。 自分の好みに合わせてサボテンを楽しむことができることが分かります。 相手に贈るのももちろん、自身のサボテンとしてもぜひ購入してみたいものですね。 サボテンの育て方は? いかがでしたか? サボテンの名前の由来や花言葉について解説していきました。 意外とみんな知らない、サボテンにも備わっている花言葉があることが分かりましたね。 サボテンの花言葉には、「枯れない愛」「燃える心」「偉大」といった意味があることが分かりました。 このような花言葉を持つサボテンは、異性に対してプロポーズで贈ったり、上司や先輩にプレゼントで贈ったりする時に使用することができるそうです。 最近では、とても可愛らしいサボテンもあり、種類も様々であることから、サボテンの栽培を楽しみながら、あなた自身の観賞用としてお部屋に置いてみるのも良いかもしれませんね! 観葉植物の花言葉に関する記事•

次の

サボテン/仙人掌/覇王樹【さぼてん】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

サボテン 名前 の 由来

古くから活躍しているタイムには、どのような花言葉があるのでしょうか?ここではタイムの代表的な花言葉をご紹介します。 タイムの花言葉「勇気」 この花言葉は、古代ギリシアで勇気の象徴としてタイムを捉えていたことが由来しているそうです。 勇者から香り立つ気品を想起せずにはいられません。 タイムの花言葉「活気」 根を張り広がっていく、時には雑草化していくほどの生命力の強いタイムの性質からついた花言葉といわれています。 タイムの花言葉「清潔感」 この花言葉の意味は、イメージつきやすいのではないでしょうか?香りから連想しやすいイメージだと思います。 実際は、古代エジプトでミイラの防腐剤として使われてことが由来しているそうですよ。 タイムの基本情報 タイムは世界中に自生し広がっています。 現在種類は約350種類ほど存在するといわれております。 大きく分けると地面をはって育つ「ほふく性」の種類と、茎が立ち上がって育つ「木立性」の2種類に分類されます。 ここではタイムの代表的な種類のご紹介をいたします。 コモンタイム 木立性のタイムです。 もっとも一般的なハーブです。 レモンタイム 木立性のタイムです。 レモンの香りがする、香りのよいハーブです。 ゴールデンレモンタイム 葉に黄色い縁が入る、特徴的なハーブです。 シルバータイム 木立性のタイムです。 四季ごとに色味が変わります。 葉に白い斑が入ります。 秋から冬にかけては紫色っぽく紅葉します。 クリーピングタイム 匍匐性のタイムです。 グランドカバーとしても利用されます。 タイムを贈ろう.

次の