オクラ とげ。 オクラの茹で方 産毛の取り方や下処理の簡単なやり方【写真付き】

オクラの下ごしらえ・ゆで方簡単レシピ [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

オクラ とげ

スポンサーリンク オクラの下処理の方法は? オクラの下ごしらえの方法は次のとおりです。 オクラのガク(写真を参考)を包丁で削る• 茎の長い部分を切り落とす• さっと水洗いしたオクラにまな板の上で塩を振る• 手の平で優しく転がして(板ずり)、 トゲと産毛を落とす• 沸騰したお湯に入れ、オクラを箸で回しつつ 約1分茹でる• オクラをザルにあげ、冷水か氷水につける• 粗熱が取れたらカットして完成 オクラは茹でる前にカットしてしまうと、中に水が入って食感が悪くなってしまいます。 茹でる前のカットは、ガクを落として茎を少し切るくらいに留めましょう。 ガクと茎を切ったあとは、 塩を振ったオクラを手で転がしてください。 (板ずり) そうすることで、 オクラの表面のトゲや産毛が落ちて滑らかになり 食感がよくなります。 ちょっと手間がかかりますが、食べたときにトゲが刺さって不快な思いをしにくいですよ。 その後、板ずりをして塩がついたままのオクラを茹でます。 下味にもなって一石二鳥です。 茹で時間は好みによりますが、 1分ほどが良いでしょう。 硬めの食感が好みの方は茹で時間を短くする、柔らかめの食感が好きな方は茹で時間を長くするなど、茹で時間を調整するとよりおいしく食べられます。 オクラの大きさによっても茹で時間は変わってきますので、色々試してみてください。 茹で上がったら冷水に冷やして完成です。 冷水につけることで、オクラの緑色が鮮やかになります。 細かい作業がわかりにくい場合は、次の動画を参考にするといいですよ。 スポンサーリンク オクラは電子レンジでも加熱できる? オクラを茹でるのが面倒という方は、 電子レンジで加熱する方法もあります。 茹でるより時短になって、色も綺麗に仕上がりますよ。 電子レンジの加熱方法は、次のとおりです。 下ごしらえ(前半参照)の塩を振って板ずりまで終わらせる• 耐熱皿にオクラを乗せてラップをする• 電子レンジ500Wで約1分30秒加熱する• 冷水にひたし粗熱が取れたら、カットして完成 下ごしらえは記事前半を参考にして、板ずりまで進めてください。 お湯で茹でるところを電子レンジで加熱します。 電子レンジで加熱する方法は、お湯が沸かす手間がない分だけ楽ちんです。 加熱時間はオクラの大きさ・量、柔らかさの好みによって調節してください。 オクラを生で食べよう! 実はオクラは 生で食べることができます。 生で食べると、オクラの栄養を逃がさず取ることができて、手間もかかりません。 ただし、オクラを硬く感じたり青臭く感じる人もいるので、好き嫌いがありますよ。。 生で食べるときの下ごしらえの方法は、 基本的には茹でるときを変わりません。 茹でるところで、塩を洗い流してカットして完成です。 詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。 参考: まとめ オクラの下ごしらえのポイントは、 茹でる前にオクラ内部に水が入らないようカットしないことが大切です。 塩を振って 板ずりをすることで、オクラの産毛とトゲを落とすと口当たりがよくなります。 電子レンジで加熱すると、時短になり色も鮮やかです。 オクラは生で食べることもできます。 栄養を逃がさず食べられますよ。 オクラはとても体に良いので、積極的に食べましょう! スポンサーリンク•

次の

オクラの下ごしらえの仕方!がく・トゲ・産毛の処理はどうする?

オクラ とげ

コンテンツ• オクラの下ごしらえ・トゲや産毛の処理は? まず気になるのは、 トゲや産毛と呼ばれるものです。 このままでも食べることは可能ですが、取り除いた方が断然食感は良くなります。 トゲや産毛は、夏の暑さに負けないように生えているものなので 非常に鋭いです。 そのままだとチクチクしてしまうため、上手に下ごしらえをしておきましょう! 処理の仕方で一番メジャーなのは、水で洗ったオクラをまな板の上に置き 「板ずり」をする方法です。 塩を振って手の平でコロコロ転がすだけですよ! これで簡単にトゲや産毛が取れるんです。 板ずりする時にトゲが刺さって痛い場合は、布をかぶせて行っても構いません。 オクラはネットに入って売られていることが多いですが、そのネットのまま塩を振ってすり合わせるようにすることでも、トゲや産毛を除去できます。 オクラの下ごしらえ・茹で方や茹で時間は? 次の下ごしらえは茹でていきますが、 茹で時間は仕上がりの彩りにも影響しますので、かなり重要な部分です。 茹でる時は、沸騰したお湯の中に 20~40秒入れて下さい。 皮の固さによって、茹で時間を多少変えるようにすると良いです。 生でも食べられる野菜なので、あまり長時間茹でる必要はありません。 茹で上がったら、冷たい氷水で冷やすと彩が鮮やかになりますので、お忘れの無いように…。 また、茹でる時に へたを切り落としてしまうのはNGです。 そこから栄養分が流れ出てしまうのと、中にお湯が入って水っぽくなってしまうので、ヘタは茹でた後に切り落として下さい。 オクラの 「ガク」の部分だけ切ってから茹でるといいですよ。 オクラの下ごしらえ・電子レンジを使っても! 茹でる代わりに 電子レンジで下ごしらえをすることもできます。 シリコンスチーマーやレンジのタジン鍋などをお持ちの方は、そちらを使うこともできますが、 耐熱皿でも調理できます。 キッチンペーパーを水で濡らし、オクラをくるんでから耐熱皿に乗せます。 機種によっても違いはありますが、オクラ10本を調理するのに 500Wで1分が目安です。 加熱し過ぎると食感が失われてしまうため、最初は設定時間を短めにして、増やしていったほうがいいかもしれませんね。 オクラの美味しい食べ方は? 茹でたオクラは小口切りにカットし、おかかと和えて出汁醤油をかければ、そのまま おひたしとしていただけます。 小口切りにしたものは、サラダやそばなどのトッピングにも使えますね。 鮮やかな緑色で見た目にアクセントになるため、料理がワンランク上になる気がします。 納豆やめかぶ、とろろなど、他の ネバネバ食材とも相性が良いので、混ぜて食べるのもおすすめです。 炒めたり揚げたりする時は下ごしらえはしなくても大丈夫なので、比較的簡単に調理することもできます。 ムチンというネバネバ成分には健康維持効果がありますので、ぜひ料理に活用して下さいね。 カテゴリー• 140• 117• 287• 173• 123•

次の

オクラの育て方 遅まきオクラや珍しいオクラ栽培記 : 育て方.jp|花、野菜の育て方など

オクラ とげ

オクラの下処理・トゲ(産毛)の除去はどうする? オクラは 網状の袋に入って売られていることが多いですよね。 この袋のまま塩を振って擦り合わせると、細かなトゲ状の産毛を取ることができます。 ネットに入っていない場合は、まな板の上でたっぷりの塩を使って 板ずりをしましょう。 トゲのように痛いと感じるものは新鮮な証だったりするんですよ! 産毛は必ずしも除去する必要はありませんが、普段から気になるという人は下処理に加えておきましょう。 オクラの下処理・茹で方と茹で時間は? オクラは茹でずにそのまま使用することもありますが、今回は下処理として 茹で方をご紹介しておきますね。 まず、茹でる前に食べるサイズに切ってしまうのはNG。 中に穴が開いているので、切ってから茹でると水っぽくなってしまいます。 茹でる前には ヘタだけを落とします。 ガクを剥いてしまえばヘタの近くも美味しく食べられますよ。 時間がない時は筋の部分に包丁を入れましょう。 時間に余裕があれば、塩もみをしておくとより綺麗な色になります。 塩もみしていない場合は、茹でるお湯に小さじ1杯ほどの塩を入れましょう。 茹で時間は 20~40秒がベストといわれていますが、大きさによっても異なるので様子を見てあげてください。 オクラは生でも食べられる野菜なので、それほど火を通す必要はありません。 茹であがったら冷水もしくは氷水にさらすようにすると、綺麗な色をキープすることができます。 あとは、水気を切ってから調理します。 保存する際は冷蔵庫に入れ、1~2日で食べ切ってください。 長期保存したい場合は冷凍したほうが得策ですね。 Sponsored Link オクラの下処理・冷凍保存する際の茹で方は? 冷凍保存する場合は茹で過ぎないように注意しましょう。 特に、再加熱して使う場合はサッと湯通しするくらいでいいかもしれませんね。 茹でた後、食べやすい大きさに切っておくとすぐに使えて便利です。 冷凍したオクラは冷凍庫で 1ヶ月ほど保存できます。 電子レンジで簡単に! 簡単に下処理したい人には、 電子レンジを使用するのもおすすめです。 茹でる時と同じように、ヘタのみを取り除きます。 ラップをかけ、 500Wの電子レンジで加熱します。 時間は、オクラ1ネットで2分~2分半が目安です。 茹でる時と同様で、冷凍保存する場合は少し時間を短くしましょう。 加熱が終わったらすぐに冷水に浸けておきます。 必ずしも必要ではない下処理もありますが、より彩りよく美味しく食べるために試してみてくださいね。 カテゴリ• 103• 215•

次の