お も しれ ー 女 と は。 男性に「選ばれる女になりたい」人が、本当の愛を見逃しているかもしれない理由

[クリムゾン] 1年間痴漢され続けた女 ー光月ユウナ編ー

お も しれ ー 女 と は

せめて理解する努力くらいしてほしい、と現代に生きる私は思ってしまうのだが、物語としては、だからこそおもしろいのが困ったところで、もし男と女が互いにすっかり理解し合えてしまったら、恋愛小説などいつの時代にも成立しないだろう」(「理解できる言葉で源氏物語を読むこと」江國香織) これは、日本文学全集の『源氏物語』(角田光代訳、河出書房新社)のプルーフに記載された、江國香織の源氏物語評である。 本編を読みながら私が感じていたことを、そのまま言い当てられてしまった、と思った。 男は女を理解しないまま愛する。 それが『源氏物語』という、千年の長きにわたって読み続けられてきた恋愛絵巻のひとつのテーマなのかもしれない。 角田訳『源氏物語』を読んでみると、つくづくそう思う。 そして角田光代という恋愛小説家だからこそ、男女のわかりあえなさをそのまんま現代語訳に落とし込めたのかもしれない、とも。 たとえば、最愛の妻・紫の上が亡くなったときの源氏。 彼の様子を角田訳は以下のように綴る。 源氏は、紫の上に自身の恋愛事情を見せてしまい、苦しめてしまっていたことを後悔する。 「いっときの気まぐれであったにせよ、本当に心苦しい事情があったにせよ、どうしてそんな自分の心を見せたりしたのだろう。 紫の上は何ごとにもよく気のつく人だったから、そんな心の奥までよくわかっていながら、心底恨みぬくようなことはなかったけれど、何かあるたびにやはりこの先どうなってしまうのかと心配し、多少とも心を乱したことがあっただろう」(『源氏物語』中p. 596) いやいやいや。 女からすると、おい源氏、紫の上のことをなんだと思ってるんだ……。 と愕然としてしまう台詞だ。 だって亡くなった妻に対して、源氏は「あんなふうに俺の浮気事情を見せなけりゃよかった~ていうか察しのいい紫の上、俺の浮気に全部気づいてたよね?」と、浮気現場を見せたことを後悔しているだけなのだ。 そのうえ、「でもまあ俺のことを心底恨んでることはなかっただろうけど……でも多少心配してたことはあったよなあ」としみじみ振り返るだけ、の源氏。 この台詞の前段で、紫の上がいかに源氏の女性関係に絶望しつつ、亡くなっていったか、を読んだ読者としては「源氏、あまりにも能天気……」と思わざるをえない。 いや、そもそもあなたが見せようと見せまいと、紫の上は浮気にぜんぶ気づいて苦しんでましたよ!? ていうかバレるバレないの話以前に、紫の上の苦しみは、「多少とも心を乱したことがあっただろう」程度じゃなかったよ!? と、読者としては全力で源氏にツッコみ、紫の上に同情してしまう。 いやはや、これだから男性は。 そんなふうに読者が脱力してしまうように、角田訳は設計されている。 なぜ紫の上が「心底恨みぬくようなことはない」と思えるのだろう、彼女はあんなにも苦しんで苦しんで死んでいったのに。 と、現代の読者が、千年前の読者と同じように「源氏のばか、何もわかってない……」と頭を抱えられるように。 だけど、ふと考えてみれば。 紫の上という女性を理解しないまま、それでも最愛の妻として思い返していること。 その描写は、紫式部自身の筆の凄まじさ(だって千年後の読者にすら、紫の上の不憫さがつたわってくる)、そして角田光代という作家の訳した腕に支えられているのだ。

次の

仮面ライダー555で草加が「真理は俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ」...

お も しれ ー 女 と は

質問です。 遠距離恋愛中に浮気されたかもしれません。 遠距離中の恋人(男性)から、自分の家に女性を一晩泊めた(2人きり)と事後報告をされました。 彼がいうには、肉体関係はなかったそうです。 報告は、以下のようにされました。 彼「もし、泊まるところが無くて困っている女友達を泊めたら怒る?」 私「困っている人を助けるのは当然だから、仕方ないよね。 でも、実際に起こらないと分からないなぁ。 」 彼「そっか、仕方ないと思ってくれるならよかった。 実は既に泊めたんだ。 普通に言えなくてごめん。 罪悪感があるからちゃんと報告するね。 何もなかったけど、泊めたことは浅はかだった。 ごめん。 」 という形で事後報告されました。 年に1、2度しか会えず、かつ、彼の部屋に一度も行けたことがなかった(理由は、私が大学生で、かつ、他国間での遠距離だから、コストがかかるため。 )私は、女友達に先を越された気がして実際に怒りを覚えました。 そこで、女友達(私からすると知らない人)が信用に値するか知りたくて、彼に女友達はどんな人か?という質問をしてしまいました。 すると、彼は、「大切な女友達に危害が加わるかもしれないから女友達の情報は言いたくない。 」と言われ、女友達を優先されたようで、恋人として、とても悲しい気持ちになりました。 ここで質問が3つあります。 1、肉体関係は本当になかったと思いますか? 2、これをきっかけに別れるべきでしょうか? 3、きれいに別れる方法はなんですか? 読んでくれて、本当に、ありがとうございます。 1〜3のうち、1つでも教えていただけると、とても助かります。 宜しくお願い致します。 以下は補足の情報です。 ・女友達は、彼に、彼女(私)がいることを知っていた ・彼の部屋はトイレ等、家電が壊れていたため、彼は安い近くのホテルを紹介した。 それでも女友達はお金に困っていたため、無料で泊まれる彼の部屋を選んだ ・前もって2人で泊まることを約束していた(終電を逃した等の事情ではない。 ・女友達が来る前に、自慰行為をしたため、萎えていたから、肉体関係はなかったと言われた。 1、の肉体関係がなかったかどうかですが、彼の言い方から判断すれば今回はなかったと思います。 あくまでも「今回は」であって今後、肉体関係に発展する可能性は充分にあり得る関係のように思います。 理由は彼氏と女友達はかなり信頼関係があると思うからです。 彼氏が「大切な女友達」と言っている点や女友達が同性ではなくわざわざ彼女のいる男友達 彼氏 の部屋に泊まるって信頼しあっていなければできません。 そしてわざわざあなたに事後報告しているのです。 やましいことがなくても言わなくていいこともあります。 彼氏は女友達との関係をわざわざ報告してあなたに認めさせたいのでしょう。 認めさせたら今後は堂々と泊めることできますからね。 また、「大切な女友達に危害が加わるかもしれない」って言葉、あなたを信頼していない、と言っているように聞こえます。 あなたはどう感じましたか? 2、肉体関係がなくともプラトニックラブという浮気もありますからあなたが耐えられないのであれば別れた方が良いかもしれません。 あなたが彼氏を信じていて好きなのであれば、女友達のことは見て見ぬふりをして別れなくともいいと思いますが…。 3、別れは真剣交際であればあるほど傷つくし、いくら表面上きれいに別れても精神面はズタボロにはなりますよ。 それでもよければ、女友達のことは一切触れず、 「遠距離は辛い。 お互い身近にいる方を探しましょう」と冷静に言ってみましょう。 遠距離は大変でしょう。 相手を信じるということ、難しいと思います。 自分と向き合って考えてみてください。 遠距離って、近距離より遥かにお互いを信頼していないと成り立たないので、まず貴方が彼氏から泊めたと聞いて、1番にその不安が生まれる時点で、お互いを信頼できていないと思います。 不安なら、別れるべきでしょう。 今後同じ様な事がもし合ったとして、貴方が耐えられるなら別れる必要は無いと思います。 これは、あなたが今の気持ちを彼氏に伝えて彼氏がどう答えるかによって私は変わってくると思います。 でも、ここまでの話を聞く限り、彼女とかそう言う恋愛感情以前に、彼氏にとってその泊めた女性は、恋愛とかそう言うのではなく、もっと違う感情を持っている相手なのかなと感じました。 だから、もし貴方がその女性について悪気なく少し悪い言い方をすると彼氏が貴方に対して怒る可能性があると思います… 自慰行為についてですが、それは本人しかわからない事だと思います。

次の

仮面ライダー555で草加が「真理は俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ」...

お も しれ ー 女 と は

1 丷• 4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の