金銭 トラブル 警察。 [犯罪・刑事事件]金銭トラブル、警察に相談にいきましたが。

金銭トラブルです。彼氏彼女の関係だったんですが、いきなり彼氏の兄貴

金銭 トラブル 警察

日常生活でのトラブル解決から、あらゆる業界でのトラブル解決、政界や芸能界でのトラブル解決も行っています。 当事務所は、民事上の裁判勝訴や警察でも駄目だった方のケースでも解決まで行ってます。 通常の刑事事件では解決は困難なケース、また弁護士に依頼しての通常の交渉や裁判での勝訴でも解決が困難なケース、警察や弁護士では動きが遅いので早急に解決したい方 迅速に対応 お力になります。 また、当事務所は、警察にも相談に行けない問題・通常の訴訟等は家族に知られる等、普通に相談できない方々の依頼も非常に多いです。 どのような問題でも、お気軽にご相談ください。 人生におけるトラブルは、人生そのものを狂わせている、悩ませている問題だと思います。 悩みなき人生を取り戻して頂けるように、問題救済・解決にあたり、様々な事情に応じて、コンプライアンス(法令遵守)を重視し対応・解決します。 状況に応じた柔軟なサービスが提供できますので、お気軽にお問い合わせください ご依頼人の絶対的な最強の味方になり、解決までお力にならせて頂きます。 解決まで全てお任せください。 悩まれてる方が、どんな解決を求めているか?これは様々です。 どのような解決がご希望かをご相談ください。 問題は深刻です。 トラブルでの一般的な相談するところと言えば、警察、弁護士、探偵事務所ですが、少し実態を書きます。 警察にも相談に行けない、弁護士を使い訴訟にでもすれば、家族にも知られる等、単純には解決しないケースも多いです。 勇気を出して警察にいっても、まともに取り扱ってくれない事例も珍しくありません。 何かトラブルが起きて、警察に相談に行っても、警察はやはり役所なので事務的対応で腰も重く、被害者救済とは程遠いケースが多いのが現状です。 緊急性のある刑事事件にでも発展しないと迅速さもありません。 しかし取り返しのつかない殺傷事件に発展してからでは遅すぎます。 警察は、家族に知られないようにという相談にも臨機応変に対応はしてくれません。 逆に家族に話しなさいと言われるケースも多く、家族に知られたおかげで、一家が崩壊してしまうケースも多いのです。 弁護士にしても、法律の事務屋さんです。 まずは内容証明から始まって、交渉断念後は、訴訟での決着をしようとしますが、勝訴をしても解決は無理なケースばかりです。 緊急に対応を要するようなトラブルの緊迫場面でも、体を張って守ってくれる弁護士など皆無です。 探偵事務所の類は沢山ありますが、解決できると依頼を請けて、動く事といえば調査だけです。 調査だけでは絶対に解決は出来ません。 加害者側と徹底的に戦い、守ってくれるところなども皆無です。 法律は決して万能ではなく、法律で全て解決は絶対にしません。 法律上違法行為となる要素があり、人に相談もできない様な内容でも、完全秘密厳守でご相談に乗ります。 よくあるケースで、勇気を出して刑事事件にして、全て家族にばれて、一家も崩壊したにも関わらず、相手は刑事事件で実刑になったという場合でも、出所後、復讐してくるケースもあります。 復讐代行 復讐屋 冤罪工作 怨み屋 何でも屋ハイマックス 日常生活でのトラブル解決から、あらゆる業界でのトラブル解決、政界や芸能界でのトラブル解決も行っています。 当事務所は、民事上の裁判勝訴や警察でも駄目だった方のケースでも解決まで行ってます。 通常の刑事事件では解決は困難なケース、また弁護士に依頼しての通常の交渉や裁判での勝訴でも解決が困難なケース、警察や弁護士では動きが遅いので早急に解決したい方 迅速に対応 お力になります。 また、当事務所は、警察にも相談に行けない問題・通常の訴訟等は家族に知られる等、普通に相談できない方々の依頼も非常に多いです。 どのような問題でも、お気軽にご相談ください。 人生におけるトラブルは、人生そのものを狂わせている、悩ませている問題だと思います。 悩みなき人生を取り戻して頂けるように、問題救済・解決にあたり、様々な事情に応じて、コンプライアンス(法令遵守)を重視し対応・解決します。 状況に応じた柔軟なサービスが提供できますので、お気軽にお問い合わせください ご依頼人の絶対的な最強の味方になり、解決までお力にならせて頂きます。 解決まで全てお任せください。 悩まれてる方が、どんな解決を求めているか?これは様々です。 どのような解決がご希望かをご相談ください。 問題は深刻です。 トラブルでの一般的な相談するところと言えば、警察、弁護士、探偵事務所ですが、少し実態を書きます。 警察にも相談に行けない、弁護士を使い訴訟にでもすれば、家族にも知られる等、単純には解決しないケースも多いです。 勇気を出して警察にいっても、まともに取り扱ってくれない事例も珍しくありません。 何かトラブルが起きて、警察に相談に行っても、警察はやはり役所なので事務的対応で腰も重く、被害者救済とは程遠いケースが多いのが現状です。 緊急性のある刑事事件にでも発展しないと迅速さもありません。 しかし取り返しのつかない殺傷事件に発展してからでは遅すぎます。 警察は、家族に知られないようにという相談にも臨機応変に対応はしてくれません。 逆に家族に話しなさいと言われるケースも多く、家族に知られたおかげで、一家が崩壊してしまうケースも多いのです。 弁護士にしても、法律の事務屋さんです。 まずは内容証明から始まって、交渉断念後は、訴訟での決着をしようとしますが、勝訴をしても解決は無理なケースばかりです。 緊急に対応を要するようなトラブルの緊迫場面でも、体を張って守ってくれる弁護士など皆無です。 探偵事務所の類は沢山ありますが、解決できると依頼を請けて、動く事といえば調査だけです。 調査だけでは絶対に解決は出来ません。 加害者側と徹底的に戦い、守ってくれるところなども皆無です。 法律は決して万能ではなく、法律で全て解決は絶対にしません。 法律上違法行為となる要素があり、人に相談もできない様な内容でも、完全秘密厳守でご相談に乗ります。 よくあるケースで、勇気を出して刑事事件にして、全て家族にばれて、一家も崩壊したにも関わらず、相手は刑事事件で実刑になったという場合でも、出所後、復讐してくるケースもあります。

次の

金銭トラブルの警察の対応について。

金銭 トラブル 警察

近所で弁護士や司法書士を探したい! 女性弁護士を探している! ベテラン弁護士を探している! こんな時はこちらにお電話ください 例えば、東京都新宿区にある歯医者を電話番号案内で探してもらうような手軽さで、あなたのご要望にあった法律の専門家を探してご紹介します。 インターネットで調べても弁護士はたくさん見つかりますが、債務整理に詳しいのか、離婚問題に詳しいのか、ベテランなのかなどはわかりにくいです。 いきなり弁護士に電話して相談しても専門外だったら無駄になります。 まずは、こちらであなたに合った法律の専門家をマッチングしてもらいませんか? 日本法規情報 日本法規情報案内サービスでは、法律問題かどうかわからない段階でも、事前に話をすることができます。 個人間の借金トラブルや相続問題などの専門の先生は違います。 専門分野は複数あり、どこにでも相談していいわけではないのです。 専門家に相談する前に、日本法規情報サービスで現状を把握してもらい案内してもらえるので、間違った問い合わせ先に相談することがなくなります。 どんな小さな内容でも、問い合わせできます。 24時間受付 全国対応 友人家族などとの借金のやりとりについては、個人間の金銭トラブルとなり、一般的なところでは対応してもらえません。 個人間の金銭トラブルには、貸した借りてないなどの返済のいざこざが多く、近くで対応できる専門家が必要ですね。 お金の問題でお悩みのあなたには、日本法規情報をおすすめします。 日本法規情報の相談窓口案内サービスには、全国に1000事務所、3000人以上の専門家がいます。 この業界トップクラスの中から、あなたの状況・お悩みに適した専門家を無料で案内してくれます。 債務整理なら 債務整理の相談をするなら無料診断がおすすめです。 ブラックリストって何? よく借金が返せなくなって自己破産をすると、ブラックリストに載ると言われますね。 しかし、ブラックリストと言うリストはなく信用情報機関に情報が登録されることの通称となるのです。 もし新しくお金を借りようとすると、貸金業者は信用情報機関にあなたの情報が登録されていないか確認します。 情報が登録されると返済できなかった事故情報として扱われ、お金を借りることはできなくなります。 信用情報機関はいくつかありますが、あなたがお金を借りた貸金業者(金融機関等、消費者金融会社、クレジット会社)がどこの信用情報機関を使っているかによって異なります。 登録される期間は情報の内容によって異なりますが5〜10年のものが多いようです。 登録が消えない間は新たな借り入れが出来ません。 家族間の金銭トラブル 借金と言うと消費者金融や銀行ローン、キャッシング、クレジットカードなどを想像しますよね。 これらは個人対会社なので分かりやすいですし、契約書が存在するはずですから責任の所在も明らかです。 しかし他にも家族間の借金や友人・知人間の借金だって存在します。 この場合は一筆書いてあればまだいいですが、何もないことも。 借金の存在すら証明できないので、トラブルになりやすいです。 このような家族間や友人・知人間の金銭トラブルのお困りの方でもお金の専門家に相談することができます。 どこに相談すればいいのか分からない方にオススメです。 借金と税金 世の中にはいろいろな形の借金があります。 クレジットカードでの支払い、キャッシングでの借り入れ、住宅ローン、カーローン、教育ローン、奨学金、そして未納の税金です。 クレジットカードやキャッシングは「借金」としての認識も強く、返済が滞ると親や家族、職場などにも迷惑がかかると思って優先的に返済される方が多いです。 つまり税金は後回しになりがちです。 しかしこれは大変な間違いです。 借りたお金は返済しなければなりませんが、働いても働いても減らない借金、終わりのない返済に陥っている場合は早めに専門家に相談しましょう。 クレジットカードやキャッシングの返済は自己破産をすれば返済義務が無くなる借金です。 しかし税金だけは違います。 税金は国民の義務であるため自己破産をしても免除されないものです。 借金の返済が優先で税金は払わなくても大丈夫と考えている方はご注意ください。 借金と物欲 お金に余裕がある人は、案外物欲がない人が多いです。 いつでも手に入れることが出来るので、今すぐ買う必要があるかないのかを見極めることができるからです。 物欲がないからお金が貯まるとも言いますね。 だから逆にお金がない人ほど物欲が高く、今買う必要のないものを衝動で買ってしまいがちです。 世の中には買い物欲を刺激する商品がたくさんあり、欲しいものを我慢できません。 期間限定・季節限定・数量限定・限定・限定・・・、そうやって物欲が高められます。 借金をしている人ほど家の中に荷物があふれていることが多いのは、そういうことなのでしょう。 デパートやショッピングモールに行かなくても、ネットやテレビを見ているだけでも買い物が出来てしまいます。 そうして買いすぎて返済できないほどの支払い額になってしまうのですね。 借金と奨学金 勉強するにはお金がかかります。 義務教育を終え、高校や大学に進学するためには、まとまったお金が必要です。 高校の授業料は無償化されたとはいえ、制服代・施設費・教科書代などはかかります。 大学は入学金と前期後期の授業料が4年間かかります。 これだけのお金を払って勉強するわけですから、生半可な気持ちで大学まで進学できません。 教育ローンや奨学金を借りて行く人も多いですが、これらはすべて借金です。 将来返済しなければならないお金ですから、借りる時にしっかり考えなければなりません。 教育ローンや奨学金の返済が出来なくて、自己破産する人もいます。 お金の事は自分任せにせず、しっかり家族や専門家と話合いましょう。

次の

貸したお金は裁判で戻ってこない~借用書・公正証書は無意味で泣き寝入り~|不動産投資の裏側を知る教科書

金銭 トラブル 警察

新しくマンションを購入するにあたって気になる問題が、隣人・近隣トラブルの有無ですよね。 代表的な隣人・近隣トラブルといえば、生活音や騒音に関する問題ですが、実はそれだけではありません。 マンションでは、沢山の世帯が共に生活をし、それぞれのライフスタイル・価値観を持っています。 そのため、ほんの些細なことが苦情になってしまい、中には警察に仲介に入ってもらうような大きなトラブルに発展することもあるのです。 この記事では、マンションでよくある隣人・近隣トラブルを7つ紹介し、具体的な対処方法も解説していきます。 できることなら避けたい隣人・近隣トラブル。 現在、悩んでいる方は参考にしてみてください。 また、後半では、隣人・近隣トラブルを避けるため、マンション購入前にチェックできる点も紹介しているので、新しい住まいを探している方も是非一読してみてくださいね。 目次 どんなことで悩んでいる? よくある隣人・近隣トラブル7選 まずは、隣人・近隣トラブルにはどのようなものがあるのか、確認していきましょう。 隣人・近隣トラブルにはいくつかの典型的なパターンがあります。 生活音・騒音• ペットの飼育、マナー• タバコのマナー• ゴミの出し方や分別方法• 玄関前や廊下などの共有部分の使い方• 車や駐車場でのマナー• すれ違った時の挨拶 以下では7つのパターンそれぞれについて、具体的にどういったトラブルに発展するのかを紹介していきます。 よくあるトラブル1:生活音・騒音 トラブルに発展する生活音にはドアを閉める音やトイレの水を流す音、他には携帯電話を床に置いていたときの着信バイブレーションが鳴る音などが含まれます。 また、子供の走る音や赤ちゃんの泣き声も、マンションの構造によってはトラブルの原因になり得るでしょう。 一方騒音には大音量での音楽の再生や楽器の演奏、必要以上に大きな声での会話や怒鳴り声での喧嘩などが含まれます。 原因を作っている方が思っている以上に音が大きく響いている場合もあるため、解決することが難しいトラブルの一つです。 詳しくはこちら: よくあるトラブル2:ペットの飼育、マナー ペットの飼育やマナーがトラブルの原因となるのは、ペット可のマンションの場合です。 動物の鳴き声やニオイ、糞尿の始末など様々な原因が考えられます。 各マンションが住民の快適な生活を守るために定めている「ペット飼育規約」を守らない飼い主がいることも、トラブルの原因になります。 ペットを飼う人と飼わない人の間のペットの飼育方法についての認識の差もあるため、トラブルになりやすいという側面があります。 よくあるトラブル3:タバコのマナー 吸う人と吸わない人での喫煙マナーについての認識の差がトラブルになるのが、タバコに関するトラブルです。 ベランダなどで喫煙していても、タバコの煙が上の階や隣の部屋の窓から室内に入ると、苦情の原因になる場合もあります。 また喫煙者のマナーが悪く、ポイ捨てや共用部分での喫煙がトラブルの原因になるケースも考えられます。 よくあるトラブル4:ゴミの出し方や分別方法 別の地域や自治体から引っ越して来た人が、引っ越した先のゴミの出し方や分別を守らずにトラブルになる場合もあります。 これならまだ出し方や分別方法を知ってもらえれば解決できますが、「ゴミ出しの時間を守らない」「ゴミ袋の口がきちんと閉められていない」といった問題の解決は簡単ではありません。 またゴミには大いにプライバシーが含まれています。 そのため、ゴミを通じたプライバシーの侵害が原因でトラブルが起きる可能性も考えられます。 よくあるトラブル5:玄関前や廊下などの共用部分の使い方 「放火の危険のあるダンボールや新聞紙などの可燃物を、廊下に放置したままの住人がいる」「駐輪場があるにもかかわらず、廊下や玄関前などの共用スペースに自転車を停めている住人がいる」など、共用部分の使い方もトラブルの原因の一つです。 各マンションにはそれぞれルールがあるものの、共用部分を巡るトラブルの原因となる人はルールが通用しない場合も少なくありません。 よくあるトラブル6:車や駐車場でのマナー 「早朝や夜間にエンジンの音がうるさい」「隣の住人の知人が、勝手に自分の駐車スペースに車を停めていた」など車や駐車場を舞台にしてトラブルが起きるケースも少なくありません。 他のパターンでも同じですが、どれくらいのエンジン音がうるさいかというのは個人によって変わります。 したがって今まで問題にならなかったものが、新しい住人の価値観で問題視されるという可能性もあります。 よくあるトラブル7:すれ違った時の挨拶 挨拶をする・しないも想像以上に多いトラブルの原因です。 2016年には関西地方のあるマンションで、敷地内の住人の挨拶禁止がルール化されたところがあります。 このようなルールができた発端は管理組合の総会で、小学生の親から「知らない人に挨拶されたら逃げるよう教えている。 マンションで挨拶するのはやめて欲しい」という要望があったためです。 この提案に対して年配層の住人も「挨拶の返事がなく、気分が悪かった」と言い始め、挨拶禁止のルール化に至りました。 このニュースに対しては賛成の意見も反対の意見もあり、マンションでの挨拶における問題の重要性を物語っています。 あなたならどうする? 隣人・近隣トラブルに悩まされたら……。 もし隣人・近隣トラブルに直面したら、みなさんはどのように対処するでしょうか。 以下ではどこに相談すれば、どのように対応してもらえるかを解説します。 直談判や壁を叩いてみる…本当に効果はあるの? もっとも手っ取り早いのが、「相手に直談判する」という方法です。 生活音や騒音がトラブルの原因である場合は、うるさい部屋の壁を叩いて迷惑していることを伝えるという方法も考えられます。 直談判されたり、壁を叩かれた方は、自分が問題のある行動をしていたと気付けるので、効果がないわけではありません。 しかし同時にさらなるトラブルに発展するリスクも抱えています。 直談判しに行って逆上されたり、壁を叩いたら相手が部屋にやって来て喧嘩になったりする可能性もあるでしょう。 したがって、この対処法はほとんどギャンブルのようなものなのです。 双方が安全に、かつ納得できる結末を迎えるためには、別の方法を検討する必要があるかもしれません。 管理会社や自治体などに相談をしよう まず、管理会社が住人の間のトラブルに対応してくれるかどうかを確認してみましょう。 多くのマンションで、管理会社は住人の間のトラブルにも対応してくれるはずです。 しかし管理会社によっては、契約の時点で「住人の間のトラブルには一切介入しない」という文面を交わす会社もあります。 したがって隣人・近隣トラブルに直面したら、まずは管理会社に対応の可否を確認するべきなのです。 ただし、管理会社が対応してくれるといっても限度はあります。 騒音を出す住人に注意通達を送ったり電話で連絡をしたりすることは可能でも、実際に話し合いの場を設けるなどはできない場合も少なくありません。 どこからどこまでをやってくれるのかについても、あらかじめ確認しておく必要があるでしょう。 また、住んでいる自治体の市役所や区役所に相談するという方法もあります。 各自治体には日常生活に関する相談を受け付けている「生活課」(自治体によって異なる場合があります)という窓口があり、そこでは相続や離婚、金銭貸借など以外に、隣人・近隣トラブルについての相談も受け付けてくれます。 注意したいのは、自治体が対応してくれる範囲です。 多くの場合、自治体はトラブルの原因となっている相手と直接交渉をしたり、問題解決のための手続きを代行したりといった対応はしません。 あくまで相談に対する助言をする、というスタンスをとっているからです。 とはいえ客観的、あるいは法的な視点から自分に何ができるのかを明確にするためなら、自治体への相談は大いに役立ちます。 隣人・近隣トラブルへの具体的な対処法として、管理組合の理事会に対応を依頼するという方法も有効です。 理事会は、管理組合の業務を遂行する機関です。 相談先として、理事会のほかに自治会も考えられるでしょう。 しかし理事会にせよ、管理組合にせよ、自治会にせよ、そもそもそうした組織がトラブルの原因になっているケースも少なくありません。 適切に機能している組織ならば相談する価値はありますが、場合によってはトラブルを増やす危険があることを知っておきましょう。 それでもだめなら、警察や弁護士などに相談を! 管理会社や自治体の対応では状況が改善しない場合は、警察・弁護士に相談すれば法的な措置をとってもらえる可能性があります。 ただ、ここでの警察・弁護士への相談は隣人とのトラブルが起きた際に相手に威嚇された、暴力を振るわれるような怖い思いをしたなどを想定しています。 警察に相談する場合、まずは「警察相談専用電話#9110」に電話をかけてみましょう。 警察相談専用電話では犯罪や事故には至っていなくても、ストーカーや悪質商法、隣人・近隣トラブルなどの悩みごとや困りごとの相談を受け付けています。 基本的に警察は事件性がなければ動いてくれませんが、警察相談専用電話では相談に応じてくれるのです。 受付時間は平日の午前8時30分から午後5時15分まで、土日祝日及び時間外は一部を除き当直や音声案内が対応しています。 もちろん、直接警察署の相談窓口に出向いて相談することもできます。 その場合は都道府県警察本部の「警察総合相談室」か、各都道府県の警察署にある「警察総合相談窓口」に相談しましょう。 電話、対面どちらの場合も、相談に対応するのは専門の「警察安全相談員」(警察官、元警察官など)です。 もし警察安全相談員に事件性があると判断されれば、捜査担当部門に引き継いで検挙や補導などの法的措置をとってもらえます。 一方事件性がないと判断された場合は、トラブルの原因となっている相手への具体的な対応方法など法律上または事実上の手段についてアドバイスや指導を受けることができます。 また状況によっては他の行政機関を紹介されたり、未然に事件を防ぐために警察から指導・警告・説得などを行ってくれたりするケースもあります。 刑法に基づいて対応する警察に対して、今抱えている隣人・近隣トラブルが民法に抵触する場合にも対応してくれるのが弁護士です。 例えば騒音が原因のトラブルの場合、騒音が民法709条に基づく「受忍限度」を超えていれば、法律上の「不法行為」として裁判所に訴えることができます。 訴えが認められると、裁判所からの騒音行為の差し止めや損害賠償の請求が行われるのです。 しかし受忍限度の判断を含め、弁護士に依頼をすればそれだけ費用がかかります。 相談の段階でまず「法律相談料」がかかり、依頼をすれば「着手金」「接見・面接費用」「報酬金」などが必要です。 この他交通費や法的手続きにかかる費用が別途実費で請求されます。 場合によっては自分が引っ越した方が低コストになる可能性もあるため、弁護士と相談のうえ、冷静に判断するようにしましょう。 隣人・近隣トラブルを防ぐためには? ここまで隣人・近隣トラブルに直面した場合の対処法を紹介してきましたが、そもそもトラブルが起こらなければ対処の必要もありません。 以下では、隣人・近隣トラブルを未然に防ぐための3つのポイントを解説します。 住まい購入の前に、きちんと確認を行う もっとも重要になるのが、実際に転居する前の確認です。 隣人・近隣トラブルが発生した時に管理会社が対応してくれるかの確認も必要ですが、それ以外にも下記の4点を確認しておくとよいでしょう。 ・自分のライフスタイルと既存の住人のライフスタイルにズレはないか? 朝早く出て夜遅く帰る単身者世帯と、夜は家族で過ごすファミリー世帯では「騒音」と感じる時間帯が違います。 「学生が多い」「子供が多い」なども大切なチェックポイントです。 また、小さな子供がいる場合、泣いている声や足音などはトラブルになりやすいです。 しかし、購入を検討しているマンションの既存の住人に子供がいる家族が多ければ、泣き声や足音への許容も広いと予想することができます。 購入前にどんな人が住んでいるのか、確認しておきましょう。 上下左右は特にトラブルになってしまう可能性が高いので、入念にチェックしておきたいですね。 ・ゴミ捨て場や駐輪場など共用部分は適切に利用されているか? 共用部分の使い方にはマンション全体のモラルが現れます。 ゴミが散乱していないか、乱雑な駐輪がされていないかなどを確認しましょう。 ・現時点で隣人・近隣トラブルはないか? 不動産会社だけでなく、管理会社や管理組合、可能ならば住人にも隣人・近隣トラブルの有無を確認してみましょう。 広い視野で情報を集める必要があります。 引越し前にきちんと挨拶をしよう 挨拶もなしにいきなり引っ越し作業で大きな音を立てれば、両隣や上下階(斜め上や斜め下も含む)の住人は何事かと思ってしまいます。 これがきっかけで「常識のない人が引っ越してきた」と思われれば、何かの拍子でトラブルに発展しかねません。 引っ越しの挨拶は作業が始まる直前、最悪でも翌日までに済ませておきましょう。 もちろん翌日になってしまった場合は、「昨日はご迷惑をおかけしてすみません」などの一言が必要です。 引っ越しの際の挨拶を「古い習慣」と考える人がいるかもしれません。 しかし引っ越し先のマンションのコミュニティが強固なものであるほど、既存の住人は「よそ者」に対して過敏になっています。 警戒心を解いてもらうためには、まず「得体の知れない人物ではありませんよ」というポーズをとらなければなりません。 そのポーズを示すためのもっとも手軽な方法が、引っ越しの際の挨拶なのです。 忙しくても、できるだけ時間を見つけて挨拶回りを実践しましょう。 自分がトラブルの原因を作らないよう注意しよう 自分がトラブルの原因にならないことも大切です。 隣人・近隣トラブルが起きるのは、他の住人と行動範囲が重なるところ、生活時間がズレるところです。 エントランスや郵便受け、エレベーターや駐輪場にゴミ捨て場など、共用部分での行動には十分な注意が必要です。 また他の住人が眠っている時間帯に自分が行動する場合にも、静かな行動を心がけなければなりません。 ただしマンションにおける隣人・近隣トラブルは、ほとんどが上下左右の部屋とのものです。 そのため全住人の目に怯えながら生活する必要はありません。 自分のできる範囲で、他の住人との適切な距離感を測るようにしましょう。 まとめ|近所に住んでいるからこそ、大ごとにはせず、ストレスの感じない生活を送ろう マンションには、専有部分と共用部分があります。 しかし、他の住人たちも専有部分を使ってはいても「同じ建物に住む人間同士」です。 近い距離感にある相手だからこそ、できる限り騒ぎ立てるべきではありません。 トラブルに発展させてしまっては、相手にとっても自分にとってもストレスフルな状況を招くからです。 したがって隣人・近隣トラブルに対処する際は、時に当事者以外の第三者の力を借りながら、穏便に解決するようにしましょう。 初めからトラブルが起きないに越したことはありませんが、もしトラブルに直面してしまったら、ぜひここで紹介した対処法を参考にしてみてくださいね。

次の