みんなの仮想通貨 リップル。 仮想通貨リップル(XRP)の今後【金融革命の到来です】

【仮想通貨】【疑問】みんながリップル買う理由がマジで分からない

みんなの仮想通貨 リップル

仮想通貨バブルと言われた2017年3月あたりよりビットコインの価格が上昇。 ですが、ビットコインドミナンスは下落。 これが何を意味しているか? アルトコインへの移動です。 みんなビットコインよりもリップル含めアルトコインの方が稼げると思ってビットコインを売りアルトコインを買いました。 全体が100だとしてビットコインが50だとしたらビットコインドミナンスは50%になります。 逆に仮想通貨暴落の2018年の2月からビットコインドミナンスは上昇。 もう分かるかと思いますが、今度は逆です。 リップル含めアルトコインが稼げないもしくは、怖いと思った方達が、安定のビットコインに交換しています。 そもそもの需要が減っているのです。 現在のビットコインドミナンスは、68%。 そのうちの10億XRPを55ヶ月に渡って市場開放することを2017年12月8日に発表しました。 これが、売り圧になるのではないか?と考えている投資達の参入を拒めている。 主に機関投資家ですね。 しかしながら、2017年12月8日から55ヶ月ですので、2020年7月8日には特に問題などなければ終了する予定です。 リップル XRP なぜ上がらない?有価証券の問題が「解決」していない リップルの「有価証券問題」とは2018年5月8日に原告ライアン・コフィー氏がXRPを購入したことによって被った被害(額はおよそ1万円ほど)から、リップルのXRPは有価証券であってトークンの販売はアメリカ証券取引法に違反するといった訴訟が行われた問題になります。 すぐに結論が出るかと思いましたが、そうは簡単にはいきませんでした。 現段階の最新は、3月25日の訴訟文に修正が加えられて、リップル社のガーリングハウスCEOが「長期間に渡ってXRPをホールドし続けていた」とするが、実際にはXRPを「売却していた」という内容が付け加えられたまま裁判は、継続中です。 リップル XRP なぜ上がらない?募金や寄付金として売却されている リップル社は最近ですと、コロナ給付金として医療団体や研究団体企業などにXRPを寄付や募金として配布をしました。 過去にもXRPを利用しているパートナーシップなどにリップル社の投資部門のXpringからXRPを事業支援という形で数千万という規模で配布を行いました。 しかしながら、 配布されたらXRPは売却されて市場に解放されますので、これも売り圧になっていると考えられています。 もちろん長期的に見れば、こういった活動はリップル社の信用になりますので良いのですが、短期的に見るとやはり投資家達にとっては売り圧として捉えられるでしょうね。 9円ではじまり、年末までには85. 6円になるという分析をしています。 同じく、海外仮想通貨分析サイトSkewは2020年第2四半期 4月〜6月 は、37. 16円になります。 FXSTREETでは、独自のチャート分析もしていて、XRPの急騰は、1年の上昇、2年の停滞を繰り返していると分析。 68円を推移すると分析。 海外仮想通貨価格AI分析サイトWalletInvestor. 7円まで上昇と分析。 海外仮想通貨価格AI分析サイトTRADINGBEASTS. やっさんの予想分析 僕は、先日も解説させて頂きましたが、やはりこちらのskewの分析ですかね。 Q2 4月〜6月 は毎年大幅なプラス。 単なる偶然でしょうか? 僕はそうには思いません。 ですので、3月末に購入して、6月末に売るって戦略もひとつの方法かもしれませんね。 今回は、ビットコインの半減期とコロナウィルスの影響もありますので、多少イレギュラーな年にはなってくるかと思いますが、どう転じるか楽しみですね^^ 本日は以上になります。

次の

中国人と仮想通貨XRP(リップル)完全に冷え切ってる?

みんなの仮想通貨 リップル

グーグルトレンドで調べれば分かるのですが、日本の仮想通貨市場は他の国に比べるとリップル(XRP を話題にする割合が多く、これから仮想通貨を購入しようと思う場合に候補に挙げる人は多いのではないでしょうか。 ですが、現実には情報を勘違いして期待感を高くもってしまったことで、大損してしまった人も少なくありません。 私が思っている、「これからリップル XRP を購入する前に注意して欲しい事」を書いておきますので、ご参考頂ければ幸いです。 リップル XRP を購入する前に注意するべき点 1. リップルとXRPは違う リップルとXRPは違うことを覚えておいてください。 リップルは会社の名前。 XRPはリップル社(厳密にはその前身)が発行した仮想通貨です。 雑誌・ネットの情報・各種ブログなどをチェックすると「大手銀行はリップルと提携」「リップルのシステムを国際送金に使う」「サンタンデール銀行がリップルのシステムを使ってクロスボーダー決済を・・」などの情報が沢山出てきます。 そして、これらの情報がまるでXRPと関連性があるように書かれているものが多くなっています。 ですがこれらの情報については、今日現在ではリップル社の「xCurrent」というシステムを利用するもので、 仮想通貨XRPを使うものではありません。 XRPを使うシステムは「xRapid」というものです。 xCurrentを採用した企業がxRapidの利用へ移行するかは明言していません。 情報を混同しないように注意したほうが良いと思います。 仮想通貨初心者さんの場合、これらの情報を混同して購入している人がとても多く、XRPを購入した後に「知らなかった」と言う人も少なくありません。 最近リップル社が新しいXRPのシンボルを公開したようです。 これで混同されることが少なくなれば良いですね。 暴騰時は手を出さない方が良い XRPの暴騰時は手を出さないことを勧めます。 2017年~2018年1月にかけて、XRPは2回暴騰した事があります。 1度目は2017年5月中旬、3月末まで1XRP0. 7円だったものが最大55円まで跳ね上がりました。 この時期に市場参加者がたくさん押し寄せたんですね。 「他の通貨に比べるとまだ安いから買った」という理由も多く見られました。 その後15円くらいまで下がり、12月頃まで20円前後で推移し続けました。 そして2度目の大暴騰は2017年12月~2018年1月中旬にかけて。 20円から400円まで値上がりしました。 XRPに関連する好材料が発表されたわけでもなく暴騰しています。 この時も2017年5月の高騰原因と同じで、市場参加者が大量に押し寄せて「まだ(単価が)安いから」という理由で買われました。 さらに、熟練のトレーダーもこの相場にたくさん参加して一気に売り抜けたようです。 相場の世界では、高騰したものは必ず急落します。 資産が一気に8分の1~4分の1になった人も多数。 今後XRPがどうなるかは分かりませんが、400円に戻るとしても年単位の時間がかかるでしょう。 ですので、暴騰中は手を出さず、値動きが落ち着いて悲壮感が漂うようになってから購入を検討する方がベターです。 XRPの発行枚数は1000億 XRPの発行枚数は1000億XRPです。 ではビットコインはの発行枚数は?2100万枚です。 XRPはビットコインの5000倍もの量があります。 イーサリアムの発行枚数は?約1億枚で、XRPはイーサリアムの1000倍の量があります。 ビットコインが日々少しずつ生み出されている背景には、多くの設備投資があります。 その価値が上乗せされているという見方ができます。 イーサリアムも同様です。 ビットコインは現在様々な決済に使う事ができます。 ビットコインキャッシュも同様です。 イーサリアムはICO、取引所の送金需要、ワールドコンピューターとしての需要が増えつつあります。 XRPはどうでしょうか?リップル社が無から1000億XRPを生み出しました。 これをいろんな人に売って、マーケティングをして相場を上げ、リップル社が保有する550億XRPの一部を売り続けて運営資金を確保しています。 そしてXRPはほぼ使われていません。 一部送金企業が海外送金の試験を行っている段階ですが、銀行は採用していませんし、採用予定も公開されていません。 皆さんはこの点をどう考えますか? 現時点ではほとんど実利用されていない状況下で、かつXRPが今後本当に使われていくのか?発行枚数から見た場合の価値は?と考えた時のXRPはどうなのか、よく考える必要があると思います。 リップル社のシステムはブロックチェーン技術は使っていない 日本の有名なニュースサイトでも「リップルのブロックチェーンシステムを使って・・」と書かれている事がありますが、リップル社はブロックチェーンは使っていません。 取引を承認するバリデーターのほとんどはリップル社が選出しています。 さらにリップル社が550億XRPを保有していることもあって、実権を握っているのはリップル社になります。 仮想通貨市場でよく言われる「ブロックチェーンによる分散化」とは異なるものです。 将来的にはリップル社は「将来的には完全な分散化を目指す」とは言っていますが、現時点ではこういう状況であることを知っておくと良いと思います。 非中央集権思想からの批判 ゆえに、生粋のビットコイナー・非中央集権が正の思想家から非難される光景もしばしば見られます。 例えばモナコインは中央管理者不在で、全国に散らばったモナコインの台帳データ保持者で照合・承認し合って動いています。 ビットコインも同じですが、マイナーの多くが中国に偏っていることで「中央集権ではないか」と言われていることもあります。 ですが、マイニング企業は分散されていて、どこか一社に偏っているわけではありません。 対してリップル社のXRPは完全に中央集権的です。 ほぼ全ての権限はリップル社が握っています。 仮想通貨は証券取引法にも引っかからないことから、現状ではどんなマーケティングもやりたい放題です。 2017年秋ごろにカウントダウンマーケティングを行ったことがあります。 相場が低迷している時にリップル社の公式ツイートアカウントが「ビッグニュースがある」と思わせるカウントダウンを始めて、相場が一時的に高騰しました。 そしてカウントダウンの途中で急に日本語でアナウンスしました。 今まで英字のみでカウントダウンをしていたのに、突然日本語を使ったんですね。 日本の市場を狙ったのでしょう。 その後再び暴落し、それまでのXRP保有者が呆れてしまった事があります。 【関連ページ】 5. Twitterやブログを見ていると、リップルやXRP関連ではポジショントーク者が多いと感じています。 「リップルは将来〇〇で使われる」とか、「XRPはこの先〇〇になると思う」とか。 さらに、大手企業と提携するかのような好材料ガセニュースも見かけます。 なぜこのような情報が多いのでしょうか?もちろん、XRPを持った人が価値を上げたいからです。 価値を上げて後から市場に参加した人が高い値段で買うように誘って、自分が売り抜ける為です。 XRPだけではなく、仮想通貨市場全体でポジショントークはよく見られます。 ポジショントークが多い世界では、「何かがおかしい」と常に疑う姿勢でいる方が良いと思います。 私は自分が保有している通貨でも、疑いを持って批判的な目で見るようにしています。 仮想通貨のプロジェクトは基本的に内部の情報が公開されないという理由もあります。 リップル社とXRPについて疑問視している点 最後に、私がリップル社とXRPについて疑問視している点を挙げておきます。 xCurrentとxRapidを分けている点 xCurrentとxRapidを分けているにもかかわらず、情報が表に出る際は「リップルのシステム」と書かれている点。 「リップルのシステムが使われる=XRPが使われる」と誤認する元にもなっているし、保有者らは関連性を持たせて情報を発信していることで、XRPにとって大きな好材料であると誤認する人は実際に多い。 最近は海外ニュースでも「xCurrent」と「xRapid」を分けて書くようにはなってきているが、日本の仮想通貨関連のブログ、その他の情報では一緒のように書かれているものが多い。 これらはリップル社がわざと誤認させるような仕組みを作り上げたマーケティング戦略ではないか。 仮にxRapidが失速してXRPが使われないものになったとしてもxCurrentは残ると思われ、その時は株式公開をすればリップル社は生き残ることができる。 ただ、企業が生き残るやり方としては常套手段だと思うので、このやり方が悪いとは言わない。 仮想通貨プロジェクトの全ては投機で、情報をどう判断するかは自分次第、損をしても自己責任だから。 個人がXRPを使えるわけではない点 XRPは前述したように、クロスボーダー決済やブリッジ通貨としての役割である。 例えば日本からブラジルのネット上で販売されているプログラムなどを購入する場合、日本円をブラジルレアルに換える橋渡しに使う。 XRPは承認速度がとても速く、日本から他の国にXRPを送った場合は数秒しかかからない。 クロスボーダー決済やブリッジ通貨として使う場合、日本円を一旦XRPに換えてブラジルに送金。 ブラジルに届いたXRPを現地でブラジルレアルに換える流れ。 かかる時間は数秒とわずかだから、その間にXRPが大きく値崩れすることもないので、為替相場による変動も受けにくい。 低い手数料と短時間での送金が完了してしまう点が大きな魅力。 だがこの例で考えて欲しいのは、個人がXRPを使うわけではない点だ。 XRPをクロスボーダー決済・ブリッジ通貨として使うとすれば決済事業者である。 例えば私が日本円でブラジルレアルの製品を買う場合、個人が持っているXRPを使うわけではない。 を見れば分かる通り、決済事業者側が顧客から預かった法定通貨を一時的に取引所でXRPに換えて送金する方法である。 そして現在リップル社が推し進めているのはブリッジ通貨としての役割である。 個人投資家が持つXRPを使えるシーンは特に無い。 これはXRPで様々な決済が出来るようになる事も目指すという解釈らしいが、このキャッチコピーを使う事で個人投資家に売る理由を作っている可能性もある。 また、ブリッジ通貨というものは送金量が多くなるほど、ブリッジ通貨の価値を上げる必要性がある。 このマーケットを作りだす為に、まずは投機として個人に売って資金を獲得し、リップル社がマーケティングして拡大していく目的もあるのかもしれない。 さいごに 仮想通貨買うなら余剰資金で。 損をしても他人のせいにしないこと。 盲信は危ない。 自分でいろいろな情報を精査して、自分の頭でよく考えたうえでの選択と行動が必要です。 そして状況は自分の希望や予想通りにいくこともほとんどありません。 背景には誰かの思惑が大きくあり、常に変化します。 このブログを書いている人.

次の

与沢翼氏が現在のリップル(XRP)保有数を公開、2019年は仮想通貨などに本格投資へ

みんなの仮想通貨 リップル

この記事は誰に読んでほしい?• 仮想通貨の価格はもう上がらないかな?と不安なあなた• 今後も仮想通貨投資を続けていくか迷っているひと この記事で伝えることは?• 仮想通貨の価格がいつ上がるのか・いつ下がるのかは誰にもわからない• 仮想通貨投資は資金配分を考えることが大切 この記事を読むメリットは?• 仮想通貨の価格が上がるか下がるかは誰にもわからない、ということがわかる• 仮想通貨の積立投資をはじめたくなる、かもしれない 仮想通貨(ビットコイン)はもう上がらない? 仮想通貨の価格はこれから上がっていくと思いますか?それとも、現状維持か下がっていくと思いますか? この質問の答え・・・ぼくはわかりません!笑 2017年末の仮想通貨市場全体の盛り上がりや、2018年春先以降の市場冷え込みを誰が想像したでしょうか・・・ もはや今では仮想通貨界隈は閑古鳥が鳴いています…。 なんだか仮想通貨に詳しそうなユーチューバーが、リップルは今年の8月に向けて価格が上がってくるから今のうちに買っておいたほうがいいですよ! みたいなことを言っていましたが、まったくその通りにはなっていません。 つまり、仮想通貨がこれから上がるのか下がるのかは誰もわからないということです。 もう上がらないかもしれない仮想通貨を買い続ける理由 あなたが仮想通貨を買う理由はなんですか? ぼくの場合、完全に投機目的です。 日本で仮想通貨を買っている人のほとんどが投機目的だと思います。 まぁ単純に、安い価格で買ったものの価値が上がれば嬉しいですよね。 ただ、もう価格が上がらないものを買い続けるのはしんどい・・。 ぼくが仮想通貨を買い続ける理由は、ズバリ、 仮想通貨とブロックチェーンの未来を信じているからです。 めちゃくちゃ普通のことですね。 やっぱりどこかで仮想通貨の価値の上昇を期待しています。 ただ、確実に上がるものではないですし、今後どうなるかもわかりません。 なので明日どうなってもいいように資金の配分を考えるべきだと思うのです。 ぼくの場合、失ってもいい金額を投じるようにしていますね。 失ってもいいお金なんて基本的にはないはずなんですけど、飲みにいく回数やタクシーに乗る頻度を下げて、その分で仮想通貨を買い続けている途中です。 最近は、リップルやビットコインキャッシュを小額で積立投資しています。 僕は仮想通貨を一度にドカンと買うことをとても怖いと思っています。 毎日、毎月、コツコツ小さい金額で積立投資するようにしているんですね。 結果はどうなることやらって感じです。 あと数年、気長に続けてみることにします^^ さいごまで読んでいただき、ありがとうございます。 2019年1月から、ビットポイント BITPoint でビットコインキャッシュ BCH を積立購入していくことにしました! fa-hand-o-right.

次の