冷房 と ドライ の 電気 代。 エアコンの冷房とドライはどちらが電気代かかりますか?

エアコンのドライ機能と冷房機能、電気代はどれくらい違うのか?|@DIME アットダイム

冷房 と ドライ の 電気 代

エアコンのドライと冷房ではドライの方が電気代が安いという話をよく聞きますが、実際はどうなのでしょう。 ドライには「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2種類の機能があり、弱冷房除湿は冷房より電気代が安くなり、再熱除湿は冷房より高くなります。 再熱除湿は弱冷房除湿よりも1ヶ月の電気代が4,620円程高くなってしまいますが快適な除湿機能でもあります。 ドライと冷房がどちらが電気代が安いのか?だけではなく、ご自宅のエアコンのドライ機能がどちらのタイプであるか、どちらの機能もついているタイプなのかを把握し、それぞれの特徴をよく理解することで節約に繋がります。 詳しいく説明していきますのでエアコンの冷房とドライを上手な使い分けていきましょう。 ドライには弱冷房除湿と再熱除湿の二つの機能がある! 梅雨時期によく使うドライ機能には「弱冷房除湿」と「再熱除湿」という2種類の機能があり、それぞれ特徴が異なります。 弱冷房除湿は湿度も気温も下げる。 弱冷房除湿は弱めの冷房運転で除湿を行い、湿度も温度も下げます。 除湿と共に寒さを感じます。 気温も湿度も同時に下げたいときは弱冷房除湿を使うことをお勧めします。 再熱除湿は湿度だけを下げる 再熱除湿は温度を下げた空気をちょうどいい温度に温め直して部屋に戻すので部屋の温度を下げません。 肌寒になりにくく、快適性を追求した除湿方法です。 再熱除湿は寒くない除湿方法になります。 つまり、暑くはないけれど湿度だけを下げたいときは再熱除湿を使うことをお勧めします。 電気代がかかるのは? 再熱除湿は快適性能を維持しつつ除湿することができますが、下げた空気をちょうどいい温度に温め直すため弱冷房除湿より電気代がかかってしまします。 使っているエアコンが弱冷房除湿か再熱除湿のどちらのタイプかによって電気代は全く違ってきます。 しかし、使っているエアコンがどちらのタイプを採用しているか見分ける方法は難しく、古いエアコンだと取扱い説明書にも記載されていないことが多いです。 最新式のエアコンだと両方の機能がついていることがあり、リモコンを見ればすぐにわかるものもあります。 利用シーンに合わせて使いわけることが電気代の節約や快適さに繋がります。 弱冷房除湿と再熱除湿との電気代を2. 8KWの一般的なエアコンで比較してみると、 弱冷房除湿を1日8時間を1ヶ月使った場合の電気代は1,660円。 再熱除湿を同条件で使った場合の電気代は6,280円。 再熱除湿は弱冷房除湿の3. 78倍の4,620円も多く電気代がかかることになります。 エアコン、ドライと冷房どっちがおとく! エアコンには、冷風を出す機能「冷房」と「ドライ」の2つの機能があります。 冷房の機能 部屋の温度を下げること を優先にした機能で、エアコン内で作り出した冷気を送風口から出して室温を下げます。 ドライの機能 部屋の湿度を下げることを優先とした機能で、ジメジメした部屋から水分を追い出して空気をさらさらにします。 どちらが安いの!? ドライ機能の「弱冷房除湿」と「再熱除湿」2種類の機能と電気代の違いはご理解いただけたかと思いますが、エアコンの冷房とドライでは電気代が安いのはどちらなのでしょうか。 結論から言えば、使っているドライ機能の種類によってどちらの電気代が安いのかが変わってきます。 ドライの方が電気代が安いように思われがちですが、そうとは限りません。 ドライ機能によってドライの方が電気代が安くなる場合と高くなる場合があります。 それでは、冷房、弱冷房除湿、再熱除湿の電気代について説明していきます。 先ほど説明したとおり、再熱除湿は弱冷房除湿の3. 78倍もの電気代がかかります。 再熱除湿と弱冷房除湿の電気代を比較したときと同条件である2. 8KWの一般的なエアコンで、 冷房1日8時間を1ヶ月使った場合の電気代を計算してみると 4,600円になります。 冷房1日8時間を1ヶ月使った場合の電気代の結果から比較すると再熱除湿(6,280円)>冷房(4,600円)>弱冷房除湿(1,660円)になり、弱冷房除湿であればドライの方が電気代が安くなり、再熱除湿であればドライの電気代の方が高くなるという結果になります。 エアコンの冷房とドライの上手な使い分け! ドライを使って湿度を下げると寒すぎると感じることがあると思います。 これは「弱冷房除湿」により、室内の湿度と温度のどちらも下がっている状態です。 湿度は下げたいけれど温度は下げたくない。 そんな時は「再熱除湿」に切り替えればいいのです。 冷え性の女性などには再熱除湿がおすすめです。 エアコンの冷房とドライを上手に使うには、エアコンの1つの機能だけに頼るのではなく、冷房と2つの種類のドライを特徴によって上手に使い分けることが大切です。 室内気温が高い場合は冷房で温度を下げることが優先です。 暑い室内に居ると熱中症になる危険性がありますので暑すぎる室内は電気代よりも先に体調を優先して下さい。 それぞれのエアコンの特徴を活かして、快適に過ごしたいのか電気代をおさえて使いたいのかを考えて上手に使い分けてみて下さい。 まとめ 湿度が高い梅雨明け前はドライを使い、温度が高くなる夏には冷房を使うのが正しい使い方です。 古いタイプのエアコンのドライは弱冷房除湿であることがほとんどですが、最新式のエアコンはドライに2つの機能が備わっていますので、湿度、温度、電気代を考えた上で冷房とドライを上手く切替して使っていくといいですね。 エアコン関連記事 節電、節約でこんなお悩みをお持ちの方!• 5万円節約できるケースも少なくありません。 まずは試しに5分程度で出来ますので料金シミレーションで今の電気料金と比較をしてみましょう。 以下料金シミレーションが出来る、おすすめの電力会社をご紹介します。 【Looop でんき】? 全国対応、シンプルに電気代が安い? オススメポイント• 3人以上の世帯は特にお得になる! 紹介記事 1、 2、 【東京ガス】? 豊富なセット割で利用者80万人超え? オススメポイント• ガソリン、灯油、経由がお得に? オススメポイント•

次の

「ドライ」と「冷房」はどっちが電気代安い?エアコンの節約術

冷房 と ドライ の 電気 代

よく似た質問がたくさんあって、しかも回答がまちまちなので、間違った知識が広がりそうですね。 個人的な思い込みや印象だけで話されているのを聞くと誤解してしまうと思うので、電力会社が調べた結果のページを載せておきます。 東京電力 「冷房」と「除湿」の違いと、上手な使い方 別紙1 まず、ドライには2種類あることを認識してください。 比較的前からある「弱冷房除湿」と、最近搭載機種が多くなった「再熱除湿」です。 同じ設定温度にした場合の、消費電力量の平均は、 弱冷房除湿<冷房<再熱除湿 となります。 すなわち、弱冷房除湿がもっとも電気代が安いということです。 ご質問のドライとは、「弱冷房除湿」でしょうか?それとも「再熱除湿」でしょうか? 取り扱い説明書を読めば書いてあると思いますが、簡単な見分け方は「弱冷房除湿」であれば、吹き出し口から風が吹いているときは基本的に涼しい風で、設定温度に到達すると、吹き出し口からの風が止まります。 「再熱除湿」の場合は、吹き出し口からの風が涼しくありません。 「弱冷房除湿」は、その名の通り、「弱い冷房」です。 冷房との違いは、高出力運転をしない(コンプレッサーの出力を上げすぎない、送風を強くしすぎない)点と、設定温度に到達すると送風を止める点です。 また機種によると、室温が上昇してきて、コンプレッサーを再起動するときに、送風を開始するまでにコンプレッサーのみを回し室内機のエバポレーターを少し冷やしてから送風を開始する機能があります。 これによって、エバポレーターに結露した水分を再蒸発させないようになっています。 一方冷房の場合は、室温と設定温度を出来る限り早く近づけようとするので、高出力運転をします(このときは冷房効率が落ちるので、弱冷房除湿より電気代がかかります)。 早く冷えるのと、高出力のため除湿性能も高いですが、電気代はかかります。 それよりもイマイチなのは、設定温度に到達するとコンプレッサーが停止し、まったく冷えないのに、結露した室内機の中のファンが回り続けて、内部の水分の再蒸発が起こり、湿度が上昇することです。 なので、早く冷やしたい、どうしても弱冷房除湿では部屋が冷えない場合にのみ使うようにしています(私の家のエアコンでは、弱冷房除湿で部屋が冷えないことはないので、冷房モードを使うことはほとんどありません)。 「再熱除湿」は、「弱冷房除湿」で冷えた空気を、排熱で温めて室温の低下を防ぎます。 夏場では、もったいないですね(せっかく冷えたのに)。 排熱を部屋の中に導くため、結局同じ設定温度にしようとすると、室外へ運ぶ熱量が増えるので消費電力が増えます。 「弱冷房除湿」なら「冷房」より電気代は安い。 「再熱除湿」なら「冷房」より電気代は高い。 ちなみに、家にあるパナソニックのエアコン2010年度モデルを見ると、すべての機種に「弱冷房除湿」が付いていますが、「再熱除湿」は半分の機種にしか付いていません。 なので、世の中の一般的な除湿とは、「弱冷房除湿」を指すものと考えた方がよさそうです。

次の

エアコンのドライ機能と冷房機能、電気代はどれくらい違うのか?|@DIME アットダイム

冷房 と ドライ の 電気 代

暑いからとエアコンを使わない生活を送れば、身体を壊していしまう可能性もあります。 上手にエアコンを使い、我慢せずに快適に過ごしたいですよね。 さて、エアコンには 冷房 クーラー ・除湿 ドライ ・送風・それから 暖房といった4つの機能がありますが、それぞれの機能によって発生する電気代も異なり、また同じ温度に設定しても体感温度に差もあります。 よく 「暖房の24度と冷房の24度は何が違うのか?」といった疑問がありますが、確かに冷房の20度と暖房の20度とでは何が違うのか気になりますよね・・・。 そこで今回は エアコンの機能別の仕組みと電気代の差について紹介します。 エアコンの機能とその仕組み 部屋の温度を下げる「冷房」 クーラーとも呼ばれている冷房は、部屋の空気を設定した温度まで下げ、快適に過ごせるように調整します。 そのため冷房を起動していると室外機から熱い空気発生するのです。 このような仕組みで部屋の中の温度を下げることができます。 いやな湿気を除去する「除湿(ドライ)」 ドライとも呼ばれており、ジメジメした部屋中の湿気をなくし快適な空間にします。 空気中の水分が水滴となって熱交換器に付着し、それらを集めて室外機へと続くホースで排出します。 水分を吸収したサラサラの空気はまた室内へと戻され、これらを繰り返すことで部屋の空気中にある水分をどんどん外に排出させ湿気を取り除くのです。 ちなみに除湿には 「弱冷房除湿」と 「再熱除湿」の2つのタイプがあるのを知っていますか? 空気中の水分を排出させる仕組みは全く同じですが、部屋に戻す空気の温度が違うので体感温度的には差があります。 弱冷房除湿は空気中の水分を集めた際に、下げた空気の温度をそのまま部屋へと戻します。 なので弱い冷房をかけたように部屋中が冷え、 人によっては肌寒く感じることがあるようです。 もう一方の再熱除湿は、下げた空気の温度を温め直してから部屋へと戻すため、 部屋が冷えることもなく除湿だけされるメリットがあります。 普段使っているエアコンが「弱冷房除湿」であれば、梅雨時のムシムシや暑苦しさは除湿機能を使うことで快適に過ごせますが、もし「再熱除湿」の場合、除湿のみで部屋が冷えることはありません。 暑い日は冷房機能を使うなど、うまく分けるようにしましょうね。 サーキュレーター代わりにもなる「送風」 エアコンの送風とはいわゆる扇風機とおなじ仕組みで、ただ単に風を発生させるため温度を変えることはできません。 フィルターを通して吸い込んだ空気を冷媒や熱交換器を通さずに室内に吐き出すため、生ぬるい風を感じることができます。 部屋干しした洗濯物を早く乾かすためには便利な機能です。 部屋を暖める「暖房」 室外機で外の空気中にある熱を奪い、室内器の蒸発器に汲み上げます。 そして蒸発器を使って熱を放出した際に室内器が温められ、その空気が部屋へと戻されます。 この仕組みは ヒートポンプとよばれるもので、温かい空気を部屋に流すことで室内を指定の温度まであげます。 冷房と暖房は全く逆の仕組みとなっているわけですね。 電気代が一番かかるのはどれ? 4つもあるエアコンの機能ですが、気になるのは各機能それぞれの電気料金ですよね。 最も一番電気代がかかるのは、 「暖房」。 1時間あたり2. 8~53. 5円とエアコン機能の中では高めの設定になっています。 冬場になると電気代が一気に跳ね上がる!なんて実感している人も多いはず。 暖房は室外機から吸収した冷え切った空気を温めるために熱を加えます。 その 熱を発生させる際に電気をフル稼働させるため電気代が一番かかり、もちろん設定温度を上げれば上げるほど電気も消耗も増えます。 続いて2番目に電気代がかかる機能は除湿。 「弱冷房除湿」と 「再熱除湿」どちらのパターンでも、一度部屋の温度を一気に24度あたりまで下げる必要があるため、1時間あたりの電気代は4. 5~16. 3円となっています。 下げた後に部屋中の水分を取り除きますが、温度を下げるために多くの電気を使うため冷房よりも電気代が上がるのです。 3番目は冷房。 1時間あたりの電気代は3. 65~19. 44円、電源を入れてすぐは電力を多く使うため除湿より電気代がかかりますが、設定温度に近づけば除湿よりも電気代を抑えて稼働させることができます。 また除湿とはちがい温度設定が細かくできるため設定以上に冷えることがなく、無駄な電気を使わずに快適に過ごすことができます。 4番目は送風。 こちらはファンを回しているだけなので、1時間あたりの電気代も約0. 3円と安く済みます。 扇風機と同なので電気代は最小限に抑えることが可能。 但し部屋の空気を循環させるだけなので、涼しくもあたたかくもありません。 真夏につけてもぬるい風が入ってくるだけなので、暑い日に稼働させると外の空気が部屋の中に入り込み体感的には気持ち悪く感じることも…。 機能的には扇風機と変わらないので、扇風機を持っていない人が使うイメージになりますね。 冷房と暖房の設定温度について 冷房と暖房の設定温度が同じでも体感温度が異なるのは、空気を排出させる仕組みの違いに理由がありました。 冷房は部屋の中の空気を吸い、設定温度に近づける為に冷やし冷風として部屋へ戻しますが暖房は室外機から外の空気を吸い、冷気を取り除いて熱を加え設定温度まで温めて部屋へ排出します。 このような仕組みになっているため、同じ設定温度でも体感温度が異なるのです。 エアコンは設定温度まで下げるときに一番電力を消費しますが、一度近付ければその後はあまり電力を使いません。 除湿は 「弱冷房除湿」と 「再熱除湿」どちらのパターンでも、空気中の水分を吸収するために部屋の温度を一度下げる必要があります。 その場合は部屋の温度が24度あたりまで下げられ一気に電気を消耗させるので、その分電気代がかかります。 一方冷房は温度を設定することができるので、28度などに設定をすれば最初から少量の電気消耗で済みます。 ということで、 電気代を安く済ませるには冷房が良いということ。 たった1度の差でも、毎日つけていれば電気代に大きな差があります。 また暑がりさんは冷房+扇風機やサーキュレーターを併用すると、空気の流れがスムーズになり涼しくなります。 ただし雨で湿気がひどい日は、部屋のカビ対策のためにも除湿を付けましょう。 湿気取りをメインに行う場合はエアコンの除湿機能(ドライ)よりも除湿器がおすすめ。 除湿器と扇風機を組み合わせて使えば、電気代をあまりかけずに部屋の水分を取り除くことができます。 エアコンはつけっぱなしの方が節約できるってホント? 実はエアコンをこまめに消すことが、逆に電気を多く消費しているということを知っていますか? エアコンを使うときに最も電力を消費するのが、スイッチを入れた直後。 エアコンをつけたばかりの時は 約500~1000Wのエネルギーが使われています。 一度起動すると、約30分かけて設定された温度まで室内の温度を下げられ、設定温度になった後はエネルギーが 100W前後に抑えられるそうです。 ということは節約と称してこまめに消していたことが、逆に電気代を上げていたことになるのです。 ちょっとしたお出かけなら、エアコンはつけっぱなしの方がお得! 30分~1時間時間程度のお出かけぐらいなら、つけっぱなしで出かけてしまった方がいいですよ。 また、お出かけ中に設定温度を上げておくことで、さらに節電効果が期待できます。 エアコンのモデルにもよりますが、28度設定にした場合スイッチをつけて1時間目で約40円、2~3時間目で約10~15円、4時間目以降は約10円しかかからないんだとか。 ペットをお留守番させている方もこれなら安心ですね! 簡易クーラーや扇風機と組み合わせて使ってみてはいかがでしょうか。 フィルターであれば自分で掃除ができますが、エアコン内部の掃除は専用の機材がないと隅々までキレイにすることはできません。 自分で行うフィルター掃除とは別に、年に1~2回はプロにエコアンクリーニングをお任せしましょう。 エアコンをパーツごとに分解し、専用の高圧洗浄機を使って徹底的に掃除をお願いすることができます。 たまりにたまったホコリやカビもキレイさっぱり落とすことができますよ。 節約大全がおすすめするエアコンクリーニング業者は、CMでもおなじみの「おそうじ本舗」。 スタンダードな壁掛けタイプはもちろん、お掃除機能付きのエアコンや天井埋め込みタイプのエアコン、業務用エアコンまで、さまざまなタイプのエアコンクリーニングをお任せすることができます。 2020年5月1日~6月30日まで、壁掛けタイプが1台10,000円(税抜)で依頼できるキャンペーンを開催中です。 電気代が高いと感じたら、電気料金比較サイトで無料シミュレーションをしてみましょう。 住所や世帯数、在宅状況やアンペア数を入力するだけで、今払っている電気代が適正価格かどうかカンタンに診断ができます。

次の