ツイステ 主人公 性別。 ツイステッドワンダーランドについて。

【ツイステッドワンダーランド】授業のシステムやドロップアイテムについて解説【ツイステ】

ツイステ 主人公 性別

どうも、はね子です! 前回はツイステッドワンダーランド(以下ツイステ)のここが良い! というのを熱く語らせていただきました。 もし読んでなければこちらからどうぞ! 今回はツイステの魅力語り第二弾。 キャターに関する感想です。 随所に ネタバレがあるのでご注意下さい! またメインストーリー未配信の寮もあるので、内容量に偏りがあります。 ご容赦を…! ツイステを支える素晴らしいキャターの存在は言うまでもないところですが、やはりキャターにも各原典をモチーフとした様々な要素が含まれているのは面白いですよね。 主人公が通うことになった 「ナイトレレッジ」。 こちらには7つの寮が存在し、性格や能力等によって魔法の鏡によって寮分けされた生徒達が存在します。 ワンダーランドの名に恥じない魔法が存在し、生徒達は学園内で主に魔法を学びます。 ではキャラ語りの前に、まずは自分の分身である 主人公。 なお、脳内では主人公ちゃんがしっかりと完成しました。 辛辣な常識人をイメージ。 ショートヘアもいいけど、あえて長髪。 可愛くできた!笑 絵が描けない人は是非CHARAT()へ。 主人公はに巻き込まれた普通の人間。 魔法は使えないし、そもそも価値観などはツイステ世界と異なります。 もちろん、どの寮にも属しません。 とはいえ魔法学校で魔法が使えないのも問題だ… そんな主人公の相棒に グリムがおります! グリムはナイトレレッジに入学したいモンスター。 人ではないので入学拒否されていましたが主人公の代わりに彼が魔法を学び、2人で一人前と認められます。 青い炎なのでハデスがモチーフかな? 自己中心的ですが、どうにも憎めない マスコットキャラです。 主人公との掛け合いは可愛らしいものが多いです。 主人公だけでは物語が展開しづらいところも、グリムのような破天荒なキャラがいれば動かしやすくなりますね! さて、それではツイステの一番の魅力とも言える各寮のキャターについてですね! スクショで私の推しが一目瞭然ですが、ご了承願います。 カードの入手率も関わっているんだ…Rはあまり育てる気がない。 5人のキャターが存在し、赤の女王とトランプ兵がモチーフになっております。 個人的には一推し寮です。 第一章のメインストーリー担当です。 またエースとデュースに至っては、主人公チームと言えなくもないので今後も活躍が期待されます。 良くも悪くもバランスが良く、全員悪役らしさはあるけれど、割と等身大の学生という印象です。 1年生2人、2年生1人、3年生2人なのもバランスの良さを表しているかなと。 あと、 すごく家族感・一体感が強め。 可愛い子達がわちゃわちゃしている様子を楽しみたい方にオススメです。 ソシャゲ苦手なんだ…キャラ萌えあんまりしないんだよね…という方が初めの取っ掛かりとして選ぶのが無難な気がします。 クセは弱め。 万人受けすると思います。 3人のキャター、全員が獣耳をつけています。 モブキャラ達もこぞってケモ耳つけているので、 ケ大の寮でしょう。 レオナとラギーに関しては原典知っていると 「ああ〜、わかってるわ~」となること間違いなし。 ジャックだけオリジナル感ありますが、うまく種の特徴を捉えた性格をしています。 第二章のメインストーリー担当で、なかなかの悪どさです。 唯一の良心はジャック。 「これぞズ!」とズらしさを堪能したいなら、こちらの寮がオススメです。 気をつけていただきたいのはキャターの個性はかなり強め。 特にレオナに関しては「レオナ様」というべき俺様っぷり。 百獣の王ですから。 私は俺様系が苦手だったので、三章プレイするまではレオナが苦手でした。 そのくせ10連で回すとしょっちゅうRレオナが出てくるからイラついていたほど。 ごめんレオナ、今はかなり好きだよ 群れない孤高の獣達がお好きな方はサバナクローを選びましょう。 原典のキャターと類似おり、まんまにアースラ、ジェットサム、フロットサム。 もちろん性格はきっちりキャラ付けされているので異なりますが。 なお、 私の姉の一推し寮。 笑 第三章のメインストーリー担当で、印象としては1番人気があるかなと感じています。 私のフレンドさんは揃いも揃ってオクタヴィネル寮をfavoriteに設定してます。 ギャップ萌えが好きな方にかなりオススメです。 イラストや立ち絵だけを見ていると「ヤクザかな?」となりますが、彼らはなかなかの 集団…いえ努力家です。 彼らの育成モード飛行訓練は必見。 キャターが好きだ! 萌えたい! という方はオクタヴィネルへ。 妄想が滾っていますので、苦手な方用に念のためワンクッション挟みました。 ご覧いただくかは自己責任で…そう、自己責任。 文句は受け付けないからな! ではこちらは寛大な心でお読みください。 メインストーリーが更新されたら編集し直すつもりですので、あしからず。 こちらも2人とも2年生。 なんや2年多いな…と思いましたが全体のバランス見ていればそうでもないですね。 褐色肌のアラビアンな雰囲気を堪能させてくれる素晴らしいキャラデザに惹かれる方が多いだろうなと予想しております。 未だメインストーリーには登場しておりませんが、彼らの個人ストーリーは用意されているので気になる方は読んでみましょう。 私は運よくカリムのSR式典服を入手できたので少しだけ知識がある程度です。 今読める物語の中の情報だけだと、 この2人は終始兄弟のような、元気な兄 弟 に手を焼く弟 兄 といった具合です。 ズ感があんまりない。 あ、私はどっちが兄でも弟でも萌えるので問題はないです。 夢小説で培養された私としては、世話焼きのの方が人気なのかな〜なんて考える。 さらにBL脳も備えた私だとついつい 「この2人距離近いな…付き合ってのか?」などと考える始末。 アラビアンな雰囲気だけで人気かっさらいそうなのに三章の最後の展開から、 謀略などに案外長けてそうだと思ったのでやっぱり一筋縄ではいかない期待大の寮でしょう。 スカラビア寮は兄弟ものやBL好きさんにオススメしたくなる、といえば怒られそうですね。 気品溢れる麗しさ、 お前ら女子だろとなんどツッコミを入れたことでしょうか。 流行りの美麗男子ですね。 ところが残念ながら私は彼らのカードをR以外持っていなく、メインストーリーも未配信のため詳しく書けないのです。 そしてRは育てていない ただ、お気に入りのエースのストーリーにエペル君とルークさんが登場してくれておりますので、その印象だけで話すと、「紳士」「貴族」というのはポムフィオーレを指すのだと思います。 モブキャラの手袋=決闘の合図を見てるとなんか 一昔前のお嬢様像と言う方がいいかもしれませんが。 初めはオクタヴィネル寮となんかキャラ被ってんな…と思ったこともありましたが、あちらは…うん、ね? 意外とだっただなんて思ってないよ! こちらもメインストーリーがまだのため、未だズらしさを感じておりませんが、 原典通りの 美への執着に期待しております。 真の意味で紳士を楽しみたいのならポムフィオーレに入寮ください。 スカラビアで兄弟感あると言いましたが、こちらは しっかりと兄弟です。 ただオルト君は明らかに高校生ではない気がするので、単純に考えればしてる天才児ですね。 持っているカードの都合でメインストーリーに出てくる印象と、さんが水属性持ってたから最初期にRだけど育ててたくらいしか情報がないので、なかなか語りづらい…! ファンの方には申し訳ないです まぁ、それでもなんとなくさんから香るオタク臭。 「デュフフ」という笑いが似合いそう。 授業中になんかいってたような気もする やれば出来るけどやる気がない天才と真面目に天才児というハイスペック兄弟と予想しています。 原典のハデス様も圧倒的な天才ゆえに色々仕事任されすぎていたので、 天才であるがための苦悩に焦点当ててくれればなぁと思ったり。 既視感というか共感しやすいオタク成分から、人気が出そうなイグニハイドですね。 デザイン気になる方はレッツゴー公式! ズといえば ! もプレイしているとしたら、の寮めっちゃ気になる…! という方がほとんどだろうなと思います。 そして公式で特別扱いされましたね。 まさかの後日追加。 原典リスペクトで遅れてやってきたなんて意見をで見ましたが、まじかよディズニー…それめっちゃ滾るわぁ。 寮生は全部で4名。 全員恐ろしく強そう。 笑 メインストーリーでは二章をはじめ、ちょこちょこと出てきてくれているのでイメージはつきやすいです。 まぁ、 ラスボス感ハンパないけど。 メインヴィジュアルのど真ん中飾ってくれているので、おそらく初めてプレイした人は当然ディアソムニアは実装されていると信じて疑わなかったと思うので、初めの選択肢になかったことを悔しがったのだろうなと。 公式もなかなか憎いことをしますね。 私はラスボス的な強キャラは純粋に好きですが、推しにはなりにくいので軽傷で済みました。 最強キャラ、チートキャラ、特別感、そういったものが好きな方にはドストライクな寮ですね。 こういうタイプの人には合ってるかもと何故か上から目線のアドしてますが、解釈違い全然あると思うので軽く流していただければなぁ、と。 長々とお付き合いありがとうございました! haneko873.

次の

【ツイステ】キャラクター達のヴィランズ要素がとても絶妙で虜にされる件

ツイステ 主人公 性別

辿り着いた先は名門魔法士養成学校「ナイトレイブンカレッジ」。 行く当てのない主人公は,仮面の学園長の保護を受け,元の世界へ帰る方法を探し始める。 しかし,そこで待ち受けていた生徒たちは,才能豊かだが,協調性皆無の問題児ばかりだった! はたして主人公は,彼らと協力し,元の世界へ帰ることができるのか? そして,ヴィランズの魂を持つ,生徒たちの秘密とは? 現在更新中のメインストーリーでは,主人公が 「ナイトレイブンカレッジ」で起きる事件をとおしてさまざまな人物と触れ合い,学園生活を送る様子が描かれている。 ストーリーはエピソードごとに各寮とそこに所属する生徒たちをフィーチャーしており,2020年6月現在ではエピソード4まで公開されている。 続いては,各寮と所属する生徒,およびカレッジ関係者について紹介していく。 規則を破った者には厳しい処罰をくだすため,寮生からは恐れられている。 要領が良く明るい性格だが,少し意地悪なところも。 同じハーツラビュル寮1年のデュースとはライバル関係。 立派な魔法士になることを目標に入学した。 真面目だが要領の悪いところがある。 穏やかな性格で,みんなの保護者的存在。 周囲に厳しすぎるリドルのフォローにまわることも。 空気が読めるコミュ力男子。 モテ,食,はやりに詳しい。 しかし,ときに無情になることも……。 厳格な寮長とそれに従う寮生など,主人公が最初に出会うキャラクターたちとの騒動は,世界観説明やのちの展開にも関わりそうなネタも多いので,プロローグに続いてしっかりとチェックしておこう。 高い魔法力を持ちながら,努力を厭い常に気だるげ。 母国では第二王子という立場であり,誰に対しても横柄。 序列に厳しい硬派な不良。 己の力を磨くことに余念がなく,他人と慣れ合うことを嫌う。 貧しい環境で育ったため,食い意地が張っている。 <メモ> サバナクロー寮はディズニー映画 『ライオン・キング』の世界観にインスパイアされており,キャラクターたちはみな獣のような耳と尻尾が生えている(モチーフとなる動物はそれぞれ異なる様子)。 百獣の王の持つ不屈の精神を掲げる寮らしく,運動などが得意な肉体派が多い。 学内でカフェの経営などをしている。 慇懃な態度だが非常に計算高く,守銭奴。 フロイドとは双子の兄弟。 丁寧で物腰も柔らかいが……。 ジェイドとは双子の兄弟だが,口調や表情は大きく異なる。 かなりの気分屋で,何を考えているのか掴みづらい。 <メモ> ディズニー映画 『アラジン』の世界観にインスパイアされたスカラビア寮も,オクタヴィネル寮と並ぶ頭脳派揃いらしい。 砂漠に映える鮮やかな衣装や調度が見事だ。 おおざっぱなところもあるが人望の厚い寮長を,何でもこなす副寮長が支えている様子だが……。 ひときわ目をひく美貌の持ち主。 自らも自分が最も美しいと思っており,美に対しての努力を惜しまない。 口数が少なく,ミステリアスな印象だが……。 美しいものを愛し,ヴィルやエペルの美しさを評価している。 捉えどころのない人物。 <メモ> ポムフィオーレ寮はディズニー映画 『白雪姫』の世界観にインスパイアされている。 これ以降の寮は,キャラクターは登場しているものの,メインストーリーではまだ詳しく描かれていないため,今後の展開が待たれる。 『白雪姫』と言えば有名なモチーフがたくさんあるが,どのように活かされるのだろうかと期待が膨らむ。 内気で根暗な性格で,人と接することを好まず,寮の自室に引きこもりがち。 しかし,オンライン上では様子が違うようで……。 イデアと常に行動を共にしており,兄想いの性格。 兄とは対照的に明るく素直で,好奇心が旺盛。 <メモ> ディズニー映画 『ヘラクレス』の世界観にインスパイアされたのがイグニハイド寮だ。 『ヘラクレス』のヴィランズといえば冥界の王・ハデスであり,イグニハイド寮の寮章には冥界の番人の「ケルベロス」と思われるデザインがあしらわれている。 謎の多い「弟」の存在も気になるところ。 妖精族の末裔で,世界でも屈指の魔法力を持つ。 ナイトレイブンカレッジにおいても一目置かれる存在だが,そのオーラから他の生徒たちに距離をおかれている。 ミステリアスな人物で,少年のような見た目をしているが長い年月を生きているという噂もある。 無口で冷静沈着だが,時折ひどく眠たそうにしていることも。 尊敬するマレウスと同じナイトレイブンカレッジに入学できたことを非常に喜んでいる。 シルバーとは意見の食い違いから喧嘩をしがち。 <メモ> ディズニー映画 『眠れる森の美女』にインスパイアされたディアソムニア寮は,魔法全般に長けた優秀な生徒が多いようだ。 『眠れる森の美女』のヴィランズと言えば「マレフィセント」。 寮長をはじめ,ちょっと近寄りがたいオーラのあるキャラクターが多いイメージである。 この世界で身寄りがない主人公に居場所を与えてくれる。 ビッグマウスでお調子者。 魔法薬学などの理系科目を担当している。 ファッションのことになると周りが見えなくなる一面も。 魔法史などの文系科目を担当している。 厳しい性格とは裏腹に,ルチウスという名前の猫を溺愛している。 体力育成や飛行術などの体育系科目を担当している。 熱血漢でナルシストな性格。 Sのミステリーショップ」の店主。 きさくな人柄と,生卵から魔法石までなんでも扱う品揃えが生徒の間で評判。 「ツイステ」ゲームシステム紹介 続いてはゲームシステムに触れていこう。 序盤の主な遊び方としては,「レッスン」をとおしてプレイヤーランクやエピソードレベル,キャラクターカードのレベルを上げ,メインの「ストーリー」を読み進めていく流れになっている。 各メニューについては以下のとおりだ。 なお,メインストーリーのアドベンチャーパートはフルボイスで楽しめる。 【リズミックパート】 いわゆるリズムゲームパートで,ここでは手持ちのカードの種類や強さ,プレイヤーランクなどの要素は関係しない。 画面の左右から出現するノーツをターゲットの中心に近いタイミングでタップ(もしくはロングタップ)するほど高いスコアを得られる。 スコアを獲得するとスコアゲージがたまり,スコアの達成状況によってリズミック内のストーリーが分岐するが,獲得スコアはメインストーリーの進行には影響しない。 ノーツの色によってタップ時の有効範囲が異なるので,誤タップしないよう色ごとの有効範囲を覚えておこう。 ノーツがターゲットの中心にきたら,できるだけ正確なタイミングでタップしよう。 同時押しのノーツの場合は模様が変化。 クリアしたリズミックパートは,メニュー内の「リズミック」で難度を変えて繰り返し遊べる。 APの消費なしに何度でもプレイでき,ごほうびの条件を満たすことで召喚などで使用する魔法石やマドル(ゲーム内通貨)などを獲得可能。 【バトル】 バトルは魔法を使って交互に攻撃するターン制になっており,自分と相手のターンを交互に繰り返して勝利条件の達成を目指す。 使用する魔法にはそれぞれ属性が設定されていて,水は火に強く,木は水に強く,火は木に強いという3すくみの関係のものと,それらに影響されない無属性も合わせた4属性を使い分けて戦う。 味方(キャラクターカード)も敵もそれぞれ2つの属性を持っているが,敵がどの属性かはステージ選択時に確認できるので,有利な属性のカードをデッキに加えてのぞむといいだろう。 敵が強くなればなるほど,このあたりの要素も重要になってくる。 本作のストーリーには「メインストーリー」ほか,「レッスン」でカードを育てると読める「パーソナルストーリー」や,ミニトークが楽しめる「おしゃべり」,期間限定イベントで読める「イベントストーリー」も用意されている。 なお,レッスンはオートプレイに任せることも可能だ。 魔法史の担当教師はモーゼズ・トレインで,彼のペットの猫・ルチウスも授業に同席しているらしく,生徒たちが猫についてコメントするシーンを確認できる。 ちなみに,「抜き打ち」で学園長が授業を見に来ると,生徒たちの取得経験値(EXP)が上がりやすくなるようだ。 魔法史同様にAPを消費して授業を受けられ,飛行術では各カードの「パーソナルストーリー」を読むためのエピソードLvを上げられる。 授業の担当は筋肉自慢のアシュトン・バルガスで,ここでも抜き打ちで学園長が登場することがある。 生徒たちの箒の乗り方もそれぞれに個性が現れ,見ていて楽しい授業だ。 バディ要素と魔法Lvはゲームが進むにつれて重要になっていくので,この授業も忘れずに受けておきたい。 なお,授業を受けられるキャラクターやもらえる素材は日替わりとなっている点に注意。 担当教師はファッションのことになるとうるさいデイヴィス・クルーウェルである。 受けられる試験は属性別に2種類あり,報酬が異なる。 1回の試験につき1BP消費し,消費したBPは毎日0時になると回復する仕様だ。 女性から厚い支持を受け安定した人気を誇るタイトルは数あるが,本作はまだリリースから半年も経っていない状況にもかかわらず,そこに手が届きそうなほどの勢いがあるように筆者は感じている。 では,なぜ本作はここまで多くのファンの心を掴んだのだろうか。 ディズニー作品から着想を得た親しみやすいコンテンツという強みも無論あるとは思うが,以下では筆者が感じる本作の魅力をとおし,人気につながる要素について考えていきたい。 本作のキャラクターデザインは,漫画 「黒執事」などを代表作に持つ 枢 やな氏(原案とメインシナリオも担当)が手掛けており,キャラクターのイケメンっぷりとビジュアルの美しさはさすがの一言だ。 それはスチルやカードイラストだけにとどまらず,ゲーム本編ではLive2Dアニメーションによって表情や動きが加わり,よりイキイキとした姿を見せてくれる。 ちなみに,ゲーム中のアクションはキャラクターごとに異なるものも多く,さらなる個性の演出にも一役買っている。 個性といえば,全員が異なるメイクを施しているところも魅力的だ。 このほかにもSDキャラクターのかわいらしさや,細部まで凝った衣装に背景,セットの作り込みを見ているだけでワクワクさせられてしまう。 この作り込みは,次で挙げる「考察したくなる」要素にもつながっている。 2.考察したくなる世界観 本作はウォルト・ディズニー・ジャパンが制作に協力しており,シナリオやキャラクター造形などにさまざまなディズニー作品のモチーフが使われている。 それらの作品と「ツイステ」の世界は決してイコールではないが,世界観やキャラクターを理解していくうえで,元となった作品はとても重要な手がかりになるはずだ。 ナイトレイブンカレッジに通う生徒たちは彼らに憧れを抱いており,7つの寮もそれぞれの作品(グレート・セブン)にインスパイアされている。 公式に明言されていないためここでは言及しないが,寮のイメージだけでなくキャラクター個人にも,インスパイア元を彷彿とさせるモチーフが多く感じられる。 だがこれらはほんの入口で,本作には「ここには意味があるのでは?」と思わせる小ネタが極めて多く,キャラクターだけでなく「ツイステ」の全体像まで考察をしたくなる魅力がある。 メインストーリー更新中の現在は,そのターンの真っ最中なのである。 そして本作に登場するのは,ヴィランズの魂を持つキャラクターたちであり,この条件にピッタリ一致するのだ。 少しだけストーリーに触れてみよう。 たとえばメインストーリーのエピソード1で,あるキャラクターが別のキャラクターたちに迷惑をかけてしまい,一連の騒動のあと,反省して皆に謝る場面がある。 章のまとめともいえるシーンなので,「なるほどここで心温まる友情が芽生えるのだな」と思いきや,謝られた側のキャラクターは…… 激おこである。 気持ちは分かるが,普通ならば丸く収めてめでたしめでたしとなり次へとつなぐシーンとなるのがセオリーだが,「ツイステ」ではそうはいかない。 そしてそんな一筋縄ではいかない彼らが,共に学園生活(部活などもあったりする)を送り,キャラクター同士で交流しているわけだ。 これが面白くならないはずがない。 また,主人公(=プレイヤー)の性別や見た目は明らかになっておらず,フラットにキャラクターたちとの関係性を構築していく過程を楽しめる作りが,遊ぶ人の想像に自由度を与えている。 加えて,選択肢などに現れる主人公の性格は比較的サバサバしており,ときには周りのキャラクターがちょっと引くくらい 「言いにくいことをズバリと言う」「毒を吐く」こともある。 ……と,こんな具合に圧倒的に設定とキャラクターの魅力がある本作だが,ストーリーを進めるうえでのゲームシステムは決して複雑ではなく,かといって簡単すぎることもなく,飽きにくい作りになっているように思う。 やることは少ないわけではないが,細部まで作り込まれたUIは見た目が楽しいだけでなく遊びやすさも考慮された完成度なので,そのあたりの作りもよく考えられているなと唸らされた。 とにかく,「ツイステ」は噂に違わず面白い。 ぜひ多くの人に楽しんでほしい一作だ。

次の

グリムは一体何者なのか⁉「ラスボス?」「闇堕ち確定?」ツイステ考察まとめ❕

ツイステ 主人公 性別

今日も推しが尊い!!ツイステ男性ファン・男性監督生であるしゅんキタです。 キャッチコピーは ツイステッドワンダーランドへようこそ本当のハッピーエンドを見せてやるです。 ツイステッドワンダーランド Twisted-Wonderland を直訳すると 捻じれた世界 コンテンツ名の通り ディズニーの作品の世界を捻じ曲げ、様々な作品中の悪役達が登場します ディズニーの悪役?はいイケメン(確信) こちらがPV! カッコイイテーマソングとともに次々と出てくる 沢山のイケメンたち… 胸の高鳴りが止まらないぞい 男でもハマるポイント! 俺はアプリをインストールしてすぐ沼に落ちました そんな男性でもハマってしまうポイントを述べていきたいと思います。 世界観は?主人公は性別不詳? 主人公は人間です!とある日魔法の鏡導かれてツイステッドワンダーランドに迷い込んでしまいます。 気が付いたらワンダーランド内の名門魔法士養成学校『ナイトレイブンカレッジ』にいました。 元の世界の戻り方が分からない主人公は学園長の面倒になりつつ学園に通い始める所から物語が始まります。 注目していただきたいのは 『ナイトレイブンカレッジ』が男子高校であるということ 主人公の性別には特に触れられずに物語は進行していきます。 乙女ゲーというよりストーリーや世界観を楽しむゲーム! ストーリーを読んでみた体感、学園の生徒たちは男性のように扱ってくれます 乙女ゲームっぽくないバトルシステム ツイステのアプリではキャラ育成機能やリズムゲームのほかに バトルシステムもあります! バトルシステムは珍しい…! 攻撃属性は4種類(火・水・木・無)あり、相手の技のタイプに対して有利なタイプの技を繰り出します。 カードごとに魔法が2種類使えて、素材を集めてそれぞれの魔法をレベルアップさせたり、特定のキャラを組み合わせると発動するデュオ魔法などなどやりこみ要素満載! 本格的過ぎてたまに敵が怖い… 魅力的なキャラクター紹介 ディズニーの悪役からインスパイアされた魅力的な登場人物達の中で、ツイステでは現在 総勢22名の学生キャラがいます! 各キャラクターは寮にて寄宿しており それぞれの寮のポリシーに沿うように学生生活を過ごしています 以下では俺目線でそれぞれの寮とキャラクターを紹介していきます! ハーツラビュル寮 右から順に…• お調子者の エース・トラッポラ(一年)• お兄さん属性副寮長 トレイ・クローバー(三年)• 寮の規則を厳格に順守させる寮長 リドル・ローズハート(二年)• SNS大好きパリピ ケイト・ダイヤモンド(三年)• 真面目で不器用な元ヤン デュース・スペード(一年) それぞれ性格バラバラ!青春真っ盛り男子高校生を彷彿とさせるようなメンバー モチーフは 不思議の国のアリスの悪役であるハートの女王とトランプ兵 トランプのマークが顔に描かれ斬新! 真面目な過程で育った寮長リドルは、寮の規則である『ハートの法律』を破った寮生の魔法を使う能力を取り上げる傲慢な支配者となっていきます… 寮長に怯えて過ごす寮生たち果たして解決策は…? サバナクロー寮 俺的にメッチャ好きな寮です 右から順に…• 他人とのなれ合いを嫌う一匹オオカミ ジャック・ハウル(一年)• 第二王子であり留年が当たり前なライオン寮長 レオナ・キングスカラー(三年)• ずる賢く金に目がないハイエナ ラギー・ブッチ(二年) 見事なまでに獣人!まさにワンダーランドですね モチーフは ライオンキングの悪役 寮長であるレオナは寮生から慕われており寮同士で対戦するマジフト大会で優勝するために寮生たちと協力して姑息な手を使い、有利な状況で大会当日になるが… 個人的に好きなポイントは 第一王子であるレオナの兄の息子である次期王子(レオナからみれば甥っ子)である『チェカ』がレオナのことをおじたんと呼んでいる点.

次の