ホワイト 国 除外 なぜ。 なぜ韓国は「ホワイト国」から外されるのか(時系列まとめ)

韓国はなぜホワイト国除外問題を大きくするのか

ホワイト 国 除外 なぜ

そもそもホワイト国ってなに? ホワイト国の名前の意味は? そもそもホワイト国のホワイトとはどういう意味でしょうか? 英語のwhiteには「善意・純粋」などの意味もあり、日本でも無実の人を「シロ」と呼んだりしていて白には「潔白」などの意味があります。 また、ホワイト企業やホワイトリストなどブラック企業やブラックリストの対義語として使われています。 つまり、ホワイト国とは日本が信頼に値すると認めた国であると言う宣言になります。 ホワイト国の内容を分かりやすく解説 日本は様々な国と貿易をして利益を得ています。 ですが、日本が輸出するものの中には大量破壊兵器の材料となるものもかなりの数になります。 そういったものを輸出する際には厳しいチェックがあります。 単純なナイフや銃といったものだけでなく、ミサイルや毒ガスなどの材料となるものも規制対象になっています。 ミサイルには様々なセンサーやコンピューター、カメラなどの電子機器が使われます。 また毒ガスには様々な化学薬品が使われます。 そういった武器や兵器を作る際に使うことになる資源を輸出する際には「いつ・どこで・何に・どれくらいの量を」使うのかなどと言うのを細かくチェックしています。 ですが、毎回申請をして承認を得ると言うのは手間ですよね?そこで出てくるのがホワイト国という制度です。 信頼のおける国にはその手続きを簡単にしましょうと言う制度がホワイト国です。 なぜ韓国がホワイト国除外になったのか なぜ韓国がホワイト国から除外されたのかと言うと韓国から大量破壊兵器の材料が様々な国に不正に輸出されていたからでした。 韓国がホワイト国除外で困るのはなぜ? では、韓国がホワイト国除外で困るのはなぜでしょうか? 基本的に手続きが面倒になるだけで手続きさえすれば輸出されます。 ですが、前提として「 これまでの材料の使用用途が明確である」事が必要になってきます。 先ほど説明しましたが大量破壊兵器の材料になるものなので使い道ははっきりさせておかないと大変なことになってしまいます。 ですが、除外になる理由の「 韓国から不正に輸出されていた」と言う事実がネックになります。 つまりホワイト国自体は優遇制度で除外されても規制はされず普通に取り引きは出来ますが、韓国には後ろめたい事情があるので申請が通らずに実質輸出規制となってしまうのが分かりきっているのであれほどまでに韓国はホワイト国除外に対して反対しているようです。 まとめ いかがだったでしょうか?韓国のホワイト国除外と言うのは不正輸出さえなければあっても無くてもあまり変わらない制度です。 ですが、不正輸出をしているのでホワイト国除外になると申請が通らない可能性が高いということで韓国側は焦っているようです。

次の

韓国はそもそも何故、アジア唯一の「ホワイト国」だったのか: J

ホワイト 国 除外 なぜ

コンテンツ• ホワイト国とは何か簡単にわかりやすく解説! ホワイトの反対はブラックです。 ホワイト企業、ブラック企業なんて呼んだりもしますよね。 ホワイト企業とは一般的に、法令に沿った待遇で、福利厚生が整っていたり、離職率が低い企業のことを言います。 これに対し、ブラック企業は、社員への待遇がひどい企業という意味で使われます。 簡単に言うと、 「ホワイト=優良」、「ブラック=劣悪」という感じです。 さて、話を戻します。 日本は色々な国々と輸入・輸出しています。 輸出で気を付けなければいけないのは、 戦争や紛争に利用される可能性のある核や兵器の材料となるものを輸出しないようにすることです。 武器そのものの輸出であれば、使い道がすぐにわかりますが、核や兵器の材料となるとすぐに判断できません。 日本が輸出している全ての国に対して、厳しくチェックするのは、非常に手間で時間がかかりすぎてしまいます。 そこで、 信頼のおける国との間では、簡単な手続きとし、スムーズな輸出入をできるようにしよう!ということになります。 そうです、 ホワイト国とは信頼のおける国という意味です。 オーストラリア• ベルギー• ブルガリア• イギリス• デンマーク• フィンランド• フランス• ドイツ• チェコ• ギリシャ• ハンガリー• アイルランド• イタリア• ルクセンブルク• オランダ• ノルウェー• ポーランド• ポルトガル• スペイン• スウェーデン• スイス• アメリカ• カナダ• オーストラリア• ニュージーランド• アルゼンチン• 韓国 ホワイト国から韓国を除外しようとしている理由は?なぜ? なぜ、ホワイト国から韓国を除外しようとしているか、経済産業省は明確な理由を公表していません。 ただ、「 輸出管理をめぐり不適切な事案が発生した」とだけ言っています。 明確な理由を公表していませんから、推測ということになりますが、理由は2つあります。 実は、日本以外の国でも同様にホワイト国を定めている国も多いです。 EUでは、アルゼンチンと韓国はホワイト国には含まれていないようです。 ですので、ある意味、日本が他国の基準に合わせて韓国外ししようとしているということにもなります。 また、ホワイト国制度は2002年から始まり、韓国は2004年にホワイト国認定されています。 2004年の日本の首相は小泉純一郎氏でした。 当時、小泉純一郎首相は韓国の盧武鉉大統領と2回会談しています。 このとき、 盧武鉉大統領は、自身の任期中には歴史問題を提起しないことを約束しました。 小泉純一郎大統領は、「そういうことならば・・・」と韓国をホワイト国に認定したのです。 しかし、韓国では大統領が代わり、ご存知のように歴史問題が蒸し返されています。 この時点でホワイト国から除外すべきだったということでしょう。 スポンサーリンク ホワイト国から韓国が除外されるのはいつから? まだ韓国がホワイト国から除外されると決まったわけではありませんが、 2019年8月2日にも閣議決定されるのではないか?と言われています。 すぐですね! 日韓関係はさらに悪くなるでしょうね。 ホワイト国から韓国を除外すると影響は?日本のデメリットは? ホワイト国から韓国を除外しても 日本にデメリットは特にないと考えられています。 強いて挙げれば、これまでのように、スムーズに輸出はできなくなり、ペーパーワークが増えるだけということでしょうね。 出荷毎に審査許可を行うことになり、審査機関として約90日間必要になり、輸出が認められない場合も出てくると考えられます。 アジアでは韓国だけホワイト国に入っていますが、中国や台湾等は、通常の手続きを取り、許可を取った上で特に問題なく貿易しています。 おそらく、日本にとってはペーパーワークが増え、審査許可まで時間がかかるというデメリットぐらいではないでしょうか? 韓国にとっては、審査が厳しくなるため輸出が認められない場合も当然出てくるでしょうし、横流しはできなくなるでしょう。 また、日本が韓国をホワイト国から外したことで、他の国から見ても信用を失うことにもなるかもしれません。 スポンサーリンク ホワイト国除外に対して韓国の反応は? ホワイト国から韓国を除外することに対して、韓国はどう反応しているのでしょうか? 韓国の外相は、 韓国がホワイト国から除外されれば、両国関係が悪化し、制御できない状態になると懸念しているということです。 また、 ホワイト国から韓国を除外することは絶対にしてはならないという考えのようです。 これまで横流ししてきたのであれば、やはり困るんでしょうね。 韓国はWTO違反だと主張していますが、ホワイト国入りしていない他の国と同様の審査を受ければ輸入ができますから違反とは言えないと思います。 要約リスト• 核や兵器の材料となり得るものを輸出する際に、信頼のおける国 ホワイト国 との間では、簡単な手続きとしている。 それぞれの国でホワイト国を定めているが、日本のホワイト国は日本が決めている。 ホワイト国は2019年7月30日現在27カ国ある。 韓国が外れると26カ国。 韓国をホワイト国から除外しようとしている理由は、「慰安婦問題・徴用工問題で、韓国が一方的に騒ぎ立て、韓国政府が誠実な対応をしないこと」、「韓国が北朝鮮に兵器の材料になる品目を横流ししたこと」等が挙げられる。 2019年8月2日にも韓国のホワイト国除外が閣議決定されるのではないか?と言われている。 ホワイト国から韓国を除外すると日本にデメリットは特にないと思われる。 ペーパーワークが増え、審査許可が必要になるのみ。 ホワイト国から韓国が除外されることに対し、韓国の反応は、日韓関係のさらなる悪化を懸念する声や絶対にホワイト国から韓国を除外してはならないという声が上がっている。 いかがでしたか? どうなるんでしょうね? おそらくホワイト国から韓国が除外されるのは確定ではないか?と私は思いますが・・・。 日本はいつも「遺憾だ」ばかりで、厳しい態度を取らないですよね。 今回ばかりは厳しい対応をすべきではないか?と私は思います。 ちなみにホワイト国から韓国が除外されると、信用状の発行も難しくなるとか・・・? 韓国も対抗措置として優遇対象国から日本を除外しました! その他韓国関連の記事はこちら!.

次の

日本政府が「韓国の『ホワイト国』からの除外」を閣議決定、マスコミが騒いだアメリカ仲介説は「韓国が『GSOMIA 破棄』を外交カードに使ったこと」が理由

ホワイト 国 除外 なぜ

プロフィール:矢口新(やぐちあらた) 1954年和歌山県新宮市生まれ。 早稲田大学中退、豪州メルボルン大学卒業。 現役プロディーラー座右の書として支持され続けるベストセラー『実践・生き残りのディーリング』など著書多数。 米国に逆らうとイラクのようになる?米国は日本を信じていない… 本当の軍事同盟国だけ「ホワイト国」認定 米国は対米投資規制の届け出を免除する「ホワイト国」のリストから、日本・韓国・ドイツ・フランス・イタリアなどを除外した。 米財務省は安全保障の観点から対米投資を規制する対米外国投資委員会(CFIUS)の届け出を免除する『ホワイト国』のリストを公表した。 2月13日施行の外国投資リスク審査近代化法の新規則から適用される。 昨秋、日本は改正外為法を成立させ、米国と歩調を合わせてきたが、選ばれなかった。 当面、米国の重要技術に投資する企業は審査対応せざるを得ない。 ホワイト国に選ばれたのは、オーストラリア、カナダ、英国の3カ国。 CFIUSの審査は米中間の緊張の高まりを受けて段階的に強化されてきた。 2018年11月からの試験プログラムでは、半導体など27の重要業種について外国投資家に申告を義務付けた。 2月に米国で施行される新規則は、機微な個人情報に関わる投資、軍事施設などに近い不動産の取得もCFIUSの審査対象に加える。 軍事転用できる技術の範囲が広がり、安全保障の解釈自体も拡大されている。 出典: ホワイト国とは、選ばれた顔ぶれを見ても分かるように、米国のコア軍事同盟国だ。 NATOや日米安保条約は、条約上の同盟国に過ぎない。 というより、「米国の、米国による、米国のための軍事条約」だ。 それなのに、基地用地を提供させ、費用を分担させている。 にもかかわらず、常に「フリーライド」、無料で守ってあげていると嘯いている。

次の