じゃがいも えぐみ 取り方。 じゃがいもの日持ちなら冷蔵庫よりも常温?ゆでると腐りやすい?

じゃがいものえぐみの原因や取り方!食べたらどうなる?

じゃがいも えぐみ 取り方

スポンサーリンク じゃがいもがカビ臭いのはなぜ? 購入後に「じゃがいも」の袋を開けた時など、カビ臭いことがあります。 この場合、「じゃがいも」が傷んでいるわけではないので、 調理に使っても大丈夫です。 でも、カビ臭さに加え、緑色に変色している箇所があったら、 使うのを控えてください。 つぎに、購入する際にイヤな臭いが気にならないものを見分けるコツ を見ていきましょう。 美味しい「じゃがいも」を選ぶためのポイントは、次の通りです。 まず、「じゃがいも」の 表面に傷がないか確認して、 キレイなものを選びましょう。 そして、 形がふっくらしていて、持った時に 重みが感じられるものが良いです。 このような「じゃがいも」は、健やかに育っているので、安心して 美味しくいただけます。 では、買った「じゃがいも」は、どのような形で 保存したら良い のでしょうか? 「じゃがいも」は、 高温多湿を嫌います。 なので、 風通しの良い日陰に保存しましょう。 この時、「じゃがいも」を1個ずつ、新聞紙で軽く包むことをオススメします。 1個ずつ包むのが面倒な場合は、4~5個ずつ一緒に包んでも大丈夫です。 スポンサーリンク また、箱の中に入れて保存する場合は、箱の底に新聞紙を敷きつめましょう。 こうすることで、「じゃがいも」を湿気から守り、長持ちさせることができます。 暑い時期なら1週間程度ですが、 寒い時期なら数ヶ月保存できます。 なので、ちょっと不快感を感じるかもしれませんが、 食べても健康に問題はありません。 でも、できればそのカビ臭さ(=アク)を取り除きながら調理したいですよね。 「じゃがいも」の アクを取るためには、「じゃがいも」を切った後、 10分くらい水にさらします。 調理前のこのひと手間で、アクは抜けていくので、カビ臭さも消えてしまいますよ。 手に取った時点でカビ臭い場合は、 皮を少し厚めに剥くと、 臭いが気にならなくなります。 さて、最後に、 腐った「じゃがいも」にはどんな特徴がある のかを知っておきましょう。 まず、黒っぽい変色・茶色っぽい変色が見られ、茶色い汁が出ることもあります。 そして、カビ臭さとは違い、「明らかに腐ったような異臭」がします。 また、カビが生えていることが一目見てわかるという場合も、傷んでいます。 ちなみに、柔らかくなって、少しぷよぷよしているものは大丈夫です。 これは、保存によって水分が抜けただけなので、腐っているわけではありません。 アクやえぐみに関しては、調理前に水にさらすことで消えていきます。 また、傷んだ「じゃがいも」は、見た目に異常があり、不快な異臭がするので、 すぐにわかります。 なので、美味しい「じゃがいも」の選び方&保存方法を知っておいてくださいね。

次の

じゃがいものえぐみの原因!見分け方や取り方、食べてしまった時の症状は?

じゃがいも えぐみ 取り方

スポンサーリンク じゃがいもがカビ臭いのはなぜ? 購入後に「じゃがいも」の袋を開けた時など、カビ臭いことがあります。 この場合、「じゃがいも」が傷んでいるわけではないので、 調理に使っても大丈夫です。 でも、カビ臭さに加え、緑色に変色している箇所があったら、 使うのを控えてください。 つぎに、購入する際にイヤな臭いが気にならないものを見分けるコツ を見ていきましょう。 美味しい「じゃがいも」を選ぶためのポイントは、次の通りです。 まず、「じゃがいも」の 表面に傷がないか確認して、 キレイなものを選びましょう。 そして、 形がふっくらしていて、持った時に 重みが感じられるものが良いです。 このような「じゃがいも」は、健やかに育っているので、安心して 美味しくいただけます。 では、買った「じゃがいも」は、どのような形で 保存したら良い のでしょうか? 「じゃがいも」は、 高温多湿を嫌います。 なので、 風通しの良い日陰に保存しましょう。 この時、「じゃがいも」を1個ずつ、新聞紙で軽く包むことをオススメします。 1個ずつ包むのが面倒な場合は、4~5個ずつ一緒に包んでも大丈夫です。 スポンサーリンク また、箱の中に入れて保存する場合は、箱の底に新聞紙を敷きつめましょう。 こうすることで、「じゃがいも」を湿気から守り、長持ちさせることができます。 暑い時期なら1週間程度ですが、 寒い時期なら数ヶ月保存できます。 なので、ちょっと不快感を感じるかもしれませんが、 食べても健康に問題はありません。 でも、できればそのカビ臭さ(=アク)を取り除きながら調理したいですよね。 「じゃがいも」の アクを取るためには、「じゃがいも」を切った後、 10分くらい水にさらします。 調理前のこのひと手間で、アクは抜けていくので、カビ臭さも消えてしまいますよ。 手に取った時点でカビ臭い場合は、 皮を少し厚めに剥くと、 臭いが気にならなくなります。 さて、最後に、 腐った「じゃがいも」にはどんな特徴がある のかを知っておきましょう。 まず、黒っぽい変色・茶色っぽい変色が見られ、茶色い汁が出ることもあります。 そして、カビ臭さとは違い、「明らかに腐ったような異臭」がします。 また、カビが生えていることが一目見てわかるという場合も、傷んでいます。 ちなみに、柔らかくなって、少しぷよぷよしているものは大丈夫です。 これは、保存によって水分が抜けただけなので、腐っているわけではありません。 アクやえぐみに関しては、調理前に水にさらすことで消えていきます。 また、傷んだ「じゃがいも」は、見た目に異常があり、不快な異臭がするので、 すぐにわかります。 なので、美味しい「じゃがいも」の選び方&保存方法を知っておいてくださいね。

次の

皮ごと料理できる!新じゃがいもをおいしく味わうコツ

じゃがいも えぐみ 取り方

じゃがいもを調理する際、アク抜きをしていますか?じゃがいもは頻繁に使う食材なので、面倒だからそこまでしない、という方もいるでしょう。 じゃがいものアク抜きが特に必要ない場合もあります。 例えばカレーや肉じゃがといった煮物。 この場合、野菜を煮込む際にアクを取り除く工程がありますよね。 煮込み料理の場合はこうして調理の途中でアクをとることがあるので、事前にアク抜きをする必要はないのです。 アク抜きすることで変色を防いだり、炒め物などでじゃがいも同士がくっつくのを防ぐことができるんです。 さらに、離乳食でもじゃがいもを使う機会は多いかと思いますが、その際も「じゃがいもはアク抜きをして」と指示があることが多いのではないでしょうか。 野菜にはアクがあり、それを取り除くことでえぐみによる食べにくさを緩和してくれるというわけです。 まずは見た目から説明すると、アク抜きをしないじゃがいもは茶色く変色してしまう場合があります。 煮込み料理などは目立ちませんが、炒め物などに使う際は見た目にも表れることがあります。 また、じゃがいもから分泌されるでんぷんを取り除かず使用することになるため、炒め物などにするとじゃがいも同士がくっついてしまうことがあります。 見た目にあまりきれいではありませんよね。 次に、味について説明すると、アク抜きをしないと苦み・えぐみなどを感じやすいです。 このえぐみの元となるのがタンニンです。 紅茶などにも含まれる成分で、えぐみ・渋味がある成分です。 これを取り除かないまま調理すると料理そのものの味が渋くなってしまうこともあります。 ただ、じゃがいもをアク抜きしないからといって身体に悪い影響が出るわけではありません。 見た目の問題と味の問題です。 じゃがいものアク抜きは、よりおいしく食べるためのひと工夫です。 アク抜きの方法はそれほどむずかしくありません。 じゃがいもを切ったら、たっぷりの水に浸すだけです。 水にさらすのは10分程度で大丈夫。 じゃがいもを浸けているとだんだん水が白っぽく濁ってくるのがわかると思います。 これはでんぷんが出ている証拠で、同時にアクとなるタンニンなども流れています。 とはいえ、あまり長時間水にさらしておくと大事なビタミンまで水に流れてしまうので、時間を守ってアク抜きするようにしましょう。 じゃがいもを切ってすぐ調理することはできませんが、たった10分の手間でアク抜きはできます。 ゆでる、蒸す、レンジで加熱するなど調理法はいろいろありますが、えぐみを取るならまず最初にアク抜きをしておきましょう。

次の