クトゥルフ trpg シナリオ。 #1 【クトゥルフ神話TRPG】CALLING

初心者が簡単に『クトゥルフ神話TRPG』を遊ぶ3つのコツとやり方

クトゥルフ trpg シナリオ

クトゥルフ神話TRPGは、TRPGの中でも大人気のゲームです。 その分シナリオ傾向も多岐にわたります。 ホラー、泣ける、ギャグ、タイマン、クローズド、半クローズド、シティなどなど。 色々なタイプのシナリオで遊べるのはとても楽しいですが、その分シナリオ選びには悩むもの。 TLで話題のシナリオも「おもしろい」ということは分かっても、どんな雰囲気なのかまでは掴めません。 ホラー系シナリオを探しているのに、茶番系シナリオしかみつからないなんてこともしばしば。 PLさんにとっては「やりたいシナリオ」のストックに。 KPさんにとっては「これから回したいシナリオ」のストックにしてもらえたら嬉しいです。 これから遊びたい人の為にもネタバレはありません。 推奨人数1~3人、推奨技能は目星と図書館です。 私の卓では追加でオカルトを取ることも奨めています。 ロストの可能性アリです。 導入:ある秋の日、あなたは友人の「鴨良ユキ」という小説家からのメールを受け取った。 『たすけてください。 話したいことがあるのですが、表立って話せることでは無いので私の家に来てください』 いつも穏やかな彼の印象とは違う、切羽詰まったようなメールにあなたは鴨良の家に向かうことなる。 ひとくち推しポイント: とにかくコワイ。 交渉系技能を振る機会もあるかもしれません。 ロストの可能性アリ。 導入:ある日の帰宅途中、薄暗い道を帰っている途中のこと。 ふらりと立ちふさがる影がある。 それは1人2人と数を増し、いつの間にかあなたは取り囲まれてしまう。 その目はどれもうつろで、ただ瞳のなかに赤い炎が灯っているように見えた。 視界が少しずつ赤い火に取り囲まれていく。 ぼうっとして、視界が真っ赤になっていく。 倒れ伏す直前、声がした。 推奨人数は4人。 プレイ時間は4時間が目安。 導入:パリの観光ツアーに訪れた探索者達。 楽しく観光していたが、とある広場におとずれた時不思議なものをみる。 それは全身黒ずくめの男。 噴水を見つめる男が何か呟き、あなたの脳がかき乱されて、抵抗もできずに気絶してしまう。 つぎに目覚めたときには……。 ひとくち推しポイント:出てくるNPCがツボな人にとってはツボ。 推奨人数は2~3人。 推奨技能は目星とナイフです。 シナリオにかかる時間は私の卓では5時間ほどでした。 かなりロスト率が高く「探索者の終着点シナリオ」だとも言われています。 導入:平和な日常を過ごしている探索者のもとに友人、佐部紀矢から「 頼みたいことがあるので会って話してほしい」というメールが届く。 佐部に話を聞いてみるとマネージャーの仕事をしている彼が担当しているアイドル、瀬水玲奈の周りに妙な男がつきまとっているらしい。 別の仕事がる佐部の代わりに、探索者は瀬水の護衛を任されて豪華客船に乗船するのだった。 ひとくち推しポイント:必ずその卓独自の展開が繰り広げられる。 KPとPLが協力するシナリオ。 PLひとくち感想:がんばって頑張ってロストしたから、すがすがしい感じがする(2人参加1人ロスト).

次の

初心者が簡単に『クトゥルフ神話TRPG』を遊ぶ3つのコツとやり方

クトゥルフ trpg シナリオ

グールって何? ゴムのような弾力のある皮膚を持つ人型のモンスター グールにはゴムのような弾力のある皮膚を持っているため,装甲があります. グールは人型なので、柔道やサルトなどの格闘技を使うことができます。 グールのステータスは人間とほぼ同じぐらいなので,戦闘ありのシナリオの敵としてよく出されることがあります。 もし、グールに会いたいのなら、戦闘ありのシナリオを遊んでみることをおすすめします。 特に仕えている神格はいない グールには特に仕えている神格はいません。 少数派にモルディギアンやニョグタを崇拝していますが、その他は特に崇拝している神格はいません。 そのため、グールをシナリオに出すためにわざわざ神格を出す必要はありません。 地下に住んでいる グールは地下の暗いところに住んでいます. 廃墟や洞窟のテーマとしたシナリオにはグールが出てくることが多いです. もし、グールに会いたいのなら、洞窟や地下室など暗い場所を探索すると会えるかもしれません。 グールのステータス グールのステータスは以下の通りです。 探索者が普通に戦った場合、武器でも持っていないと負ける可能性が高いです。 もし、グールを見つけたときは複数人で立ち向かうか、拳銃などの強い武器でも持っていない限りタカ買うことをおすすめしません。 グールが出てくるシナリオ グールのおいしいレストラン このシナリオはグールが出てくるクローズドシナリオです。 このシナリオは戦闘を想定しているので、グールはそこまで強化されていません。 脱出系シナリオを遊びたい人におすすめのシナリオです。 反発するグール このシナリオはグールが出てくる脱出系クローズドシナリオです。 このシナリオに出てくるグールは初めてクトゥルフ神話TRPGを遊ぶ人が神話生物と戦わないようにするために強く調節されています。 脱出系シナリオやクローズドシナリオを遊びたい人におすすめのシナリオです。 たとえ獣に身をやつしても このシナリオはグールが出てくるシティシナリオです。 このシナリオに出てくるグールはあくまで戦闘が目的ではないので、強めに調節されています。 謎解き系シナリオやシティシナリオを遊びたい人におすすめのシナリオです。 まとめ 今回グールについて公開しました。 この記事はグールが出てくるシナリオで遊んだ経験を元に書いています。 このページを読んでいるみなさんにも楽しんでいただけたら幸いです。 最後までご覧頂きありがとうございました。 TwitterやYoutubeでもTRPGに関する情報を発信していますので、よろしくお願いします。

次の

【KP用】クトゥルフ神話TRPGオススメシナリオ|よしすけ|note

クトゥルフ trpg シナリオ

クトゥルフ神話TRPGは、TRPGの中でも大人気のゲームです。 その分シナリオ傾向も多岐にわたります。 ホラー、泣ける、ギャグ、タイマン、クローズド、半クローズド、シティなどなど。 色々なタイプのシナリオで遊べるのはとても楽しいですが、その分シナリオ選びには悩むもの。 TLで話題のシナリオも「おもしろい」ということは分かっても、どんな雰囲気なのかまでは掴めません。 ホラー系シナリオを探しているのに、茶番系シナリオしかみつからないなんてこともしばしば。 PLさんにとっては「やりたいシナリオ」のストックに。 KPさんにとっては「これから回したいシナリオ」のストックにしてもらえたら嬉しいです。 これから遊びたい人の為にもネタバレはありません。 推奨人数1~3人、推奨技能は目星と図書館です。 私の卓では追加でオカルトを取ることも奨めています。 ロストの可能性アリです。 導入:ある秋の日、あなたは友人の「鴨良ユキ」という小説家からのメールを受け取った。 『たすけてください。 話したいことがあるのですが、表立って話せることでは無いので私の家に来てください』 いつも穏やかな彼の印象とは違う、切羽詰まったようなメールにあなたは鴨良の家に向かうことなる。 ひとくち推しポイント: とにかくコワイ。 交渉系技能を振る機会もあるかもしれません。 ロストの可能性アリ。 導入:ある日の帰宅途中、薄暗い道を帰っている途中のこと。 ふらりと立ちふさがる影がある。 それは1人2人と数を増し、いつの間にかあなたは取り囲まれてしまう。 その目はどれもうつろで、ただ瞳のなかに赤い炎が灯っているように見えた。 視界が少しずつ赤い火に取り囲まれていく。 ぼうっとして、視界が真っ赤になっていく。 倒れ伏す直前、声がした。 推奨人数は4人。 プレイ時間は4時間が目安。 導入:パリの観光ツアーに訪れた探索者達。 楽しく観光していたが、とある広場におとずれた時不思議なものをみる。 それは全身黒ずくめの男。 噴水を見つめる男が何か呟き、あなたの脳がかき乱されて、抵抗もできずに気絶してしまう。 つぎに目覚めたときには……。 ひとくち推しポイント:出てくるNPCがツボな人にとってはツボ。 推奨人数は2~3人。 推奨技能は目星とナイフです。 シナリオにかかる時間は私の卓では5時間ほどでした。 かなりロスト率が高く「探索者の終着点シナリオ」だとも言われています。 導入:平和な日常を過ごしている探索者のもとに友人、佐部紀矢から「 頼みたいことがあるので会って話してほしい」というメールが届く。 佐部に話を聞いてみるとマネージャーの仕事をしている彼が担当しているアイドル、瀬水玲奈の周りに妙な男がつきまとっているらしい。 別の仕事がる佐部の代わりに、探索者は瀬水の護衛を任されて豪華客船に乗船するのだった。 ひとくち推しポイント:必ずその卓独自の展開が繰り広げられる。 KPとPLが協力するシナリオ。 PLひとくち感想:がんばって頑張ってロストしたから、すがすがしい感じがする(2人参加1人ロスト).

次の