離乳食 進め方 カレンダー。 離乳食スタート!1ヶ月目の献立カレンダー

【人気の「離乳食アプリ」5選】管理、記録から献立まで!離乳食が楽しく♡

離乳食 進め方 カレンダー

「そろそろ離乳食…一体どうすればいいの?」 産後の大変な時期を乗り越え、やっと子育てにも慣れてきたころにやってくる新しい課題。 そうです、離乳食! あなたも、初めての離乳食をどう進めれば良いのか?って悩んでいるのではないでしょうか。 私も、初めての子供の時は、離乳食について分からないことだらけ…。 いつから始めればいいの?• どんなタイミングがベスト?• 何から食べさせれば?• アレルギーが心配・・・• 作り置きってできるの? などなど。 そして、そのきっかけとなったのが、先輩ママさんたちからの活きた離乳食の基本を知れたこと。 もし、知らなったら、子供は食べるが嫌い。 私は作るのがイヤ!になっていたかもしれません…。 そうならないためにも、 今回は離乳食の基本の4つのステップとそれぞれの目安について紹介しますね。 それでは早速見ていきましょう! スポンサーリンク 離乳食をはじめる目安 生後5~6か月頃が開始の目安となります。 離乳食を開始するタイミングは、以下のポイントを目安にしてください。 大人が食べているのを目で追う• スプーンを口に入れても嫌がらない• よだれが出始めている• 支えていれば座っていられる(一人座りができる) ゴックン期に食べられるもの ゴックン期は、まだ歯が生えていない時期です。 消化器官も未発達なため、細かくすりつぶした食材のみを、少量与えます。 初めて与える食材については、 小さじ1杯が目安。 はじめは、10倍がゆをすり鉢ですりつぶしてトロトロにしたものや、ニンジンやかぶ、大根など甘みのある野菜を柔らかく茹でてすりつぶしたものから与えましょう。 我が家の場合は、大人の食事に興味を持ち始めたのが早かったので、5ヶ月に入る1週間前から重湯(おかゆの上澄みの汁のことです)を小さじ1~3杯程度与えました。 授乳時間のうちの1回を、離乳食に置き換えましょう。 離乳食を与える時間は、 万が一アレルギー症状が出ても大丈夫なように、小児科が受診できる午前中の1回を置き換えるのがおすすめです。 一般的には10時頃に置き換える方が多いようですね。 離乳食中期【モグモグ期】 モグモグ期への移行の目安 生後7~8ヶ月ごろが移行の目安となります。 もちろん、進むスピードなど個人差がありますので、 月齢で目安にするよりは進捗状態で見てあげてくださいね。 つぎのポイントを参考にしてみてください。 スプーンを近づけると自分で口を開けられる• 口をしっかり閉じて歯茎ですりつぶしている• 食べる量が増えた(赤ちゃん茶碗4分の1程度) モグモグ期に食べられるもの ゴックン期では、柔らく茹でてすりつぶしたペースト状を食べさせていましたが、モグモグ期へ移行できそうだなと思ったら、 少し大きめの食材を与えます。 10倍がゆは、7倍がゆにして少し粗目にすりつぶしましょう。 ニンジンやホウレンソウも同じ。 歯茎ですりつぶせる硬さまで、ゆでるのには変わりありませんが、すりつぶしからみじん切りへ移行します。 消化器官も発達してきているので、ゴックン期と比べて野菜だけでなく、 魚や鶏ひき肉などのタンパク質もとれるように! ちなみに、我が家のおすすめは 絹ごし豆腐。 モグモグ期の時間と回数 モグモグ期になると、2回食になる赤ちゃんもいますが、食べる量がなかなか増えない子供は、 無理をして増やさなくても大丈夫! 食べることが好きそう子供であれば、1日の授乳のうち2回を離乳食に置き換えてくださいね。 時間は、1回食から4時間後くらいが目安。 1回目の食事が10時なら、2回目は14時といったようなイメージです。 我が家の場合は、私が仕事に出ていたので、1回目は8時、2回目は12時のタイミングでした。 離乳食後期【カミカミ期】 カミカミ期へ以降の目安 生後8~9ヶ月が目安。 自分で食べたいという欲が出てくる頃ですので、 つかみ食べしやすいメニューが登場するのが、カミカミ期です。 おかゆも5倍がゆとなり、大人と同じごはんに近づいてきます。 また、食べられるものが増えるので、調味料を少し使い、ハンバーグや煮びたしなどにして食べさせていました。 前歯がだいぶ揃ってくる子供もいますので、短く切った麺類など、主食のレパートリーも増やせますね。 ただし、あまり味付けを濃くしすぎてしまうと、塩分を取りすぎてしまいます。 食べられるものが増えたからといっても、 まだまだ消化機能は未発達。 胃腸に負担のかかる塩分は極力控えるために、だしを活用するのがおすすめ! 我が家では、まとめてだしをとったものを製氷皿で冷凍し、野菜と一緒にレンジでチンして、簡単に煮びたしやみそ汁にしていました。 栄養のメインを、母乳やミルクから離乳食へと移行していきましょう! 1日の授乳のうち3回を目安に離乳食に置き換えると良いですよ。 時間帯は4時間おきが目安。 我が家の場合は仕事の兼ね合いもあり、8時、14時、19時。 間が空いてしまう2回と3回の間は必要に応じておやつにしたり、ミルクにしたりしていました。 離乳食完了期【パクパク期】 パクパク期への移行の目安 ここまで来たら幼児食の移行まであと少し! 移行の目安は1歳~1歳半です。 この時期では、手づかみ食べやコップのみなど、自分で食べる練習を取り入れながらメニューを考えるのもいいですね。 パクパク期で食べられるもの バクバク時期になると、 ほぼ大人と同じようなものが食べられるようになります。 我が家の場合は、パクパク期へ移行するころには、おかゆは卒業し柔らかめに炊いたご飯や大人用に炊いたご飯に少し水分を加えてレンジで柔らかくしたものを与えていました。 また、アレルギーが心配される卵も1歳過ぎたら与え始めてみてください。 はじめはゆで卵にして、耳かき1杯程度の黄身から与えましょう。 白身はアレルギーが出やすいので、黄身に慣れるまでは、 しばらく全卵や白身を与えるのは控えてくださいね。 スポンサーリンク バクバク期の時間と回数 回数は1日3食、離乳食がメインになるように調整してください。 バクバク期になると、自然と卒乳してしまう子供もいます。 なかなか卒乳できない場合も多いので、授乳は寝る前だけにするなど、あなたがツラくないように徐々に授乳を減らしてください。 時間については、 あまり夜遅くなりすぎないように注意! 消化にはだいたい2~3時間かかりますので、できれば18時~19時までに3回目の食事を終わらせられるといいですね。 まとめ いかがでしたか? 我が家の場合、はじめのころは好き嫌いもなくパクパク食べてくれたので、割とスムーズに進めることができました。 仕事や家事で忙しいかもしれませんが、まずは家族みんなで食卓を囲み、笑顔で 「おいしいね!」と楽しんで食事できる環境を作ってあげられるといいですね! そして、食べさせてあげるとき、なかなか食べてくれないと顔も怖くなってしまいがち。 しかし、そこはグッとこらえて、笑顔で離乳食をあげてください。 ちなみに、完食できなくてもいいんですよ! 「完食させられなかった・・・」とプレッシャーに思うママはたくさんいます。 離乳食中は母乳やミルク、フォローアップミルクで栄養を足してあげることもできますし、一度の食事でたくさん食べられない場合は、おやつなどで回数を増やして食べさせてあげても大丈夫です。 とにかく、これから離乳食を始めるうえで大切なのは、 気負いすぎないこと! 「食事ってなんか楽しいな」って思わせてあげられるような食卓にできるよう、話かけや表情も大切にしてあげてくださいね。

次の

離乳食の進め方!4つのステップの基本と目安を一挙に紹介!

離乳食 進め方 カレンダー

離乳開始後約1か月間 1日1回食を始めます• ・お子さまの機嫌や健康状態のよい時に始めましょう。 ・初めてあげる食品は1日1品1さじから始めます。 ・あげるのは午前中の授乳前が適しています。 ・なめらかにすりつぶした状態のものから始めます。 つぶしがゆから始め、すりつぶした野菜なども試してみます。 慣れてきたら、つぶした豆腐・白身魚・卵黄などを試してみましょう。 ・食べ物を口から出してしまう時は、少量を下唇の上にのせるようにしてみましょう。 離乳開始して1か月をすぎた頃から1日2回食に進めます• ・新しい食品は午前中に、慣れた食品は午後にあげましょう。 ・形態はなめらかにすりつぶした状態のまま徐々に食品の種類、量を増やします。 ・母乳育児の場合、生後6か月頃から鉄欠乏を生じやすくなるため、鉄を含む食品を取り入れたり、ミルクを離乳食の素材として利用しましょう。 慣れてきたら、つぶし方を少し粗くする。 湯・だし汁・野菜スープ等でゆるめる。 豆腐・・・ゆでてすりつぶす。 白身魚・塩抜きしたしらす・・・ゆでてすりつぶしてとろみをつける。 卵黄・・・固ゆでした卵黄を少量あげる。 お子さまの食欲や成長・発達に応じて調整します。

次の

【人気の「離乳食アプリ」5選】管理、記録から献立まで!離乳食が楽しく♡

離乳食 進め方 カレンダー

おかゆに慣れたら、野菜やたんぱく質を少しずつ取り入れていきましょう。 野菜はにんじんやかぶ、キャベツなど、クセがなく繊維が少ないものから始めます。 レタスやキュウリなど、生食する野菜では最初は加熱するのが基本です。 ほうれん草はアクを抜く、繊維質の野菜はよく刻むなど、それぞれの野菜に合った調理をしましょう。 豆腐やしらす、白身魚などのたんぱく質を含む食材は、離乳食初期から食べさせることができます。 離乳食を始めて3週間~1ヶ月ほど経ち、赤ちゃんがおかゆや野菜に慣れたら、たんぱく質を含む食材を食べさせてみてください。 白身魚に慣れたら、離乳食中期頃から赤身魚(鮭、まぐろなど)、離乳食後期頃から青背の魚(あじ、さばなど)を試しましょう。 卵はアレルギーの発症リスクがあるため、卵黄(固ゆで)に慣れてから全卵を食べさせるようにしましょう。 肉類は離乳食中期から、脂肪が少ない鶏のひき肉がおすすめです。 鶏肉に慣れたら、離乳食後期から豚肉や牛肉を少しずつ食べさせましょう。

次の