デレステ ライブ 設定。 アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ(デレステ)

デレステ ノーツの速度の設定/変更など

デレステ ライブ 設定

SoC:Kirin950、RAM:4GB• CPU:Cortex-A72 2. 8GHz 4Cores• GPU:Mali-T880 MP4 122. 4GFLOPS• Android 7. 0 デレステ自体の設定 LIVE設定の最適化 LIVE設定はメニュー内にあります。 表示タブの演出カテゴリを以下のように設定します。 カットイン:OFF• エフェクト:OFF ついでにCOMBO表示を「小さい」、ディマーを「暗め」にしておくと画面が若干見やすくなります。 性能には影響しないと思います モードは当然2D軽量を推奨。 オプションタブのタップ音再生設定をOFFにするとかなり軽くなりますが、反応のラグなどが分かりにくくなるのと、音ゲー的な楽しさのために個人的にはONにしておいた方がいいと思います。 ただローエンド機は致命的なぐらい重くなるのでOFFの方がいいです。 プレイ前の準備 バックグラウンドタスクの管理 アラームの無効化 割としょうもない話ですが、デレステのLIVEプレイ中にアラームが鳴るとまともに反応しなくなりプレイどころではないので、アラームは忘れずにオフにしておきましょう。 3敗ぐらい 特に、朝アラームで起きてスタミナ消化する時にスヌーズを切り忘れてアラームが鳴る事故に注意。 アプリのアップデートを事前に終わらせる Androidにおいてアプリのアップデートは非常に重いので、プレイ中に始まると凄まじいラグが発生します。 イベント曲などでフルコンを狙うような場合は事前にアップデートを終わらせておきましょう。 アップデートの確認や開始は以下の手順で行えます。 Playストアアプリから左上の「」ボタンをタップしてメニューを開く• マイアプリ&ゲームをタップ• アップデートがあればアップデートを開始するボタンがあるのでそれをタップ 高速化アプリの利用 Root Boosterというアプリを利用すると、バックグラウンドで性能を食うアプリやサービスを無効化して性能を最適化できます。 起動したら左上のメニューボタンでメニューを開き、Speedモードを選んで左の矢印ボタンで適用。 元に戻す場合はStockモードを同様に適用すればOKです。 Speedモードだとバックグラウンドサービスが止まり、プッシュ通知の受信漏れが起きることがあるのでその点は注意が必要。 課金 600円 で上位のExtreme Boostモードが解放され、Speedモード以上の高速化が可能です。 ただし副作用もSpeedモード以上の激しさなので常用はしない方がいいと思います。 熱、電力管理 電力プロファイルを高性能モードにする 端末によっては、設定アプリ内の「電池」などの項目から、「ハイパフォーマンスモード」や「ゲーミングモード」のような高性能モードが選べる場合があります。 それらのモードに切り替えることで当然性能は上がります。 ただし電池の消費が激しくなるので、自由に充電できない状況での使用は注意しましょう。 バッテリーを充電し終えてからプレイした方が、特に夏の熱い時期などは性能が出やすくなります。 電源に接続せずにプレイしても同じですが、デレステの消費電力は地味に激しいので注意が必要です。 ディスプレイの明るさを最低限にする ディスプレイが明るすぎると、バックライトの発熱あるいは消費電力によって制限に引っかかるのか、性能が落ちる場合があります。 ディスプレイの明るさはプレイに支障がない最低限にしておくと良いでしょう。 メモリ管理 デレステはメモリ RAM が多く利用できるほどフレームレートが向上するという言い伝え ? があり、メモリの効率的な利用でパフォーマンスが向上することも。 タスクキル Androidのホームボタンの横にあるタスクメニューボタンを押すと現在起動中のアプリが一覧表示されますが、その画面から不要なアプリを終了 タスクキル してその分のメモリを解放することができます。 デレステ起動前に一通り終了させておくと良いでしょう。 メモリークリーナーの利用 メモリークリーナーはメモリ上の不要なデータを追い出して空きメモリを作ってくれるアプリです。 パソコンのメモリが少なかった時代にはよく利用されていましたが、Androidでも割と有効です。 オススメはこれ。 通知ログの消去 画面上部から下にフリックすると通知ログの一覧が見られますが、ログが溜まっていると重くなるような気がします。 かなりオカルトです 1ボタンで消せるのでこまめに消しておいた方がいいかもしれません。 開発者向けツールの活用 開発者向けオプション 開発者向けオプションは、設定アプリ内の「端末情報」 表記は端末によって若干違います から、「ビルド番号」の所を連続でタップしまくると「デベロッパーになりました」みたいなメッセージが出て利用可能になります。 開発者向けオプション内の、「ハードウェアアクセラレートレンダリング」の項目にある、「GPUレンダリングを使用」はとりあえず有効にしておきましょう。 Chromeとかもビックリするぐらい速くなります。 GPUが強力なハイエンド端末は、その下の方にある「HWオーバーレイを無効」も有効にするとかなり性能が向上します。 逆にGPUが非力な端末 HUAWEIだとKirin950以下あたり では有効にしない方が逆に良いです。 画面解像度の変更 画面の解像度をデフォルトより小さくすると描画負荷が下がってフレームレートが向上します。 解像度はADB Android Debug Bridge を利用することで変更できます。 導入方法などは専門の解説サイトがたくさんあるのでググってみてください。 気が向いたらちゃんと書くかもしれません adb wm size で現在の解像度が分かります。 元に戻すのに必要なので覚えておきましょう。 表示領域のアスペクト比なども入力した数値次第で自由に変えられます。 アスペクト比を変えるとプレイエリアの大きさも変わるので、自分がやりやすいアスペクト比を見つけるといいかもしれません。 超上級者向け root化端末限定 端末をroot化するともっと色々できますが、root化は高度な知識が要求される上、端末の安定性やセキュリティに大きな悪影響を与えうる非常にリスクの高い行為です。 この項目はroot化を推奨するものではありません。 OSのパラメータ変更 ・Speed Up Swap root 上でも紹介しましたが、名前の通りRoot化端末ではこのアプリの真の力を発揮することができます。 Root化端末でこのアプリを使うと、Android OSのパラメータを色々変更して性能を上げることができます。 ガンダムSEEDの2話でキラヤマトがやってたやつみたいなイメージです。 非Rootの場合と同様に、性能を上げる時はSpeedモード、元に戻す時はStockモードを適用で。 ちなみに課金 単品300円、全モードセットで600円 で上位のSpeed boostモードが解放されます。 効果は絶大でChromeなどは笑えるぐらい高速になります。 一方で副作用もやはり激しく、常用が難しいぐらいピーキーになります。 例えるならばトールギス。 アプリによる画面解像度の変更 ・Screen Shift.

次の

【デレステ】Android機で快適にプレイするためのテクニック集

デレステ ライブ 設定

(この記事は2016年12月に執筆した、前ブログであるホームページ「rumilie」の記事です) 実は最近(2016年11月時点)の2年縛りが終わりまして、XperiaXZに機種変したんですよ。 (前機種はAQUOSXx 304SH) 当然使っていた機種と比べて性能も上がって僕としては大満足なんですが、今僕が最も起動するゲーム「」をプレイすると、なんとなくカクつく。 「あれ、S820 Snapdragon820というSoC ってこんなもんなのか?最新機種っていってもやはりは重いのか・・・?」 そう思ってなどを調べると、やはり同じような意見がチラホラ。 ただ、いろんな解決方法を試してみた結果、体感では最適機種に格上げされたので、簡潔にやり方をまとめてみました。 「XperiaXZって的にはどうなの?」というツイートも結構な数見かけるので、購入を考えている方も、実際にXZでをプレイしている方も、参考にして頂けると幸いです。 僕自身はにそこまで詳しいわけではないのでそこのところはご留意下さい。 この情報は他のXperiaXZ以降の全てのでも有効です。 明るさの自動調整、高画質モードをOFF 設定>画面設定 より、 「明るさの自動調整」をOFF、 「高画質モード」をOFFに設定してください。 「明るさの自動調整」だけでもかなり効果があるものと思われます。 高画質モードが画像、動画だけでなくゲームアプリにも影響を及ぼしているのかはわかりませんが、不要なら念のためOFFにしておいてもよさそうです。 電池の最適化からを除外 設定>バッテリー より、右上の3つの点のアイコンを押して出てくるメニューの 「電池の最適化」を選択、「アプリ」タブでを選択して下さい。 電池の最適化はAndroid6. 0から搭載された機能ですが、この設定が適用されるアプリは電池を考慮した動作に鳴る場合があります。 この設定をに適用しないことによって、端末が常にの動作に全力を尽くすことになります。 そうですね。 説明が下手過ぎますね。 もちろん「STAMINAモード」はOFFにして下さい。 超重くなります。 を使用をON 「開発者向けオプション」は最初は設定に項目がありませんが、設定>端末情報 の画面にて、最下段の「ビルド番号」を何度かタップすると「設定」に追加されます。 設定>開発者向けオプション より、「を使用」をONにしてください。 Snapdragon820は性能が良いので、2D描画処理をCPUからに任せることで負荷分散につなげる…らしいです。 ただ電池の消費は多少増えるかもしれません。 よくを軽くする方法として紹介される「4xMSAAを強制適用」「HWオーバーレイを無効」の適用は、S820機ではあまり効果がないと思われるので今回は使用していません。 のキャッシュを保持 の動作に直接関係は無いですが、設定>ストレージとメモリ より、右上の3つの点のアイコンを押して「高度な設定」を選択、続いて「キャッシュを保持」をタップ。 「アプリ」タブよりを選択して下さい。 これにより、中に一旦他のアプリをいくつか開いて触って、またに戻ったときに落ちている現象を軽減することができます。 もっとも、RAMが3GBあるXperiaXZで普通の使い方でRAMの圧迫でアプリが落ちることはあまり無いと思われますが… 同時にやよくつかうアプリも登録しておくと便利かもしれません。 だいたい以上がを少しでも快適にプレイする方法かと思われます。 ヌルサクでラグ・フリック抜け無しなをお楽しみ下さい。 (絶対という保証はしません) YoiyamiRumilie.

次の

『デレステ』機種変更時のデータ引き継ぎ方法・注意点

デレステ ライブ 設定

スポンサーリンク ライブパレードイベントの概要 イベントPtや観客動員数を増やして報酬をもらう形式のイベントです。 イベント楽曲も用意されているのでライブパレード中に楽曲として選ぶことができます。 いつもと違う感じなのは自分でライブを行う地域を選んでライブをするという形式になっている所ですね。 イベントPtによるランキングはないので個人で楽しむ形式のイベントです。 イベントPt、動員数共にイベントで上がるのでイベントの数をこなしていきましょう。 ライブパレードイベントのプレイの仕方 イベントをはじめると公演を行うエリアを選択できます。 はじめたばかりだとそもそも選択肢が一つしかないので、とりあえずはすべてのエリアを解放できるまですすめるといいでしょう。 エリア解放条件は各エリアのエリア観客動員数になっているので、一定数そのエリアで公演を行うことで次のエリアにすすむことができます。 それぞれの公演には公演目標があるのでしっかり達成して報酬をもらっておきましょう。 エリアを選ぶと公演楽曲と公演メンバーを選べる画面がでます。 はじめのうちは1つの楽曲だけしかないですが、進めていくとグルーヴのように3曲連続でのプレイになります。 グルーヴと違う点は 演奏する楽曲とメンバーは自分で選ぶことができるということと、コンボ数やHPが次の楽曲に引き継がれないということです。 楽曲ではイベント曲も選ぶことができるのでイベント曲をプレイしたい人はここで選んでおきましょう。 この時選ばれる楽曲LvはイベントTOPページのイベント設定で変更できるので自分のLvにあったものに設定しておくとよいです。 流行曲に選ばれている楽曲をプレイすることでエリア観客動員数がアップします。 またLIVEオプションでマニーをつかってオプションをつけることでも観客動員数をアップさせることが可能です。 イベントをプレイし終わるとイベントPtと観客動員数がUPします。 ライブパレードイベントを効率よくプレイする 流行曲について 流行曲で観客動員数が伸びているか調べてみました。 流行曲を含んだ時 流行曲を含まずスコア重視でやった時 流行曲を含んでいるとスコアでは下回っていても動員数は多くなりました。 しかしイベントPtでは流行曲効果が影響しないためかスコア重視のほうがポイントがでています。 また動員数も増えたといってもそこまで増えているわけではないので流行曲を入れるならばスコアを出せる前提で組み込まないともったいないかもしれないですね。 イベントポイントを増やすには イベントポイントを増やしたい時はスコアを高くすることが大事です。 なるべくスコアを高く出せる楽曲を選ぶとよいです。 また 公演目標を達成するとボーナスがあるので目標を達成することも大事です。 上のほうでもやってみたとおり スコアではなく消費スタミナで観客動員数は固定されているのでスコアでは変動しません。 しかし、流行曲やLIVEオプションを選んでも劇的に観客動員数が増えるわけではないのと、イベントPtも集めないといけないので基本的に流行曲とLIVEオプションは無視してスコア重視でプレイするのがいいかもしれません。 公演目標は達成することで 観客動員数、イベントPtともにボーナスがかかるので意識していきたいですね。 公演目標に注意 上記のように公演目標の達成はかなり重要です。 ライブパレードではグルーヴと違い1曲1曲が独立しているので、グルーヴのようにコンボやライフは共有しません。 いくらスコアを出しても公演目標を割ると結局効率が悪くなりますので、回復などを入れて安全にやるのもありだと思います。 3曲まとめてやったほうがいいのか? 今回のイベントではグルーヴと違い1曲ずつプレイすることも可能です。 では3曲まとめてやった場合と1曲ずつやった場合の報酬がどう違ってくるのか比べてみたいと思います。 今回は楽曲Lv26をフルコンしたスコアで比較してみました。 若干差はありますのでご了承ください。 1曲(スタミナ消費 15 2曲(スタミナ消費 30 3曲(スタミナ消費 45 1曲の場合は イベントPT 175pt 動員数 5600人 2曲の場合は イベントPT 355pt 動員数 11700人 3曲の場合は イベントPT 541pt 動員数 18400人 1スタミナあたりの獲得量で考えてみると 1曲の場合は イベントPT 11. 66pt 動員数 373. 33人 2曲の場合は イベントPT 11. 83pt 動員数 390人 3曲の場合は イベントPT 12. 02pt 動員数 408. 88人 となります。 よって1曲よりも3曲続けてやったほうがイベントPTと動員数は効率がよくなりますね。 スタミナ10の公演とスタミナ15の公演どちらが効率がいいか? スタミナ10の公演とスタミナ15の公演はどちらを回したほうがいいのか検証してみました。 今回も楽曲Lv26をフルコンしたスコアで比較してみました。 スタミナ10の公演 スタミナ15の公演 スタミナ10の場合は イベントpt 128pt 動員数 3400人 スタミナ15の場合は イベントpt 175pt 動員数 5600人 1スタミナあたりの獲得量で考えてみると スタミナ10の場合は イベントpt 12. 8pt 動員数 340人 スタミナ15の場合は イベントpt 11. 6pt 動員数 373. 3人 スタミナ10の方がイベントpt獲得量が高く、獲得動員数は少ないという結果となりました。 まだイベント後半のエリアが解放されていないので、もしかすると後半のエリアのほうが効率がよくなるかもしれません。 今の所参考程度に見ておいてください。 メンバーの編成について イベントのライブメンバーは自分が普段設定しているアイドル編成の中から一番スコアがでるものが自動で選ばれます。 曲が自動で選ばれ、その曲に合ったアイドル編成が自動で選ばれるため、曲を変えてメンバーを変えてとなかなかめんどうです。 自動で別の編成が選ばれて面倒だという人はアイドル編成を1つを残して後は消してしまいましょう。 元の編成に戻せるようにスクショなどは撮っておくようにします。 これはこれでめんどくさいですが、どちらのめんどくさいを取るかという感じですね。 おそらく今後改善されるとは思いますので、今回はユーザーで対策するしかないですね。 親愛度について イベントで楽曲をプレイした場合、楽曲のリザルトがスキップされます。 そのため親愛度が上がっていないように見えますが、しっかりとプレイした楽曲分親愛度は上がっていますのでイベント中にも親愛度は上げることが可能です。 同様にファン数などもしっかり獲得できているのでファン稼ぎも問題なく可能です。 エリアを解放しよう 各エリアには公演目標(ミッションのようなもの)が設定されていて、公演目標にはSRキャラも報酬に含まれています。 イベントポイントや観客動員数を集めるだけならエリアの解放をしなくてもできますが、公演目標のためにすべてのエリアは解放していったほうがお得です。 よかったらフォローお願いします スポンサーリンク.

次の