シン テレワーク システム - y2blog » 「シン・テレワークシステム」を使ってみる(その1 )

テレワーク システム シン シン・テレワークシステムをためしてみた

シン・テレワークシステムをためしてみた

テレワーク システム シン シン・テレワークシステムを使ってリモート会議を行ってみる

テレワーク システム シン シン・テレワークシステムをためしてみた

テレワーク システム シン シン・テレワークシステムをためしてみた

テレワーク システム シン シン・テレワークシステム

テレワーク システム シン 誰でも簡単! テレワークシステム「シン・テレワーク」を利用してみました!

テレワーク システム シン 簡単で安全なリモートアクセスを実現する「シン・テレワークシステム」の設定方法 :

テレワーク システム シン シン・テレワークシステム

テレワーク システム シン 2021年4月号 トピックス

テレワーク システム シン NTT東日本とIPAによる「シン・テレワークシステム」の無償提供の延長について

NTT東日本

新型コロナウイルスのようなパンデミックや、その他の社会情勢上の危難は、事前予告なく、突然にやってきます。

  • 社用PCのログインパスワードを入力すると・・・ 先ほど「シン・テレワークサーバー」をインストールした社用PCの画面が表示されました! (大きい画面が自宅PC画面、小さい画面が社用PC画面です。

  • いずれにしても素晴らしい! さて、手のひらサイズの汎用コンピューターって、ラズベリーパイ?と感じた人もおおいでしょう。

  • そして、この 1 つ目のルールとは別に、ここで述べるように、比較的最近、建設的に作っていった、「シン・テレワークシステム」のような新しいものを作るための、2 つ目のルールやポリシーもあります。

誰でも簡単! テレワークシステム「シン・テレワーク」を利用してみました!

に注意が必要で、Windowsのみで動作し、macOSには対応してません。

  • 「サーバー」には、「共有機能有効版」と「共有機能無効版」とがあります。

  • そのためには、セキュリティが極めて重要です。

  • どなたのことだろうと記事を読んだらSoftEtherを手掛けた登大遊さん。

シン・テレワークシステムをためしてみた

そして、これは大変に楽しいことであるとして、進んで自主的に行なわれることです。

  • 今回のプロジェクトでは、これが役に立ちました。

  • 自国内の、そして、さらには他国 全世界 の他の組織との競争上、まず、急いで手を付ける必要がある必須の部分は、たったこれ 1 つです。

  • 本システムにより、全国 1,741 の市区町村および 47 都道府県等のうち、数万人を超えると考えられる、テレワークを必要とされる職員の方々は、各自治体より参加申込みを行なうことにより、自宅から自治体庁内の業務用端末の画面に、安全・簡単・無償でリモートアクセスすることができる仕組みを得られます。

シン・テレワークシステムは Raspberry Pi でできている

このように、外部の人間が内部の人間になることが極めて大切だと思っています。

  • そこでいくつかの自治体の方に話を伺ってみると、自治体職員がテレワークを実施するためには、他にも満たさなければならない要件があることが分かりました。

  • できるだけ解約されず、また、内製に戻ったり他社に契約先が変更されたりすることがないように、違法でない範囲で、発注元のシステムをその外注先のスタッフ達でしかわからないように、ますます、訳がわからなくしてしまいます。

  • さらには、新規参入者も増えます。

シン・テレワークシステムをためしてみた

これまで開発してきた SoftEther VPN 技術や 「シン・テレワークシステム」 のようなものは、サイバー空間の平地の上に、 誰でも無償・無条件で契約なしで通行することができる道路 フリーウェイ のようなものです。

  • 『テレワークは検討しているけれど、まだ環境が整っていない・・・』 『導入コストが高いと聞いて諦めた・・・』 『最近考え始めたばかりで、どうすればいいか分からない・・・』 という方! 無料で使えるこの機会にぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

  • とうとう、このようになってしまった真の責任は、外注に頼ることになってしまった発注元組織の管理職の責任です。

  • この場合、最終保障は不要です。

シン・テレワークシステムを使ってリモート会議を行ってみる

新型コロナウイルスのようなパンデミック時や、その他テレワークが事実上必須となる事態下においては、その事業者の事業活動の道が途絶されてしまうことになります。

  • しかしながら、現在、これらのことは我々日本組織にとって利益にならず、大きな不利益となってしまったことが知見として判明しつつあります。

  • 自宅側 PC がインターネットとの間で不正通信を行ない、遠隔操作されることを防ぎます。

  • 本システムは、NTT東日本コロナ対策プロジェクト 特殊局 仮設 およびIPA 産業サイバーセキュリティセンター サイバー技術研究室が共同で構築し、筑波大学OPENプロジェクト、KADOKAWA Connected、ソフトイーサ 等の複数組織の連携協力により、実現をするものです。




2021 cdn.snowboardermag.com