前川喜平 ツイッター。 前川喜平:右傾化を深く憂慮する一市民の鍵垢時代のツイート

【東京都知事選】宇都宮けんじ氏と前川喜平氏の対談が、対談前から大反響

前川喜平 ツイッター

話を伺った人 前川喜平さん 元文部科学事務次官 (まえかわ・きへい)1955年生まれ。 東京大学法学部卒業。 79年、文部省(当時)入省。 官房長、初等中等教育局長などを経て、2016年に文部科学事務次官に就任、17年に退官。 現在は現代教育行政研究会代表。 どう受け止めていますか? いま優先するべき話ではありません。 失政を隠すための「教育の政治利用」ではないでしょうか。 9月入学論は、10年に1度ぐらいの周期で出てきます。 中曽根康弘内閣の時の臨時教育審議会の答申(1987年)で提言があり、中央教育審議会の答申(97年)、2000年の教育改革国民会議でも出ました。 12年には東大で秋入学導入の提言が出て、大きな議論を呼びました。 文部科学省はすでに何度も検討しているのです。 わかったのは、国民の合意を得たうえで、時間とお金をかけないとできないということです。 白紙から考えるなら9月入学には賛成ですよ。 学年の真ん中に夏休みがあるよりは、学年末にあるほうが子どもの生活リズムの点からもメリットがあります。 海外では9月入学が多く、国際スタンダードにも合わせられます。 入試も、インフルエンザが流行し、雪で公共交通機関が止まる冬より、夏のほうがずっといい。 会計年度とずれても難しいことはありません。 お金と時間をかけて議論すべきだと先ほどおっしゃいました。 大学の9月入学制と、義務教育を含めた学校全体の9月入学制は区別して考えるべきです。 高校と大学の接続部分だけだったら、今も多くの大学が秋季入学を導入しており、さらに拡大していけばいいと思います。 しかし、義務教育となると話は違ってきます。 影響が大きいので国民的議論が不可欠です。 学校教育法では、義務教育開始の下限年齢は「6歳0カ月」となっています。 その考え方のまま9月入学にすると、初年度は6歳0カ月から7歳5カ月で構成される、いびつな学年が生まれてしまいます。 小学1年生で17カ月の違いは大きすぎるので、同じ学年にくくるのは無理です。 今年の4月2日から9月1日までに6歳になる子だけで一つの学年を作る手もありますが、同年齢の子を二つの学年に分けることになるので、これもかなり無理があります。 では、どうするか。 幼稚園・保育園の段階から、1学年で1カ月ごとスライドしていく方法があります。 初年度は4月2日から翌年5月1日までの子どもを入学させ、2年目は5月2日から6月1日までの子どもを入学させる。 そうすると、5年たてば9月でそろいます。 半月ずつ10年かけてもいい。 無理なく実施するには時間をかける必要があるのです。 首相は2月、一斉休校要請を行いましたが、学校は「休業補償」がいらないからと安易に考えているように感じます。 休校は、憲法26条の教育を受ける権利が侵害されている状況。 お金に換えられない損失が発生しています。 学校は閉めるのは最後、開けるのは最初であるべきなのです。 学校保健安全法は、子どもたちの健康のために「休校」を規定しています。 大人のためではなく、子ども自身の生存権を守るために学習権を停止することを認めているわけです。 休校は、子どもの健康が危ないときにだけ、学校ごとに行うべきものです。 緊急事態宣言が延長されたら休校も延長するというのはおかしい。 政府専門家会議も学校再開の必要性を認めました。 地域や学校種によって状況は違います。 感染者が多い地域なのか少ない地域なのか。 電車通学が多い高校なのか、近隣から徒歩で通う公立小中学校なのか。 各地の教育委員会も学習権を守るとりでとして、子どもの学習権を停止していい状況なのか、もっと主体的に判断し、開けていい学校は開けるべきです。 もちろん、感染リスクを下げる工夫は必要です。 時差登校や分散登校に加え、何より先生が学校に持ち込まないようにしないといけない。 消毒液やマスクを用意し、PCR検査も優先的に受けられるようにしたらいいと思います。 この学年の気持ちに応える必要はあります。 これについては、大学の秋季入学枠を拡充するのが策の一つとして考えられます。 大学全体を秋季入学にする必要はありません。 4月に進学したい生徒もいます。 全体を秋季入学にすると半年間、新1年生がいないことになり、収入が半年途絶えます。 その補償や補塡(ほてん)となれば、何百億円か必要でしょう。 今の高校3年生のみ7月末なり8月末なり、大学が始まるまで高校生活が続けられるようにするのはどうでしょうか。 高校には別科や専攻科を設置できるので、臨時に設けて在籍させます。 もちろん、3月に卒業し、4月から働いたり、大学に入ったりする選択肢も残しておきます。 そして、秋入学用の大学入学共通テストを7月ごろ行います。 大学入試センターにとって試験を年2回行うのは大変ですが、やってできないことはないでしょう。 長い目で見れば、こうした仕組みを恒常的に構築してもいいかもしれません。

次の

何者?前川氏の動向と“一致”する謎のツイッター「一市民」 (1/2ページ)

前川喜平 ツイッター

元文部科学事務次官の前川喜平氏(65)が20日、ツイッターを更新。 防衛費削減を訴えた。 前川氏は「補正予算8兆円の追加。 不要不急の予算を減らそう。 まず防衛費だ」と投稿。 これに対し「ある意味ウイルス対策が国防ですもんね。 ていうか戦闘機キャンセルして欲しいですね」「まったくその通り 自衛隊の解散はもとより、在日米軍にも撤退してもらって予算を削減しよう」「訓練用の戦闘機とかイージスなんか後でも良いからな その費用をコロナ戦争対策費に回して欲しいもんだ」などの賛成意見が寄せられた。 一方で「自らせしめた退職金を返納してから寝言を言ってくださいね」「新型コロナの件でも自衛隊は活躍しているのにそれをカットするとは実に愚かな意見ですね」「アメリカ軍が居なくなったら、日本も南沙諸島のようになるよ」と反対意見のツイートも多く、活発な議論が交わされた。 19日現在、中国・武漢発の新型コロナウイルスは、世界で233万人超に感染。 欧米を中心に猛威を振るい、16万人以上が亡くなった。 トランプ米大統領は「中国ウイルス」と名指しで批判し、中国は「米国が持ち込んだ」などと主張しているが、中国共産党の隠ぺい体質がパンデミックにつながったことは疑いようもなく、世界中から中国には厳しい視線が向けられている。 米国は空母内の集団感染に手を焼いているが、そんな隙を突くように、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海外側にある接続水域には、連日のように中国海警局の船が姿を現している。

次の

前川喜平:右傾化を深く憂慮する一市民の鍵垢時代のツイート

前川喜平 ツイッター

、にて 生まれ。 小学校4年時の1963年、東京へ転居、1967年、へ入学。 宇宙物理学者を志望し理科三類(進学課程)受験クラスに在籍したが、で挫折し文転 、1973年、入学。 第二外国語で選択。 、に興味を持ちに所属。 進学、にを学ぶ。 2年の後、1979年に東大法学部を卒業。 を4番目の成績で合格し 、入省。 1986年9月、に出向し同県教育委員会行政課長。 1989年2月、一等書記官。 1992年3月、文部省官房政策課政策調査官。 1993年4月、同省官房政策課政策企画官。 1994年6月、文部大臣秘書官事務取扱 として「文部省と(日教組)との歴史的和解」に関与。 1995年10月、同省教育助成局財務課教育財務企画室長。 1997年7月、へ出向、文化部宗務課長。 1998年7月、高等局主任視学官兼事務局参事官。 2000年6月、文部省教育助成局教職員課長。 2001年1月、に伴い文部科学省に変わり、同省初等中等教育局教職員課長。 2001年7月、同省初等中等教育局財務課長。 2004年7月、同省初等中等教育局初等中等教育企画課長。 2007年7月、(初等中等教育局担当)。 2010年7月、大臣官房。 2012年1月、。 2013年7月、長。 2014年7月、。 2016年6月、。 2017年1月20日に、を受け、退任。 2018年4月から日本大学文理学部講師 非常勤。 主な主張と活動 [ ] 義務教育費国庫負担制度 [ ] 制度について初等中等教育企画課長在職中に開設したブログの中で 、ので、公立小中学校の教職員給与の国の負担が2分の1から3分の1に引き下げられたことを巡って「義務教育費削減は道理が通らない」「と引き換えに義務教育が守れるなら本望」と与党を批判。 数学必修廃止論 [ ] 数学は義務教育の範囲で十分である。 高校数学は高度すぎるため必修科目から外すべきであると主張した。 大学の設置・認可 [ ] 、の答申を受け、のがほか2大学(、)を新設不可とする方針を公表したが 、就任間もない大臣が大学認可という重要事項を一存で決められるものではなく、事務方の意向に沿ったとした田中について、大臣官房長だった前川は「 『今は認可しない』 ということと 『不認可』 とは異なる」 として、官僚側と田中には意思疎通の齟齬があったと批判。 3大学関係者は民主党のに認可見送り撤回を要望。 認可決裁が下り、9日に文科省は認可証を発行した。 朝鮮学校無償化についての対応 [ ] 在任中、無償化に対しての意向を受け、旗振り役となったと報じられた。 後、文部科学相が朝鮮学校無償化を適用対象外とする方針を表明すると、前川はこの方針への覆すための行動を取らなかった。 であるは、前川の「適用可否がはっきりしない状況が続いて生徒たちを不安な気持ちにさせ、申し訳ないと思っている。 (朝鮮学校への)理解が日本人にも広がっているのは良いこと」との発言を掲載。 2017年7月、無償化の適用可否について、とで相次いで異なったが出たことについて、「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」などと述べている。 『江戸しぐさ』の道徳教材への掲載 [ ] 初等中等局長の時、文部科学大臣の指示の元、文部科学省の道徳教材にを掲載した。 論争 [ ] 出会い系バー問題 [ ] 、は、前川が文部科学省在職中にやの交渉の場になっているのに頻繁に出入りし、店内で気に入った女性と同席し値段交渉したうえで店外に連れ出していたと報じた。 同報道では、店に出入りしている女性の「女の子と値段交渉していた」「私も誘われた」といった証言も紹介された。 同じく5月22日、は、前川は文部科学審議官であった2015年頃から歌舞伎町の出会い系バーに頻繁に出入りするようになったと報じた。 報道に対し前川は25日に行った記者会見で出会い系バーへ行ったことを認めたうえで「ドキュメント番組で女性の貧困について扱った番組を見て実際に話を聞いてみたいと思った。 話を聞く際に食事をし小遣いをあげたりしていた」「そこで出会った女性を通して女性の貧困と子供の貧困が通じていることがわかった。 実地の調査の中で学べることが多く、ああいうところに出入りしたのは意義があった」と述べた。 また、読売新聞の報道に関しては「私の個人的な行動を読売新聞がどうしてあの時点(退官後半年余りを経過)で報じたのか」と疑問を呈した。 菅官房長官は26日の定例会見で「女性の貧困問題の調査のためにいわゆる出会い系バーに出入りし、かつ女性に小遣いを渡している」という主張に強い違和感を覚えたとし、当時の上長にあたる官房副長官のに確認したところ、前川が事務次官時代に出会い系バーに出入りをしていたことを知って厳しく注意したという報告を受けたと述べた。 前川は、7月10日の衆院閉会中審査で、歌舞伎町の「出会い系バー」通いの理由を「女性の貧困について実地の視察調査」と説明していたことについて、「『調査』という言葉は適切でなかったかもしれない」と述べている。 出会い系バーで前川と会ったとする女性の証言 [ ]• 2017年7月号は、2年前か3年前(2014-2015年)にテレビのドキュメント番組で出会い系バーを知ったとの本人の証言を掲載した。 は、出会い系バーで会っていたという女性のインタビューを掲載した。 今は百貨店に勤めるという女性は2011年に前川と出会い、前川とは最も親しかったといい、前川には身の上の相談や就職に関する相談にのってもらったとしたうえで、前川のおかげで今があると思っていると証言した。 報道については、今になって真実とは思えない報道がなされていると疑問を呈した。 また性的な関係があったのかという問いに対しては、前川から口説かれたことも手を繋いだこともなく有り得ないと述べている。 同記事の中で前川は「確かにあの店で出会って一緒にお寿司を食べたり、ダーツをやったりもしました。 でも遊ぶことが目的だったわけでなく、彼女の生い立ちや現状について話を聞かせてもらうとともに生活や就職の相談に乗っていました」と説明している。 出会い系バー問題の批評 [ ] この節はに基づく疑問が提出されているか、議論中です。 そのため、中立的でない偏った観点から記事が構成されているおそれがあり、場合によっては記事の修正が必要です。 議論はを参照してください。 ( 2018年4月)• 」と、前川を批判した。 ノンフィクション作家は、本当に貧困調査を目的としていたのか検証が必要と主張。 は紙上で、前川を「正義感あふれる人格者」と伝えるメディアに違和感を覚えると記した。 は、出会い系バーへ通う時間があるならを訪問し「地域の実情に目を向けるべき」と批判。 2017年3月30日、は斡旋問題で最終処分を下した。 前川は1月に処分を受け、依願退職に追い込まれたが、その前川前事務次官も停職相当の処分を受けた。 二重に処分を受けた格好になり、一事不再理の原則に反する。 前川が足繁く通っていた出会い系バーには、が立件に向け、写真撮影等の内定を行っていた。 そこに浮上したのが前川で、 連れ出した女とラブホへ入るというような 買春の証拠写真を突き付けられ、仕方なく辞めたのが1月処分の実相ではないのか。 はコラムで、この件が読売新聞に掲載されたことについて「権力はピンチになれば何でもする」との見解を掲載。 不祥事 [ ] 天下りあっせん問題 [ ] 「」も参照 2017年2月7日の衆議院予算委員会では他の関わったや現役の文部科学省の官僚と共に招致されて、前川は「文科省と日本政府への(国民の)信頼を損ねた。 万死に値する」として謝罪した。 2017年1月上旬、文科省から官邸側へ前川の定年延長の打診がされたが官房副長官のが「前川氏は責任を取って辞めるべきで、定年延長は難しい」と回答し、前川から「せめて(定年の)3月まで次官を続けさせてほしい」という要求があったが杉田が「こうした問題に関する処分は、まずは事務方のトップが責任を取ることを前提に議論しないといけない」と無理であることを直接伝える。 1月20日に辞任が認められ、その際に文部科学省全職員へ、自身を反面教師とし遵法意識の徹底に努めるべきとするメールを送信していることが、で報じられている。 前川は「引責辞任は自分の考えで申し出た」と主張する一方、のは「私の認識とは全く異なる」「当初は責任者として自ら辞める意向をまったく示さず、地位に恋々としがみついていた。 その後、天下り問題に対する世論の厳しい批判にさらされ、最終的に辞任した」と述べている。 退職金は2月17日付で支払われ、前川と同じ勤続条件37年で事務次官で自己都合退職の場合の支給額は約5610万円であると報じられる。 一連の問題を巡り、前川は2017年1月に2ヵ月間減給10分の1のを受けた。 さらに同年3月、による停職相当の懲戒処分が発表された。 前川は後に、2017年6月23日のの記者会見で、「再就職等監視委員会の指摘を受けて、改めて違法行為というものが明るみになって、その時点で私は違法行為についての認識をするに至ったということですから、知っていたのに是正しなかった、ということは当たらないと思っております」と発言している。 また、文部科学省事務次官の退職意向を申し出た日付について、前川は2017年1月5日であると述べているが、文部科学大臣のは同日について「京都視察で10人近くが常に一緒にいた。 込み入った話を受けられる状況ではなかった」と述べ、前川の主張を否定している。 5日当日の松野のスケジュールは、朝から夕方まで「の京都市内の移転対象4カ所の視察」に行き、前川ら文科省の幹部職員10名程度が帯同したまま昼食を取り、夕方には次の場所に移動したと述べている。 松野は、前川から辞意を意向を聞いたのは1月中旬頃であったと述べている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 毎日新聞社 2016年11月2日. 2017年10月28日閲覧。 8-11• 窪田順生 2017-05-30. ITmedia ビジネスオンライン アイティメディア. 2017年10月29日閲覧。. 日経ビジネスオンライン 日経BP社. 2017-09-07. 2017年10月29日閲覧。. 産経ニュース 産業経済新聞社. 2017年7月13日. 2017年10月28日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2011年12月27日. 2017年10月28日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2016年6月10日. 2017年10月28日閲覧。 47NEWS. 共同通信社 全国新聞ネット. 2017年10月4日. 2017年10月29日閲覧。 著書『前川喜平「官」を語る』• 日テレNEWS24 日本テレビ放送網. 2017年1月20日. 2017年10月28日閲覧。 日本経済新聞 日本経済新聞社. 2017年3月31日. 2017年10月28日閲覧。 産経ニュース 産業経済新聞社. 2017年5月25日. 2017年10月28日閲覧。 週刊東洋経済 2018年4月14日号 24P• 読売新聞 読売新聞社. 2012年11月3日. の2012年11月3日時点におけるアーカイブ。 2017年10月29日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2012年11月6日. の2012年11月6日時点におけるアーカイブ。 2017年10月29日閲覧。 産経新聞 2017年12月8日• 中日新聞社. 2017年8月14日. 2017年10月28日閲覧。 論座 2019年05月11日• 2017年5月22日. 2017年5月28日閲覧。 産経ニュース 産業経済新聞社. 2017年5月26日. 2017年5月26日閲覧。 2017年7月10日. 2017年7月10日閲覧。 文藝春秋 2017年7月号 p101上段• 産経新聞. 2017年5月28日. 2017年5月28日閲覧。 2017年5月30日. 2017年5月30日閲覧。 2017年6月9日. 2017年7月7日閲覧。 2017年6月12日. 2017年7月7日閲覧。 須田慎一郎が地上波を斬る [ ]• 沖縄タイムス• 日本経済新聞社. 2017年2月7日. 2017年5月26日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年6月7日. 2017年5月28日閲覧。 朝日新聞デジタル 朝日新聞社. 2017年1月20日. 2017年5月28日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年5月25日. 2017年5月26日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年2月22日. 2017年7月13日閲覧。 毎日新聞社. 2017年2月8日. 2017年7月13日閲覧。 産業経済新聞社. 2017年7月11日. 2017年8月3日閲覧。 自己公表された情報源・公式サイト・プレスリリース [ ].

次の