カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ。 【梅雨、襲来】3年の月日を費やし開発したわずか76gの折り畳み傘!

釣り具メーカーが作った高級折りたたみ傘が売り切れ続出。重さなんと76gの「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」|FINDERS

カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ

文:三浦一紀 1万円超えの価格でも売り切れ続出 「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」という折りたたみ傘が数年前から人気を集め、現在も品薄な状態が続いている。 この折りたたみ傘を開発・販売しているのが、釣り具メーカーDAIWAのファッションブランド「D-VEC」だ。 釣り具で培った技術を使い、50cmサイズ(折りたたみ時21,5cm)の商品で76gという軽量を実現。 また、DAIWAの釣り竿に使われているカーボンテクノロジーを応用し、親骨の耐久性を高めているだけでなく、伸縮時の動きをスムーズにしている。 50cmサイズで1万1000円(柄付きは1万2100円)、60cmサイズで1万2650円(柄対は1万3750円)と高価だが、サイズと色によっては品切れとなっているほどの人気商品となっている(金額は税込)。 ちなみにカラーバリエーションはサイズごとに別れており、例えば、柄なしの50cmモデルであれば、ライトブルー、ネイビー、ベージュ、レッド、ピンク、ブラック、ダークグレイの7種類。 デザインもシンプルで使いやすい。 折りたたみ傘は、どちらかというと消耗品に近く、高額な商品は少ない。 しかし、釣り具メーカーの技術を結集した本気の折りたたみ傘なら、1万円以上出してもいいという人が相当数いるということは興味深い。 お金に余裕があれば、ぜひ買ってみたい商品だ。 なお、原稿執筆時では50cmサイズのものが欠品が多くなっている。 欲しい色のものが欠品していたら、サイトから「再入荷リクエスト」のアイコンをクリックしておこう。

次の

釣り具メーカーが作った高級折りたたみ傘が売り切れ続出。重さなんと76gの「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」|FINDERS

カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ

一般的に考えられている相反する特徴を、一点のみならず二点も両立させたことで話題となっている折りたたみ傘があります。 今回の無料メルマガ『MBAが教える企業分析』では著者でMBAホルダーの青山烈士さんが、釣り具メーカーとしてすでに名声を得ていた企業が長い期間をかけ開発し、数々の特許も取得したという折りたたみ傘に関する戦略と戦術を解説しています。 相反する特徴の両立への挑戦 今号は、人気の折りたたみ傘を分析します。 軽量と強度を両立させるだけでなく、これらの機能性とファッション性を両立することで、様々なメディアで取り上げられており、ユーザーからの支持を得ています。 この数字だけを見ても、すごさが伝わりにくいですね。 私の身の回りにあるものですと マグカップ(空っぽ):274g ボックスティッシュ(未開封):209g スマホ:136g カルビーのポテトチップスクリスプ:79g(内容量は50g) このように周囲のものと比較すると76gがいかに軽いかがわかります。 折りたたみ傘は300g以下で軽量の部類に入るようですから、超軽量といえるでしょう。 軽さもすごいのですが、軽さだけでなく、丈夫であることも実現していることが差別化のポイントとなります。 一般的に 軽さを追求すれば、強度が落ちる 強度を追求すれば、重くなる といった形で、軽さと強度は相反する特徴です。 グローブライドは、この相反する特徴を両立するために3年の開発期間をかけて実現したそうです。 結果的に、柄の部分だけで6つの特許を取得するなど他社が真似できない技術を蓄積できたわけですが、相反する特徴を両立するという難問に根気よく向き合ったからこそ実現できたのだと思います。 さらに、これらの機能性(強み)にファッション性を加えることにチャレンジしているところが素晴らしいです。 一般的に 機能性を追求すれば、ファッション性は犠牲になりやすい ファッション性を追求すれば、機能性は犠牲になりやすい といった形で機能性とファッション性は相反することが多いです。 グローブライドは、こちらでも相反する特徴を両立しようとしているわけです。 軽さと強度 機能性とファッション性 相反する特徴を両立するという難しいことにチャレンジしているからこそ、顧客にとっての大きな価値につながり、その価値が他社との差別化にもつながることを示している好事例だと思います。 今後のグローブライド、「D-VEC」に注目していきたいです。 最新の情報を知りたい場合は、企業HPなどをご確認ください。 image by: 『D-VEC』公式サイト MAG2 NEWS.

次の

DAIWAの折りたたみ傘が売り切れ続出らしいけどモンベルなら半額で手に入るよ

カーボン テクノロジー ポータブル アンブレラ

文:三浦一紀 1万円超えの価格でも売り切れ続出 「カーボンテクノロジーポータブルアンブレラ」という折りたたみ傘が数年前から人気を集め、現在も品薄な状態が続いている。 この折りたたみ傘を開発・販売しているのが、釣り具メーカーDAIWAのファッションブランド「D-VEC」だ。 釣り具で培った技術を使い、50cmサイズ(折りたたみ時21,5cm)の商品で76gという軽量を実現。 また、DAIWAの釣り竿に使われているカーボンテクノロジーを応用し、親骨の耐久性を高めているだけでなく、伸縮時の動きをスムーズにしている。 50cmサイズで1万1000円(柄付きは1万2100円)、60cmサイズで1万2650円(柄対は1万3750円)と高価だが、サイズと色によっては品切れとなっているほどの人気商品となっている(金額は税込)。 ちなみにカラーバリエーションはサイズごとに別れており、例えば、柄なしの50cmモデルであれば、ライトブルー、ネイビー、ベージュ、レッド、ピンク、ブラック、ダークグレイの7種類。 デザインもシンプルで使いやすい。 折りたたみ傘は、どちらかというと消耗品に近く、高額な商品は少ない。 しかし、釣り具メーカーの技術を結集した本気の折りたたみ傘なら、1万円以上出してもいいという人が相当数いるということは興味深い。 お金に余裕があれば、ぜひ買ってみたい商品だ。 なお、原稿執筆時では50cmサイズのものが欠品が多くなっている。 欲しい色のものが欠品していたら、サイトから「再入荷リクエスト」のアイコンをクリックしておこう。

次の