ワークマン 株価 掲示板。 ワークマン (7564) : 株価予想・売買予想・株価診断 [WORKMAN]

ワークマン (7564) : アナリストの予想株価・プロ予想 [WORKMAN]

ワークマン 株価 掲示板

もともと建設作業員などプロ向けだったが、プライベートブランド(PB)商品が高機能で安価なカジュアル衣料として一般消費者に支持されている。 SNS(交流サイト)を通じて「ワークマン女子」の着こなしも広がっている。 小浜英之社長は女性衣料について「ワークマンならではの機能性を残しながら、ファッション性を高めていく」としている。 国内では、12日に株価指数先物・オプション6月限のメジャーSQを通過。 ロールオーバー(期近から期先への乗り換え)しなかった売りポジションは解消され、新たな売り余力が生じやすい。 一方、19日には米国版メジャーSQが到来する。 値動きが荒れる公算は拭えず、新型コロナウイルスの感染状況の悪化などが加... 国内では、12日に株価指数先物・オプション6月限のメジャーSQを通過。 ロールオーバー(期近から期先への乗り換え)しなかった売りポジションは解消され、新たな売り余力が生じやすい。 一方、19日には米国版メジャーSQが到来する。 値動きが荒れる公算は拭えず、新型コロナウイルスの感染状況の悪化などが加われば、下げ圧力が増幅されることも想定される。 15-16日開催の日銀金融政策決定会合では、現状維持が予想されるが、一部では中小企業向け資金供給の増枠観測も浮上するなど、期待がないわけではない。 何らかのアクションがあれば、株価にプラス効果をもたらすことも考えられる。 スケジュール面では、国内で日銀決定会合のほか、16日に黒田日銀総裁会見、17日に5月貿易統計、19日に4月27日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨、5月消費者物価などが予定される。 海外では15日に中国5月工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資、16日に米5月小売売上高、17日に米5月住宅着工件数、18日に中国全人代常務委員会開催(20日まで)、米5月CB景気先行総合指数などがある。 なお、2日の日経平均株価は続落し、2万2305円(前日比167円安)引け。 朝方は、リスク回避の売りが先行した。 米国で新型コロナウイルスの感染拡大第2波が警戒され、11日の米国株式が急落し、欧州株も大きく値を下げた流れを受け、下げ幅は一時680円を超えた。 一巡後は、時間外取引での米株価指数先物の上昇や、日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに下げ幅を縮小した。 市場では「日経平均は200日移動平均線(2万1749円)で下げ止まり、SQ値(2万2071円)がサポートラインとして意識される」(準大手証券)、「短期的には調整が尾を引く可能性はあるが、中・長期上昇トレンドには変わりはなく、格好の押し目提供場面とみている」(中堅証券)との声が聞かれた。

次の

(株)ワークマン【7564】:掲示板

ワークマン 株価 掲示板

現在は【買い】 予想株価 9,875円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「ワークマンの2021年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

ワークマン[7564]2ch掲示板 株価の反応/市況まとめ

ワークマン 株価 掲示板

キーワードは 「攻める」「守る」「備える」の3つです。 個別銘柄で「攻める」 価値に対して割安で放置されている銘柄を中心に国内株で運用するファンドです。 ファンダメンタルを重視し、積極的に値幅を取りに行くアクティブ運用で大きく増やします。 中小型株を中心のポートフォリオで勝負します。 インデックスファンドで「守る」 大きくは儲からないけど、手堅く運用する インデックスファンドで守備的な運用も実践中です。 主に5つのアセットクラスに分けて運用しています。 国内株式• 先進国株式• 新興国株式、• 外国債券• 国内債券 2017年1月から毎月5万円ずつ積立てを開始。 楽天カードからクレジット決済で楽天証券を活用中です。 高配当銘柄投資で「備える」 会社の安定性や継続性を重視し、安定した配当政策を取る高配当銘柄に長期的に投資することで、未来の老後に「備える」ファンドです。 買った銘柄は永久保有が原則。 対象銘柄は 日本株と米国株です。 受取配当金を再投資に回すことで資産を雪だるま式に増やします。 -------------------------------------------------------------------- 株式投資歴15年以上ですが、まだまだひよっこ。 これからもみなさんと一緒に株式投資を学んでいきたいと思っています。 というとことで今日はアクティブ運用のお話。 わが保有銘柄でも主力銘柄であるワークマンをサンプルに個別銘柄運用について考えていきたいと思っています。 ワークマンでかなり儲かっているからベンツでも新車買っちゃう? とまあ、有頂天になった瞬間に株価が天井を付けるというのは恒例の話でして、株価は10月18日終値で7500円台まで急落したのです。 もう涙目もんですよ… こんなときあなたならどうします。 売りの基準の悩みはファンダかチャートかどちらを優先するか? ファンダメンタルを重視する本やブログを見ますとね、 株価が下がってもファンダメンタルズは変わらない、さらに株価が安くなっているのなら、売りではなく買いを考えるべきだ そう書いてあることが多いんですよね。 でも、たいてい、このまま持ち続けて株価は買値まで下がり、含み利益は消えて涙目…そんな経験をいくらもしてきました。 一方で、チャート本を読みますとね、 ファンダメンタルを基準とした投資であっても売りについてはテクニカルで判断するべきだ 特に テクニカルファンダメンタリストと呼ばれている方々はよくこう言いますね。 例えばこちら本とか 結局、どうしたらうまくいくの? よくわからないものに向き合っていると自覚する まあ、こんなことだから買いは売りより難しいという格言があるわけでして、実際にどこが株価の天井かなんて誰にも分からないわけです。 だから、ウナりながら天井を探ろうと考えたって無理。 分からないことは考えるのをやめたほうがいいってことです。 小学生からワタシたちはテストでもなんでも100点を取るように教育を受けてきましたが、 株に関しては100点でなくてもいい、70点を取るつもりで売買しよう、そう考えるだけで気持ちは楽になります。 難しいならどちらの手法も採用しちゃえ 先ほどの例のとおり、ファンダに基づくかテクニカルに基づくか、どちらがいいのか分からないなら両方採用してしまえばいいのです。 つまり保有する株数は複数単元を買うようにし、半分をファンダメンタルズの要因で売り、半分をテクニカルの要因で売る、というやり方です。 ワークマンでの売買事例で振り返る ワタシの行きついた売りのルールはまさにこの手法で対応することとしました。 ファンダメンタルの要因 ワークマンは毎月1日に月次売上高を発表しています。 わたしの予測では昨年10月の売上がよくなかったことや土日祝日の数、急激な気候の変化など、かなりいい数字が出るのではないか、と期待しています。 また、11月2日には中間決算も控え、おそらくすごい数字が出てくるのではないか、と思われます。 さらに、昨年株式分割を行っており、今の株価水準なら再度株式分割も発表するんじゃないか、そんな思惑も想定されます。 なので、少なくともこの日まで全株売却はありえません。 ということで、 8000円前後で半分だけいったん利確することになりました(無念) ワークマンの今後 ワークマンの株価の今後は急騰するのか、さらに下落するのか、それは誰にも分かりません。 でも、利食い百人力ということもあるとおり、売却して利益を確定することが確実に資産を増やすことになりますし、仮に売った後に株価が急騰しても、 嘆いている暇があったら、上がりそうな株を探せばいいだけの話です。 株式投資で大事なことは、株価の値動きをはじめとして、「分からないものに投資している」という意識だと思っています。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の