きゅうり 漬物。 きゅうりの漬物はすごい!アレンジしまくり和洋中!|ゴニョ研

きゅうりの漬物はすごい!アレンジしまくり和洋中!|ゴニョ研

きゅうり 漬物

冷凍保存で注意しなければいけないのは長期保存できるからとついつい忘れてしまいがちなことです。 後になっていつ頃保存したのかがわからなくなると、保存期間を超えているのかどうかも確認できません。 そこで保存する際は保存袋に保存した日とその中身を記入しておくことで、後になってもいつ保存したのかがすぐ確認できるようになり便利です。 ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。 ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。 ジップロック フリーザーバッグ レシピ• きゅうり … 2本• にんじん … 長さ1. 5cm分• しょうが … 1かけ• 調味料A• 水 … 100ml• しょうゆ … 50ml• 酒 … 50ml• 赤唐辛子 … 1本• 砂糖 … 大さじ1• 酢 … 小さじ1• 塩 … 少々 まずはきゅうりは0. 7mmの厚さに小口切りに、にんじんとしょうがは皮をむいて1. 5cmの長さに千切りにします。 鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたあと火を止め、きゅうりとにんじんとしょうがを加えて、途中まぜながら冷めるまで置いておきます。 冷めたら野菜を越して残った汁を再び一煮立ちさせて火を止めます。 野菜を再び加えて冷めるまで待ちます。 冷める際に味がよく染み込むので、この工程を合計3〜4回繰り返します。 最後は汁気を切って冷蔵庫で保存します。 これで1週間は持ちます。 レシピ• きゅうり … 2本(200g)• みょうが … 3個• 調味料A• みりん … 50ml• 酒 … 50ml• 調味料B• 酢 … 200ml• 薄口しょうゆ … 50ml• 赤唐辛子 … 1本 作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。 大根は1cmほどの厚さでいちょう切りに、みょうがは縦4等分に切り分けます。 きゅうり、大根、みょうがを瓶にランダムに詰め込みます。 小鍋に調味料Aを入れて中火で40秒ほど火にかけ、調味料Bも加えて一煮立ちさせます。 これをまだ熱いうちに野菜の上から注いでいきます。 熱がさめたら蓋をして室温で3時間ほどつけておけば完成です。 冷蔵庫で1か月ほど保存ができます。 きゅうりの漬物やピクルスレシピについてはでも詳しく解説しています。 買ってきたきゅうりは表面に水分が付いていたらしっかりとふき取り、乾燥しないように新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、口を閉めないで密封せずに保存します。 冷蔵庫の野菜室にへたの部分を上にして立てて保存します。 牛乳の空き箱やペットボトルがあると立てかけるのに便利です。 きゅうりはみずみすしさが命で水分が多いため、日がたち水分が抜けると味や食感が一気に落ちます。 そのため早めに使い切るのが基本で、野菜室での保存でも1週間が限度です。 長く保存したいならピクルス漬けにしてもいいです。 また薄く小口切りにして塩もみしてから冷凍保存すれば1ヵ月、1cmほどに輪切りにしてしっかりと乾燥させてから保存袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヵ月は保存ができます。

次の

きゅうりの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

きゅうり 漬物

見ればわかるよね。 手順 きゅうりを切って塩とともに保存袋に入れて少しもみ、昆布を入れます。 空気をなるべく押し出しながら保存袋の口を閉め、冷蔵庫に入れて重石をします。 アレンジする前のきゅうりの漬物。 これが、結構おいしい。 しょうがや糸唐辛子を添えても。 漬物を取り出すときは必ずきれいなお箸で取り出し、雑菌を入れないようにします。 また、つけ汁は捨てないで最後まで残しておきます。 では、きゅうりの漬物のアレンジをご紹介します。 きゅうりの漬物de麻婆きゅうり・レシピ 材料(4人分)• きゅうりの漬物(乱切り)・・・・・3本分程度(350g• 豚ひき肉・・・・・・・・・・・・・200g• 干ししいたけ・・・・・・・・・・・2枚• 1 しょうが(みじん切り)・・・・小さじ1• 1 ニンニク・・・・・・・・・・・1片• 1 ねぎ・・・・・・・・・・・・・5cm• 2 豆板醤・・・・・・・・・・・・小さじ1• 2 しょうゆ・・・・・・・・・・・大さじ1• 2 酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ1• 2 シイタケのもどし汁・・・・・・大さじ4 60cc• ごま油・・・・・・・・・・・・・適量• 片栗粉・・・・・・・・・・・・・小さじ2 手順 1. 野菜の下処理をする 干し椎茸は半日ほど前から、かぶる程度の水に浸して冷蔵庫に入れてもどし、1cm程度の幅に切ります。 人参は細切り、しょうがはみじん切り、ニンニクは叩き潰してみじん切りにします。 きゅうりの漬物は水気を切って、軽くしぼります。 きゅうり漬物を炒めて取り出す ごま油を熱して 1 のしょうが・ニンニク・ねぎを弱火で炒め、香りがたったら1のきゅうりを入れて中火で中までしっかりと炒めて取り出しておきます。 他の材料を炒める フライパンをきれいにして、ごま油を入れ、肉、人参、シイタケを中火で炒めます。 調味料を入れて煮る 肉に火が通ったら 2 の豆板醤・しょうゆ・酒・シイタケのもどし汁を入れて、人参が柔らかくなるまで煮ます。 きゅうりを戻し入れてとろみをつける フライパンにきゅうりを戻して、片栗粉でとろみをつけ、さっと混ぜたら出来上がり。 きゅうりの漬物de麻婆きゅうり中心の晩御飯の献立は? 麻婆きゅうり中心の晩御飯の献立は、こんな風でした。 麻婆きゅうりの他に• ズッキーニと新玉ねぎのサラダ• 新じゃがのスキレット焼き• カブとキノコのすまし汁 も用意しました。 シーッ! さて、次はポテトサラダを作ってみましたよ! きゅうりの漬物deポテトサラダ・レシピ 材料(4人分)• じゃがいも・・・・・・・・・・・4個• 人参・・・・・・・・・・・・・・5cm程度• ソーセージ・・・・・・・・・・・3本• 玉ねぎ(みじん切り)・・・・・・大さじ1• 1 酢・・・・・・・・・・・・・・少々• 1 はちみつ・・・・・・・・・・・少々• 2 マヨネーズ・・・・・・・・・・大さじ3• 2 塩・・・・・・・・・・・・・・少々 手順 1. 材料を蒸す じゃがいも、人参、ソーセージを蒸します。 じゃがいもは皮付きのまま、人参は皮をむきます。 ソーセージは2,3分で取り出し、じゃがいもと人参は様子を見ながら10分程度蒸します。 材料を切る 1のソーセージは1cm程度のぶつ切り、人参はイチョウに切り、じゃがいもは熱いうちに皮をむいてつぶし、 1 の酢・はちみつで下味をつけます。 玉ねぎはみじん切りにします。 材料を全て混ぜて味付けをする ボールに、水気を切って絞ったきゅうりの漬物、2を入れ、 2 のマヨネーズ・塩を加えて味付けし、全て混ぜたら出来上がりです。 きゅうりの漬物deポテトサラダの日の晩御飯の献立は? きゅうりの漬物deポテトサラダの他に• 豚肉のひつまぶし風• きゅうりの漬物 でした。 きゅうりの漬物は、漬物っぽさはほとんどなく、ポテトサラダとなじんでおいしかったです。 私は断然、生のきゅうりのポテトサラダより、きゅうりの漬物で作るポテトサラダの方が好きです。 ということで、お弁当にも入れました。 弁当箱という空間をどう埋めるか。 きゅうりの漬物活用法・ツマにもすまし汁にも 他にも、きゅうりの漬物はこんな風にも使えました。 そうなんですよ。 刺身のツマです。 大根や人参をごく細く切ったものが、お刺身に添えられることが多いですね。 夏は、断然きゅうりの漬物がおいしい。 きゅうりの漬物とお刺身は相性抜群ですよ。 きゅうりの漬物の塩加減は、薄めの方が合いますね。 この日のお刺身はヒラマサ。 きゅうりの漬物の他に、紫玉ねぎの塩もみ、大葉、もみじおろしを用意。 ポン酢・塩・しょうゆ・柚子胡椒のうち好きなものをつけるという方式でいただきました。 私のオススメはもみじおろしとポン酢か、柚子胡椒です。 もう一つは、これです。 そう、 すまし汁にきゅうりの漬物のつけ汁を入れるんです。 この時の具は、しめじと手まり麩。 きゅうりのつけ汁を60ccほど、水を300ccほど。 しめじは水から煮ました。 あとはいつもの味付け。 酒・しょうゆ・薄口しょうゆ・みりんを入れただけ。 なのに、カツオダシに負けないくらいおいしかったです。 さっぱりして夏向き。 きゅうりの青臭さはほとんど感じられません。 きゅうりの漬物はアレンジでおいしさ倍増!超便利! きゅうりの漬物はまとめて作っておけば、いろいろ使えて便利でした。 きゅうりの漬物は、 3,4日を目安に食べ切るのが安全です。 では、きゅうりの漬物の作り方・活用法などをまとめたいと思います。 基本の塩漬けの作り方と注意点• 乱切りと輪切りと両方作ると便利• 保存袋に入れてもみ空気を抜いて封をし、冷蔵庫に入れ重石を置く• 数時間後でもおいしい• 取り出す時はきれいなお箸で• つけ汁は最後まで残す• 3,4日を目安に食べきる きゅうりの漬物を使った料理• 麻婆きゅうり• ポテトサラダ きゅうりの漬物の活用• 刺身のツマ• つけ汁をすまし汁に きゅうりの漬物、まだまだ可能性がありそう! いろんな料理に使えそうですよ。 浅漬けじゃなくて、ぬか漬けがお好きな方、ぬか床がなくたって、 パン粉であっという間にぬか漬けを作る方法を、でご紹介してます!.

次の

きゅうりの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

きゅうり 漬物

冷凍保存で注意しなければいけないのは長期保存できるからとついつい忘れてしまいがちなことです。 後になっていつ頃保存したのかがわからなくなると、保存期間を超えているのかどうかも確認できません。 そこで保存する際は保存袋に保存した日とその中身を記入しておくことで、後になってもいつ保存したのかがすぐ確認できるようになり便利です。 ちなみに冷凍用保存袋といえばジップロックが有名ですが、こちらはあらかじめ保存袋の表面に日付や保存する食材名を記入する欄がプリントされています。 ジップロックはS、M、Lとサイズがあり、スーパーやドラッグストアなどでも売っていますが、ネットでまとめて購入することもできます。 ジップロック フリーザーバッグ レシピ• きゅうり … 2本• にんじん … 長さ1. 5cm分• しょうが … 1かけ• 調味料A• 水 … 100ml• しょうゆ … 50ml• 酒 … 50ml• 赤唐辛子 … 1本• 砂糖 … 大さじ1• 酢 … 小さじ1• 塩 … 少々 まずはきゅうりは0. 7mmの厚さに小口切りに、にんじんとしょうがは皮をむいて1. 5cmの長さに千切りにします。 鍋に調味料Aを入れて一煮立ちさせたあと火を止め、きゅうりとにんじんとしょうがを加えて、途中まぜながら冷めるまで置いておきます。 冷めたら野菜を越して残った汁を再び一煮立ちさせて火を止めます。 野菜を再び加えて冷めるまで待ちます。 冷める際に味がよく染み込むので、この工程を合計3〜4回繰り返します。 最後は汁気を切って冷蔵庫で保存します。 これで1週間は持ちます。 レシピ• きゅうり … 2本(200g)• みょうが … 3個• 調味料A• みりん … 50ml• 酒 … 50ml• 調味料B• 酢 … 200ml• 薄口しょうゆ … 50ml• 赤唐辛子 … 1本 作り方はまずはきゅうりを縦4等分に切って、5cmほどの長さに切り分けます。 大根は1cmほどの厚さでいちょう切りに、みょうがは縦4等分に切り分けます。 きゅうり、大根、みょうがを瓶にランダムに詰め込みます。 小鍋に調味料Aを入れて中火で40秒ほど火にかけ、調味料Bも加えて一煮立ちさせます。 これをまだ熱いうちに野菜の上から注いでいきます。 熱がさめたら蓋をして室温で3時間ほどつけておけば完成です。 冷蔵庫で1か月ほど保存ができます。 きゅうりの漬物やピクルスレシピについてはでも詳しく解説しています。 買ってきたきゅうりは表面に水分が付いていたらしっかりとふき取り、乾燥しないように新聞紙で包んでからビニール袋に入れ、口を閉めないで密封せずに保存します。 冷蔵庫の野菜室にへたの部分を上にして立てて保存します。 牛乳の空き箱やペットボトルがあると立てかけるのに便利です。 きゅうりはみずみすしさが命で水分が多いため、日がたち水分が抜けると味や食感が一気に落ちます。 そのため早めに使い切るのが基本で、野菜室での保存でも1週間が限度です。 長く保存したいならピクルス漬けにしてもいいです。 また薄く小口切りにして塩もみしてから冷凍保存すれば1ヵ月、1cmほどに輪切りにしてしっかりと乾燥させてから保存袋に入れて冷蔵庫で保存すれば1ヵ月は保存ができます。

次の