近鉄 新型 特急。 近鉄特急ひのとり、速さ・安さと違う「魅力」は?

近畿日本鉄道|主な特急列車

近鉄 新型 特急

近鉄新型名阪特急「ひのとり」レギュラーシート乗車記 近鉄名阪特急「ひのとり」は2020年3月14日より運転開始した新型車両。 今までの名阪特急は「アーバンライナー」という愛称が付いてましたが、新型車両にはアーバンライナーとは別に「ひのとり」という愛称が付きました。 「ひのとり」という名称は、先進的でスピード感ある車体フォルム、深い艶感のあるメタリックレッドといった外観デザインに加え、ゆったりとした空間や上質なサービスを提供する気品ある車両のイメージを、翼を大きく広げて飛翔する「ひのとり」に重ね合わせて命名しました。 名古屋13時00発「ひのとり61列車」に乗って大阪難波まで乗車してみました。 色合いといい先頭車両の形状といいかっこいいですね! 平日昼間にも関わらず先頭車両で撮影してる方が多くて賑わってました。 ロゴマークが高級感出してていいですね。 行き先表示はフルカラーLEDになってました。 さっそく乗り込みましょう。 「ひのとり」レギュラーシートの設備・乗り心地。 バックシェル座席が快適! 今回は2号車〜5号車にあるレギュラーシートに乗車。 レギュラーシートでも座席の前後間隔が116cmあり、新幹線N700系普通車(104cm)より広くグリーン車(116cm)と同じ広さ! 全席高さ調節機能付きのフットレストを装備。 フットレストはアーバンライナー時代からの伝統ですね。 新幹線グリーン車並の座席間隔にフットレストを装備してるので、足元はかなりゆったり。 こちらがフルリクライニング後。 座席自体が後ろに倒れるのではなく、前にスライドする形で倒れるので、後ろの方を気にすることなく倒すことができます。 大型テーブルは新幹線グリーン車と同じく前にスライドすることが可能。 15インチのMacBook Proも置くことができました。 コンセントは各座席肘掛け下に差込口があります。 もちろん通路側座席にもあります。 N700系新幹線だと窓側座席下にしかないのですごく便利ですね。 座席をフルリクライニングして肘掛け中にあるテーブルを出した状態。 動くシェアオフィスの完成! さすがに少し横揺れがあるのでずっと作業すると酔ってしまいますが、ネットサーフィン程度ならめちゃくちゃ快適すぎました。 僕はテザリング機能を使いましたが、無料Wi-Fiサービスもあるので移動中にネット作業することが可能です。 レギュラーシートオススメ座席は・・・!? 特急券を取る際に座席をどこにしようかめちゃくちゃ悩みました。 座席によっては窓枠が邪魔して景色が見えない心配がありましたが、ひのとりはその心配は不要。 窓枠が座席ごとにあるので全座席眺望は抜群! どの座席からでも景色を楽しむことができます。 気になる日差しですが、紫外線・赤外線をカットする窓構造なのでそこまで気になりませんでした。 伊勢中川を境に進行方向が変わるので、A席・D席共に日差しは受けてしまいます。 車両のいちばん前の座席にもフットレスト+大型座席があるので足元ゆったり。 最前列座席のテーブルはさらに広く、作業しながら乗る場合は最前列座席でも快適に過ごせそうです。 車両の真ん中ほど揺れないので、特急券を取る際は真ん中あたりがオススメですね。 「ひのとり」の設備。 カフェスポット・フリースペース・ロッカーなど 続いては座席以外の設備を紹介。 プレミアムシートがある1号車・6号車に、挽きたてコーヒーが飲めるカフェスポットがあります。 コーヒーは1杯200円と良心的な値段。 ちょっとしたシリアルも買えます。 2020年3月から近鉄特急で車内販売が終了したので、機械とはいえ車内でコーヒーを飲めるのは嬉しいです。 カップとお湯はなんと無料。 喫煙スペースは同じく3号車に設置。 2020年3月から近鉄特急も全客室禁煙になったので、タバコを吸う際はこちらに。 JRの在来線特急にはない設備なので、愛煙家にはありがたいですね。 2号車と5号車には無料ロッカーも設置。 小型スーツケースなら入りそうですね。 大型スーツケースは4号車に荷物置きスペースがあります。 SuicaやICOCAなどの交通系ICカードが鍵になるのは便利ですね。 同じく2号車と5号車にフリースペースがあり、座りながら通話したり景色を楽しむことができます。 窓が広くなかなかの眺望を楽しめました。 トイレも洗面室ももちろんきれいで快適。 車両最前部にある大型ディスプレイの案内が充実。 乗り換え案内や全面展望を映し出したりと、見ていて面白かったですね。 「ひのとり」レギュラーシートに乗ってみた感想 近鉄名古屋から大阪難波までの所要時間は2時間8分ほど。 バックシェル座席とフットレストがかなり快適であっという間でした。 名古屋〜大阪を新幹線を使うと約50分と半分ほどの時間で行けますが、快適度で比べると圧倒的に「ひのとり」の圧勝でした。 時間はかかりますが、料金面でもひのとりの方が安いんですよね。 最後に気になる「ひのとり」の時刻と料金を紹介しますね。 近鉄新型名阪特急「ひのとり」の時刻 2020年6月現在・名阪特急「ひのとり」の時刻は以下の通り。 2020年3月にデビューした際は1日6往復でしたが、2020年6月13日(土)より平日10往復・土日11往復に増発されます。 2020年度中に大阪難波・近鉄名古屋毎時0分発のほか、停車駅の少ない名阪特急(平日15往復・土休日19往復)がすべて「ひのとり」に置き換わる予定とのことです。 以下、赤字の時刻は6月13日以後に「ひのとり」で運転される列車です。 「ひのとり」の特急料金。 格安に乗る方法は!? 気になる「ひのとり」の特急料金ですが、アーバンライナーと比べて定員が減ったので特別料金が必要となります。 大阪難波〜近鉄名古屋を利用の場合の料金をまとめました。 座席区分 乗車券 特急料金 合計 レギュラーシート 2,410円 2,130円 4,540円 プレミアムシート 2,410円 2,830円 5,240円 アーバンライナーだと前日までの購入で特急料金が300円引きとなるがありましたが、「ひのとり」には適用されません。 特急料金は定価で支払う必要がありますが、乗車券部分は 金券ショップで株主優待乗車券を購入することにより少し安く乗れることができます。 株主優待乗車券は金券ショップで1枚1,750円〜1,900円ほどで売られています。 仮に1枚1,750円で購入できた場合、レギュラーシート特急料金2,130円との合計で3,880円と4千円を切りますね。 新幹線だとエクスプレス予約で5,680円かかるので、安く快適に移動する場合は「ひのとり」がオススメです。 特急券の発売は乗車日一ヶ月前の10時30分から発売され、ネットでも予約可能です。 あとがき 今回はレギュラーシートに乗りましたが、次回はプレミアムシートにも乗ってみたい! けど正直言ってレギュラーシートでも十分快適すぎました。 時間にゆとりがあるのなら新幹線より「ひのとり」レギュラーシートを使って移動するのがオススメですね。 まだデビューしたてなので本数は多くないですが、2020年度中に停車駅が少ない毎時0分発の名阪特急などははすべて「ひのとり」車両になる予定です。 僕は東京に住んでるので乗る機会があまりないですが、大阪に行く際はまたぜひ乗りたいです! この乗車記がみなさんのお役に立てれば幸いです。 では今回はこの辺で。

次の

新型コロナ:近鉄特急、30日から土日17%減便 「ひのとり」も :日本経済新聞

近鉄 新型 特急

近畿日本鉄道ホームページはJavaScriptを使用しています。 お使いのブラウザでは、JavaScript設定が無効になっているためご覧いただけません。 恐れ入りますが、ブラウザのセキュリティ設定でJavaScriptを有効に設定してからご利用くださるようお願いいたします。 設定変更の方法は、下記をご覧ください。 2 表示されるメニューから、[インターネットオプション]をクリックします。 A:[インターネット](地球マーク)を選択後、[既定のレベル]ボタンを押します。 セキュリティレベルが「中高」に変更になります。 B:[レベルのカスタマイズ]ボタンを押し、「セキュリティの設定 -インターネットゾーン」を表示。 「スクリプト」項目の[Javaアプレットのスクリプト][アクティブスクリプト][スクリプトによる貼り付け処理の許可] の設定で、それぞれ[有効にする]を選択します。 [OK]を押すと、[このゾーンの設定を変更しますか?]という警告が表示されるので、[はい]を押します。 2 表示されるウインドウで[セキュリティ]をクリックします。 2 表示されるウインドウで[高度な設定]をクリック。

次の

近鉄80000系電車

近鉄 新型 特急

21000系「アーバンライナーplus」の後継となる特急車両が2020年春にデビュー 画像:近鉄のニュースリリース(下記リンク参照)より 近鉄特急の基幹となる名阪特急に、2020年春に新型車両がデビューします。 「くつろぎのアップグレード」をテーマに、鉄道車両として日本初となる全席バックシェルを装備するなど、客室内の居住性を大幅に向上させているのが特徴です。 現在、名阪特急で走っている「アーバンライナーnext」「アーバンライナーplus」同様に座席は2クラス設置され、特に上級のハイグレード車両は国内の列車では最高水準に近いシートスペックを持っているようです。 バックシェルとは背もたれを包むような囲いのことで、背もたれをリクライニングしてもシェルから後ろに出ないので、前後間隔が保たれます。 また後ろに座っている人にとっても、前の座席がこちらに倒れてくることがないので、不快な思いをしないで済みます。 現在ではもはや手放せないモバイル機器の使用に便利なコンセントも全席に設置されます。 シートピッチはグランクラスと同じ130cm 両先頭車はハイグレード車両になっています。 1両あたりの定員は50000系「しまかぜ」の先頭車より更に少なく、わずか21名。 ハイグレード車両はハイデッカー構造で、かつ座席のひじ掛けよりも低い位置から始まる大きな側面窓を持ち、存分に車窓を楽しめます。 また前面は21020系「アーバンライナーnext」同様の1枚窓で、流れるような前面展望も堪能できます。 座席についても、シートピッチ(座席の前後間隔)は130cmで、JR東日本の新幹線に連結しているグランクラスと同じ間隔です。 「しまかぜ」のプレミアムシートより5cm広く、「アーバンライナー」より25cm広い間隔です。 ハイグレード車両のシート素材も、「しまかせ」やグランクラスと同じ本革製。 電動リクライニング・レッグレスト機能もあり、2時間余りの大阪~名古屋間がゆったりくつろぐことができそうです。 座席配列は2+1列の3列で、山側(近鉄名古屋に向かって左)が2列、海側が1列の配置となっています。 グランクラスや「しまかぜ」のプレミアムシートと同ランクの座席は、関西/近畿にグランクラス上陸ともいえそうです。 レギュラーシートもJRグリーン車同等のシートピッチ レギュラー車両もバックシェル採用で、後ろを気にせずリクライニングできます。 レギュラーシートのシートピッチは、JR新幹線のグリーン車と同じ116cm。 この広さで、通常の特急料金だけで乗れるので、大阪~名古屋間で快適に過ごすならば有力な選択肢になるのではないでしょうか。 カラーは従来の近鉄特急を打ち破る、赤ベース カラーリングは、 透明感のある深い赤と称する赤系統の色です。 ハイグレード車両の窓下と、窓から続く部分は黒系統の細い帯が合計10本程度ひかれていて、ベースカラーはともかく塗り分け自体は従来の近鉄特急から引き継いでいます。 今まで特急車の色は、汎用車両はオレンジと紺、「アーバンライナー」は白ベースに黄色のライン(と裾はベージュ)のところ、一般車両のマルーンに近い赤というのは、 次世代の特急ということで従来のイメージを一新したかったと考えられます。 しかし外観の第一印象は、形は 、色は (帯部分)に似た印象を受けました(あくまでも個人的感想)。 後者とはおそらく同じメーカーになるでしょうから見当違いとも言い切れません。 形については、眺望と速さを両立させようとすると似た形になるということでしょうか。 投入両数は21000系「アーバンライナーplus」と同じ72両。 2020年以降21000系を順次置き換えか 1988年(昭和63年)に名阪ノンストップ特急に投入され、初代「アーバンライナー」でデビューした21000系も、今年(2018年)で30年になります。 車齢の高さに加え、新幹線のN700系化によるスピードアップとサービスレベル向上、他方では安価な高速バスも定着し、30年前とは取り巻く状況一変しています。 そこで、好調な「しまかぜ」の室内空間を名阪特急にも取り入れ、速さよりもシートなどの快適性で選んでもらえるような狙いがあると思います。 新型車両は6両編成を8本、8両編成を3本、合計72両投入する予定です。 新型名阪特急の投入で21000系が名阪特急から撤退し、他の運転系統に転用されると考えられます。 そうなると経年の高い汎用特急車両の廃車が進みそうです。 あらまし• 運行開始時期:2020年春(予定)• 運行区間:大阪難波~近鉄名古屋間(名阪特急)• 形式(系列):未定• 6両編成:239名• 8両編成:327名(6両編成にレギュラー車両2両組み込み) 車両仕様 ハイグレード車両(先頭車)• 3列シート(2+1配列)• バックシェル付きの独立型シェル型シート• 本革使用のシート• シートピッチ130cm(日本最大級・現行アーバンライナーより25cm拡大)• 電動リクライニング・電動レッグレスト• 高さ・角度調整機能付きのヘッドレスト• 大型ガラス採用のハイデッカー構造• 前面1枚窓で左右に広がる前方展望• 電動式フルアクティブサスペンション装備• 衝突安全を考慮した設計 レギュラー車両(中間車)• 全席バックシェル付きのシェル型シート• シートピッチ116cm(レギュラー席では近鉄最大)• ガラス製の荷棚・仕切扉による、開放感のある車内 ハイグレード車両・レギュラー車両共通• 全席コンセント装備• 無料Wi-Fi• 空気清浄機を装備• 紫外線・赤外線カットの大型窓• 全車両に荷物置き場(ロッカーなど)の設置• ユーティリティスペース(フリースペース)の設置• 多言語対応の車内表示器(日・英・中・韓)• デッキ・大型荷物置き場に防犯カメラの設置.

次の