マンガbank。 マンガアプリ勝手にレビュー…「マンガBANG!」は『湘南爆走族』等ヤンキー系作品豊富

‎「マンガBANG!」をApp Storeで

マンガbank

iOS版「マンガBANG!」アプリの起動画面 無料でマンガが読めるマンガアプリ。 出版社が運営しているものや、出版社の垣根を超えて多ジャンルの作品が読めるものなど、アプリの種類は多岐にわたる。 それぞれ課金しないと読めないと思われがちだが、広告収入ビジネスをメインにしているものも多く、ユーザーは基本的には無料でマンガを読むことができる。 新型コロナ禍で家にいる時間が増えている昨今、マンガアプリを愛用している人も多いと思われるが、どうせ読むならもっとお得に読みたい、という人のために各マンガアプリを勝手にレビュー。 今回は、「10000冊が無料で読める」と豪語するマンガアプリ「マンガBANG!」を使ってみた。 メダル、チャージ、コイン購入……マンガアプリの機能が全部入り! 「マンガBANG!」は、株式会社Amaziaが2014年にアプリサービスを開始した新興のマンガサイト。 姉妹サイトに「マンガEpic! 」というマンガ投稿サービスがある。 「マンガBANG!」で無料マンガを読む方法は、主に3つだ。 1つは「メダル」を使う方法。 「メダルで読む」コーナーに掲載されている作品は、アカウントに付与されるフリーメダルを使って読むことができる。 毎日7時と19時に4枚ずつフリーメダルが付与されるので、合計8枚のフリーメダルを所有できる。 すべてのフリーメダルを消費すると、8話分読み進められるわけだ。 ただしフリーメダルは付与される度に枚数がリセットされるので、4枚以上は貯められない。 しかし諦めてはいけない。 メダルコーナーの作品には「CMを見て無料で読む」というものがあり、CM動画を見れば5回分のサービスが適用され、さらに5話分無料で読むことができるのだ。 フリーメダル4枚を午前7時に獲得し4話分読み進めて、「CMを見て無料」で5話分読み進める。 さらに19時になると新たに4枚のフリーメダルが付与されて4話消費。 つまり、1日最大で13話分を読み進められる計算となる。 午前7時の4枚を19時までに使い切るのがコツだ。 8話は、一般的なマンガコミックスに換算すると1巻分相当。 1日最低でも1巻分は読み進められる計算となる。 また、フリーメダルとは別に、10枚の「SPメダル」が初期段階でユーザーに与えられる。 SPメダルとフリーメダルは、読める作品は同じなのだが、SPメダルを増やすには指定のサービスに登録する必要がある。 ムダなアプリやサービスを登録したくない人は、毎日フリーメダルとCM動画で読み進めるのがおすすめだろう。 無料でマンガを読む方法の2つ目は、「チャージ」で読む方法。 1作品につき1話をチャージで読むことができる。 24時間経過後、チャージが回復するので翌日には続きが読める。 チャージ作品を1つ消費しても、別のチャージ対象作品を読むことができる。 ストアでコミックスの途中まで試し読みができる 上記の「メダルで読む」と「チャージで読む」はアプリをダウンロードするだけで利用可能だが、メールアドレスとパスワードまで登録すると「ストア」が使えるようになる。 このストアの利用が、無料マンガを読むための3つ目の方法となる。 ストアのトップページ。 下にスクロールすると無料コミックス特設ページが多数現れる。 ストアではコインを使ってコミックスを購入し、時間制限ナシで何度も読み返すことができる。 コインは1コイン100円換算。 作品によって値段はまちまちだが、だいたい1冊5コイン(500円)ほどで購入できる。 「え? お金かかるじゃん」と思われたかもしれないが、コミックスの途中までは無料で読めるキャンペーンを実施している。 あくまで途中までだが、無料でマンガが読めるのは確かだ。 お察しの通り「マンガBANG!」は、メダルやチャージ、コインなど、他社のマンガアプリに実装されている仕組みを総動員している。 が、要素を詰め込みすぎて、むしろわかりにくくなっている感は否めない。 もちろん、適当に興味がある作品をタップすればすぐに読めるが、初見では何が消費されたのかわからないまま読み進めてしまうだろう。 実際、筆者がそうだった。 いざマンガを開くと、まず中央に広告が表示される。 読んでいる最中、広告は画面下に表示されるので邪魔というほどでもない。 広告内容もゲームや転職サイトが多く、エロ系広告が表示されないのは女性にはありがたかった。 縦スクロールにも横スクロールにも対応しているので、ユーザーが使い慣れている方法でマンガのページをめくれるのは好印象。 そのほか、読みにくい部分はピンチアウトでズームでき、ページもさくさくめくれるので、マンガ本編は非常に読みやすかった。 チャージは翌日の回復まで待つ必要があるが、メダルの場合は「次の話を読む」というボタンがすぐに出てくるので先に進みやすい。 向かって右の「ストアで購入する」を選択すると、コミックスの購入ページに飛べる。 ストアで無料キャンペーン中のコミックスを読む際は、自分の本棚に読みたいマンガをダウンロード。 キャンペーン期間中は、本棚に入れた作品を何度も読める。 ストアのコミックス無料キャンペーンでは、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の準新刊や今期放送のドラマ、アニメの原作マンガなど、人気作も多い。 第1巻の途中までは無料の作品も多く、コミックスの購入を迷っている作品の試し読みには最適だろう。

次の

「マンガBANG」の使い方を超わかりやすく説明!SPメダルを上手に使おう!

マンガbank

『マンガBANG! 最初の3話は基本無料で開放されている状態ですが、それ以降の回はメダルもしくはコインを消費しなければ閲覧することはできません。 メダルの取得方法は後ほど詳細を記載いたしますが、無料で取得できるため、あながち「全巻無料」は間違っていないのですが、 「即時その場で無料で閲覧可能」ではない、 という所だけ注意が必要な所です。 この「無料連載」も常に全ての回が無料で閲覧できるわけではなく、初回の1~2,3話と最新の2、3話のみが無料になっており、さらに「全巻無料」と違う所が、 無料で閲覧不可の部分はストアで購入するしか読む方法がない という所です。 とはいえ、頻繁にチェックをしていればいずれは全てを無料で閲覧することができますので、オトクですね! ストアから本の購入を行うことができる ココまでのご説明で何度か「ストアでの購入」が言及されていますが、無料で見ることができない、今すぐ続きを見たい!という方には有料で「コイン」を購入し、そのコインを消費してマンガを1話単位、もしくは単行本単位でアプリ内で購入を行うことができます。 アプリの無料コンテンツと連動しているものが基本的におすすめという扱いをされています。 こちらは、進撃の巨人など大手出版社からのライセンスと思われるタイトルが並んでいます。 『マンガBANG! 』のコイン・メダルを貯める方法 フリーメダルを貯める方法 フリーメダルは、1つ消費することによって1話分読むことができます。 フリーメダルは 毎日9時と21時の2回、上限4個まで付与されますので、一貫して無料で読みたい場合は、フリーメダルの回復が行わる一定時間待ってから、続きを読むことができるようになります。 その際、1話の読み始めと終わりの部分に全画面の広告が表示されます。 このアプリの特徴ですが、この 広告表示によってアプリを無料で提供するということが実現できているんですね! 一定時間待つことと広告表示のストレスはありますが、これによってユーザーはタイトルによって全ての話を無料で閲覧することができるんですね。 SPメダルを貯める方法 SPメダルとは、フリーメダルと同様、アプリ運営側にメリットの有る行動(動画広告閲覧や会員登録作業など)を行うと付与されるポイントです。 こちらも実は広告となっていまして、インストール数を創出する代わりにこの漫画アプリ運営側は広告費として報酬を受け取っている、という構造です。 こちらの選択肢の中にも多くの無料アプリがありますので、一貫して引き続き無料でマンガを閲覧したいというユーザーはここでも無料という状態を継続して漫画を読むためのメダルを獲得することができます。 いやー、よくできてますね~。 コインを貯める方法 コインとは、アプリ内課金を通じて取得できるアプリ内の通貨で 1コイン=1円 のレートになっています。 時間が来ないと回復しないフリーメダルが底をついても続きを読みたいタイトルがある場合は、このコインを購入して続きを閲覧することが可能になります。 またこの1話分の金額設定は、タイトルによってはアプリ上の1話が20コインになっていたりしますので、原作を刊行している出版社の設定によって変わってくるものと推測されます。 ユーザーレビュー 投稿者:ピロピロリ2342 バージョン:2. 投稿者:宮本けんび バージョン:2. : 無料だし、面白いマンガがたくさん。 投稿者:ぽんぽん痛いと言うな? バージョン:2. 著作物ですので購入して初めて楽しめるのは当たり前なのですが、お金に余裕がないユーザーに取ってみれば、このように広告などを駆使してでも 無料で閲覧できる方法が用意されているのはありがたいですね! マンガBANG!を使ってまんがライフを楽しんでみて下さい!.

次の

無料マンガアプリ『マンガBANG!』の使い方

マンガbank

iOS版「マンガBANG!」アプリの起動画面 無料でマンガが読めるマンガアプリ。 出版社が運営しているものや、出版社の垣根を超えて多ジャンルの作品が読めるものなど、アプリの種類は多岐にわたる。 それぞれ課金しないと読めないと思われがちだが、広告収入ビジネスをメインにしているものも多く、ユーザーは基本的には無料でマンガを読むことができる。 新型コロナ禍で家にいる時間が増えている昨今、マンガアプリを愛用している人も多いと思われるが、どうせ読むならもっとお得に読みたい、という人のために各マンガアプリを勝手にレビュー。 今回は、「10000冊が無料で読める」と豪語するマンガアプリ「マンガBANG!」を使ってみた。 メダル、チャージ、コイン購入……マンガアプリの機能が全部入り! 「マンガBANG!」は、株式会社Amaziaが2014年にアプリサービスを開始した新興のマンガサイト。 姉妹サイトに「マンガEpic! 」というマンガ投稿サービスがある。 「マンガBANG!」で無料マンガを読む方法は、主に3つだ。 1つは「メダル」を使う方法。 「メダルで読む」コーナーに掲載されている作品は、アカウントに付与されるフリーメダルを使って読むことができる。 毎日7時と19時に4枚ずつフリーメダルが付与されるので、合計8枚のフリーメダルを所有できる。 すべてのフリーメダルを消費すると、8話分読み進められるわけだ。 ただしフリーメダルは付与される度に枚数がリセットされるので、4枚以上は貯められない。 しかし諦めてはいけない。 メダルコーナーの作品には「CMを見て無料で読む」というものがあり、CM動画を見れば5回分のサービスが適用され、さらに5話分無料で読むことができるのだ。 フリーメダル4枚を午前7時に獲得し4話分読み進めて、「CMを見て無料」で5話分読み進める。 さらに19時になると新たに4枚のフリーメダルが付与されて4話消費。 つまり、1日最大で13話分を読み進められる計算となる。 午前7時の4枚を19時までに使い切るのがコツだ。 8話は、一般的なマンガコミックスに換算すると1巻分相当。 1日最低でも1巻分は読み進められる計算となる。 また、フリーメダルとは別に、10枚の「SPメダル」が初期段階でユーザーに与えられる。 SPメダルとフリーメダルは、読める作品は同じなのだが、SPメダルを増やすには指定のサービスに登録する必要がある。 ムダなアプリやサービスを登録したくない人は、毎日フリーメダルとCM動画で読み進めるのがおすすめだろう。 無料でマンガを読む方法の2つ目は、「チャージ」で読む方法。 1作品につき1話をチャージで読むことができる。 24時間経過後、チャージが回復するので翌日には続きが読める。 チャージ作品を1つ消費しても、別のチャージ対象作品を読むことができる。 ストアでコミックスの途中まで試し読みができる 上記の「メダルで読む」と「チャージで読む」はアプリをダウンロードするだけで利用可能だが、メールアドレスとパスワードまで登録すると「ストア」が使えるようになる。 このストアの利用が、無料マンガを読むための3つ目の方法となる。 ストアのトップページ。 下にスクロールすると無料コミックス特設ページが多数現れる。 ストアではコインを使ってコミックスを購入し、時間制限ナシで何度も読み返すことができる。 コインは1コイン100円換算。 作品によって値段はまちまちだが、だいたい1冊5コイン(500円)ほどで購入できる。 「え? お金かかるじゃん」と思われたかもしれないが、コミックスの途中までは無料で読めるキャンペーンを実施している。 あくまで途中までだが、無料でマンガが読めるのは確かだ。 お察しの通り「マンガBANG!」は、メダルやチャージ、コインなど、他社のマンガアプリに実装されている仕組みを総動員している。 が、要素を詰め込みすぎて、むしろわかりにくくなっている感は否めない。 もちろん、適当に興味がある作品をタップすればすぐに読めるが、初見では何が消費されたのかわからないまま読み進めてしまうだろう。 実際、筆者がそうだった。 いざマンガを開くと、まず中央に広告が表示される。 読んでいる最中、広告は画面下に表示されるので邪魔というほどでもない。 広告内容もゲームや転職サイトが多く、エロ系広告が表示されないのは女性にはありがたかった。 縦スクロールにも横スクロールにも対応しているので、ユーザーが使い慣れている方法でマンガのページをめくれるのは好印象。 そのほか、読みにくい部分はピンチアウトでズームでき、ページもさくさくめくれるので、マンガ本編は非常に読みやすかった。 チャージは翌日の回復まで待つ必要があるが、メダルの場合は「次の話を読む」というボタンがすぐに出てくるので先に進みやすい。 向かって右の「ストアで購入する」を選択すると、コミックスの購入ページに飛べる。 ストアで無料キャンペーン中のコミックスを読む際は、自分の本棚に読みたいマンガをダウンロード。 キャンペーン期間中は、本棚に入れた作品を何度も読める。 ストアのコミックス無料キャンペーンでは、「週刊少年ジャンプ」(集英社)の準新刊や今期放送のドラマ、アニメの原作マンガなど、人気作も多い。 第1巻の途中までは無料の作品も多く、コミックスの購入を迷っている作品の試し読みには最適だろう。

次の