西島 秀俊。 西島秀俊の嫁がダサい理由が判明!離婚の真相や子供の目撃情報は?

西島秀俊の結婚相手(妻嫁)子供を目撃!筋肉がヤバイ【画像】

西島 秀俊

来歴 [ ] 子どもの頃から映画好きで映画関係の仕事がしたいと考えていたところ、19歳の時に先輩の薦めで受けたオーディションに合格し俳優の道に進む。 1992年、大学在学中に東京アクターズスタジオ第1期生、テレビドラマ『5』で俳優デビュー。 新人刑事の中上剛役で半年間レギュラーを務めた。 1993年、テレビドラマ『』でのにハマる青年役や、最高視聴率31. デビューからに所属し、90年代前半には数多くのテレビドラマに出演したため人気を得たが、事務所が求めるアイドル路線と自身の目指す役者としての方向性の違いから事務所を移籍。 それに伴い97年から02年までの期間は民放のテレビに出演していなかった。 1999年、と共演した『』で映画初主演を果たす。 長い状態から突然目覚めて生き方を模索する青年役を演じ、第9回・主演男優賞を受賞する。 では『』と『ニンゲン合格』が上映されたが、主演作品2本の上映は東京国際映画祭初の快挙であった。 2005年の映画『』では、昔の恋人に子どもの父親だとして子どもを預けられて困惑するサラリーマンを演じ、第15回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞、第20回・最優秀主演男優賞を受賞。 2006年、主演の『』でをモデルとした津軽弁の画家杉冬吾役をコミカルに演じ、お茶の間からの人気を得る。 2008年の映画『』では癖のあるを演じ、第30回・助演男優賞を受賞する。 2011年の映画『』はの名匠監督の作品で、第68回のオリゾンティ・コンペティション部門オープニング作品・第36回出品作品・第16回出品作品である。 これにより自身も数々の映画賞を受賞する。 2014年には発表の「2014年ブレイク俳優ランキング」で第2位にランクインした。 2017年、ファッションデザイナーのからの指名により、の最高峰ライン「メイド・トゥ・メジャー」の広告モデルに日本人で初めて起用される。 2018年も引き続き広告モデルを務めており、4シーズン連続起用もまた日本人初である。 私生活 [ ] 2014年11月19日、3年間の交際を経て16歳下の一般女性と結婚することを発表。 2016年4月には第1子男児 、2018年10月、第2子男児が誕生。 人物 [ ]• 在学中はバスケットボール部に所属。 また、ロックバンドを結成しギターを担当していた。 大学時代はアルバイトで中学生たちに数学の家庭教師をしていた。 国内外問わず豊富な映画知識を持ち、国際映画祭では2005年に審査員に選ばれ 、以降2017年まで実行委員会の理事を務めた。 現在は退任しているが、関連イベント等には不定期で参加している。 の大ファンで、『』など昔たけしが出演していたラジオ番組は欠かさず録音して聴いていた。 後に、たけしが監督を務めた『』(2002年)の主演に抜擢され、また、たけしの小説が原作であるテレビドラマ『』(2003年・2005年)ではたけしの担任教師役で出演した。 役作りに関しては妥協を許さない主義である。 2010年の映画『』では、老後のシーンのために体重を13kg増やし、その後の若い頃のシーンのために、1か月で15kg減量した。 2013年の『』ではを担当するのため、な身体に仕上げた。 『』、『』、『』シリーズ他では(ヘビースモーカー)になりきる事を前提に本物のを吸い続けた事があった。 尚、西島本人は20代の頃、私生活でも喫煙者(ヘビースモーカー)だったが30代以降、健康上の理由でしている。 かなりのであり、現場に自分がセレクトした30種類以上のとそれらに合わせたを持ち込み、スタッフや共演者に振る舞うことがある。 愛犬家である。 2019年現在は雑種を飼っている。 受賞歴 [ ]• 第9回 主演男優賞(1999年『ニンゲン合格』)• 第15回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(2005年『帰郷』『さよならみどりちゃん』『雨よりせつなく』)• 第20回 最優秀主演男優賞(2006年『帰郷』)• 第30回 助演男優賞(2009年『休暇』)• 第26回 高崎映画祭 最優秀主演男優賞(2011年『CUT』)• 第21回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演男優賞(2011年『CUT』)• 第9回 ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012 最優秀助演男優賞(2013年『ストロベリーナイト』)• 第42回 日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(2018年『散り椿』) 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• ラブストーリーを君に 「どんなときも。 」(1992年1月3日、テレビ朝日)• (1992年4月 - 9月、)- 中上剛 役• (1992年5月22日・23日、)• 〜悲しいほどお天気〜(1992年9月23日、フジテレビ)• (1992年10月 - 12月、) - 宮沢達郎 役• 聖夜に逢いたい(1992年12月23日、フジテレビ)• 劇的空間 -卒業-(1992年、)• (1993年2月 - 3月、フジテレビ) - 長沢徹 役• (1993年4月 - 7月、TBS) - 戸高竜也 役• (1993年7月 - 9月、フジテレビ) - 佐渡研 役• (1993年10月 - 12月、フジテレビ) - 松岡純一郎 役• (1993年11月19日、フジテレビ)• (1994年1月3日、テレビ朝日) - 島田信孝 役• 素顔を抱きしめて(1994年、フジテレビ)• (1995年3月 - 8月、) - 算治 役• 『春さん・夢配達人(1)』(1996年2月18日、)• 『』第3話「森を探しに」(1996年7月10日、NHK)• (NHK)• (1997年) - 役• (2013年) - 役• 向田邦子新春シリーズ 『空の羊』(1997年1月6日、TBS)• (1997年5月 - 6月、NHK)• (2002年10月12日、) - 山下祐治 役• (2003年4月 - 6月、TBS) - 柚原和也 役• (テレビ朝日) - 藤崎先生 役• 第1シリーズ(2003年7月3日 - 9月11日)• 第2シリーズ(2005年7月21日 - 9月15日)• 「丘をこえて・Maybe Tomorrow」(2003年9月7日、)• 68FILMS 第2話「寄生木 YADORIGI」(2003年11月1日、BS-i、BSフジ)• シーズンII file no. 0020「もう一人の友人・」(2003年12月12日、) - 杉原秀明 役• LOVE ASIA 花びらの舞う海へ(2004年2月28日、フジテレビ) - 主演・柏木洋介 役• 特別企画 『』(2004年4月3日、フジテレビ) - 犬神佐清・青沼静馬 役• (2004年4月 - 6月、日本テレビ) - 水無月芯也 役• (フジテレビ)• 「」(2004年9月20日) - 主演・山岡貴志 役• 「通いの軍隊」(2016年5月28日) - 主演・前島啓一郎 役• (フジテレビ) - 役• 大奥 第一章(2004年10月 - 12月)• 大奥 第一章 スペシャル(2005年4月8日)• (2005年3月1日、日本テレビ) - 水沢誠治 役• (2005年8月13日、フジテレビ) - 小塚一等兵 役• (2006年2月19日) - 主演・筒井彰 役• (2009年8月2日) - 星野克彦 役• (2010年3月7日) - 今西由起夫 役• (NHK)• (2006年4月 - 9月) - 杉冬吾 役• (2016年4月 - 10月 ) - 小橋竹蔵 役• 日本テレビ シナリオ登龍門2005優秀賞受賞作品『きたな(い)ヒーロー』(2006年、日本テレビ) - 池崎堅 役• (2007年4月2日 - 4月16日、NHK) - 主演・牧史郎 役• (2007年7月 - 9月、フジテレビ) - 井口昌平 役• (NHK) - 主演・三沢恭介 役• ジャッジ 〜島の裁判官奮闘記〜(2007年10月 - 11月)• ジャッジII 〜島の裁判官奮闘記〜(2008年10月 - 11月)• 第1章「人生って嘘みたい」(2008年1月30日 - 2月13日、WOWOW) - ブラジャー男 役• 第20回記念『』(2008年12月29日、フジテレビ) - 主演・高木修一 役• (2009年10月3日、テレビ朝日) - 石神謙 役• (2010年4月 - 6月)• チーム・バチスタSP2011 ジェネラル・ルージュの凱旋〜さらばジェネラル! 天才救命医は愛する人を救えるか〜(2011年1月2日)• (2014年1月 - 3月)• (フジテレビ) - 菊田和男 役• スペシャルドラマ ストロベリーナイト(2010年11月13日)• ストロベリーナイト(2012年1月 - 3月)• ストロベリーミッドナイト 第3夜(2013年1月24日)• ストロベリーナイト アフター・ザ・インビジブルレイン「東京」(2013年1月26日) - 主演• (2011年1月 - 3月、フジテレビ) - 桐原伊織 役• 終戦ドラマスペシャル (2011年8月12日、日本テレビ) - 主演・松倉修平 役• (2011年10月 - 12月、フジテレビ) - 主演・並木航平 役• - 森屋純 役• 特別企画 ダブルフェイス 潜入捜査編(2012年10月15日、TBS) - 主演• ダブルフェイス 偽装警察編(2012年10月27日、WOWOW)• - 主演・倉木尚武 役• MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜(2014年4月 - 6月、TBS)• (2015年1月 - 3月、TBS) - 主演・永田一雄 役• スペシャルドラマ (2015年8月1日・2日、TBS) - 中川亘 役• (2015年10月 - 12月、フジテレビ) - 主演・為頼英介 役• (2017年6月 - 8月、NHK) - 主演・椎名秀亮 役• (2017年10月 - 12月、日本テレビ) - 伊佐山勇輝 役• 第1夜「万灯」(2018年8月14日、) - 主演・伊丹修平 役• (2018年10月13日、NHK BSプレミアム) - 主演・マリオ 役• (2019年1月 - 3月、TBS) - 夏目惣一郎 役• (2019年3月30日・31日、テレビ朝日) - 主演・ 役• (2019年4月 - 6月、) - 主演・筧史朗 役(とダブル主演)• きのう何食べた? 正月スペシャル2020(2020年1月1日)• フジテレビ開局60周年記念 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画『』 2019年11月24日、フジテレビ - 役 映画 [ ]• (1994年) - 幸一 役• (1995年)• (1995年) - 森義孝 役• (1995年) - 竹田涼太 役• さわこの恋 1000マイルも離れて(1995年) - 吉山新平 役• セラフィムの夜(1996年) - 大島博之 役• 菜の花配達便(1996年) - 主演・田草川裕二郎 役• (1998年) - 圭 役• アートフル・ドヂャース(1998年) - 小谷圭介 役• 冷血の罠(1998年) - 主演・花園 役• (1999年) - 主演・吉井豊 役• (2001年) - 坂本 役• (2001年)• 世界の終わりという名の雑貨店(2001年) - 主演・島尾雄高 役• (2002年) - 医師 役• (2002年) - 松本 役• (2002年) - 編集者の道原 役• (2002年) - 主演・三原健 役• いたいふたり(2002年) - 主演・望月涼 役• (2003年) - 主演・山形 役• (2003年) - 高津潤 役• 監督感染 DIRECTOR INFECTION『終着駅の次の駅』(2003年) - 主演・勇作 役• (2004年) - 佐藤耕輔 役• (2004年) - 古田 役• (2004年) - 上条中佐 役• (2005年)()• (2005年) - 伊沢彰 役• (2005年) - 主演・晴男 役• 雨よりせつなく(2005年) - 倉沢彰夫 役• 『蟲たちの家』(2005年) - 主演・御厨蓮司 役• (2005年) - ユタカ 役• (2005年) - 細川専務 役• (2006年) - 末田徹 役• (2006年) - ヨースケ 役• (2006年)• (2006年) - 主演・博士 役• (2006年) - 役• (2007年) - 成瀬光一郎 役• (2007年) - 大崎トシオ 役• (2007年) - 野村 役• (2007年) - 主演・真木栗勉 役• (2007年) - 野口 役• (2008年) - 役• (2008年) - 主演・野上孝 役• (2008年) - 岡本利夫 役• (2008年) - 金田真一 役• (2009年) - 浅川監督 役• (2009年) - 鵜原憲一 役• (2010年) - 主演・東垣内豊 役• (2011年) - 主演・秀二 役• (2012年) - 主演・セイジ 役• (2013年) - 主演・野田 役• (2013年、台湾) - 日本語版ナレーション• (2014年) - 速水晃一 役• (2015年) - 吉田 役• (2015年) - 主演・倉木尚武 役• (2016年) - 清水健二 役• (2016年6月18日) - 主演・高倉 役• (2017年)- 山形直太朗 役• (2018年9月28日公開) - 榊原采女 役• (2018年10月26日公開) - 小塚慶彦 役• (2018年11月16日公開) - 播磨和昌 役• (2019年5月24日公開) - 主演・秋津竜太 役• (2019年9月27日公開) - 主演・日村誠司 役• (2020年初春公開予定) - 森尾 役• (2021年公開予定) ショートフィルム [ ]• 鬼と森(2006年) テレビアニメ [ ]• (2018年、NHK) - ウエスティ 役 劇場アニメ [ ]• (2013年、) - 本庄 役• (2018年、) - アオヤマ君の父親 役 吹き替え [ ]• (2019年3月29日公開、) - ホルト・ファリア 役()• (2019年5月3日公開、) - 役() ドキュメンタリー [ ]• 真夜中の王国「俳優・発展途上中」(1996年7月31日、NHK)• 新・真夜中の王国 プネウマ・90歳の現役監督〜新藤兼人の現場に潜入(2002年10月16日、NHK) - ゲスト• にっぽんの名作〜朗読紀行 「焼跡のイエス」(2002年1月29日、NHK)- 朗読• ハイビジョン特集 城・王たちの物語 「マイセン・幻の磁器の城〜アウグスト2世の尽きせぬ欲望」(2004年10月19日、NHK) - 語り• 音楽の遺伝子 -槇原敬之-(2006年3月29日、NHK) - 語り• シリーズ恋物語 「堀口大學 遠き恋人に関する調査」(2007年2月27日、NHK)• 超大型ロマンアドベンチャースペシャル イシグアラスト タランパジャ(2008年1月4日、テレビ東京)• 一夜限りの復活ライブ〜LUNA SEA 沈黙の7年を超えて(2008年1月14日、NHK) - 語り• 昔、男ありけり (2008年3月、NHK)- 語り• 「うみのきらきらやまのきらきら」(2008年3月20日、NHK)- 朗読• 神聖喜劇ふたたび〜作家・大西巨人の闘い〜(2008年4月13日、NHK)• 調査報告 日本軍と阿片(2008年8月17日、NHK) - 語り• (2008年10月、TBS) - ナレーション• 「怪物の進化〜レッドソックス・松坂大輔」(2008年12月6日、NHK) - ナレーション• (2010年1月11日、WOWOW) - ナレーション• (2010年4月 - 2015年3月29日、TBS) - ナレーション• (TBS)• season1(2010年10月 - 12月) - 謎の人影・謎の声 役• season4(2011年7月 - 9月) - ミライノコドモ 役• ラストデイズ(NHK) - 語り• (2010年12月22日)• ラスト・ルーキーズ〜JALバスケ最後の1年〜 (2011年3月10日、フジテレビ) - 語り• 三宅一生 東北へ 伝統を未来につなぐ旅(2012年1月2日、NHK) - 語り• 日本人は何を考えてきたのか 第3回 森と水と共に生きる〜と〜(2012年1月22日、NHK) - 旅人• 『独占解明 誰がツタンカーメンを殺したのか!?〜謎の少年王・悲劇の生涯〜』(2012年8月11日、フジテレビ)- 旅人• ドキュメント(2012年12月22日・29日、NHK) - ナレーション• 八重の桜ツアー ただいま、東北(2013年1月3日、NHK)• 「戦場で書く〜作家 火野葦平の戦争〜」(2013年12月7日、NHK Eテレ)- 語り• (NHK)• シリーズ廃炉への道 - 語り• 「第1回 廃炉・果てしなき道」(2014年4月20日)• 2015「核燃料デブリ 未知なる闘い」(2015年5月27日)• 2016「核燃料デブリ 迫られる決断」(2016年5月29日)• 金メダルへの道 体操ニッポン復活の金へ〜と日本代表(2016年8月4日) - 語り• 「祖父が見た戦場〜ルソン島の戦い 20万人の最期〜」(2018年8月11日)- 語り• 「秘島探検 東京ロストワールド」 - ナレーション• 「第1集 」(2018年9月16日)• 「第2集 」(2018年9月29日)• 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか(NHK Eテレ) - 朗読• 知の巨人たち• 第3回「民主主義を求めて〜政治学者 〜」(2014年7月19日)• 第7回 「昭和の虚無を駆け抜ける〜文学者・〜」(2015年1月24日• 2015年度「未来への選択」第3回 公害先進国から環境保護へ(2015年7月18日)• 未来への光〜子どもたちとともに〜(2016年2月6日、NHK BS1)- 語り• 海洋アドベンチャー タラ号の大冒険(2016年7月18日、NHK) - ナビゲーター• 「加藤周一 その青春と戦争」(2016年8月13日、NHK Eテレ)- 朗読• ヨーロッパ財宝ミステリー(BS-TBS) - ナビゲーター• 「古代エジプト 3人の女王のミステリー」(2017年11月25日、) - ナビゲーター トーク番組・バラエティ番組 [ ]• (1993年7月1日、2002年10月16日、2006年12月25日、2011年10月21日、2014年1月20日、フジテレビ)• (2005年6月8日、テレビ朝日)• (2006年9月20日、2008年10月24日、2016年4月6日、NHK)• (2007年10月6日、NHK)• 「プレミアムトーク」(2013年1月18日、NHK)• (2019年9月28日、日本テレビ) CM [ ]• 「エコナビ商品」(2013年 - )• 「ICE BOX」『マラソン篇』(1993年)• 「JUSTICK」『パーティ準備篇』(1994年)• 「ソリッドダース」『駅のベンチ篇』『干草篇』(1994年)• 「カレ・ド・ショコラ」(2016年)• 「マウントレーニア」『ジャーナリスト篇』(2019年)• 「」(1998年) - ナレーション• 「」(2005年)と共演• 『雨の昼下がり篇』(2005年)• 『パンプキン篇』(2005年)• 『パーティ篇』(2005年)• 『風に吹かれて篇』(2006年)• 『Day Tripper篇』(2006年)• 「キリンラガービール」『地下道篇』『クリスマス篇』(1994年)• 「白麒麟」『初雪篇』(2003年)• 「8月のキリン」『母と娘篇』(2003年)• 「麦のごちそう」• 『二人で"お疲れ"篇』(2012年)• 『じゃんけん篇』(2012年)• 『雨の日編』(2012年)• 『プール編』(2012年)• (2003年)• 『新聞に載った友達篇』(2001年)• (2000年)• (1999年)• ビール「大地と水の恵み」(1996年)と共演• 『樫の木のBarで篇』• 『竹の子篇』• 『子豚と散歩篇』• 『草原で昼寝篇』• 『畑仕事篇』• ワイン「マドンナ」『揺れる心篇』(1998年)• 缶コーヒー「」(2013年)• 缶コーヒー「スーパーオリジナル」• 『矛盾した連帯感篇』(2000年)• isao. net 『プロポーズ篇』『別れ篇』(2000年)• (2001年)• (2005年)• リスペクト 『book worm 編』(2005年)• 『ファッション篇』(2006年)• のアルバム「CYCLE HIT」『エスカレーター篇』『幹線道路篇』(2006年)• - ナレーション(2007年 - )• - ナレーション(2008年)• 『高校生のはじまり篇』• 『大学生のはじまり篇』• 『社会人のはじまり篇』• - ナレーション• 公共広告機構(現)• 2008年度全国キャンペーン「生きている証」 - ナレーション• 2011年度地域キャンペーン(東京地域)「宮沢賢治・明日を信じる」 - ナレーション• 「キユーピーマヨネーズ」 - ナレーション• 『YOGA=つなぐ(タージ・マハル)篇』(2008年)• 『YOGA=つなぐ(バターボール)篇』(2009年)• 『YOGA=つなぐ(アルジュナの苦行)篇』(2009年)• 『トップステーション篇』(2010年)• 『ロックアート篇』(2010年)• 『山とキャベツ篇』(2011年)• 『畑とカボチャ篇』(2011年)• 『川とアーティチョーク篇』(2011年)• 『ウォーターツリー編』 (2012年)• 『ポプラ編』 (2012年)• 『ノルマンディ編』 (2012年)• 「Switch! ファミリー」• 『オール電化マンション篇』(2010年)• 『ヒートポンプ篇』(2010年)• 『リフォーム篇』(2010年)• 『ヒートポンプ床暖房篇』(2010年)• 『業務用電化厨房篇』(2011年)• - ナレーション• 『栄光の個別指導篇』(2010年)• 『冬期講習篇』(2010年)• 『個別指導/オリコンNo. 1篇』 (2011年)• 『中学部/新年度塾デビュー篇』(2011年)• 『小学部/新年度塾デビュー篇』(2011年)• 『春期講習篇』(2011年)• 「プレミアムロールケーキ」• 『日曜日篇』(2010年)• 『実家篇』(2010年)• 『ここらでひと休み篇』(2011年)• 「おにぎり屋」(2011年)• 『つつむように篇』• 『おんなのヒトのために篇』• 『紅鮭と小いくら合わせ篇』• 『鮭ハラス吟醸粕漬焼篇』• 『メカジキ篇』• 『新潟コシヒカリ篇』• 「ろーそん亭」 (2011年)• 『出会い篇』• 『来ちゃった篇』• 『どうも篇』• 「朝ご飯篇」 「おそうざい篇」 - ナレーション(2012年)• 「ぎゅっとクリームチーズ」(2012年)• 「純生クリーム大福」(2012年)• 「あんこ屋豆大福」(2013年)• 「濃厚ミルクワッフルコーン」(2013年)• 「黄金チキン」(2013年) と共演• ゲンコツコロッケ「コロッケ名人とお客さま」篇• ゲンコツコロッケ「突然お店になる」篇• ゲンコツコロッケ「どっちが偉いの」篇• 『モンゴルの恋篇』 - ナレーション(2011年)• - ナレーション(2012年)• 「」(2013年6月)• 「EXプラス」(2013年7月 - )• 「アリナミンEXゴールド」(2013年7月 - )• 「門醤油篇」(2013年7月)• 「ラ王門塩篇」(2013年8月)• 「美味しさの芸術発色篇」(2013年10月)• 「美味しさの芸術冷し中華篇」(2014年6月)• 「タイポメッセージ篇」(2014年8月)• 「食べたい男篇」 2014年10月• 「イマドキの洗濯機温水篇」(2013年9月 - )• 「イマドキの冷蔵庫篇」• 「イマドキの食洗機篇」• 「イマドキのエアコン篇」• 「主夫、はじめる篇」(2013年9月 - )• 「ソフランプレミアム消臭篇」• 「羽田国際線大増便」(2014年1月 - )• 「グンゼYGアルゴフォルムカットの絶妙なフィット感篇」(2014年2月 - )• 「エコ・コルディスII/訪問篇」(2014年10月 - )• 「BIG」(2015年)• (2015年)• 「給与サポート保険」(2016年)• 「」(2016年)• 「」(2017年5月 - ) ゲーム [ ]• (2018年3月23日発売)- ロウラン 役 PV [ ]• 「プリズム」(2002年) 写真集 [ ]• キネ旬ムック 新世紀のスピリチュアル・アクターズシリーズ アクターズ・ファイル5「西島秀俊」(2006年)• 西島秀俊&キム・テヒ『僕とスターの99日』公式フォトブック(2011年)• MEMORIES OF VENICE(2011年) 舞台 [ ]• ウーマン・イン・ブラック〜黒い服の女〜(1996年)• Sponichi Annex. 2015年4月6日閲覧。 2014年12月25日閲覧。 「主演作品2本上映 西島秀俊」、 1998年10月27日• 2014年12月19日. 2014年12月22日閲覧。 2018年9月20日. 2019年1月2日閲覧。 スポニチアネックス. 2014年11月19日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年5月3日. 2016年5月3日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2018年10月3日. 2018年10月3日閲覧。 シネマカフェ 2014年6月17日. 2018年6月21日閲覧。 「寄り道だらけの青春ストーリー 西島秀俊」、(1993年11月号)• 『』公式ホームページインタビューより(2011年1月掲載)• クランクイン!. 2015年10月27日. 2018年5月30日閲覧。 「」『』第2572号、、2013年2月4日、 2013年5月29日閲覧。 2013年1月24日. 2015年5月7日閲覧。 「」(2019年9月28日放送回)出演時の発言より。 月刊TVnavi web. 2013年4月25日閲覧。 フジテレビ. 2016年5月17日閲覧。 ORICON STYLE 2015年11月6日. 2015年11月6日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2010年11月26日. 2018年12月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2011年8月25日. 2018年12月20日閲覧。 シネマトゥデイ 株式会社シネマトゥデイ. 2012年8月23日. 2018年12月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2013年10月17日. 2018年12月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2014年6月26日. 2018年12月20日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2014年7月31日. 2018年12月20日閲覧。 映画ナタリー ナターシャ. 2015年8月25日. 2018年12月20日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2014年11月26日. 2018年12月20日閲覧。 SANSPO. COM 2015年7月3日. 2015年7月3日閲覧。 SANSPO. COM 2015年8月5日. 2015年8月5日閲覧。 リアルサウンド 株式会社blueprint. 2017年1月13日. 2018年12月20日閲覧。 NHK 2017年3月17日. 2018年12月20日閲覧。 ザテレビジョン KADOKAWA. 2017年9月7日. 2018年12月20日閲覧。 NHK 2018年6月11日. 2018年12月20日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2018年3月2日. 2018年12月20日閲覧。 2018年10月20日. 2018年10月23日閲覧。 まんたんウェブ 株式会社MANTAN. 2018年12月18日. 2018年12月18日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年2月26日. 2019年2月26日閲覧。 1996年1月に明治生命保険会社が保険契約者向けにノベルティグッズとして制作・配布した、 非売品のオリジナルVHS版ビデオ映画。 (保険の契約内容により、VHSビデオかテレホンカードの2通りが配布。 ) 1996年3月より劇場公開され、1996年8月よりバンダイビュアルからVHSビデオが一般販売される。 出典:ザ・ベストマガジンスペシャル1996年2月号NO. 31 170ページより• シネマトゥデイ 2015年7月29日. 2015年7月30日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月18日. 2016年7月19日閲覧。 2017年5月24日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2018年5月16日. 2018年5月16日閲覧。 com 2017年12月18日. 2017年12月18日閲覧。 com 2018年3月6日. 2018年3月6日閲覧。 com 2019年1月25日. 2019年1月26日閲覧。 com 2019年4月13日. 2019年8月6日閲覧。 デイリースポーツ online 株式会社デイリースポーツ. 2019年8月1日. 2019年8月1日閲覧。 風立ちぬ. 2013年6月6日閲覧。 映画ナタリー 株式会社ナターシャ. 2018年6月27日. 2018年6月27日閲覧。 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ 2019年2月19日. 2019年2月19日閲覧。 映画「名探偵ピカチュウ」公式サイト. 2019年5月3日閲覧。 、2016年7月17日閲覧• 、2016年8月27日閲覧• 、2017年10月6日閲覧• 、2019年9月21日閲覧• 2019年7月5日閲覧。 2015年10月29日. 2015年10月29日閲覧。 Smartザテレビジョン. 2016年11月10日. 2016年11月10日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

2夜連続スペシャルドラマ『名探偵・明智小五郎』|テレビ朝日

西島 秀俊

(C)まいじつ 俳優の西島秀俊とお笑い芸人の有吉弘行が共演を果たした『myblu』(マイブルー)のCMに、ネット上から賛否の声が上がっている。 「myblu」はニコチンやタールを含まない〝疑似電子タバコ〟で、フレーバーのリキッドを加熱して楽しむ製品。 コイル交換などの面倒な手間を省き、フレーバーポッドを〝カチッ〟と差し込むだけのお手軽さが特徴だ。 気になるCMの内容だが、有吉が居酒屋の店主、西島が客という設定。 初めに有吉が西島の手元にある「myblu」に気付き、「おっ、『myblu』?」と尋ねる。 これに西島が「そうそうタバコじゃないやつ」と返すと、有吉は「それ、うちの店OKなやつだけど、それに変えたんだぁ」と、何やらうれしそうな表情に。 そして「何よ」とムッとした表情になる西島に、有吉は「昔からそういうところあるよねー」と漏らし、仲むつまじげに笑い合うのだった。 どうせ、裏で電子タバコ吸ってガハハって笑ってるんでしょってイメージになってしまった》 《昔みたいにすっごい純粋な気持ちでは応援できないんですよね…。 〝たばこのCMで良く思わない層〟が結構存在することを、もっと重く受け止めてもらえると良いなぁ》 《有吉さんも西島さんも大好きだけど、マイブルーのCMはすごく嫌い。 あんなの吸ってる人が店にいたら帰るわ》 《マイブルーのCMの有吉ほんとキモいなぁ。 あれ「CM」としては完全に失敗してるやろ、西島さんの評価も落ちそう。 ファンだったのに…》 《有吉さん禁煙成功してすごく尊敬して大好きだったのに、あんなCM出てて、嫌悪感が湧いちゃうようになりました》 などといった批判が殺到。 一方、純粋な2人のファンからはおおむね好評だったようで、 《マイブルーのCMの西島秀俊がかわい過ぎる》 《西島さんクソかわいいと思って見てます。 有吉さんとのやり取りもなごむわ》 《西島さんと有吉さんの組み合わせいいなー。 キュンキュンする》 などなど、肯定的な意見も上がっている。 何はともあれ「ファンをやめる」とまで宣言するのは〝演技〟を生業とする人に対して、あまりにも厳し過ぎるとは言えまいか…。

次の

西島秀俊の“タバコCM”に嫌煙家が猛反発「ファンだったのに…」

西島 秀俊

西島秀俊のプロフィール 西島 秀俊 にしじま ひでとし 生年月日 1971年3月29日(48歳) 出生地 東京都 身長 178 cm 血液型 A型 活動期間 1992年 — 配偶者 既婚(2014年12月22日 — ) 事務所 クォータートーン 西島秀俊の年収がヤバい! 今最も渋くてカッコいいと評判の西島さん。 ドラマにも、CMにもたくさん出てますが、いったいくら稼いでるんでしょうか?気になりますね。 気になる西島秀俊さんの 推定年収は1億8000万円です。 なんと!そんなに稼いでたんですね! 西島さんのCMのギャラが一本3000万円、ドラマは1シーズン2000万円だそうなんで、CMは年間12本は出てるようです そんなに出てたんですね…。 そしてドラマは年間2シーズンはオファーが来るそう。 そして映画、バラエティ番組のゲスト出演など…! ギャラはなんと、年間4億2000万円です! さすが、人気の俳優さんは違いますね。 しかし、これはギャラのお話。 実際にはギャラは一度、西島秀俊さんが所属する芸能事務所『クォータートーン』に一度持っていかれて、その後西島秀俊さんにお給料として支払われます。 これに関しては不満かも知れませんが、西島秀俊さんだけでは仕事が成り立ちません。 事務所が制作会社やテレビ局に営業をかけて、西島秀俊さんのお世話をするマネージャーを手配してくれるのです。 まあ、こういう大人の事情は社会人の方なら分かってくれると思います 笑 今でこそ年収が高い西島秀俊も、苦労していた…! 今は渋くて人気者の西島さんですが、実は20代、不遇の時代を過ごしたそうなんです。 事務所の西島さんを売り出す方向性と、西島さんのなりたい俳優像とのギャップで西島さんは苦しみ、西島さんは事務所に反発。 そして西島さんは「5年間メディア出演禁止」の厳しい罰則を受け、事務所を去ることになりました。 しかし、西島さんはあきらめなかった。 酒に溺れることなく、女に走る事もなく、西島さんは演技の勉強をし続けた。 朝から晩まで映画館で過ごし、体作りにも励んだ。 そして復帰策、「サヨナライツカ」は大ヒット。 演技はもちろん、魅力的な筋肉も多くの女性を魅了した。 僕もサヨナライツカは見たことありますが、いい映画でした。 最後は泣けます。 俳優の中では高収入な西島秀俊さん、俳優って意外と、芸能界では収入が低い方なんです。

次の