モトカレ マニア ドラマ。 『モトカレマニア』ドラマオタクの感想!(1~5話)

【2019年秋ドラマ最新情報】主題歌は超特急に決定!モトカレマニアのあらすじと全キャスト、主題歌情報、原作情報も!

モトカレ マニア ドラマ

その理由は、初めて付き合った彼氏・マコチこと斉藤真との恋愛にあった。 だが、その大切な時期にユリカの最初の恋愛は、あまりにもうまくすんなりと行きすぎた。 好きになった人といい雰囲気になり、自然と付き合う。 これはいま考えると貴重な経験なのだが、ユリカにはその尊さがわからなかった。 自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、ユリカはマコチを振ってしまう。 「すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!」と思っていたが、次に付き合った男はクズ! 2人目に付き合った男はもっとクズ! さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、彼氏も好きな人も作らず、現在に至る。 「好きってなんだっけ??」「恋愛ってどうするんだっけ!?」など、頭でグルグル考えるだけの日々は過ぎていくなか、ユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう』。 最初に付き合った彼氏・マコチ。 唯一、恋愛で幸せだった頃の思い出。 モトカレの幸せな思い出を、日々の楽しみとして妄想する日々を送るユリカ。 だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。 それは、ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。 ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。 モトカレとの再会は運命か!? それとも……。 より引用 ドラマ『モトカレマニア』製作スタッフ情報 原作 ドラマ『モトカレマニア』の原作は、現在「Kiss」(講談社)で連載中の同名コミックです。 コミックスは3巻まで発刊されています。 妄想を突っ走らせるユリカ、脳内会議で増殖しまくるユリカ、ツーンとしたり、赤面したり、感情暴走列車状態のユリカ…。 それを演じる新木優子さんの愛らしさを想像してキュンキュンしています。 とっても楽しみにしています! より引用.

次の

モトカレマニア最終回ネタバレ!結末はさくらと対決!マコチも実は

モトカレ マニア ドラマ

は?何言ってんの?女だって引きずる ! 女の恋は上書き保存、とは言いますが元カレに執着しまくってしまう女子は一定数いるもの。 超特急が木曜劇場の主題歌を担当するのは2015年7月期の『探偵の探偵』以来4年ぶりになります。 「Revival Love」について、ボーカルのタカシさんは 「ドラマの明るい世界観にもつながるようなアップテンポでハッピーな楽興になりました。 歌詞に関しても世の男性、女性、それこそモトカレマニアな方にも共感いただける部分が多いんじゃないかなと思います」とコメント。 モトカレマニアは元カレに執着する女の話という面では結構グサグサくる切ない話ではありますが、ラブコメ調に面白く描かれているので、ポップな楽曲は合いそうですね! ユーキさんは 「ホントにどんな役でもいいので、ドラマに出させていただければすごくうれしいです。 もう、通行人Aでもいいので!」とコメント。 作中への出演に意欲的な様子なので、 超特急の出演も十分ありうるでしょう! 今回、作詞作曲を務めるのはいきものがかりでギターを務める水野良樹さん。 超特急が他のグループの方に曲を提供されるのは初めてだそう。 これをきっかけにまたいつかコラボなんかもあるかもしれません。 見た目も悪くなく、コミュニケーションが下手ということでもないのに上手く恋愛ができない。 初恋の後に付き合った二番目の彼氏はクズ、次はもっとクズ。 3人目もクズと付き合うのはもうごめんと彼氏も恋もせず、初恋の元カレに執着して今に至る。 転職してチロリアン不動産に就職。 最初の恋愛が上手くいっていたからこそ、慢心した気持ちで就職をきっかけに自ら初カレを振ってしまい、そこから恋愛が分からなくなってしまった主人公。 多分、女の子なら共感できる所があるはず。 新木さんはドラマ初主演。 今まで演じられたキャラクターとは違う"イタかわ女子"の演技に注目です。 5年前にユリカと別れ、現在不動産会社勤務の30代独身イケメン。 別れてからはユリカの前から姿を消していた。 確かに高良さんってラブコメのイメージは皆無で新鮮ですよね。 しかし好青年からゴリゴリハードな男まで演じきる高良健吾さんですが、「女心を惑わす罪な男子」って高良さんにぴったりの言葉だと思います。 連ドラは2016年フジ系列の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以来の出演。 優しくて誠実なザ・いい人。 大手食品メーカーに勤めており、食べ歩きが趣味。 恋愛には奥手だが、ユリカに好意を持った山下は付き合おうと告白。 だが、山下も"あること"をこじらせており、そのこじらせによりユリカと意気投合することになる。 浜野さんは出演に対して 「ラブコメを演じるのも見るのも好きですが、もうやらせてもらえないのかなと思ってたところに迷い込んできた運命のような話なので全身全霊で山下になろうと思います」とコメント。 コメディものだと映える演技をされる浜野さんですが、恋愛絡みということで、どんな演技をするのかも注目ですね。 さくらが新しい作品の執筆をすることを熱望。 見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手ということでもないのにうまく恋愛ができない難波ユリカ。 その理由は、 初めて付き合った彼氏・マコチこと斉藤真との恋愛にあった。 だが、その 大切な時期にユリカの最初の恋愛は、あまりにもうまくすんなりと行きすぎた。 好きになった人といい雰囲気になり、自然と付き合う。 これはいま考えると貴重な経験なのだが、ユリカにはその尊さがわからなかった。 自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、ユリカはマコチを振ってしまう。 「すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!」と思っていたが、 次に付き合った男はクズ!2人目に付き合った男はもっとクズ!さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、彼氏も好きな人も作らず、現在に至る。 「好きってなんだっけ??」「恋愛ってどうするんだっけ!?」など、頭でグルグル考えるだけの日々は過ぎていくなか、 ユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう』。 最初に付き合った彼氏・マコチ。 唯一、恋愛で幸せだった頃の思い出。 モトカレの幸せな思い出を、日々の楽しみとして妄想する日々を送るユリカ。 だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。 それは、 ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。 ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。 モトカレとの再会は運命か!?それとも……。 自分の機嫌を自分で直す大人になろう…. ! 期間限定の公式ブログで撮影の裏側が見れちゃう? 主演の新木優子さんが、モトカレマニアの撮影の裏側を綴る公式ブログが開設されてます! URL: 期間限定ブログのため、最終回には閉鎖しちゃうブログだそうです。 このブログでしか見ることのできない出演者のオフショットやドラマ撮影の裏話など更新されていく模様。 民放ドラマで主演俳優一人でドラマ専用アメブロを運用するのは初めての試みだそう! ぜひチェックしてみてください。 原作への愛と尊敬を持って実写化を企画してくださるプロデューサーに間違いはないはず。 まとめ 元カレの事好きすぎてつらい、元カレのSNS漁っちゃうの止められない、他の人とデートしてても元カレの事重ねちゃう、別れたのに頭から離れない!!! 分かる。 つらい。 マジでつらい。

次の

『モトカレマニア』ドラマオタクの感想!(1~5話)

モトカレ マニア ドラマ

は?何言ってんの?女だって引きずる ! 女の恋は上書き保存、とは言いますが元カレに執着しまくってしまう女子は一定数いるもの。 超特急が木曜劇場の主題歌を担当するのは2015年7月期の『探偵の探偵』以来4年ぶりになります。 「Revival Love」について、ボーカルのタカシさんは 「ドラマの明るい世界観にもつながるようなアップテンポでハッピーな楽興になりました。 歌詞に関しても世の男性、女性、それこそモトカレマニアな方にも共感いただける部分が多いんじゃないかなと思います」とコメント。 モトカレマニアは元カレに執着する女の話という面では結構グサグサくる切ない話ではありますが、ラブコメ調に面白く描かれているので、ポップな楽曲は合いそうですね! ユーキさんは 「ホントにどんな役でもいいので、ドラマに出させていただければすごくうれしいです。 もう、通行人Aでもいいので!」とコメント。 作中への出演に意欲的な様子なので、 超特急の出演も十分ありうるでしょう! 今回、作詞作曲を務めるのはいきものがかりでギターを務める水野良樹さん。 超特急が他のグループの方に曲を提供されるのは初めてだそう。 これをきっかけにまたいつかコラボなんかもあるかもしれません。 見た目も悪くなく、コミュニケーションが下手ということでもないのに上手く恋愛ができない。 初恋の後に付き合った二番目の彼氏はクズ、次はもっとクズ。 3人目もクズと付き合うのはもうごめんと彼氏も恋もせず、初恋の元カレに執着して今に至る。 転職してチロリアン不動産に就職。 最初の恋愛が上手くいっていたからこそ、慢心した気持ちで就職をきっかけに自ら初カレを振ってしまい、そこから恋愛が分からなくなってしまった主人公。 多分、女の子なら共感できる所があるはず。 新木さんはドラマ初主演。 今まで演じられたキャラクターとは違う"イタかわ女子"の演技に注目です。 5年前にユリカと別れ、現在不動産会社勤務の30代独身イケメン。 別れてからはユリカの前から姿を消していた。 確かに高良さんってラブコメのイメージは皆無で新鮮ですよね。 しかし好青年からゴリゴリハードな男まで演じきる高良健吾さんですが、「女心を惑わす罪な男子」って高良さんにぴったりの言葉だと思います。 連ドラは2016年フジ系列の『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』以来の出演。 優しくて誠実なザ・いい人。 大手食品メーカーに勤めており、食べ歩きが趣味。 恋愛には奥手だが、ユリカに好意を持った山下は付き合おうと告白。 だが、山下も"あること"をこじらせており、そのこじらせによりユリカと意気投合することになる。 浜野さんは出演に対して 「ラブコメを演じるのも見るのも好きですが、もうやらせてもらえないのかなと思ってたところに迷い込んできた運命のような話なので全身全霊で山下になろうと思います」とコメント。 コメディものだと映える演技をされる浜野さんですが、恋愛絡みということで、どんな演技をするのかも注目ですね。 さくらが新しい作品の執筆をすることを熱望。 見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手ということでもないのにうまく恋愛ができない難波ユリカ。 その理由は、 初めて付き合った彼氏・マコチこと斉藤真との恋愛にあった。 だが、その 大切な時期にユリカの最初の恋愛は、あまりにもうまくすんなりと行きすぎた。 好きになった人といい雰囲気になり、自然と付き合う。 これはいま考えると貴重な経験なのだが、ユリカにはその尊さがわからなかった。 自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、ユリカはマコチを振ってしまう。 「すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!」と思っていたが、 次に付き合った男はクズ!2人目に付き合った男はもっとクズ!さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、彼氏も好きな人も作らず、現在に至る。 「好きってなんだっけ??」「恋愛ってどうするんだっけ!?」など、頭でグルグル考えるだけの日々は過ぎていくなか、 ユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう』。 最初に付き合った彼氏・マコチ。 唯一、恋愛で幸せだった頃の思い出。 モトカレの幸せな思い出を、日々の楽しみとして妄想する日々を送るユリカ。 だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。 それは、 ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。 ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。 モトカレとの再会は運命か!?それとも……。 自分の機嫌を自分で直す大人になろう…. ! 期間限定の公式ブログで撮影の裏側が見れちゃう? 主演の新木優子さんが、モトカレマニアの撮影の裏側を綴る公式ブログが開設されてます! URL: 期間限定ブログのため、最終回には閉鎖しちゃうブログだそうです。 このブログでしか見ることのできない出演者のオフショットやドラマ撮影の裏話など更新されていく模様。 民放ドラマで主演俳優一人でドラマ専用アメブロを運用するのは初めての試みだそう! ぜひチェックしてみてください。 原作への愛と尊敬を持って実写化を企画してくださるプロデューサーに間違いはないはず。 まとめ 元カレの事好きすぎてつらい、元カレのSNS漁っちゃうの止められない、他の人とデートしてても元カレの事重ねちゃう、別れたのに頭から離れない!!! 分かる。 つらい。 マジでつらい。

次の