ポプラの枝とは。 ポプラ・アスペンの樹木ワンド・枝束【囁く木】

【卸・教室・小売】毛糸のプロショップポプラ【編み物】

ポプラの枝とは

【ドロノキとは】 ・本州中部以北の深山などに見られるヤナギ科の落葉樹で、サハリンやカムチャッカなどアジア東北部にも分布する。 の仲間だが現代の庭園で庭木とする例はほとんどない。 旧満州国では防風目的の街路樹として用いられた。 ・葉はに似た卵形で裏面が白く、縁にはギザギザが目立つ。 葉脈は凹み、表面に皺が多いのが特徴。 枝や冬芽からは多量の樹脂を分泌し、手で触れると粘々して不快な思いをする。 ・雌雄異株で4~6月頃、葉の出る前あるいは葉と同時に紫緑色をした無数の小花が垂れ下がる。 花の後にできる実は7~8月頃に熟し、中から綿毛のある種子が顔を出す。 このため、別名をワタノキやキワタなどという。 ・種子の綿毛は「柳絮(りゅうじょ)」と呼び、これを集めて綿の代用にすることもあったが、飛び散って道路や住宅地に堆積するため、時に邪魔者扱いされる。 ・樹皮は若木のうちは白いが、樹齢を重ねるに従ってグレーになる。 画像のようにソロバン玉に似た模様が浮かび上がって美しいが、この樹皮の色合いから「ドロノキ」と名付けられた。 ・幹は直径1.5m~2mほどになるが、材は白くて柔らかいため、建材には使われない。 その特性を利用して爪楊枝やマッチの軸、下駄、経木、パルプ、船舶材等とされる。 材が泥のように柔らかいためドロノキと名付けられたという説もある。 【育て方のポイント】 ・原産地は川岸や渓谷など湿地の多い場所であり、乾燥地では育てるのが難しい。 ・軽くて養分の多い砂地を好む。 ・芽を出す力が強く、剪定には十分に耐える。 ・実生、挿し木で増やしやすい。 ・サメハダハマキチョッキリという虫が寄生して、葉が丸まることがある。 また、ドロエダタマワタマシによって枝に「虫こぶ」ができることがある。

次の

ポプラとは?ポプラの木の特徴は?ポプラ並木の名所は?

ポプラの枝とは

【ドロノキとは】 ・本州中部以北の深山などに見られるヤナギ科の落葉樹で、サハリンやカムチャッカなどアジア東北部にも分布する。 の仲間だが現代の庭園で庭木とする例はほとんどない。 旧満州国では防風目的の街路樹として用いられた。 ・葉はに似た卵形で裏面が白く、縁にはギザギザが目立つ。 葉脈は凹み、表面に皺が多いのが特徴。 枝や冬芽からは多量の樹脂を分泌し、手で触れると粘々して不快な思いをする。 ・雌雄異株で4~6月頃、葉の出る前あるいは葉と同時に紫緑色をした無数の小花が垂れ下がる。 花の後にできる実は7~8月頃に熟し、中から綿毛のある種子が顔を出す。 このため、別名をワタノキやキワタなどという。 ・種子の綿毛は「柳絮(りゅうじょ)」と呼び、これを集めて綿の代用にすることもあったが、飛び散って道路や住宅地に堆積するため、時に邪魔者扱いされる。 ・樹皮は若木のうちは白いが、樹齢を重ねるに従ってグレーになる。 画像のようにソロバン玉に似た模様が浮かび上がって美しいが、この樹皮の色合いから「ドロノキ」と名付けられた。 ・幹は直径1.5m~2mほどになるが、材は白くて柔らかいため、建材には使われない。 その特性を利用して爪楊枝やマッチの軸、下駄、経木、パルプ、船舶材等とされる。 材が泥のように柔らかいためドロノキと名付けられたという説もある。 【育て方のポイント】 ・原産地は川岸や渓谷など湿地の多い場所であり、乾燥地では育てるのが難しい。 ・軽くて養分の多い砂地を好む。 ・芽を出す力が強く、剪定には十分に耐える。 ・実生、挿し木で増やしやすい。 ・サメハダハマキチョッキリという虫が寄生して、葉が丸まることがある。 また、ドロエダタマワタマシによって枝に「虫こぶ」ができることがある。

次の

梅と桜は、枝から再生出来るのか?

ポプラの枝とは

ヤナギ科の落。 ともいう。 ヨーロッパで耐寒性が強く,庭園やに栽植される。 高さ 30mに達し,はし,多数のも直立するので,を立てたような特異な樹冠を形成する。 葉は互生し,光沢のある菱状卵形で,縦方向に左右から扁平な長い柄があるためにも揺れて,葉と葉が触れ合う。 であるが,普通は雄株だけ知られている。 春季,葉に先立って尾状の花穂を垂れる。 はなく,の毛が白く,綿状にふくらむ。 俗にポプラと呼ぶのはこの1種だけではなく,アメリカ P. nigraやウラジロハコヤナギ P. albaなど,類似の外来種を混同していることもある。 日本にする同属のものには,,ヤマナラシなどがある。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 ヤナギ科ヤマナラシ属 Populusの総称。 属名のポプルスは「人民」「人民の木」などの意味がある。 雌雄異株の落葉高木で、枝に頂芽と側芽を形成し、分枝は単軸的である。 芽鱗 がりん は数枚か多数が瓦 かわら 重ね状に配列し、樹脂を分泌する。 葉柄は長く、丸いか上部が左右に扁平 へんぺい で全縁または縁 へり に歯牙 しが があり、托葉 たくよう は早落性。 尾状花序は下垂し、受粉は風媒性。 包葉は縁が細裂し、基部に杯 さかずき 状の蜜腺 みつせん がある。 雄花は4本または多数の雄しべがあり、花糸は離生し、葯 やく は赤色。 雌しべの柱頭は2~3裂し、 果 さくか は2~4裂する。 種子は小さく、白色の綿毛(柳絮 りゅうじょ )により飛散する。 世界に約40種あり、おもに北半球、少数が南半球に分布する。 日本では、枝が直上し、樹冠が狭く箒 ほうき 状になるセイヨウハコヤナギLombardy poplar/ P. nigra L. ほかに、日本にはヤマナラシ、チョウセンヤマナラシ、ドロノキとチリメンドロの近似のものが野生している。 また明治以降、ヨーロッパヤマナラシ P. tremula L. 、ヨーロッパクロヤマナラシ P. nigra L. 、ハクヨウ P. alba L. 、ナミキドロ P. deltoides Marsh. など多くの外来ポプラが用材目的の育種の対象として、また緑化や風致のため、圃場 ほじょう 、公園、校庭、街路などに植栽される。 [菅谷貞男] 文化史ギリシア神話では、ヘラクレスが巨人カクスを退治した際、ポプラの小枝で勝利の冠をつくったと語られ、古代ギリシアではヘラクレスの木とよばれていた。 ディオスコリデスは、ポプラの樹皮を坐骨 ざこつ 神経痛の飲み薬や、細かく切って食用キノコの栽培床に使うと述べている(『薬物誌』)。 古代ローマでは、枝をブドウの支柱に使い、花序から軟膏 なんこう 用の油をとった。 また、葉はギンバイカ(フトモモ科の常緑低木) Myrtus communis L. やオリーブの葉といっしょに遺体を包むのに用い、それを陶器の柩 ひつぎ に入れて葬る様式があり、プリニウスはこれをピタゴラス派風とよんだ(『博物誌』)。 聖書でハコヤナギ P. sieboldi Miq. と訳されているヘブライ語のリブネlivne, libne(「創世記」30章37節)はポプラではなく、エゴノキ科のヤクヨウエゴノキ Styrax officinalis L. とする見解がある。 一方、「琴を掛けた」(「詩篇 しへん 」137章2節)や「王の心も民の心も林の木々が揺らぐように動揺した」(「イザヤ書」7章2節)に出るヘブライ語のベカイム becaimにはコトカケヤナギ P. euphratica Oliv. があてられている。 キリストが処刑された十字架はポプラの木であるとの言い伝えがあり、一部のキリスト教徒は聖なる木としている。 第二次世界大戦中に連合国に封鎖されたイタリアは木材不足に悩み、成長の早いポプラを育成、その 154号は首相ムッソリーニの名をとってムッソリーニポプラとよばれた。 これを改良したのがイタリアポプラとして、戦後、日本に導入された。 なお、よく知られている北海道大学のポプラ並木は、1903年(明治36)に植えられたものという。 [湯浅浩史].

次の