矢川 澄子 - 矢川澄子

澄子 矢川 矢川澄子 ことばの国のアリス

澄子 矢川 『おにいちゃん―回想の澁澤龍彦』(矢川澄子)の感想(8レビュー)

澄子 矢川 <詩を読む vol.31>「モダンガールズ

澄子 矢川 矢川澄子

『おにいちゃん―回想の澁澤龍彦』(矢川澄子)の感想(8レビュー)

澄子 矢川 矢川澄子とは 読書の人気・最新記事を集めました

澄子 矢川 矢川澄子とは 読書の人気・最新記事を集めました

澄子 矢川 cdn.snowboardermag.com: おにいちゃん―回想の澁澤龍彦

[mixi]朝日新聞で見たエッセイ

澄子 矢川 矢川澄子の復刊を願う。|ほんや|note

澄子 矢川 * 真白の書棚

澄子 矢川 矢川澄子

葬送譜 第8回

ユリイカ2002年10月 総特集:矢川澄子・不滅の少女 青土社

加筆と推敲を多めにしておいた。

  • そして、いまも傷は甘く切なく痛々しく癒えておりません。

  • エレイン・モス選『あさなゆうなに こどものための詩集1』冨山房 1980年• さっそく順天堂のおしゃべり病理医の小倉加奈子ちゃんが肺機能を強化するトライボールZを持参してくれた。

  • 『わたしの気まぐれA to Z』(連作エッセイ)大和書房、1994年• 1943年、府立第十一高等女学校(現・)に入学。

矢川澄子 ことばの国のアリス : 戯れ唄集

同年4月、学科にしたがに中退。

  • 千夜千冊はもはやぼくの専任仕事ではなくなっているといったほうがいい。

  • その意味で私、とてもよかったと思ってるの。

  • ヤーノシュ『ゆきだるまのおきゃくさま』偕成社 1982年• ぜひエディットタウンを見てほしい。

cdn.snowboardermag.com: おにいちゃん―回想の澁澤龍彦 : 矢川 澄子: Japanese Books

やっぱり「キジュ」はどうみてもヤバいのだ。

  • 最近はいままで封印していた神秘主義やグノーシス主義やヘルメス思想にまつわる重大な本にとりくんでいる。

  • 父親ゆずりの体質だろうと思うことにした。

  • 矢川さんは新築したばかりの家を出ていき、その家に龍子さんが入られたのだと思いますが、お義母さんとのご同居もそのままで、お嫁さんだけが入れ替わったような、他者からみれば不思議を覚える生活も、具体的には語りはしていませんが、龍子さんは自然体で受け止めていたことが伝わってきます。

[mixi]朝日新聞で見たエッセイ

このほか、澁澤は娼婦との妻妾同衾を矢川に要求したことがあると自ら認めている(との対談における澁澤の発言)。

  • 矢川澄子は、私にとって渋澤龍彦の妻ではなかった。

  • そういう姿はさすがに情けないもので、何か、がっかりさせられます。

  • バーニー・ボス『ひとりっこのオリー』童話屋 1990年• おかげで実売も土用のうなぎのぼりのようだ。

矢川澄子 ことばの国のアリス : 戯れ唄集

それもフランス語やドイツ語やノルウェー語の違いだけでなく、同じ日本語でも津軽弁と名古屋弁と広島弁の違いもおこします。

  • 好きなときに好きなことを書くようなジンセーにしておけばよかったのに、なんだか律義な責任のようなものをつくりすぎたのだ。

  • 澁澤龍彦という天才を支え、共に生きるという大仕事は、明るく天真爛漫な龍子さんだから成し遂げたことなのかもしれません。

  • 亡くなられた今 また 五月が近づくにつれて 彼女への近親憎悪とともに なまものである 人の感情の・心情の・情愛の 一筋縄ではゆかぬ綾織り乱る わだかまり を 再びぼんやりと考えざるをえません。

cdn.snowboardermag.com: おにいちゃん―回想の澁澤龍彦 : 矢川 澄子: Japanese Books

死亡通知が新聞に載った日に 彼女のエッセー集が届きました。

  • 矢川澄子「一九五X年・夏」• 今のところ、勉強することがエクスタシーです。

  • 葬送譜 第8回 01 08 林 茂雄 矢川澄子とプラトニック 今年2002年の5月末、ひとりの少女がこの世を去った。

  • 昭和34年岩波書店時代に知り合った澁澤龍彦と結婚。

    関連記事



2021 cdn.snowboardermag.com