軽自動車 燃費 1box。 軽の1BOX(4WD)について

軽自動車のワンボックス (10・15モード燃費順)

軽自動車 燃費 1box

0kgm 16. 2 18. 0 0. 0kgm 16. 2 18. 0 0. 9kgm — 17. 2 0. 9kgm — 17. 2 0. 9kgm — 17. 0 0. 4kgm — 17. 0 0. 4kgm — 17. 0 0. 8kgm — 17. 0 0. 8kgm — 17. 0 0. 9kgm — 17. 0 0. 3kgm — 16. 8 0. 5kgm — 16. 6 0. 5kgm — 16. 4 0. 3kgm — 16. 4 0. 3kgm — 16. 4 0. 0kgm 15. 2 16. 4 0. 3kgm — 16. 4 0. 3kgm — 16. 4 0. 5kgm — 16. 4 0. 3kgm 15. 0 16. 2 0. 3kgm 14. 6 16. 2 0. 8kgm — 16. 0 0. 8kgm — 16. 0 0. 4kgm — 16. 0 0. 9kgm — 15. 8 0. 0kgm 14. 2 15. 8 0. 0kgm 15. 2 15. 8 0. 0kgm 14. 2 15. 8 0. 3kgm — 15. 8 0. 5kgm — 15. 8 0. 9kgm — 15. 8 0. 9kgm — 15. 6 0. 3kgm — 15. 6 0. 4kgm — 15. 6 0. 9kgm — 15. 6 0. 3kgm — 15. 4 0. 5kgm — 15. 2 0. 5kgm — 15. 2 0. 3kgm — 15. 2 0. 7kgm 13. 8 15. 2 0. 7kgm 14. 4 15. 2 0. 4kgm — 15. 2 0. 5kgm — 15. 2 0. 5kgm — 15. 2 0. 5kgm — 15. 0 0. 3kgm — 15. 0 0. 4kgm — 15. 0 0. 8kgm — 15. 0 0. 8kgm — 15. 0 0. 5kgm — 15. 0 0. 5kgm — 15. 0 0. 5kgm — 14. 8 0. 8kgm — 14. 8 0. 5kgm — 14. 8 0. 5kgm — 14. 8 0. 8kgm — 14. 8 0. 5kgm — 14. 8 0. 4kgm — 14. 8 0. 3kgm 14. 0 14. 6 0. 3kgm 14. 0 14. 6 0. 4kgm — 14. 6 0. 5kgm — 14. 6 0. 3kgm 13. 6 14. 4 0. 3kgm 13. 6 14. 4 0. 5kgm — 14. 4 0. 7kgm 13. 8 14. 4 0. 8kgm 12. 8 14. 2 0. 5kgm — 14. 2 0. 5kgm — 14. 2 0. 8kgm 12. 8 14. 2 0. 5kgm — 14. 2 0. 5kgm — 14. 0 0. 5kgm — 13. 4 0. 8kgm 12. 2 12. 8 0. 8kgm 12. 2 12. 8 0. 7kgm 14. 6 — 0. 7kgm 14. 6 — 0. 7kgm 16. 2 — 0. 7kgm 16. 2 — 0. 7kgm 13. 8 — 0. 7kgm 14. 4 — 0. 3kgm — — 0. 8kgm — — 0. 8kgm — — 0. 3kgm — — 0. 7kgm 16. 2 — 0. 7kgm 16. 2 — 0. 7kgm 14. 6 — 0. 7kgm 14. 6 — 0. 7kgm 14. 6 — 0. 7kgm 16. 2 — 0.

次の

軽バンおすすめ5選|燃費や中古車相場を徹底比較

軽自動車 燃費 1box

軽自動車は普通車に比べると本当に燃費が良いの? 維持費が安い、使い勝手が良い、など魅力の軽自動車ですが、中でも「燃費の良さ」を1番の魅力と感じている方も多いでしょう。 そのイメージ通り、軽自動車は普通車に比べると車両本体の重量が軽くエンジンも小さいため、走行に必要なエネルギーやガソリンの消費も抑えることができます。 また、コンパクトカーであれば軽自動車と肩を並べるほど低燃費の車種もありますが、圧倒的に種類が少なく、条件を絞るとますます気に入った車種を見つけるのが困難になってしまいます。 燃費の良さに加え、ボディタイプや色、使い勝手など条件に合った自動車を探すなら、軽自動車がおすすめです。 燃費表示でよく見る「JC08モード」って? 「JC08モード」とは、車種間において同じ条件下で燃費数値を比較するための基準として作られた燃費の測定方法の1つです。 従来は異なる測定方法で計測されていましたが、使用環境の変化や測定技術の進歩に伴い、2011年4月に新たに設定されました。 現在メーカーが新型車を開発し販売する際、国の機関(独立行政法人 交通安全環境研究所)で「型式指定検査」を受けることが義務付けられています。 その検査の中に「JC08モード燃費」も含まれます。 「JC08モード」では、市街地や郊外での一般走行を想定し、一定のパターンで自動車を走らせることで燃料1Lあたりの走行距離を計測します。 実際に車道を走るわけではなく、自動車の馬力や燃費を測定する専用装置(シャーシダイナモメーター)で走行試験を行いますが、エアコンやオーディオ、カーナビなど電装品は完全に切った状態で行われるため、実際の使用条件における「実燃費」とは差が出る場合がほとんど。 「JC08モード」は、あくまでも目安と考えておくといいでしょう。 ターボ付き軽自動車の燃費ランキング 「ターボ付きエンジン」とは、従来のエンジンの大きさはそのままに、空気を通常よりも多く取り入れることで走行パワーを強くする仕組みのことです。 近年軽自動車のボディサイズは大きくなっていますが、排気量は規格で66までと定められているため、エンジン自体を大きくすることはできません。 そこで、軽自動車のパワー不足を補うためにターボ機能を搭載している軽自動車が登場しています。 一般的に「燃費が悪い」と思われがちなターボ車ですが、現在は技術の向上により燃費に大きな差はなくなっているのが特徴で、特にアウトドアや遠乗りをするという人は、ターボの力強さと軽自動車の低燃費さを兼ね備えたターボ付き軽自動車がおすすめです。 最大の特徴は、ボディ左側のピラーをスライドドアと一体化させた「ミラクルオープウンドア」です。 左側は前後両ドアを解放すると開口幅1,490mmとなり、まるで居住空間に入るように乗車することが可能。 スーパーハイトクラスの軽自動車の中では、低燃費ナンバー1なのも魅力的です。 軽自動車の特徴の1つ「燃費の良さ」という視点から、「ハイブリッド」「ターボ」「スライドドア」3つの条件別に10車種をご紹介しました。 せっかく自動車を買うなら燃費だけでなく性能や使い勝手にもこだわりたい、という方も多いはず。 どの車種もそれぞれに特徴があるので、ぜひ一度お店へ足を運んでみてください。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の

全高が低い 軽自動車の1BOX ランキング

軽自動車 燃費 1box

セダンタイプ(ミライース、アルトなど)の燃費比較ランキング 最もベーシックな軽自動車のは、車重が軽く燃費の良いモデルが多いのが特徴です。 ボディタイプにこだわりがないのであれば、燃費重視の方には一番おすすめとなります。 車種名 JC08モード燃費 アルト 37. しかもアルトは89万円で買えるので、アクアの半額ぐらいの価格で同じ燃費が手に入るのでお買い得です! スズキとダイハツの燃費競争が繰り広げられていましたが、ここにきてスズキが優位になってきています。 アルトは徹底した軽量化の実現と、エネチャージの技術でハイブリッドなみの燃費が実現しています。 新型ミライースはカタログ燃費の追求から方針転換されたと考えてよいでしょう。 ダイハツはカタログ数値よりも実燃費が向上していると報じていますが、正直ガソリンエンジンの限界がきているのでしょう。 価格はハイブリッドのアクアの約半分で燃費は同じのアルトは軽自動車の中でも一番の燃費重視の方おすすめモデルです。 ハイトワゴンタイプ(ワゴンR、ムーヴなど)の燃費比較ランキング セダンタイプではあまりにも狭いので、もう少しリアシートなども使える室内空間によゆうのあるモデルが良い方は、全高が1,600mm以上のがおすすめとなります。 少し重量が重くなるので、セダンタイプよりも燃費が悪くなりますが、燃費の悪いセダンタイプよりも燃費の良い車種もあるので注目です。 車種名 JC08モード燃費 ワゴンR 33. ちなみにフレアはマツダから発売されているワゴンRの兄弟車です。 ワゴンRは徹底した軽量化とスズキのS-エネチャージの搭載により、セダンタイプの軽自動車なみの低燃費を実現しています。 S-エネチャージとは一般的にはモーターアシストとも呼ばれ、搭載されているモーターがエンジンの働きをサポートする仕組みです。 もっと分かりやすく言えば、マイルドハイブリッドです。 プリウスやアクアのようにモーターだけで走行することは出来ないので、アクア程の低燃費ではないですが、安いコストで製造できるためワゴンRへの搭載が実現できたのでしょう。 軽自動車ならマイルドハイブリッドでも充分燃費向上の効果はあります。 また、モーターがエンジンをアシストしてくれるので、発進時などライバルと比較しても力強い加速性能が実感できるメリットもあります。 価格も通常エンジンの最も安いグレードが107万円なのに対して、ハイブリッドモデルは117万円からと10万円高いだけです。 ムーヴの最も安いグレードが113万円からなので価格差はわずか4万円です。 マイルドハイブリッド搭載で燃費とパワーも圧倒的に優位です。 価格もハイブリッドだからといって高くはありません。 スーパーハイトワゴン(N-BOX、タント、スペーシアなど)の燃費比較ランキング 全高1,700mm以上で室内が広くファミリーカーとして人気になっているのがです。 スライドドアに高い全高のため、重量が重くなるこのタイプは、軽自動車の中でも燃費の悪いボディタイプになります。 数値的だけでなく、2人以上で乗ることが多いので実際の燃費も悪くなる傾向です。 車種名 JC08モード燃費 ズペーシア 30. これでここまでスズキの軽自動車が低燃費ランキング3冠です! スペーシアにもワゴンRと同じくマイルドハイブリッドが搭載されています。 さらにスペーシアは重量が850kgとN-BOXの890kg、タントの920kgと比較してもかなり軽量となっています。 しかし、燃費が悪かったのは先代までのモデルで、2017年9月にモデルチェンジされた新型N-BOXはタントと遜色ない燃費なっています。 燃費不正で問題となった三菱のeKスペースと、あおりを受けた日産のデイズルークスについては触れないでおきます・・・。 次期モデルでの復活に期待しましょう。 結論 スーパーハイトワゴンで一番低燃費なのはスズキのスペーシアです。 全モデルがマイルドハイブリッド車で、ライバルN-BOXとの差も大きいです。 SUV、クロカンタイプ(ハスラー、ジムニーなど)の燃費比較ランキング は、少し趣味性が高かったり、遊び心のある軽自動車で、昔からはオフロード性能の高さが根強い人気のジムニーや、かわいいスタイリングで発売から人気となったハスラーと、これに対抗してダイハツから発売されたキャスト アクティバなどがラインアップされています。 車種名 JC08モード燃費 ハスラー 32. ただし、このカテゴリーは指名買いが多いので、ハスラーとジムニーを比較することはありませんね。 ジムニーに低燃費を求める方もいないでしょう。 結論 ハスラーはワゴンR、キャストはムーヴがベースなので燃費は良いです。 ジムニーは燃費を気にしない! 1BOXタイプ(エブリイワゴン、アトレーワゴンなど)の燃費比較ランキング 商用バンとして使用されていることの多い1BOXタイプですが、スーパーハイトワゴンなみの室内空間が魅力で一般使用されている方もいます。 全高が1,800mmとスーパーハイトワゴンよりも高いので、改造してキャンピングカーにしている方も多いです。 車種名 JC08モード燃費 バモスホビオ 17. すべてターボエンジンが燃費が悪く見えている原因です。 これまでは最も燃費の良いグレードを紹介しているためすべてNAエンジンでした。 ターボエンジンとしての燃費を見ると、燃費が悪い部類のN-BOXターボが23. 最新の軽自動車がCVTなのに対して、1BOXタイプは4ATが採用されているのも要因です。 やはり商用バンとしてか、キャンピングカーとしての使用かで燃費を気にせずが基本です。 スポーツタイプ(コペン、アルトワークスなど) 軽量なボディで軽快な走りが楽しめると、今人気となっているのがです。 もちろん排気量は660ccで最高出力64psなので、パワーでグイグイスピード感を楽しむのではなく、800kg台と軽いボディにコペンのようにオープンモデルをマニュアルミッションで軽快に楽しむイメージです。 車種名 JC08モード燃費 コペン 25. この数値は3台ともマニュアルミッションモデルでの燃費ではありません。 マニュアルの燃費はこれよりも悪くなります。 スポーツモデルなので、マニュアルで乗りたい方も多いでしょう。 コペンが5MTで22. S660が6MTで21. アルトワークスが5MTで23. スポーツモデルは燃費重視でない方が多いとは思いますが・・・。 燃費あんまり関係ないかもしれませんが・・・。 低燃費の軽自動車はスズキが一番 いかがてしょう。 こうしてみると、スズキの軽自動車が燃費が良いことがよくわかります。 スズキはS-エネチャージと名付けたマイルドハイブリッドをたくさんの車重に搭載することで低燃費を実現しています。 また、S-エネチャージは燃費向上だけでなくエンジン始動の時の音がとても静かというメリットもあります。 軽自動車にも当然の機能となったアイドリングストップ。 街中の走行で頻繁にエンジン再始動のシーンがある中、これは大きなメリットです。 これはスターターモーター機能が優れているからで、一般的なギヤ(歯車)ではなくプーリーとベルトを使うことで、実現されています。 軽自動車にも当然の機能となったアイドリングストップ。 街中の走行で頻繁にエンジン再始動のシーンがある中、これは大きなメリットです。 結論 燃費の良い軽自動車に乗り換えるならスズキのs-エネチャージ(マイルドハイブリッド)搭載モデルが絶対おすすめです。

次の