カムリ。 【グレード情報】カムリのグレードをリサーチ!

トヨタ・カムリ

カムリ

ちまたでは、カムリのマイナーチェンジと思われている節もあるが、前述のとおり追加グレードだ。 カムリとカムリWSとの違いは、大きく2つ。 デザインと足回りだ。 トヨタ「カムリWS」のフロントエクステリア トヨタ「カムリWS」のリアエクステリア まず、デザインのテーマは「ICONIC CATAMARAN」。 具体的には、双胴船(そうどうせん=2つの船体を甲板で平行に繋いだ船のこと)のような地面にしっかりと足をつけたようなイメージがポイントだという。 具体的には、バンパーをもっとも外側にまで広げたCATAMARAN形状によって、ワイドスタンスを強調。 加えて、アッパーグリルの突出した立体形状が走りのスポーティーさをイメージさせ、側面から繋がるサイドロッカーとの連続性によって、より低重心なプロポーションになっている。 トヨタ「カムリWS」のインパネ トヨタ「カムリWS」のパドルシフト トヨタ「カムリWS」のフロントシート 内装は、シルバーの専用加飾やハイブリッド車ながらパドルシフト、カムリWS専用のスポーティーなシート表皮などがあしらわれていることが特徴だ。 トヨタ「カムリWS」では足回りのセッティングにも変更が施されている 足回りについては、大きなセッティングの変更が行われている。 基本のハードウェアは共通ながら、より操縦安定性を重視し、特にライントレース性(思った通りにコーナーなどでクルマが曲がっていくこと)が高められている。 もともと、ノーマルグレードのカムリでもライントレース性は高かったのだが、カムリWSではさらに思ったところに舵が一発で決まるようにセッティングされている。 そのため、ショックアブソーバーを新たに開発するとともに、それにともなうブッシュ類やスタビライザー、電動パワーステアリングなどにチューニングが施されている。 「JBL」のスピーカーが採用されていることも、「カムリWS」の特徴のひとつだ サラウンドシステムに関しては「JBL」を採用。 開発の初期からコラボレートすることで、スピーカーに最適なボディ構造が作り上げられた。 顧客の要望に応えるため、当初の予定に無かったカムリWSを投入 なぜ、WSグレードはカムリを発売してからわずか1年ほどで追加されたのだろうか。 そのあたりを、トヨタMid-siz Vehicle Company MS製品企画チーフエンジニアの勝又正人氏に聞いてみよう。 「いま、トヨタは会社として大きく変わりつつあります。 リアルタイムにお客様の声を取り入れ、カムリWSのようなまったく違う見栄えのもの、あるいは新たな機能を持ったものを開発していかなければいけません。 そこで、カムリのようなグローバル車だからこそできる、大変短いスパンでの新商品の投入などチャレンジをしていきたいと思っていました。 今回は、その国内導入のチャレンジ第1弾です」という。 同時に、「新型カムリを導入して1年後に、これだけ違うものを導入していくことは、企画の思いや予測、お客様のクルマに対する期待と多少ずれていたところがあったという反省もあります。 実は、国内のカムリをデビューさせる際、いきなりここまでのものを出してしまったのでは、お客様はついて来られないだろうという判断が正直ありました。 ところがふたを開けてみるとアメリカの仕様(スポーティーグレード)がなぜ日本にないのかという声を多くいただいたのです。 そこで急遽、本来はなかった計画(WSグレードの追加)を進めました。 その分、我々開発陣を含めた熱い思いのこもったクルマになっています」とコメントした。 さらに、「北米や中国で先行して販売しているクルマが、そのまま右ハンドルになって日本にデビューしたのではない」とし、あくまでカムリWSのデザインは海外のカムリと比較的近いが、乗り味に関しては日本独自のものであることを強調した。 「北米や中国でも、スポーティーモデルの比率は半分を超えています。 (海外ではSEやSSEなどと呼ばれ、これまでの国内と同じ仕様はLEやXLEという)。 そこで、国内ではセダン市場が縮小していることもありますので、世界を代表するセダンを国内に導入し、その勢いを取り戻したいという思いからワールドワイド&スポーティーという名前にしました」と思いを述べる。 最後に、勝又さんは「カムリWSが出たことによって、ディーラーへの来店者が増えました。 これだけ差別化をしていますので、これまでのカムリも台数が増え、かつカムリWSの人気も高い状況です」と語った。 ノーマルのカムリよりも締まった足回りが絶妙 トヨタ「カムリWS」のエンジンルーム では、さっそく走り出してみよう。 搭載されるパワートレインは2. 5リッター4気筒エンジンにハイブリッドシステムを組み合わせたもの。 エンジンとモーターを合わせたシステムトータルでの最高出力は211psを発揮する。 実は、筆者は直前までレクサス「ES」に乗っており、高級車であるESからカムリWSへとすぐに乗り換えたので、静粛性や操作感などが少々気になりながらの走り出しとなってしまった。 しかし、レクサスESは700万円オーバー、カムリWSは400万円強なので、その差があるのは当然。 もちろん、パワーウインドウの作動音などもカムリWSのほうが大きい。 しかし、そういった点を含めて300万円もの差があるかといわれると微妙だ。 なぜなら、改めて400万円台のクルマとしてカムリWSを味わってみると、これがなかなかすぐれたクルマだからだ。 トヨタ「カムリWS」の走行イメージ 走りの面から話を始めると、これまでのカムリGグレードも十分なしなやかさと素直なハンドリングを備えた良車であった。 ただし、スポーティーに走らせたり、高速道路で流れをリードするような走り方をすると、少ししなやかすぎるかなという印象があった。 もっとも、購入年齢層を考えると妥当なところだったとは思う。 トヨタ「カムリWS」の走行イメージ しかし、カムリWSはより積極的に運転を楽しめるクルマへと仕上げられている。 特に、高速域でのライントレース性は高く、ほぼ思った通りにクリアできるので、前述したメーカーの思わく通り、運転がうまくなったような気にさせてくれる。 また、そういった時に変にロールすることもないので、同乗者も安心して乗っていられるだろう。 高速道路での乗り心地は、若干硬く感じられるものの、その姿勢はフラットな印象。 ロードノイズもそれほど大きく侵入してこないので、他社のセダンと比較してもカムリWSのほうがすぐれていると感じた。 トヨタ「カムリWS」の走行イメージ ただし、直進安定性はあまり高いとはいえず、若干修正舵が求められる。 これはフロア周りの剛性が若干足りないからのようで、実際にそういったところからの振動が感じられた。 せっかくここまで足回りを仕上げたのだから、こういったところにもこだわってほしいと感じた。 トヨタ「カムリWS」のステアリングに備えられているレーダークルーズコントロールスイッチ 高速道路では、積極的にレーダークルーズコントロールを使用してみた。 先行車を捉える精度は高く、エラーもほとんどない。 しかし、その先行車がいなくなると、一気に加速してその前のクルマとの車間距離を詰めるのは少々鬱陶しいので、このあたりは改善を希望したいところだ。 LDA(レーンディパーチャーアラート)をオンにするとメーター中央に表示される また、LDA(レーンディパーチャーアラート)のステアリング介入は若干弱め、あるいは少し鈍感であるばかりでなく、反応しないこともあるので注意が必要だ。 もうひとつ気になったのは、エンジンノイズだ。 高速道路であっても、EVでの走行からエンジンが始動するというパターンを繰り返すのだが、そのときにエンジン回転が上がるため、そのノイズが気になってしまうのだ。 これは、EV走行時の静粛性が高いため、余計に気になってしまうためだ。 いわばぜいたくな悩みともいえるが、できるならばそのあたりは改善を望みたい。 カムリWSは、一般道を走らせていてもスムーズさ、そして締まった硬さの乗り心地の印象は変わらない。 また、EV走行からエンジンが始動する際の違和感のなさは特筆ものと言える。 音さえ気にしなければ、まったくと言っていいほどエンジンがかかったことはわからないはずだ。 スイッチ類は非常に使いやすく、ひとつひとつのスイッチもきちんとクリック感を持たせており、またスイッチそのものがある程度大きいのでわかりやすいというのも良心的だ。 それはナビの操作性も同様で、画面タッチによるメニューの階層等もよく考えられている。 細かな点では、ステアリングスイッチの配置は適切なのだが、できれば明るい照明がついていてほしかったり、エアコンの中央のアウトレットに風を止めるスイッチがないのは不便を感じた。 できれば左右別々で操作ができるとなおいいと思う。 最後に、燃費を記しておきたい。 一般道では17. これならば、十分に納得できる数値と言えよう。 カムリは、北米と中国をメイン市場としたグローバル展開車だ。 当然、日本とは比較にならないほどの販売台数なので、海外のマーケットを意識した開発がなされている。 では、日本市場には向いていないのかというとそんなことはなく、今回のカムリWSのように国内専用に足回りをセッティングしなおしたクルマを作り上げるあたりは、大いに評価したい。 特に、もともとカムリは素性のいいクルマなので、そこにライントレース性を向上させて乗りやすさを兼ね備えたことは、喜ばしいかぎりだ。 ただし、直進安定性を含めた高速道路での長距離移動はもう一歩というところだ。 その要因はボディ剛性にも関係しているので、このあたりが改良されればより一層乗り心地も向上し、長距離移動も含めた移動の楽しさが増してくると思われる。 そういったことも含めて、レクサスESとはそこまで価格差はないように思えた。

次の

カムリのマイナーチェンジは2021年 北米ではTRDモデルを追加し日本導入の可能性も

カムリ

トヨタが、上級セダン「カムリ」のマイナーチェンジ発売を予定しています。 改良により魅力をアップする新型カムリについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 【最新情報】大幅改良!トヨタ「新型カムリ」ビッグマイナーチェンジへ! トヨタが、セダン「カムリ」のビッグマイナーチェンジ日本発売を予定しています。 トヨタ・カムリはブランドのミドルクラスセダンとして設定され、現行モデルはフルモデルチェンジ時にトヨタの新世代プラットフォーム「TNGA」や最新パワートレインを採用し人気になっています。 ビッグマイナーチェンジを受ける新型カムリは、最新のブランドデザインを採用するほか、装備を充実することにより魅力がアップされます。 新設計されたデザインを採用• 安全装備に、機能をアップデートした「トヨタセーフティセンス」を搭載• 全グレードにE-Four(電気式4WDシステム)搭載車を設定• ディスプレイオーディオおよびDCMを標準装備することにより、スマートフォンと連携し、コネクティッドサービスに対応。 Apple CarPlay、Android Auto、SmartDeviceLinkを採用。 スポーツグレード「WS」と「WSレザーパッケージ」を設定。 北米仕様「XSE」グレードの外装のほか、スポーツサスペンション、デュアルエキゾーストテールパイプ、ボディ同色ドアハンドル、ブラック塗装アルミホイールを採用• 「カムリWS」に2トーンボディカラーを新設定• オート電動格納式ドアミラー、インテリジェントクリアランスソナーを標準装備化• ベースモデルはバンパーの開口部を拡大し、新設計のライトを組み合わせることで質感をアップ。 最新装備!トヨタ新型カムリの内装(インテリア)デザイン トヨタ新型カムリの内装は、素材やカラーリングを変更することにより質感が高められます。 ベースモデルではより上級と落ち着きを重視し、複数の配色パターンを設定。 スポーツモデルのカムリWSには専用シート、パドルシフト、メタリックな風合いのインストルメントパネルオーナメントが採用され、ベースモデルと差別化されます。 SmartDeviceLinkに対応するナビアプリや、音楽・ラジオアプリなどをディスプレイオーディオ上に表示し操作可能とし、LINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などに対応。 また、Apple CarPlay、Android Autoも利用できるようになります。 直列4気筒2. 6kgm リアモーター出力(4WD車のみ):7. 6kgm• トランスミッション:CVT• 駆動方式:FF or 4WD「E-Four」 トヨタ新型カムリには、最新の2. 5Lハイブリッドシステムが搭載されます。 ダイナミックフォースエンジンは、「TNGA(トヨタ・ニューグローバルアーキテクチャー)」に基づいて新開発され、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成しています。 トヨタ新型カムリでは、組み合わせる電気モーターも使用し、高トルクと高レスポンス、高い環境性能を実現。 走行状況にあわせて駆動方式を変更することで、高い発進性と優れた操縦安定性が実現されます。 その他、スポーツグレードのカムリWSでは、応答性の高い操舵フィーリングとフラットな走りを追求した専用のスポーツサスペンションが装備されます。 FF車 JC08モード値:28. 4WD車「E-Four」 JC08モード値:24. 4WDモデルでも後輪をモーターで駆動する「E-Four」を搭載することにより、燃費の低下が抑制されます。 最新システム!トヨタ新型カムリの安全装備は? トヨタ新型カムリの安全装備には、機能をアップデートした先進システム「Toyota Safety Sense」が採用されます。 「Toyota Safety Sense」は、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用した検知センサーとそれに基づく統合的な制御により、クルマだけではなく、歩行者の認識も可能とされ、事故の回避や衝突被害を軽減。 新型カムリでは制御システムをアップデートすることにより、搭載される各機能の検知精度や作動域が改善されます。 ホイールベース:2825mm• 車重 FF車:1550kg 4WD車:1620kg• 最低地上高 FF車:145mm 4WD車:155mm• 全高は新世代プラットフォームのTNGAを採用することで前世代から-30mmとなり、ワイド&ローな安定感あるスタンスに仕上げるとともに、安定感のある走りがつくられます。 350万円~470万円 トヨタ新型カムリの価格は、デザインの変更が主になることから小幅の変更となります。 変更幅は5万円ほどとみられ、グレードにはレザーシートを標準装備する「レザーパッケージ」も設定することで幅広いニーズに対応します。 X FF:3,456,000円、4WD:3,654,000円 いつ?トヨタ新型カムリの日本発売日は? ビッグマイナーチェンジをうけるトヨタ新型カムリの発売日は、2020年後半が予定されています。 トヨタは主力グローバルセダンであるカムリをリフレッシュすることにより、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。 車名のカムリの由来は、日本語の「かんむり 冠 」の異なる語形「かむり」からとされ、王冠を意味する「クラウン」、花冠を意味する「カローラ」などの流れを汲んだものとなっています。 初代の「セリカカムリ」は、スペシャリティカーとして販売されていた「セリカ」のセダンバージョンとして制作され、駆動方式は歴代カムリの中で唯一のFRとなっていました。 FF化によって、同時期に販売されていた上位モデルのクラウンより広い室内空間を持つとして人気になりました。 トヨタ車の車種別世界販売台数では、カローラ、ハイラックス、RAV4、ヤリス(日本名:ヴィッツ)に次ぐ第5位となっており、特に人気がある北米では16年間連続セダン販売台数1位を記録しています。 2008年3月には、外国車メーカーとして1954年のジャガー以来、日本車メーカーとして史上初となる優勝を達成。 2015年にはトヨタから参戦していたカイル・ブッシュが初のドライバーズチャンピオンを獲得。 2016年にはアメリカ以外の自動車メーカー初のマニュファクチャラーズチャンピオンを獲得し、モータースポーツイメージの強いモデルにもなっています。 新型トヨタカムリについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

新型ホンダ・アコードvsトヨタ・カムリ 宿命のライバル、国内で激突!サイズ、燃費、価格を比べる。同門のインサイトはどうだろう?|セダン|MotorFan[モーターファン]

カムリ

パッと見からびっくり 発売直後、パソコン画面で赤いカムリのバナー広告をよく見かけた。 カムリがビューティフルモンスター!? 新型も日本国内は2. 5リッターハイブリッドのみだが、地味な印象の先代モデルから突然のイメージチェンジを図ったということなのか。 カムリはアメリカで月3万台以上をコンスタントに売る不動のベストセラーカーだが、向こうではこんなキャッチコピーは使われていない。 webCG編集部へクルマを取りに行く。 リフトパーキングの扉が開くと、姿を現した試乗車は地味ィなシルバーだった。 赤だと思っていたので、拍子抜けする。 しかし、低い位置に付く水平ラインのフロントグリルはスゴイ。 ビューティフルかどうかは知らないが、ボンネットに入るプレスラインや、リアクオーター部の造形は新鮮だ。 アメリカのデザイン拠点CALTYのアメリカ人デザイナーが手がけたといわれる「C-HR」と同じテイストを感じる。 本体価格419万5800円の最上級グレードだ。 スポーツモードでモンスターに 静かで落ち着いた大型セダン。 新型カムリハイブリッドで走りだした第一印象である。 新世代プラットフォームを採用した4ドアノッチバックボディーは、旧型より大きく、しっかりしている。 腰から下だけで路面の凸凹を吸収するドイツ車的なフラット感には欠けるものの、いかにもフットプリントの大きさを感じさせる乗り心地は上等だ。 パワートレインは、新しい直噴2. 5リッター4気筒にTHSIIの組み合わせ。 先代と比べると、エンジンの最高出力は160psから178psに向上し、一方、モーターの最高出力は143psから120psに抑えられている。 先代のカムリハイブリッドはなかなかの俊足だった。 あれと比べると、新型はやや重々しい。 最初はそう感じた。 モンスターはどこにいるんだよー!? と思ったら、フロアセレクターの近くにあるスポーツモードのボタンを押せばいい。 俄然(がぜん)、スロットルレスポンスが鋭くなり、パワーも目に見えて向上する。 特にゼロ発進のスタートダッシュは、路面を蹴る前輪タイヤのトレッドがイメージできるくらい力強くなる。 パワフルなFF! という感じだ。 スポーツモードで走るカムリは、おそらく国産FFハイブリッド最速だと思う。 このドライブモード切り替えは、今回の新趣向である。 シフトパドルの備えはないが、フロアセレクターにSモードが設けられたのも新しい。 短いセレクターをSモードに入れてシーケンシャルシフトをすると、電気式無段変速機を6段ATとしてステップ変速することができる。 「プリウスGT」とか、「アクアGTI」とか、トヨタはなぜハイブリッドで楽しい高性能モデルをつくらないのか。 ずっと不思議に思っていた。 そういう意味で、新型カムリのこれらの機構は今後の展開に期待を持たせる。 最新の安全装備に思う カムリには「Toyota Safety Sense P」が標準装備される。 単眼カメラとミリ波レーダーを使った運転支援システムだ。 レーダークルーズコントロールは全車速対応で、前走車をロックオンしていれば、ETCゲートも足操作フリーでやってのける。 最近、装着が進んでいるオートマチックハイビームも付いている。 夜のニュータウンに出て、初めて使ってみた。 ダッシュボードのスイッチを押し、コラムレバーでヘッドライトを上向きにすると、あとは必要に応じて自動で上/下を切り替える。 前走車や対向車があるところでは下向きをキープする。 街灯の明かりがあるところでも上向きにはならない。 このクルマのシステムはよくコントロールされていたが、一度バイクに「上向きだぞ」とパッシングされ、その直後に下向きに切り替わった。 歩行者や自転車に対しては減光しない。 というか、カタログの見出しにもあるとおり、「夜間の歩行者の早期発見に貢献する」のがオートマチックハイビームの大きな目的だ。 でも、夜道を歩いているとき、ハイビームに照らされるのはまぶしいし、不愉快である。 ここが悩ましいところだが、少しでも早く、多くの情報を取り込むことは、自動運転技術には欠かせない。 完全自動運転車というのは、けっこうぶしつけなことをするクルマになるのかもしれない。 「燃費」と「広さ」は大したもの 約260kmを走って、燃費はなんと20. 車載燃費計も20. このサイズのクルマでこの燃費は、さすがトヨタハイブリッドである。 全長4885mm、全幅1850mmのFFセダンだから、室内は広い。 後席空間もたっぷりしている。 だがせっかく広いのに、リアシートはお尻が落ち過ぎて、前方の見晴らしがきかないのが残念だ。 「日産エクストレイル」「スバルXV」「マツダCX-5」といったSUVのほうが、乗り込んでしまえば後席乗員フレンドリーだと思う。 リチウムイオン電池をトランク下から後席床下の低い位置に移した結果、トランク容積は2割増え、後席背もたれを倒して、貫通トランクにすることもできる。 「アコードハイブリッド」に対する大きなアドバンテージだ。 このつくりなら、ステーションワゴンもつくれそうである。 日本だとセダンはやはり買う人が限られる。 高速道路でしばらく右後ろにつけてガン見していったのは、旧型カムリの個人タクシーだった。 0ユニット<ビルトイン>ナビ連動タイプ(3万2400円)/フロアマット<ロイヤルタイプ>(5万1300円)/ドライブレコーダー<DRD-H66>(4万2660円) テスト車の年式:2017年型 テスト開始時の走行距離:2806km テスト形態:ロードインプレッション 走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1) テスト距離:259. 2km 使用燃料:12. 9リッター(レギュラーガソリン) 参考燃費:20.

次の