艦 これ ss 嫌 われ - ワレアオバ (われあおば)とは【ピクシブ百科事典】

Ss 艦 嫌 われ これ 海龍特別攻撃隊/戦史

Ss 艦 嫌 われ これ 海龍特別攻撃隊/戦史

Ss 艦 嫌 われ これ 人の子など孕みとうない (ひとのこなどはらみとうない)とは【ピクシブ百科事典】

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

Ss 艦 嫌 われ これ 妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

ワレアオバ (われあおば)とは【ピクシブ百科事典】

Ss 艦 嫌 われ これ 艦 これ

嫌われ提督とウォースパイト

Ss 艦 嫌 われ これ ヤンこれ、まとめました

小説置き場

Ss 艦 嫌 われ これ 小説置き場

Ss 艦 嫌 われ これ ワレアオバ (われあおば)とは【ピクシブ百科事典】

艦 これ ss 提督 嫌 われ

Ss 艦 嫌 われ これ 海龍特別攻撃隊/戦史

艦 これ ss 嫌 われ

Ss 艦 嫌 われ これ ワレアオバ (われあおば)とは【ピクシブ百科事典】

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

最近疲れ気味だったし早速飲むか。

  • 米艦隊の砲撃で、不運にも「青葉」の艦橋に初弾が命中、この一撃により艦橋にいた司令官をはじめ第六戦隊幹部を含む要員らが壊滅。

  • 」 そう言われて、自分は泣きそうになった。

  • 今日の秘書艦は君が務めると聞いていたからね、一足先に執務室で待っていたんだよ」 「そうだったんですか。

【阿武隈SS】霞「あーもう、バカばっかり!」【艦これ】

「構わないよ、天津風。

  • 変なあだ名をつけられると言う目にね」 不知火「朝潮が不知火につけたあだ名は『ぬいぬい』……もっとかっこいいあだ名が良かった」 霞「完全に八つ当たりじゃないの!?」 響「だから私に任せてくれって言ったじゃないか」 時雨「僕も色々案を考えてきたんだけどね」 白露「あたしもいっちばーんかっこいいあだ名、考えてあげるね!」 霞「いらないわよ! そして例のごとくアンタらどっから出てきた!」 朝潮「決まりました! 『かーちゃん』なんてどうでしょうか!」 霞「どや顔で最悪なセンスのあだ名が出てきた!? そんなの阿武隈さんにでもつけてあげなさい!」 阿武隈「えっ、あたしっ!?」 阿武隈「……そうですね、子供は何人がいいですか、てーとく?」 霞「……しまった。

  • 私の加賀岬が先に決まっているわ」 那珂「なにおー!?」 加賀「やる気? いいけれど別に」 阿武隈「わー! 二人とも抑えてください! 那珂、そんな些細なことで争わない!」 那珂「阿武隈ちゃん止めないで! これは那珂ちゃんに取って譲れない戦いなの!」 阿武隈「霞ちゃんのお祝いの場で、那珂が争ってどうするのよ!」 電「なのです! やめてください!」 霞「そもそもアンタらその選曲、私を祝う気ゼロじゃないのおおおおおぉ! いい加減にしなさいーっ!」 阿武隈「うわわああ!? 霞ちゃん落ち着いてどーどー!」 響「まずい。

  • それを見た提督は頭の中で何かがはじけ飛んだ。

【阿武隈SS】霞「あーもう、バカばっかり!」【艦これ】

「この前は大量の資材の使用許可を出してくれてありがと。

  • 」 提督「いや、何でもない。

  • 目の下に陰があるため、当初提督の間では「ケーキ作りに夜更かししてクマができたのでは」と噂されたりしたが、担当絵師・草田女史のyoutube配信においてメイクによるものと明言された。

  • そう思って仕事に打ち込むと、意外と集中して仕事に打ち込めた。

艦 これ ss 嫌 われ

当然だがこういった表現、ましてや個人の作品から発生した言葉を使うことが嫌いな人物も多いので、閲覧者側が付けるタグとしては相応しくない。

  • 俺に対して不平不満を言えていえず、ストレスをためているかもしれない。

  • そして艦娘たちから嫌われ提督をクビになろうと思い許可したのだ。

  • 昭和20年 3月には第一特攻戦隊が編成され、その下に横須賀突撃隊、第十一突撃隊が編 成された。

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

もう夕方だし」 阿武隈「今日はそうだね、霞ちゃんの改二祝いとして、なにか作ろうか。

  • 「もし提督も欲しいものがあれば私に言って。

  • その部分だけは阿武隈さんを見習って欲しいわ」 提督「良かったな阿武隈。

  • ~発 大本営 ~ 提督「なるほどねえ、中身はドリンク剤か。

妖精「好感度視覚化眼鏡でし」 艦娘達「普段冷たい提督の好感度が高過ぎてヤバイ」

「青葉さんから聞きましたよ。

  • その声は夜の廊下にまでかすかに響いており、 「…青葉、聞いちゃいました………」 報告書を提出しに来た青葉の耳に届いていた。

  • もう、我慢の限界だった… 「誰がそんな事をしろと言った!? ようやくここをやめられると思っていたのにお前らのせいで台無しになったじゃないか、どうしてくれるんだ!?」 「このさいはっきり言わせてもらうがな、俺はお前ら艦娘が大嫌いなんだよ!! お前らのような人の形をした化け物となんて一分一秒でもいたくない!! 俺は提督をやめたいんだ、分かったらもう俺に関わるな!!」 溜まりに溜まった本音をぶちまけた提督は、「ぜい… ぜい…」と息を切らせながら艦娘たちに目線を向ける。

  • クズがゴミだとちゃんと証明されないと、艦娘からクズを辞めさせられないんですよ。

ヤンこれ、まとめました

俺は大和の悲しむ顔なんて見たくないんだ。

  • ほら、文月ちゃん泣き止んで」 文月「ふぇ……阿武隈さぁん。

  • 77 ID:ymAQoNL70 とりあえずここまでです。

  • 「…提督、今は私たちのことが嫌いでも構いません」 「…でも、大丈夫。




2021 cdn.snowboardermag.com