茨城 県 感染 者 数。 新型コロナウイルス感染者数の推移:朝日新聞デジタル

【新型コロナウイルス】都道府県ランキング~PCR検査を実施した人数と陽性者数・陽性率

茨城 県 感染 者 数

都道府県別のPCR件数と陽性者の割合は次の通りです。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 PCR検査実施人数 陽性者数 陽性率 北海道 7,054人 914人 13. 青の表記はその後、特定警戒都道府県に含まれた6道府県です。 それでは詳細を見てまいりましょう。 当初の緊急事態宣言の期間は、5月6日までの約1ケ月。 ランキングという表現が正しいのか分かりませんが… PCR検査の実施人数が多い順に、都道府県を並べてみます。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 PCR検査実施人数 1位 大阪府 14,842人 2位 東京都 12,841人 3位 福岡県 9,400人 4位 埼玉県 9,324人 5位 神奈川県 8,837人 6位 兵庫県 8,358人 7位 千葉県 8,090人 8位 愛知県 7,846人 9位 北海道 7,054人 10位 広島県 5,433人 11位 茨城県 4,835人 12位 京都府 4,343人 13位 熊本県 3,178人 14位 大分県 3,175人 15位 和歌山県 3,077人 16位 新潟県 3,044人 17位 静岡県 2,780人 18位 群馬県 2,596人 19位 岐阜県 2,404人 20位 富山県 2,392人 21位 山梨県 2,358人 22位 沖縄県 2,312人 23位 山形県 2,246人 24位 福島県 2,094人 25位 長崎県 2,050人 26位 栃木県 2,015人 27位 石川県 1,977人 28位 三重県 1,938人 29位 宮城県 1,910人 30位 長野県 1,818人 31位 福井県 1,771人 32位 香川県 1,739人 33位 奈良県 1,605人 34位 高知県 1,520人 35位 滋賀県 1,314人 36位 山口県 1,290人 37位 鹿児島県 1,287人 38位 岡山県 1,131人 39位 鳥取県 1,124人 40位 宮崎県 1,122人 41位 愛媛県 1,116人 42位 佐賀県 1,077人 43位 秋田県 852人 44位 島根県 830人 45位 青森県 643人 46位 徳島県 469人 47位 岩手県 384人 首位は 大阪府となっていますが、3月20日まで複数の検体を重複カウントしているので、単純比較はできません。 神奈川県(3月22日まで)、 千葉県(3月20日まで)についても、重複カウントがあります。 …にしても、 大阪府の検査数は突出していますね 特定警戒都道府県以外では、 広島県(10位)の検査数が多いですね。 岐阜県(19位)と 石川県(27位)は人口が少ないので、検査件数も多くありません。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 10万人あたり検査数 1位 和歌山県 329. 1人 2位 山梨県 288. 6人 3位 大分県 277. 5人 4位 福井県 228. 8人 5位 富山県 227. 8人 6位 高知県 215. 3人 7位 山形県 206. 1人 8位 鳥取県 200. 7人 9位 広島県 192. 9人 10位 福岡県 184. 1人 11位 熊本県 180. 9人 12位 香川県 180. 8人 13位 石川県 173. 0人 14位 大阪府 168. 4人 15位 茨城県 168. 1人 16位 京都府 167. 6人 17位 沖縄県 159. 7人 18位 長崎県 152. 9人 19位 兵庫県 152. 4人 20位 新潟県 135. 5人 21位 北海道 133. 4人 22位 群馬県 133. 0人 23位 佐賀県 131. 5人 24位 千葉県 129. 3人 25位 埼玉県 127. 2人 26位 島根県 122. 1人 27位 岐阜県 120. 4人 28位 奈良県 119. 9人 29位 福島県 112. 3人 30位 三重県 108. 2人 31位 愛知県 104. 1人 32位 宮崎県 103. 8人 33位 栃木県 103. 5人 34位 神奈川県 96. 3人 35位 山口県 94. 2人 36位 滋賀県 93. 1人 37位 東京都 92. 9人 38位 長野県 88. 1人 39位 秋田県 86. 9人 40位 愛媛県 82. 5人 41位 宮城県 82. 5人 42位 鹿児島県 79. 7人 43位 静岡県 76. 0人 44位 徳島県 63. 7人 45位 岡山県 59. 6人 46位 青森県 50. 9人 47位 岩手県 30. 9人 先ほどとは打って変わって、特定警戒都道府県以外のエリアが上位を占めています。 東京都は 37位… やはり人口が多いエリアほど、実質的な検査人数がまだまだ少ないことが分かります。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 陽性者数 1位 東京都 4,765人 2位 大阪府 1,704人 3位 神奈川県 1,132人 4位 北海道 914人 5位 埼玉県 909人 6位 千葉県 837人 7位 兵庫県 676人 8位 福岡県 651人 9位 愛知県 498人 10位 京都府 341人 11位 石川県 271人 12位 富山県 219人 13位 茨城県 168人 14位 広島県 162人 15位 岐阜県 150人 16位 群馬県 147人 17位 沖縄県 142人 18位 福井県 122人 19位 滋賀県 98人 20位 宮城県 88人 21位 奈良県 88人 22位 福島県 79人 23位 新潟県 78人 24位 高知県 74人 25位 長野県 73人 26位 静岡県 73人 27位 山形県 69人 28位 和歌山県 62人 29位 大分県 60人 30位 山梨県 56人 31位 栃木県 54人 32位 愛媛県 48人 33位 熊本県 47人 34位 三重県 45人 35位 佐賀県 45人 36位 山口県 37人 37位 香川県 28人 38位 青森県 26人 39位 島根県 24人 40位 岡山県 23人 41位 長崎県 17人 42位 宮崎県 17人 43位 秋田県 16人 44位 鹿児島県 10人 45位 徳島県 5人 46位 鳥取県 3人 47位 岩手県 0人 東京をはじめ、特定警戒都道府県が上位を占めるのは、ある意味順当。 むしろ、 富山県、 広島県などは、陽性者の伸び率が高いので、注意が必要です。 特筆すべきは、 岩手 県の0人ですよね 0人をキープできる理由は、• 人口密度が少ないこと(人口密度46位/47都道府県)• ビジネス・観光など人の移動も少ないこと(地域外宿泊者数44位/47都道府県) などが考えられます。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 10万人あたり陽性者数 1位 東京都 34. 5人 2位 石川県 23. 7人 3位 富山県 20. 9人 4位 大阪府 19. 3人 5位 北海道 17. 3人 6位 福井県 15. 8人 7位 千葉県 13. 4人 8位 京都府 13. 2人 9位 福岡県 12. 7人 10位 埼玉県 12. 4人 11位 神奈川県 12. 3人 12位 兵庫県 12. 3人 13位 高知県 10. 5人 14位 沖縄県 9. 8人 15位 群馬県 7. 5人 16位 岐阜県 7. 5人 17位 滋賀県 6. 9人 18位 山梨県 6. 9人 19位 和歌山県 6. 6人 20位 愛知県 6. 6人 21位 奈良県 6. 6人 22位 山形県 6. 3人 23位 茨城県 5. 8人 24位 広島県 5. 8人 25位 佐賀県 5. 5人 26位 大分県 5. 2人 27位 福島県 4. 2人 28位 宮城県 3. 8人 29位 愛媛県 3. 6人 30位 長野県 3. 5人 31位 島根県 3. 5人 32位 新潟県 3. 5人 33位 香川県 2. 9人 34位 栃木県 2. 8人 35位 山口県 2. 7人 36位 熊本県 2. 7人 37位 三重県 2. 5人 38位 青森県 2. 1人 39位 静岡県 2. 0人 40位 秋田県 1. 6人 41位 宮崎県 1. 6人 42位 長崎県 1. 3人 43位 岡山県 1. 2人 44位 徳島県 0. 7人 45位 鹿児島県 0. 6人 46位 鳥取県 0. 5人 47位 岩手県 0. 0人 人口単位で見ても、東京がナンバー1です。 気になるのは、 富山県(3位)、 福井県(6位)など、特定警戒都道府県以外のエリアが上位に来ていること。 (基準日:2020年5月6日) 都道府県 陽性率 1位 東京都 37. 陽性率が高いということは、市中感染が広がり、潜在的な感染者を把握できていないことが推測されます。

次の

《新型コロナ》新規感染減少の兆し 茨城県、GW「最大限警戒」 直近1週間は7人、前週比4分の1(茨城新聞クロスアイ)

茨城 県 感染 者 数

Contents• 2月12日には、茨城県にある 新型コロナの感染症指定病院が、 ダイヤモンド・プリンセス号に 乗船していた4人を受け入れました。 さらに2月24日にも、 茨城県はさらに1名、 ダイヤモンド・プリンセス号に 乗船していた人を受け入れました。 5人全員、陰性だったということですが、 クルーズ船に乗っていた乗客は、 いったん陰性が出ても その後陽性になるケースが多く出ています。 新型コロナウイルスが拡散する 危険性が高い場所としては、 以下の3点を踏まえている場所が挙げられます。 ・密閉された空間 ・換気が難しい空間 ・大勢の人が集まる空間 クルーズ船はまさに、 これら3点を兼ね備えた場所といえます。 いくら手洗いやうがいを 念入りに行っても、 感染者が多数存在する密閉空間では、 感染するリスクは非常に高いです。 にもかかわらず、 茨城県の病院で検査を受けた5人は いずれも陰性なのです。 また茨城県は、 都心に通って仕事をする人の数も多く、 空港もあるので、 人の流入はかなり激しい県です。 このような事態を見て、 茨城県が新型コロナの 感染者数を隠蔽していると、 県民は考えてしまうんですね。 あくまでも隠蔽している 可能性があるだけですが、 それが真実だとしたら、 なぜそのような措置を とっているのでしょう? 理由はやはり、 東京オリンピックの開催や、 経済力の低迷を防ぐためだと思われます。 茨城県では未だに0人ですが、 その他の県でも、 新型コロナの感染者数を 隠蔽していると考えられる県は 多くあります。 2020年は東京オリンピックが 開催される年ですが、 日本全体で 新型コロナウイルスの感染者数が 何万人も何十万人もいるとなると、 オリンピックの中止という 事態も考えられます。 オリンピックが開催されないとなると、 7. 8兆円もの損失が出ると 見積もられています。 このような事態を防ぐために、 各県が新型コロナウイルスの 感染者数を増やさないような 措置をとっていると思われます。 東京オリンピックが開催されれば、 茨城県に宿泊する外国人客も 多くいるでしょう。 茨城空港や百里飛行場を利用して やってくる外国人客もいるでしょう。 茨城県にとっても、 東京オリンピックの開催は 非常に大きな意味があるのです。 さらに、感染者数が多く出てしまうと、 経済活動が弱まってしまい、 県全体の生産力も落ちてしまいます。 上記のような理由から、 茨城県は感染者数を増やさないように していると考えられます。 感染の疑いがある人が 検査を受けようとしても、 なかなか受けられないという状況も、 上記のような背景が あるからだと思われます。 感染を広めないようにするためにも、 マナーはしっかり守りたいですね。 このページに載せた情報は推測であり、 茨城県の公表に基づくものでありません。 ) 先日は愛知県蒲郡市で、 「コロナウイルスをばらまいてやる」 という発言をした 50代の男性が問題になりました。 今後、 茨城県から感染者が出たとしても、 このような奇行には走らないで欲しいですね。 今の日本で重要なのは、 医療崩壊を起こさないようにすることです。 かつて、 新型インフルエンザが流行した際、 人々が医療機関を訪れて、 医療現場が混乱をきわめました。 重症でもない人がたくさん むやみに病院にやってくると、 多くのお医者さんが感染しやすくなり、 病院内で患者間の感染も広がり、 感染者数が爆発的に増えてしまいます。 そのようなパニック状態を防ぐため、 国や県は国民に対し、 むやみな行動を慎むような措置をとっている、 と考えられます。

次の

【新型コロナ】茨城の感染者のこれまでのまとめと出来事の時系列抜粋

茨城 県 感染 者 数

他府県では、家庭内感染が多数発生しています。 10代~20代の若年層が外出先で感染した後、自宅で高齢の家族にうつしてしまっているケースが多い状況です。 やむを得ず県外の職場に出勤している方が感染源になる例も多発しています。 不要不急の外出を避け、マスク着用・消毒・手洗いを徹底し、少しでも体調不良の場合は体裁を恐れず関係各所に報告し自主隔離。 大切な人の命を守るために、数年後に大切な人と一緒に過ごす未来のために、今日できることを実施しましょう。 茨城県の新型コロナPCR検査数 茨城県はPCR検査数の随時公開をしていません。 現段階では、誰でもドライブスルー方式のPCR検査が受けられるわけではなく、厚生労働省が指定する検査対象者のみとなります。 体調不良が続いていてコロナに感染したか不安…いう方は今まで通り帰国者・接触者外来に相談してください。 茨城県におけるドライブスルー方式PCR検査の概要 実施主体 茨城県中央保健所 協力医療機関 笠間市立病院 対象基準 厚生労働省発信の『新型コロナ検査対象者』に限る 日時 火・水・金曜日の 15 時~16 時 場所 いばらき予防医学プラザの公用車駐車場 人数 6人を限度とする 従事者 医師:協力医療機関からの派遣 茨城県の新型コロナ入院者数と退院者数と死亡者数 入院者数については正確な情報が発表されていないため、この記事では陽性者数から退院数・死亡数を引いた数値を入院数としてカウントしています。 退院者は合計79名です。 ご快復おめでとうございます。 なお、退院情報については、ご本人やご家族の意向を踏まえ公表されていない可能性もありますので、あらかじめご了承ください。 陽性患者 168 入院者 自宅療養含む 80 退院者 79 死亡数 9 年代別退院者数 年代 退院 年代 退院 10歳未満 2 50代 10 10代 3 60代 5 20代 19 70代 6 30代 17 80代 1 40代 16 90代 0 総計 79 お亡くなりになられた方、ご遺族の皆様、謹んでお悔やみ申し上げます。 茨城県の新型コロナ日別感染者数と合計グラフ 茨城県における最新の日別感染者数と累計グラフです。 感染経路でもっとも多いのは接触者感染です。 ヒトとの距離を2メートル以上開けるソーシャルディスタンスと、家庭内の手洗い・消毒を実施しましょう。 居住地 感染者数 居住地 感染者数 つくばみらい市 8 つくば市 27 つくば保健所管内 1 ひたちなか市 2 阿見町 2 牛久市 5 境町 13 結城市 3 県外 4 県南地域 1 古河市 14 古河保健所管内 1 坂東市 1 桜川市 3 鹿嶋市 1 取手市 8 守谷市 7 常総市 1 常陸太田市 2 神栖市 21 水戸市 10 千葉県 2 筑西市 2 土浦市 6 東京都 5 栃木県 1 那珂市 5 日立市 1 龍ケ崎市 9 小美玉市 1 美浦村 1 — — 年代別新型コロナ感染者数とグラフ 茨城県における最新の年代ごとの感染者数をまとめました。 仕事など外出する機会が多い20代から40代の感染が目立っています。 また、50代から80代も10名を超える感染者が発生しており、家庭や職場での接触感染が増えています。 大切な人を守るために、不要不急の外出を避け、手洗い消毒を徹底しましょう。 年代 感染者数 年代 感染者数 10歳以下 2 50代 21 10代 5 60代 16 20代 33 70代 15 30代 26 80代 15 40代 26 90代 9 総計 168 2020年5月茨城県新型コロナウイルス感染者情報 茨城県で5月に発生した新型コロナ感染者の詳細情報についてまとめています。 2020年4月茨城県新型コロナウイルス感染者情報 茨城県で4月に発生した新型コロナ感染者の詳細情報についてまとめています。 以下は、4月の日別の感染者数をまとめた表です。 3名中3名が陽性患者の接触者でした。 4名中4名が陽性患者の接触者でした。 2名中1名が陽性患者の接触者 勤務先 でした。 5名中2名が陽性患者の接触者 家族・知人 でした。 PCR検査を実施し陽性が判明。 3名中2名が陽性患者の接触者 家族・知人 でした。 4名中3名が陽性患者の接触者 職場・家族・知人 でした。 現在は医療機関に入院中。 濃厚接触者の有無について調査中。 133 例目の濃厚接触者。 137 例目の濃厚接触者。 4名中3名が陽性患者の接触者 職場・家族・知人 でした。 4名中3名が陽性患者の接触者 職場など でした。 8名中7名が陽性患者の濃厚接触者 家族、友人 でした。 4名中3名が陽性患者のご家族 濃厚接触者 でした。

次の