ポケカ インテ レオン - 【ポケモンカード・デッキ構築】れんげきインテレオンについて考える

レオン ポケカ インテ 【ポケカ】インテレオンVMAX優勝デッキレシピまとめ【連撃】

【ジムバトル優勝デッキ】インテレオン/ニドキングデッキレシピ 【ポケカ】

レオン ポケカ インテ 【分解・理解】連撃インテレオンVMAX徹底考察&デッキレシピ4種|CHANG|note

レオン ポケカ インテ 【ハイクラスデッキ インテレオンVMAX】新デッキ!クワガノンV/インテレオンVMAXデッキレシピ

【分解・理解】連撃インテレオンVMAX徹底考察&デッキレシピ4種|CHANG|note

レオン ポケカ インテ 「インテレオン」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ! |

レオン ポケカ インテ 【分解・理解】連撃インテレオンVMAX徹底考察&デッキレシピ4種|CHANG|note

レオン ポケカ インテ 「インテレオン」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ! |

レオン ポケカ インテ インテレオンの評価と考察/「進化すること」を戦略にできる2進化ポケモン【2種類の特性を活かせるデッキとは?】

「インテレオン」優勝デッキレシピ&よく使われるカードまとめ! | ポケカミンV

レオン ポケカ インテ インテレオンVMAXをちょい考察【デッキレシピ付】|Violaのポケカ備忘録|note

【ポケカ】インテレオンVMAX優勝デッキレシピまとめ【連撃】

レオン ポケカ インテ 【ジムバトル優勝デッキ】三神インテレオン(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX/インテレオン)デッキレシピ 【ポケカ】

レオン ポケカ インテ 【ポケカ】インテレオンVMAX優勝デッキレシピまとめ【連撃】

【新弾バトル優勝デッキ】インテレオンVMAX/インテレオンデッキレシピ 【ポケカ】

相手をベンチに戻したいときに使うと良さげなテクニックですね。

  • まず特性。

  • 決して大きくはないものの、2回攻撃すると TAG TEAMポケモンを倒せる最低限のダメージラインは持っています。

  • これによって倒せるポケモンが増えるため、 この特性をどれだけ活かすかがインテレオンVMAXを使いこなすポイントになります。

【新弾バトル優勝デッキ】インテレオンVMAX/インテレオンデッキレシピ 【ポケカ】

まずひとつは、使用回数制限があること。

  • この序盤が安全に展開できる安心感はすばらしい。

  • そのため場合によってはしんかのこうを採用したり、冒険家の発見を2~3枚採用するのもありだと思います。

  • ワザ/どんどんよぶ 自分の山札から「れんげき」のたねポケモンを3枚まで選び、ベンチに出す。

【ジムバトル優勝デッキ】三神インテレオン(アルセウス&ディアルガ&パルキアGX/インテレオン)デッキレシピ 【ポケカ】

必要パーツが増えてデッキが重くなるので、強力なドローソースと合わせましょう。

  • もし早めにきちゃったらそのお店がすごいので褒めつつごはんを食べ終えたらまた読んでください。

  • むしろ、エネルギーパフォーマンスで言えば上位にいるといっても良いでしょう。

  • インテレオンVMAXは、特性の「ダブルシューター」により、毎ターン水エネルギーをトラッシュすることで、相手のポケモン2体にダメカンを2個乗せることができます。

ハイクラスデッキ 「ゲンガーVMAX」「インテレオンVMAX」

これをワザとは別に使うことができるというのは、インテレオンVMAX自身だけでなく、他のポケモンのワザも相性を考慮すれば強化できることになります。

  • エネを破壊されても0から1枚つけるだけで攻撃ができますから、多くの エネ破壊ロジックに対しては無敵とまず言えるでしょう。

  • 先ほどお話した通り、インテレオン自体の火力はそこまで高くありません。

  • バトルポケモンには140ダメージが入っている状態なので、次のターンのダイゲキリュウで倒しきることができますし、裏のポケモンには60ダメージ入っている状態になるので、残り260ダメージを与えればサイド6枚取りが完了します。

【新弾バトル優勝デッキ】インテレオンVMAX/インテレオンデッキレシピ 【ポケカ】

2については言わずもがなです。

  • また、メッソンのワザ「どんどんよぶ」で、れんげきポケモンを複数展開できるのも強みです。

  • 2ターン目以降は相手のベンチポケモンに与えることのできるダメージ量は増えていきますが、れんげきウーラオスなどは、現環境で考えてもベンチバリアミュウを採用していることを考慮すると気軽に採用とはいきません。

  • そして 《インテレオンVMAX》の特性 「ダブルシューター」、 《インテレオン》の特性 「クイックシューター」で相手の場にどんどんダメカンを乗せていけるので、 「キョダイウズマキ」で倒せるようにダメージ調整ができるだけでなく、HPの低い相手なら特性だけで倒すことができます。

ハイクラスデッキ 「ゲンガーVMAX」「インテレオンVMAX」

実際、最も使いやすいと思います。

  • もうちょっとだけ話聞いて。

  • インテレオンが2体たつまでには最速で2ターン目になります。

  • こちらも書いてあることを分解します。

【ポケモンカード・デッキ構築】れんげきインテレオンについて考える

また、一度立ててしまえばあとは特性 「マザーコール」で好きなポケモンを持ってくるので確実に盤面を整えていくことができます。

  • また、回収ネット対応のデッキエンジンとして、今回はロトムを採用しました。

  • 「アルティメットレイ」で相手にダメージを与えつつ、ベンチの 「インテレオン」たちを一気に育てていきたいですね。

  • こちらは回復型とは打って変わって、連撃VMAXはサポートに回る形になります。




2021 cdn.snowboardermag.com