ホームパーティー 料理。 ホームパーティーにぴったりのおつまみレシピ!おしゃれな料理は持ち寄りにも

盛り上がること間違いナシ! ホームパーティーのアイデアまとめ

ホームパーティー 料理

みんなでワイワイ気兼ねなく楽しめるのがホームパーティやおうちご飯。 ゲストが一品ずつ持ち寄ったり、ホストが用意することもあるでしょう。 色々なお料理や飲み物を楽しみながら、会話も弾みます。 そんなホームパーティに一役買ってくれる、楽しくて便利なアイテムをご紹介します。 かわいらしい『ヘタ』がアクセントに「ヘタツキ」と「ヘタヨウジ」ひとくちでパクっと食べられるフィンガーフードにさしたり、本来ヘタがついているトマトやいちごなどにさしたり、使い方は様々。 「これ何?」と会話も弾み、コミュニケーションツールにもなるアイテムです。 ただ買ってきただけのお惣菜もこれがあれば、彩りも遊び心も抜群。 いつもの爪楊枝をこれ変… 友人との飲み会、たまには自宅に招いてまったりと楽しむのもいいですよね。 みんなの顔や好みを思い浮かべながら作る料理、会話が弾むように選ぶお酒…ここからもう、パーティー気分が盛り上がってきます。 ササッと掃除をして花を飾ったら集まるメンバーに合わせてBGM選び。 これがまた楽しいのです! ホームパーティーの醍醐味のひとつではないでしょうか。 わたしの場合、旅から帰ってきた人がいるならば、旅先の思い出に重なるように。 ハードワークにあえいでいる人には癒しになるように。 ラブラブの友人が来るならば小粋なラブソングを。 …こんなふうにイメージをして事前に仕込んでおくのですが、実際はその時の話題や雰囲気で臨機応変、変… カフェや居酒屋、バーなどに集まるのもよいですが、たまにはおうちに招待して、周りの目も気にせず、気兼ねなくリラックスして美味しい食事と楽しいお喋りを楽しんでみてはいかがでしょうか? おうちを華やかにするポイントや、少しの工夫でパーティーらしい雰囲気を演出できる方法を知っていれば、きっと素敵なパーティーにすることができるはずです。 例えば、誕生日会なら… 迫り来る忘年会シーズン。 オフの日には、ホームパーティや宅飲みという名目で、お家に友だちや気になるあの人を招くこともあるでしょう。 だれかをおもてなしするとき、どうせなら「オリジナリティ」を発揮したくありませんか?でも、準備にかける時間は少ない。 そんなときにおすすめの、おもてなしテクニックをご紹介します。 調理はなんの問題もないのに、なぜかパッとしない自分の料理。 原因は盛りつけかもしれません。 料理が上手な人って、みんな盛りつけが上手なんですよね。 お部屋の印象が一気に賑やかになり、パーティー仕様に早変わりです。 主役は、ティアラをつけてハイチーズ!素敵な記念になりますね。 ア… クリスマス会に忘年会などホームパーティが多くなるこの季節。 ママ友との付き合いを良好に保つためにも知っておきたい最低限の訪問マナー。 今回はホームパーティにお呼ばれしたいときにぜひ知っておきたいマナーについてまとめてみました。 開始時間より早めの到着はNG当日ホストはパーティーの準備で大忙し。 お手伝いをするために早く到着したつもりでもホストにとっては迷惑となることも。 またホスト宅に予想外に早めに着いてしまっても呼び鈴を鳴らすのは開始時間まで待ってあげるのが礼儀。 時間を持て余してしまうほどであれば、ホストに連絡し、必要なものや買い忘れなどがあれば買… クリスマス、忘年会、お正月、新年会……。 イベント目白押しのこの時期、ご自宅にお友達を招いてホームパーティーを楽しむ方も多いのではないでしょうか。 そんなときに参考にしたいのが、おしゃれなテーブルコーディネート。 カトラリーは、ゴールドだと温かみがありゴージャスに、シルバーにするとクールな印象になります。 1ホームパーティーはおしゃれさ命!ホームパーティーに欠かせないものといえば、おいしい料理!ただおいしいだけじゃなく、見た目もおしゃれでかわいいものだとホームパーティーはより一層楽しくなるものですよね。 今回は、そんなホームパーティーをかわいく楽しく過ごすための、料理に関するテーブルコーディネートのコツをたっぷりご紹介します。 2ピッツァは必須!あるだけで一気にパーティー感が出せる魔法のアイテム、ピッツァ。 デリバリー… お家でパーティーを開く機会も多くなる年末年始。 たくさんのホームパーティーを開催する中で、モモコさんが培ってきた「おもてなしのテーブ… パーティーと聞くと華やかでキラキラしたイメージを抱く人も多いと思いますが、最近では食事や飲み物、デザートなどを参加者が各々持ち寄り、ラフに行うことができるホームパーティも人気です。 気軽に参加できるため、参加するハードルが低いことも人気の秘密。 とはいえ、ママ友や女性同士が集まれば「どんなものを持っていけばいいの?」「こんなものを持っていったらバカにされるかも」などと不安に思うこともあるでしょう。 今回は、ホームパーティーでみんなに喜ばれる持ち寄り品についてご紹介します。 卒業式や終業式がある3月は、集まる機会も多くなりますよね。 ママ同士が集まるパーティでは、ケータリングよりも手料理を持ち寄る機会の方が多いのではないでしょうか。 でも、ついつい頭を悩ませてしまう持ち寄りの一品、できれば簡単にできるものがいいですよね。 今回はそんな忙しいママを助けてくれるレシピです「持ち運びが楽で、大人も子ども食べやすく喜ばれる!」。 すべてをクリアした、簡単ロールサンドイッチをご紹介しましょう。 今回は、手で持って一口で食べられるフィンガーフードのレシピを紹介します!今回用意したフィンガーフードは3種類。 ちょうど、ボートのような形になっていて、ここにチーズなどを乗せるだけで立派な前菜になります(左下)。 今回は、鯖のスモークをほぐしたものと、ブルーチーズ、スプラウトをあしらいました。 もちろん、市販のスモークサーモンでも美味しくできます。 クリスマスパーティーや忘年会など、ホームパーティーなどでお呼ばれする機会も多くなります。 自宅でおもてなしするのだって悩むのに、「持って行く」となると、ますます困ってしまいますよね。 持ち運びもラクチンで、訪問先でさっと食べられる。 それでいて、わぁ~っと歓声があがるような、華があるメニュー? なんて、考えただけで気が遠くなりそうですね。 でも、大丈夫! そんな時に「気が利くな」と思わせる持ち寄りレシピとテクニックをご紹介しちゃいます! 今回は、ワインのお供にピッタリのパテ・ド・カンパーニュ。 そんな憧れの前菜を手作りしていったら、注目度アップまちがいなし? フライパンでかんたんに作… キーワードからまとめを探す.

次の

ホームパーティーの料理のレシピ21選|メイン・おつまみの人気メニュー!

ホームパーティー 料理

おすすめたこ焼きの具• チーズ• キムチ• ソーセージ• たくあん• ピザソース• トマト• コーン• 明太子 たくさんの具を用意して、自分好みのたこ焼きを作るのも楽しいですよね。 たこ焼きパーティーは、あまり大人数だとたこ焼きを焼くのが間に合わないので5人くらいまでのパーティーにおすすめです。 子供が多いときには、サイドメニューをたくさん作っておけば待っている時間に食べられますよ。 たこ焼き器が足りない場合は、誰かにもう1台持ってきてもらうといいかもしれませんね。 タコ焼きパーティーのサイドメニューはこちら。 タコ焼き機を今から買うなら、こちらの炎たこがおススメ! 今までになかった可愛いお鍋で、テンションあがっちゃいますよね! 下のIHプレートはもちろん付属のお鍋以外にも使えるので、途中でフライパンに代えて別の料理を作ったりすることもできます。 1台あれば、ホームパーティーにとっても重宝する調理家電ですね。 鍋パーティーにおすすめのサイドメニューはこちらにまとめています。 ホームパーティーで盛り上がる料理7. チーズフォンデュパーティー ちょっとおしゃれに盛り上げたい場合は、チーズフォンデュパーティーなんていかがですか? トロリと溶けたチーズに、バゲットや茹で野菜をつけて食べるだけなので、準備も簡単な上にヘルシーですよ。 フォンデュ鍋がなくても、ホットプレートで簡単に作れますよ。 ワインにぴったりなので、ワイン好きが集まる時には特におすすめです。

次の

ホームパーティで盛り上がるメニューはこれ!おすすめレシピ15選!

ホームパーティー 料理

何をもっていこうか迷ってしまう、ホームパーティーやピクニックにぴったりなメイン、サラダ、デザートなどのレシピを、幼児誌『ベビーブック』『めばえ』(小学館)掲載のレシピから厳選してまとめました。 大人のおつまみとしてもおすすめです! 子どもが喜ぶ簡単な持ち寄りレシピ|サラダ、メイン、デザート 【1】ヨーグルトのスマイル寒天 牛乳寒天に黒豆とみかんで顔を作るだけ!簡単なのに、それだけで子供の心をがっちりキャッチ!たくさん作って、微妙に表情が異なる寒天を量産しても楽しい。 【2】粗熱がとれたら牛乳、ヨーグルトの順に加えて混ぜ、カップに流し入れる。 【3】表面が少し固まってきたら黒豆とみかんを並べて顔に見立てる。 【2】さやいんげんは塩ゆでして輪切りにする。 【3】【1】、【2】 、コーン、【A】 を混ぜ合わせ、塩で味を調える。 【4】1人分ずつカップに盛り、飾り切りにしたうずらの卵をのせる。 【3】ハムカップキッシュ ハムがカップになったかわいらしく子供に人気のキッシュ。 にんじんとアスパラを花のように並べるるだけで、子供の顔にも笑顔の花が咲きますよ。 【A】 を加えて混ぜる。 【2】にんじんは輪切りにして花形に抜き、ミニアスパラは縦半分に切り、ともにゆでる。 【3】プリン型やマドレーヌ型などにハムを敷き、【1】 を流し入れ、トースターで加熱する。 8割がた火が通ったら、【2】を花のようにのせ、さらに加熱する。 【4】粗熱がとれたら型から取り出す。 【4】カレー風味の鮭ピラフ ほんのりカレーが香るご飯に、子供が大好きな鮭をまぶして。 星形に抜いたパプリカで飾れば、簡単なのに特別の日のメニューのような華やかさに。 玉ねぎとにんじんはみじん切りにし、バターを熱したフライパンで炒める。 【2】米を洗って炊飯器に入れ、水を2合の目盛より少し少なめに注ぎ、【A】と【1】を入れて炊く。 【3】炊き上がったら、軽く刻んだ枝豆を加えて混ぜる。 【4】1人分ずつカップに盛り、ゆでたパプリカを型で抜いてのせる。 *鮭は市販の鮭フレークを使用したり、ツナに変えてもOK。 教えてくれたのは ほりえさちこさん 栄養士、フードコーディネータ ー、飾り巻き寿司インストラクター1級。 6歳の男の子のママ。 育児経験を生かした簡単で栄養バランスのとれた料理や、かわいいお弁当レシピが人気。 『めばえ』2013年10月号 持ち寄りがラクチンでおすすめ!ピクニックにぴったりなお弁当レシピ 【1】ヨーグルトクリームトライフル 子供の好きな果物やお菓子を散らしましょう。 生クリームとヨーグルトをゼリーにした少しさっぱりしたトライフル。 【2】ボウルに生クリームと砂糖を合わせ、ハンドミキサーで角が立つまで泡立て、ヨーグルトを加えてさらに混ぜる。 【3】ボウルに水と粉ゼラチンを入れてふやかし、ボウルごと湯せんにかけてゼラチンを溶かし、【2】に加えて混ぜる。 【4】【3】をカップに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固める。 細かい角切りにした【A】とグミを散らす。 【2】4種のころころフライ パーティーメニューにぴったり!肉団子やチーズ、ミニトマトをタネに。 カラフルピックで楽しくかざって。 じゃがいもは皮をむいてラップに包み、電子レンジで4分加熱してつぶす。 それぞれ小さく丸める。 隠し味のはちみつがポイントの子供に人気のサラダ。 ゆで卵は粗くつぶす。 ブロッコリーは小房に分けて、塩少々(分量外)を加えた熱湯でゆでる。 【2】玉ねぎはキッチンペーパーで水けをよく絞り、【A】と混ぜ、【1】も加えて混ぜる。 【4】くるくるキャンディサンドイッチ 一口サイズにカットしてラップで包むから、見た目がかわいく、空ける楽しさもあって、子供たちに喜ばれる一品。 【2】パン2枚にバターの半量といちごジャムを塗り、端からくるくると巻く(いちごサンド)。 【3】パン2枚に残りのバターを塗り、ハム、半分に切ったチーズ、薄切りにしたきゅうりをのせ、端からくるくると巻く(ハムチーズサンド)。 【4】に【1】、【2】、【3】をそれぞれ3等分に切り、ラップでキャンディ状に包む。 【5】シュリンプポップコーン 味をつけた小麦粉の液を絡めて揚げるだけ!えびフライより簡単でサクッと揚がるので登場回数も増えますね。 【2】えびに塩、こしょうをふり、【1】をからめ、パン粉をまぶす。 【6】野菜たっぷりコールスロー キャベツだけでなく、きゅうり、にんじん、コーンもあわせて彩りよく。 レモンとはちみつを加えた手作りドレッシングで。 【2】【1】がしんなりしたら、水けをしっかりと絞り、缶汁をきったコーンと合わせ、混ぜ合わせた【B】で和える。 【7】いちご入りスティックチーズケーキ 胚芽クラッカーを使っているのでとっても簡単&香り豊か。 細長く切って個包装にすると食べやすい。 クッキングシ ートを敷いた型に敷き詰め、冷蔵庫で20分冷やす。 【2】鍋に【A】を入れてザッと混ぜ、中火にかけ、アクを取りながら15分煮る。 50gを残してフードプロセッサー(またはミキサー)にかけてピ ューレ状にし、ざるでこす。 【3】ボウルに室温に戻したクリームチーズと砂糖を入れてよく混ぜ、生クリームを3回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。 【4】【3】に溶いた卵を5回に分けて加えてそのつどよく混ぜ、コーンスターチを加えてさらによく混ぜる。 【2】のすべてを加えてザッと混ぜる。 【6】しっかりと冷まし、ステ ィック状に切り分ける。 【8】クマのいなり寿司 かわいいクマちゃんが並ぶお便合箱のフタを開けただけで子供の喜ぶ顔が浮かびます。 ハムやチーズで少しずつ表情の違うクマちゃんを量産して。 そのまま冷ます。 【2】ボウルにご飯を入れ、混ぜ合わせた【B】を加えてしゃもじで混ぜ、【1】に等分に詰める。 【3】子どもの分には、ハムとチーズ、のりでクマの顔をつける。 【9】お花のくるくる肉巻き お弁当にもピッタリ!アスパラ、ウィンナーの断面がかわいらしく、海苔の黒もアクセントに。 【2】ラップを広げ、豚肉5枚を5mmずつずらして重ね、のり1枚をのせる。 その上に、【1】を1本のせ、下にミニウインナー3本を横に並べ、同様にあと3回繰り返す。 その中央にチーズ1本をのせて、くるりと巻く。 同様にもう1本作り、ともに片栗粉をまぶす。 【3】フライパンにサラダ油を弱~中火で熱し、【2】を転がしながら焼き、混ぜ合わせた【A】を加えて煮からめる。 冷めたら、食べやすい大きさに切る。 【10】ハートのかにかま卵焼き 卵焼きの切り口を合わせてハート形に。 同様にあと2回繰り返す。 【3】【2】が冷めたら厚さ2cmに切り、それぞれ斜め2等分にし、切り口を合わせてハ ート形にする。 教えてくれたのは 愛情たっぷりの育児日記と日常のアイデアあふれる献立をつづ ったブログ「よめ膳@YOMEカフ ェ」が人気で、毎月200万アクセスを誇る。 女の子のママ。 『めばえ』2014年6月号 【11】キャンディーベジバーグ アイスのバーについたハンバーグ!子供心をわしづかみです。 12等分にしてアイスクリームバー(木製)を刺し、直径4cmほどの平丸形に形作る。 【2】フライパンにサラダ油を中火で熱し、【1】を並べ入れる。 2分ほど焼いてこんがりしたら裏返し、フタをして、弱火で4分ほど蒸し焼きにする。 ケチャップを添える。 【12】カップキッシュ アルミホイルで簡単キッシュ。 ミックスベジタブルも入っているので栄養満点、彩にも重宝するおかずです。 ソーセージは小口切りにする。 【A】を混ぜ合わせる。 【2】直径7cmほどの厚手のアルミカ ップ6個に【1】を等分に入れ、予熱したオーブント ースターで9~10分焼く。 途中、表面がこんがりしたらアルミホイルをかぶせる。 【13】カラフルパウンドおにぎり 海苔を敷いたパウンド型にカラフルなご飯を詰めるだけ!ピクニックなら、その場で切り分けるとみんなから歓声も上がりそう。 切るたびに違った断面が楽しめます。 【2】ラップを使 って、ボウルごとに丸おにぎりを4~5個作る。 サイズはバラバラでOK。 【2】を色が重ならないように入れ、スプーンの背で軽く押しながら詰めていく。 【3】で敷いたのりのはみ出し部分は内側に折り、水を少量つけて留める。 型底に敷いたラップで表面を包み、5分ほどなじませる。 【5】型から取り出してラップを外し、食べやすく切る。 電子レンジ(600Wの場合)で4分30秒ほど加熱する。 皮から実をすくい取ってボウルに入れ、フォークでつぶして冷ます。 枝豆はさやから出し、【A】とともにボウルに加えて混ぜる。 【2】ハムは半分に切り、レタスはひと口大にちぎる。 【15】カップチョップドサラダ カップに入っているので持ち運びが便利。 子供は「自分用」がとっても嬉しいのでサラダもペロリと食べてくれますね。 5cmの角切りにしてボウルに入れ、塩を振ってサッと混ぜる。 10分ほどおいてギュッともみ、水気を絞る。 きゅうりは1cm角に切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、【1】、コーン、ミ ックスビーンズを和えて、カップに盛り付ける。 【16】ピーマンカップのタルタルグラタン ピーマンのカップなのでパクっと頬張って食べられます。 中に入っているのはマヨネーズ味のゆで卵とツナ。 ゆで卵は粗みじん切り、ツナは缶汁を切る。 【2】ボウルで【A】を混ぜ合わせ、ゆで卵、ツナを加えて混ぜる。 【3】【2】を6等分にしてピーマンに詰め、パン粉を振る。 オーブントースターでパン粉がこんがりするまで、8分ほど焼く。 フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、肉の皮面を下にして3分ほど焼く。 こんがりしたら返し、フタをして弱火で7分ほど蒸し焼きにする。 フライパンの余分な油をペーパータオルで拭き取り、【B】を混ぜて加え、よく絡める。 粗熱が取れたら食べやすく切る。 【2】食パンは麺棒で薄くのばす。 【3】きゅうりは斜め切り、サラダ菜、トレビスは食べやすくちぎる。 トマトは薄いくし形切り、ゆで卵は縦に4等分に、チ ーズは半分に切る。 パクチーは3~4cmに切る。 【4】【2】に【1】と【3】を好みでのせ、巻きながら食べる。 【2】直径約23cmの耐熱皿にオーブンペ ーパーを敷く。 電子レンジ(600Wの場合)で2分ほど加熱して、そのまま冷ます。 【3】残りの材料分は【2】を繰り返す。 【19】生春巻きサラダ 子供にはマヨネーズとオイスターソースを合わせた付けだれを。 【2】残りのきゅうり、レタス、大根、にんじんをせん切りにする。 巻き終わりの先に【1】のえびときゅうりを3切れずつ交互に置いて両端を内側に折り、最後まで巻く。 残りも同様に6本作り、食べやすく切る。 【4】【A】を混ぜ合わせ、スイートチリソースとともに添え、【3】につけながら食べる。 【20】豚バラと野菜の串焼き 串にささっているので食べやすい。 【2】竹串に【1】を1本、じゃばら状にした豚肉1枚、ししとう1本、豚肉1枚の順に刺す。 残りも同様にして串を6本作り、塩、粗びき黒こしょうを振る。 【3】フライパンにサラダ油を入れて強めの中火で熱し、【2】を並べ入れる。 フライ返しで軽く押さえながら、こんがりと焼き色がつくまで2分ほど焼き、返してさらに弱火で3分ほど焼いたら【A】を絡める。 教えてくれたのは 市瀬悦子さん フードコーディネーター。 料理研究家。 「おいしくて、作りやすい家庭料理」をテーマに、書籍、雑誌、テレビ、企業のメニュー開発など幅広く活躍。 NHK(Eテレ)の食育番組の料理監修など、子ども向けの料理提案も多数行っている。 『めばえ』2016年8月号 冷めてもおいしい持ち寄りレシピ!フィンガーフードなら子どもも食べやすい! 【1】ワンタンカップのポテトサラダ ワンタンの皮が器に。 盛り付けたらまとめてトースターで焼くなので簡単にたくさん作れます。 【2】じゃがいもは皮をむいて1. 5cm角に切り、水からゆでて熱いうちにつぶし、缶汁をきったツナ、マヨネーズ、酢、塩・こしょう・砂糖を混ぜる。 【3】容器から出した【1】に【2】を盛り、ゆでて星形に抜いたにんじん、刻んだミニトマトを飾る。 【2】ハムのミニロールパイ ハムとパイを巻いて切って焼くだけ。 簡単なのにとってもおいしく、子供たちに人気のメニュー。 手前からしっかりと巻き、巻き終わりを手で押さえて形を整える。 【2】【1】を包丁で8等分に切り、渦巻きの断面が見えるようにオーブンシートを敷いた天板に並べ、手のひらで軽く押しつぶす。 卵黄と牛乳を混ぜて塗る。 【3】きゅうりボート たらことチーズがよく合います。 ボートに見立ててコーンを並べたら彩りもとってもキレイ。 クリームチーズとたらこを混ぜてのせ、コーン3粒をそれぞれに飾る。 【4】シーフードカナッペ かにと小えびをマヨネーズで。 クラッカーに載せて食べたら大人も満足なオードブルに。 あれば刻んだパセリを散らす。 *具は食べる直前にのせる。 【5】カマンベールチーズフォンデュ カマンベールチーズの上をくりぬき、チーズに牛乳を加えてとろ~り!お好きなものをチーズにくぐらせいただきましょう。 ウインナーはゆでてから食べやすい大きさに切る。 フランスパンは2~3cm角に切る。 【2】カマンベールチーズは表面に丸く切り込みを入れて表面を薄く削り取る。 オーブンシートを敷いた耐熱皿にのせ、電子レンジ(600W)で1分30秒~2分加熱する。 途中ふつふつしたら取り出し、牛乳を入れて軽く混ぜ、さらにチーズが溶けるまで加熱して軽く混ぜる。 【3】器に【2】と【1】を盛り、野菜やウィンナーに溶けたチーズを絡めながら食べる。 *大人用には少量白ワインを加えても。 【6】フライドチキン照り焼き味 チューリップにするほんのひと手間が食べやすく、パーティー感をアップさせます。 ちょっと和風なのでパクパク食べやすい。 切り込みから骨を出し、細いほうの骨を逆に倒すようにして取り出す。 肉をめくるようにして、太い骨からはがす)。 ビニール袋に入れて【A】を加え、袋の上からもみ、2時間以上おく(時間がないときはしょうゆを少し多めに入れ、漬けずに作る)。 【2】【1】に混ぜ合わせた【B】を加え、袋の上から軽くもんでなじませる。 【3】【C】を混ぜ合わせて、【2】にまぶしつけ、5分くらいおいて手で握るようにして形を整える。 *チューリップ型はお肉屋さんでもしてもらえます。 【7】スティック春巻き ほんのり甘いカボチャのスティック。 チーズとハムの塩味がきいていて後ひくおいしさ。 チーズは5mm幅のスティック状に切る。 巻き終わりを混ぜ合わせた【A】で留める。 【8】えびフライの天むす風おにぎり 子供にはまずお腹いっぱいにさせることが大切です。 市販品を使ってパパッと作って、一つでも満腹感をしっかり感じる天むす風おにぎり。 【2】ラップにご飯を6等分してのせ、【1】を芯にして包むように三角形ににぎる。 塩をまぶし、のりを巻く。 【9】型抜きサンドイッチ 「自分の分は自分で」と、型抜きから子供たちと一緒にやるのも楽しそう!型や具はお好みのものでどうぞ。 【2】星型の大・中でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、大で【1】を、中で星で抜いたハムをはさみ、星の小型で抜いたチーズとともにピックで留める。 【3】ハートやツリーなどの型でパンを2枚ずつ抜き、片面にバターを塗り、チョコクリームやジャムをはさむ。 上になるパンは小さい型で抜いて中身が見えるようにしても。 *30分以上冷やすと、しっとりとなじんでおいしい。 型がない場合は包丁で切るか、瓶のふたなどの丸型で抜いても。 【10】カステラの一口ケーキ 小さく切ったカステラを用意したら、後は小さなアーティストに飾りつけは任せてもOK!思い思いのかわいらしくておいしいケーキを作ってくれるでしょう。 合計6組のケーキ台を作る。 【2】フルーツは小さめに切る。 【3】【1】のカステラの間にホイップを絞ってはさみ、上にもホイップを絞る。 【2】やチョコスプレーなどを飾る。 教えてくれたのは 阪下千恵さん 料理研究家、栄養士。 家族のために作り続けてきたおいしくて、栄養バランスのいいレシピが人気。 11歳と6歳の女の子のママ。 『めばえ』2015年12月号 次のページでは大人のおつまみにもぴったりなレシピをまとめました!.

次の