柄谷 行人 コロナ - 思想家・柄谷行人が、コロナ禍で揺れる世界に語る、新たなる社会変革の可能性|じんぶん堂

行人 コロナ 柄谷 【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞(NEWSポストセブン)

行人 コロナ 柄谷 思想家・柄谷行人が、コロナ禍で揺れる世界に語る、新たなる社会変革の可能性|じんぶん堂

行人 コロナ 柄谷 群像

思想家・柄谷行人が、コロナ禍で揺れる世界に語る、新たなる社会変革の可能性|じんぶん堂

行人 コロナ 柄谷 思想家・柄谷行人が、コロナ禍で揺れる世界に語る、新たなる社会変革の可能性|じんぶん堂

行人 コロナ 柄谷 【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞

行人 コロナ 柄谷 『コロナウィルスと古井由吉』by 柄谷行人の洞察を具体的アクションに

『コロナウィルスと古井由吉』by 柄谷行人の洞察を具体的アクションに

行人 コロナ 柄谷 【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞

行人 コロナ 柄谷 思想家・柄谷行人が、コロナ禍で揺れる世界に語る、新たなる社会変革の可能性|じんぶん堂

作品社

行人 コロナ 柄谷 10+1 website|柄谷行人「一般経済学批判」──もしくは「神は細部に宿る」として見るべきか?|テンプラスワン・ウェブサイト

行人 コロナ 柄谷 【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞

群像

【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞

だから、ずっと僕の中で生きているのは当たり前ですね。

  • もちろん、そのような変化を可能にしたのはIT革命である。

  • いまはコロナ禍中の築地がんセンターでの手術日を待っている。

  • この分割は、まさに批評と哲学の乖離に対応している。

【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞

だから、コロナがなくても、そのような変化が生じただろう。

  • たとえば、労働運動が消費者運動より重視されていた。

  • 付書院には巻紙に硯、筆を置いて、夕刻にみんなの寄せ書きをしてもらった。

  • つまり、一つは「内在的」な対抗運動、もう一つが「超出的」対抗運動である。

柄谷 行人 コロナ

『必読書150』189頁 と述べています。

  • それは、 「 僕たち人間が、今回場当たり的にウィルス感染に遭遇したわけではなく、むしろ、僕たち人間は常に世界中に拡がっているウィルスの包囲網を、偶然、くぐり抜けて来たんだ」 という認識です。

  • 私は懐疑的だったが、ともかく同意した。

  • (聞き手・)『柄谷行人 政治を語る』(、2009年)• (…)どうなるんだろうね、ほんとうに。

柄谷行人『ニュー・アソシエーショニスト宣言』/民主主義の批評的野辺送り

またそのような文献をもっと読んで勉強する ということです。

  • そういう批評的野辺送りの印象さえある。

  • 書評をするつもりはまったくなかった。

  • たとえば本は3冊以上持ってレジに行くのが手いっぱいになるのだが、ちびカゴもカートもない。

【書評】社会運動を組織し頓挫した柄谷行人による民主主義への弔辞(NEWSポストセブン)

だから、ずっと僕の中で生きているのは当たり前ですね。

  • なぜか、と言うと、 「 いずれは終息を迎えそうなコロナウィルスの騒動から、巷にあるような観点や論点ではなく、知識人・文芸批評家ならではの、ハッとする深い洞察から、それを身の丈にあった個人レベルで、どのように日々の生活でアクションしていこうか」 ということを、ついつい考えてしまったからです。

  • 僕らはもしかすると、知らずに、死なずに、凄惨な疫病のれい気の中をすでに潜った跡、跡そのものなのではないのか、大量死の影か抜け殻みたいなものではないかと。

  • たとえば、農村に移った人たちはテレワークをしながら、そこに共同体、といっても先祖伝来のものではない「アソシエーション」を作ることができる。

作品社

それが遅れている。

  • おそらくは柄谷もその価値を認めているであろう日本国憲法9条はカント由来であるといい、それはカントの諸国家連合の構想を平和論としてではなく国家=ネーションを止揚するためのものと考え、カント自体も「永久平和のために」をフランスだけで革命が起こったために市民革命が失敗したが、世界同時に起こったらうまくいくと考えていたとし、そこにマルクスの世界同時革命論を結びつけて、要は世界政府的な多国間連合の方向性を理想とみなしているようだ。

  • そんな6月の日本列島が大雨に苛まれるなか、ぼくは新たな角川千夜千冊エディションを「アートをめぐる一冊」にするため、入稿原稿を仕上げていた。

  • この可能性は、コロナ禍が去っても消えることはない。

『コロナウィルスと古井由吉』by 柄谷行人の洞察を具体的アクションに

一つは、『雪の下の蟹』という作品です。

  • ところがそのエンジンの開発がままならない。

  • 柳田の学問もNAMもそういう不断の努力の継続である。

  • 「古井氏はすでにそういう見方をしていた」 と柄谷氏は指摘します。




2021 cdn.snowboardermag.com