アクシーズ 鹿児島。 【ビッグカンパニー】株式会社アクシーズ(鹿児島市草牟田)

株式会社アクシーズの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

アクシーズ 鹿児島

アクシーズはどんな会社? アクシーズという会社をあまり聞いたことがない方もいるかもしれません。 アクシーズは鹿児島で 鶏肉の飼料製造から加工まで一貫して行っている会社です。 業績のほとんどが鶏肉なので鶏肉の価格に業績が左右されます。 鶏肉国内大手なので、スーパーで売っている鹿児島産鶏肉はここアクシーズで生産された鶏かもしれません! ケンタッキーのフランチャイズもやっている メイン業務は鶏肉販売ですが、これとは別に ケンタッキーフライドチキン(KFC)のフランチャイズもやっています。 セグメント割合は本業の10分の1くらいですが、KFCは今ノッテいますので恩恵があるかもしれませんね! アクシーズの株主優待内容 さて、アクシーズの優待ですが、 鶏肉加工品(2kg相当)となっています。 2kgと聞いてジャパンミートを思い浮かべる人は株主優待マニアですね! しかし、アクシーズの優待は生肉ではなく すべて加工された商品ですので非常に使い勝手がいいです。 アクシーズの優待(2019年) 〇優待内容• ダイエットでソフトチキンブームになったときのあのソフトチキンですね! 唐揚げはやや物足りない気がしましたが、 とり天と チキンナゲットは柔らかくておいしかったです。 鶏レバー煮込みは新鮮なレバーを使用しているらしく、プルプルでめちゃくちゃおいしい! レバーが嫌いな人でも食べれる美味しさです! さてさて、 10月末に来るのでジャパンミート(10月初旬に到着)を早くかたずけないといけません(笑) 10月は鶏肉月間となりますね! 穴吹興産の株主優待品、冷凍うどんと勝手にコラボ! 同じく10月に到着可能な 穴吹興産の冷凍うどんと アクシーズのとり天をコラボさせて『 とり天きつねうどん』を作ることが可能! 優待とり天きつねうどん いつもの冷凍うどんが少しだけ豪華に…! ちなみにねぎは別売りです。 株主優待取得に必要な条件や金額は? アクシーズの株主優待は 6月末の権利日に500株を保有していることが条件となります。 100株で2300円くらいの株価ですので、100万円強の資金が必要になりますね。 ちなみに一般信用売りは今のところできないと思います。 一般優待クロサーの皆さんすみません… アクシーズの今後の株価は!? アクシーズは優待クロスができないのですが、 配当金が高いので長期保有に向いています。 1株当たりの配当は2020年度77. 5円予想。 1株当たりの利益予想は約277円ですので、配当性向は30%を切っています。 現金保有も高めで借金もほぼない企業。 株主構成も創業一族と日本ハムということで、出来高の少ない薄板銘柄となっています。 時価総額130億円弱で利益余剰金130億弱。 利益余剰金うち現金は65億円と半分お金でキャッシュは豊富。 しかし、そのあたりは全く評価されていません。 時価総額と利益余剰金が同じなら安いと思いきや、今流行りの資産バリュー銘柄とは異なりこの会社の資産は鹿児島の農場なので評価はされません。 都市圏に土地を多く持っていれば含み資産で注目されそうでしたが残念ですね。 しかも鶏肉の卸価格が右肩下がりで飼料価格高騰も重なり、業績があまり芳しくないことが株価に反映されています。 とはいえ、まだ 配当を出す余力は残されていますし、今話題の KFCのフランチャイズも行っているので、鶏肉価格の下げ止まりで再評価されてもいいと思います。 まとめ 6月は多くの権利日がある月ですし、10月はたくさん優待が到着するのでアクシーズを取得している人はあまりいないかもしれません。 しかし、優待品は加工鶏肉なので利用しやすく消費しやすい優待となっております。

次の

株式会社 アクシーズ 鹿児島工場

アクシーズ 鹿児島

AILIST. netの掲載中の、その他の会社に対する最近のコメントを紹介 私は、他社の人事責任者ですが、来月一杯で契約を切られるからいい会社ないかと、相談され、何故打ち切り?と聞いたら、父が余命宣告され、病院から急な呼び出しがあると、妻や母を起こして、病院に行ってから電話をするから、会社に電話をするのが、遅くなってしまうのが、上司は、我慢出来ないらしく、器の小さい上司だなと私は思いましたね、人の生き死には時間関係ないですからね そんなんで、契約を切る会社は、辞めちゃえって言いましたよ 上司も会社も人間味がないんですよね だからみんな長続きしない悪い会社なんですよ 関連キーワードから探す 株式会社アクシーズ鹿児島工場を見ている人がチェックしていそうな法人情報 (八尾市南本町4-6-37にある強弱電気・電気通信・消防設備工事・設計施工の法人) (東京都あきる野市五日市12にある業務用品・雑貨 生活小物 ・日用品 生活消耗品 ・ギフトなどの販売の法人) (岡山県倉敷市玉島柏島801にある訪問介護サービス事業、小規模多機能型居宅介護事業、 グループホーム事業、介護福祉タクシー事業の法人) (東京都新宿区百人町1-13-1 ローズベイ新宿ビル2階にある当社は自動車販売、建物施工、テニスポータルサイト「tennis365」運営の他、ホテル、リラクゼーションサロン、ヨガスタジオの運営と全く業種の異なる事業からなる多角経営の会社です。 の法人) (新潟県柏崎市高柳町荻ノ島996にある建築板金作業の法人) (大分市仲西町2丁目6-7にある九州調剤薬局として院外処方箋の調剤・服薬指導を中心に、在宅介護事業も行っている。 の法人) (新潟県燕市小池4913-1にある各種板金加工の設計・製作 建設機械・事務機器部品の製造の法人) (宮城県仙台市泉区七北田字新道40-10にある車検に伴う整備及び修理の法人) (青森県むつ市桜木町14-2にある保険調剤、医薬品販売の法人) (栃木県栃木市大平町富田字稲荷2389-1にある宅急便を中心とした貨物自動車運送事業。 小口荷物の集荷・配達を始めた宅急便業界のパイオニア。 全国に6000店以上の宅急便センターがある。 近年アジア各国に宅急便事業を展開している。 の法人) (滋賀県甲賀市甲賀町上野1539にある木造建築のリフォームを中心に行っています。 現場は大津市、草津市、湖南市が中心で、現場への直行直帰が可能です。 大手リフォーム会社からの受注が多く、安定して仕事があります。 の法人) (宮城県仙台市泉区泉中央2丁目16-1 トレスピーノ泉中央1Fにある当社はアパート・マンションをメインに全国90万室を超える賃貸物件を管理しています。 建物オーナー様や入居者様に関する様々なサービスを実践し「安全」「安定」「満足」を提供しています。 の法人) (佐賀県伊万里市立花町1604一176にある食肉の卸売・小売。 病院・保育園・学校給食・飲食店への納品。 特に飲食店へはA5ランクを中心とした上質なものを納品. の法人) (兵庫県神崎郡市川町西川辺165-3にある町役場の法人) (宮城県仙台市宮城野区福室3丁目14にある要介護老人に、医療サービスと日常生活上のサービスを併せて提供する、病院と家庭との中間施設として、入所サービス 100床 通所サービス 30人 を提供しています。

次の

アクシーズの歴史・創業ストーリー

アクシーズ 鹿児島

1962年11月 採卵鶏の育種改良及びその雛の孵化販売を目的として株式会社伊地知種鶏場(現・株式会社アクシーズ)を設立。 1965年7月 独自に改良した育種による鶏肉加工事業に着手。 1965年7月 独自に改良した育種によるブロイラー食肉事業に着手。 1967年2月 傘下の委託農家による肥育施設を展開し、ブロイラーの飼育生産を開始。 1967年2月 傘下の委託農家によるブロイラー肥育農場を展開し、ブロイラーの飼育生産を開始。 1967年4月 鶏肉加工工場として、川上工場(所在地:鹿児島市)を新設し、鶏肉生産を開始。 1967年4月 ブロイラー処理工場として、川上工場(所在地:鹿児島市)を新設し、鶏肉生産を開始。 1968年6月 複数の大型肥育施設を展開するため、有限会社南九州畜産(現・連結子会社)を設立。 1968年6月 ブロイラー肥育農場団地を展開するため、有限会社南九州畜産(現・連結子会社)を設立。 1971年2月 孵卵能力強化のため孵卵場(現・宮之浦工場、所在地:鹿児島市)を新設。 1971年11月 採卵鶏肥育施設団地を新設し、食卵生産販売を開始。 1971年11月 採卵鶏肥育農場団地を新設し、食卵生産販売を開始。 1972年4月 大手総合商社との合弁で株式会社アイエムポートリー(現・連結子会社)を設立し、ブロイラー生産能力を増強。 1973年3月 需要拡大に応じて製造能力を強化するため鶏肉加工工場として、宮之城工場(所在地:薩摩郡さつま町)を新設。 1973年3月 需要拡大に応じて製造能力を強化するためブロイラー処理工場として、宮之城工場(所在地:薩摩郡さつま町)を新設。 1973年7月 鶏肉加工食品の開発に着手。 1973年7月 鹿児島特有の特殊土壌「シラス」の工業化研究に着手。 1974年7月 鶏肉の不可食部分の飼料化のため、宮之城レンダリング工場(現・宮之城第2工場、所在地:薩摩郡さつま町)を新設。 1975年3月 鶏肉の販売窓口として、東京営業所(所在地:東京都文京区)を開設。 1975年4月 飼料の指定配合及び飼料原料の直輸入開始。 1976年2月 ブロイラー生産の付帯業務に携わる有限会社城山サービス 現・連結子会社 を設立。 1976年4月 特殊土壌「シラス」を利用した製品の製造会社として、イヂチ化成株式会社(現・株式会社アクシーズケミカル、現・連結子会社)を設立。 1977年7月 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社と販売契約を締結。 1977年7月 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社と鶏肉の販売契約を締結。 1977年11月 川上工場をスーパーマーケット向け鶏肉加工工場からケンタッキー・フライド・チキン向け専用工場に設備を改修。 1977年11月 川上工場を大雛処理工場からケンタッキー・フライド・チキン向け専用工場に設備を改修。 1979年10月 特殊土壌「シラス」を製品化し製造販売するための、シラス工場(所在地:鹿児島市)、検査のための、ラボラトリー(所在地:鹿児島市)を新設。 1980年2月 宮之城工場内の加工食品部門を食品工場(現・鹿児島工場、所在地:薩摩郡さつま町 として分離新設し、加工食品の製造販売事業に本格参入。 1983年4月 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社とフランチャイズ契約を締結し、第1号店としてケンタッキーフライドチキン下関店(所在地:山口県下関市)を開店。 1988年7月 川上工場から宮之城工場にケンタッキー・フライド・チキン向け専用工場を変更。 1992年5月 肥育施設団地を展開するため、有限会社求名ファーム(現・連結子会社)を設立。 1992年5月 ブロイラー肥育農場団地を展開するため、有限会社求名ファーム(現・連結子会社)を設立。 1993年2月 鶏肉及び加工食品の販売部門を独立させ、イヂチ商事株式会社(現・株式会社アクシーズフーズ、現・連結子会社)を設立。 1993年6月 鹿児島に賦存する良質の「ゼオライト」の製造販売を開始。 1996年6月 大手飼料メーカーから飼料製造工場を買収し、飼料製造会社、錦江湾飼料株式会社(現・連結子会社)を設立。 1996年7月 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社へ無化学肥料減農薬野菜の仕入販売を開始。 1996年8月 飼料製造工場取得に際し、谷山事業所(現・南栄事業所、所在地:鹿児島市)を新設。 1996年10月 日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社とフランチャイズ契約を締結し、第1号店としてピザハット板橋店(所在地:東京都板橋区)を開店。 1998年10月 株式会社ニチレイへAntibiotic-Freeチキン(無薬飼育鶏肉)の販売を開始。 1998年10月 株式会社ニチレイへ特別飼育鶏の販売を開始。 1999年4月 商号を株式会社アクシーズに変更。 2000年12月 日本証券業協会に株式を店頭登録。 2002年12月 需要拡大に応じて製造能力を強化するため鶏肉加工工場を買収し、薩摩工場(所在地:薩摩郡さつま町)を新設。 2002年12月 需要拡大に応じて製造能力を強化するためブロイラー処理農場を買収し、薩摩工場(所在地:薩摩郡さつま町)を新設。 2004年2月 バイオマスエネルギーを製造するため、有限会社南九州バイオマス(現・持分法適用関連会社)を設立。 2004年12月 日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所に株式を上場。 2006年5月 南九州バイオマス山崎工場(所在地:薩摩郡さつま町)を新設稼動し、RPS電力とグリーン電力を工場群及び九州電力株式会社にそれぞれ供給し、又、グループ内の工場群へプロセス蒸気の供給を開始。 2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現・東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。 2010年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ(現 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード))に上場。 2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場。

次の