一年生準備ボックス。 1年生準備スタートボックス|じゃんぷ|こどもちゃれんじ|ベネッセコーポレーション

2014年度生まれ|【公式】こどもちゃれんじじゃんぷ|ベネッセコーポレーション|しまじろう

一年生準備ボックス

こどもちゃれんじの入会を迷われている方へ、この時季限定・特典盛りだくさんの「クリスマス特大号」2018年度版をご紹介します。 こどもちゃれんじの入会は、お得に入会できる月がだいたい決まっています。 毎年4月・8月・12月は、教材自体が豪華だったり、一ヶ月分の教材費で何ヶ月分もの教材がついてきたりと、それ以外の月に入会するよりもお得なんです。 その中でも 断然お得感・満足度が違うのが12月のクリスマス特大号だと思います。 もちろん毎年この時季になると、こどもちゃれんじの公式ページでも大々的に宣伝されるのですが、パッと見お得にしか見えないけどどこがどうお得なのか?デメリットはないのか?なども合わせてまとめさせていただきました。 新年度にはこちらもおすすめ!• 音でなりきりキッチンセット 通常:10月号教材リトミックドラムが付きます• いろっぴのマトリョーシカ 通常:10月号教材• いろっぴとはんぶんこセット 通常:11月号教材の一部• しまじろうパペット• ぷち絵本12月号• ぷちDVD12月・1月合併号• こどもちゃれんじぷち通信12• 実は我が家のめーこさんはぷちコースを5月で辞めたにもかかわらず、クリスマス特大号の特典にひかれて再入会したのが12月でした。 こどもちゃれんじのどのコースよりも特典が魅力的なのが、この「ぷち」コースなのではないかな?と思います。 ぷちクリスマス特大号2018の気になる点 12月号教材の「音でなりきりキッチンセット」自体が10月号教材の「リトミックドラム」を合体させて遊ぶ仕様のため、自動的に「リトミックドラム」も付いてきますが、一緒にドラムとして遊ぶための「バチ」は付いてきません。 また、一度キッチンセットにリトミックドラムを合体させると、安全のため外れない仕様になっています。 そのままドラムとしても遊ぶ事はできるので「バチ」は何かで代用するしかなさそうですね。 いろっぴとはんぶんこセットはドーナツだけ 「いろっぴとはんぶんこセット」自体が、クリスマス特大号のために作られたセットのようです。 通常の教材として11月号で届く「やりとりはんぶんこセット」には、ドーナツに加え、ピザとパン、トングが付いています。 そのセットのドーナツだけが「いろっぴとはんぶんこセット」に付くようですね。 もし、どうしても「やりとりはんぶんこセット」のすべての教材が欲しい場合は、締め切りを過ぎていても在庫が残っていれば11月号から始めることが出来ますが(要電話相談)その場合はスタート月が11月からの登録になり、可愛いクリスマスボックスでのお届けができなくなるそうなのでご注意です。 なりきりおみせやさんセット• 音声タッチペン「はてなんだくん」 通常:10月号教材• ことばあそびえほんスタートブック 通常:10月号教材• ちょきぺたぶっくスタート号 通常:11月号教材• ぽけっと絵本12月号• ぽけっとDVD12月・1月合併号• こどもちゃれんじぽけっと通信12• ぽけっともぷちと同じく以前の教材から3点追加されているのですが、紙媒体の教材が多いのでぷちに比べると少し見劣りしてしまうかもしれませんね。 音声スキャナー「はてなんだくん」は、ひらがな学習にかなり優れた教材です。 ひとつ上の学年「ほっぷ」まで長期的に続くプログラムなので、最初のテキストから始められるのは嬉しいですね。 おかたづけばこが届くのも12月まで! このおかたづけばこも紙製ではありますが、今後届くはてなんだくん対応のワーク教材や、人気のレストランセットなどが全部まとめてこのBOXにおさめられるので、あるととっても便利なんです。 一応、ぽけっとコースで届く教材までをおさめるBOXのようですが、その先のほっぷコースで届いたはてなんだくんのワーク冊子も一緒に入れることが出来ました。 特典は冊子のワーク教材だけど優れもの! 音声スキャナー「はてなんだくん」は、ひらがなの形や読み方を覚えたり、色や形、系列、英語学習など、ぽけっとコースのあらゆる場面でお子さんに寄り添って、おはなししながら一緒に学んでいってくれる良きパートナーでもあります。 時にはおみせやさんのレジと合体したり、レストランの注文をきいたり変幻自在な存在で、主に特殊なコードを読み取っておはなししてくれるのですが、タッチする度に話す内容がランダムに変わったりする場面もあり、お子さんが飽きずに取り組める工夫がされているんですよね。 おいしゃさんセット• ひらがなパソコン 通常:8月号教材• ひらがなカード 通常:8~11月号教材• カラフルえんぴつ+ペンケース 通常:9月号教材• かたちバスプレート 通常:11月号教材• ひらがなかるた 通常:11月号教材• えんぴつの持ち方&プレートシート 通常:11月号教材• えんぴつワーク3• キッズワーク12月号• ほっぷ絵本12月号• ほっぷDVD12月・1月合併号• こどもちゃれんじほっぷ通信12 一覧にしてみると、ほっぷコースの特典の多さにびっくりしますね 笑 一度に届くのでわかりにくいですが、「ひらがなかるた」と「えんぴつの持ち方&プレートシート」は12月号から入会された方限定の入会特典となり、他のコースにある早期入会特典はありません。 12月号でしか手に入らないおいしゃさんセット ほっぷコースはスタート月の4月からわりと「ひらがな」を覚えたり、書けるようになるプログラムが目立っていましたが、ここにきて突然のおいしゃさんセットです。 この教材は今後特典などで付く事はないので、12月号限定と紹介されています。 おいしゃさんセットといえば、今や100均でも売られている時代ですが、こどもちゃれんじのおいしゃさんセットは、細かいですが聴診器や体温計のバネの仕組みなどとても良く出来ている上に、エデュトイだけでは終わりません。 必ずDVDや絵本などで、おいしゃさんセットに関する紹介や遊び方、教材の狙いに沿った利用方法などが掲載されているので、お子さんにとっても視覚から入りやすく、上手に楽しめる要素がつまっているんだと思います。 通常会員が引くほどの特典です! 初めて入会される方にはよりたくさんの教材を手にして、実際にお子さんとお試ししてもらいたいので、特典いっぱいの12月号は本当におススメなんです。 メッセンジャーブック 通常:10月号教材• いろマジックブック 通常:11月号教材• はじめてのとけいえほん• えいごクイズドラム&DVD• おふろカタカナポスター• キッズワーク12月号• すてっぷ絵本12月号• すてっぷDVD12月・1月合併号• お子さんが書いたかわいいメッセージを、ピカッとカラフルに光らせて相手に伝える事ができるユニークな教材です。 まだひらがなを書き慣れていないお子さんにとっては、すごく便利なシートなので一緒に使えたらいいですね。 英語にかかわるエデュトイって初? こどもちゃれんじは通常のコースとは別に「こどもちゃれんじEnglish」という英語に特化したコースも受講費別で受講することが出来るのですが、通常のコースではこれまでDVDの最後の方に少し英語のコーナーがあったり、ワーク教材で少しだけ英語にふれる機会はありましたが、月の教材で英語に特化したエデュトイって、すてっぷの12月号で初めて登場したような気がします。 英語教育は今後色々な場面で役立つと思いますので、早いうちから慣れ親しんでいく事がとっても重要です。 これを機にお子さんが英語に興味を持ってくれたら嬉しいですね。 とけいプログラムがはじまるのも12月から! それまで「生活リズム」はなんとなく意識して生活していたとは思いますが、「時間」を意識して行動することはお子さんにとっては中々むずかしいもの。 こどもちゃれんじの教材では、最初は読むのが難しい「時計」の読み方を、少しずつ楽しく学べるプログラムが用意されています。 そのスタート月となるのが12月号なので、この機会に始められるのもおススメです。 5・6歳向けコース【じゃんぷ】だけ小学校入学準備号になります 12月号から「じゃんぷ」コースを申し込む場合、他のコースとは違い、少し特殊な条件になるので注意が必要です。 じゃんぷコースは年長さん対象のコースなので、2019年の次年度は小学校入学となり、自動的に「こどもちゃれんじ」から「ちゃれんじ1ねんせい」へと切り替わります。 もし「 じゃんぷコースだけで辞めたい」「 ちゃれんじ1ねんせいはやるつもりはない」という場合は、申込み自体を電話で行い、その旨をオペレーターの方に伝えなくてはいけません。 そうしないと勝手に次年度も継続になり、連絡しない限りいつまでも教材が届き続けます。 それを知らずに申し込んでしまうと、勝手に「1年生準備スタートボックス」が届き、これが届くと「次年度も継続」縛りになり、じゃんぷコースだけで辞めたいと後から申し出ても4月号が届くまで辞められないか、自腹で送料を払って「1年生準備スタートボックス」を返送しなくてはいけない事になるのでご注意です。 (教材を使用してしまっても全て返送してくださいと言われます。 めざましコラショ 4月号教材を先行お届け• チャレンジ スタートナビ 4月号教材を先行お届け• かきかたばっちりワーク 入会特典• 1ねんせいじゅんびワーク 国語・算数 入会特典• 持ち物大切お名前シール 入会特典• 交通安全DVD 入会特典• 書き順ばっちり下敷き 入会特典• お名前練習帳 入会特典• コラショが応援!光る鉛筆削り&削って変身!レインボー鉛筆 入会特典•

次の

【こどもちゃれんじ】入会を迷われている方必見!一年でいちばんお得に入会できるクリスマス特大号を見逃すな!!

一年生準備ボックス

こどもちゃれんじの入会を迷われている方へ、この時季限定・特典盛りだくさんの「クリスマス特大号」2018年度版をご紹介します。 こどもちゃれんじの入会は、お得に入会できる月がだいたい決まっています。 毎年4月・8月・12月は、教材自体が豪華だったり、一ヶ月分の教材費で何ヶ月分もの教材がついてきたりと、それ以外の月に入会するよりもお得なんです。 その中でも 断然お得感・満足度が違うのが12月のクリスマス特大号だと思います。 もちろん毎年この時季になると、こどもちゃれんじの公式ページでも大々的に宣伝されるのですが、パッと見お得にしか見えないけどどこがどうお得なのか?デメリットはないのか?なども合わせてまとめさせていただきました。 新年度にはこちらもおすすめ!• 音でなりきりキッチンセット 通常:10月号教材リトミックドラムが付きます• いろっぴのマトリョーシカ 通常:10月号教材• いろっぴとはんぶんこセット 通常:11月号教材の一部• しまじろうパペット• ぷち絵本12月号• ぷちDVD12月・1月合併号• こどもちゃれんじぷち通信12• 実は我が家のめーこさんはぷちコースを5月で辞めたにもかかわらず、クリスマス特大号の特典にひかれて再入会したのが12月でした。 こどもちゃれんじのどのコースよりも特典が魅力的なのが、この「ぷち」コースなのではないかな?と思います。 ぷちクリスマス特大号2018の気になる点 12月号教材の「音でなりきりキッチンセット」自体が10月号教材の「リトミックドラム」を合体させて遊ぶ仕様のため、自動的に「リトミックドラム」も付いてきますが、一緒にドラムとして遊ぶための「バチ」は付いてきません。 また、一度キッチンセットにリトミックドラムを合体させると、安全のため外れない仕様になっています。 そのままドラムとしても遊ぶ事はできるので「バチ」は何かで代用するしかなさそうですね。 いろっぴとはんぶんこセットはドーナツだけ 「いろっぴとはんぶんこセット」自体が、クリスマス特大号のために作られたセットのようです。 通常の教材として11月号で届く「やりとりはんぶんこセット」には、ドーナツに加え、ピザとパン、トングが付いています。 そのセットのドーナツだけが「いろっぴとはんぶんこセット」に付くようですね。 もし、どうしても「やりとりはんぶんこセット」のすべての教材が欲しい場合は、締め切りを過ぎていても在庫が残っていれば11月号から始めることが出来ますが(要電話相談)その場合はスタート月が11月からの登録になり、可愛いクリスマスボックスでのお届けができなくなるそうなのでご注意です。 なりきりおみせやさんセット• 音声タッチペン「はてなんだくん」 通常:10月号教材• ことばあそびえほんスタートブック 通常:10月号教材• ちょきぺたぶっくスタート号 通常:11月号教材• ぽけっと絵本12月号• ぽけっとDVD12月・1月合併号• こどもちゃれんじぽけっと通信12• ぽけっともぷちと同じく以前の教材から3点追加されているのですが、紙媒体の教材が多いのでぷちに比べると少し見劣りしてしまうかもしれませんね。 音声スキャナー「はてなんだくん」は、ひらがな学習にかなり優れた教材です。 ひとつ上の学年「ほっぷ」まで長期的に続くプログラムなので、最初のテキストから始められるのは嬉しいですね。 おかたづけばこが届くのも12月まで! このおかたづけばこも紙製ではありますが、今後届くはてなんだくん対応のワーク教材や、人気のレストランセットなどが全部まとめてこのBOXにおさめられるので、あるととっても便利なんです。 一応、ぽけっとコースで届く教材までをおさめるBOXのようですが、その先のほっぷコースで届いたはてなんだくんのワーク冊子も一緒に入れることが出来ました。 特典は冊子のワーク教材だけど優れもの! 音声スキャナー「はてなんだくん」は、ひらがなの形や読み方を覚えたり、色や形、系列、英語学習など、ぽけっとコースのあらゆる場面でお子さんに寄り添って、おはなししながら一緒に学んでいってくれる良きパートナーでもあります。 時にはおみせやさんのレジと合体したり、レストランの注文をきいたり変幻自在な存在で、主に特殊なコードを読み取っておはなししてくれるのですが、タッチする度に話す内容がランダムに変わったりする場面もあり、お子さんが飽きずに取り組める工夫がされているんですよね。 おいしゃさんセット• ひらがなパソコン 通常:8月号教材• ひらがなカード 通常:8~11月号教材• カラフルえんぴつ+ペンケース 通常:9月号教材• かたちバスプレート 通常:11月号教材• ひらがなかるた 通常:11月号教材• えんぴつの持ち方&プレートシート 通常:11月号教材• えんぴつワーク3• キッズワーク12月号• ほっぷ絵本12月号• ほっぷDVD12月・1月合併号• こどもちゃれんじほっぷ通信12 一覧にしてみると、ほっぷコースの特典の多さにびっくりしますね 笑 一度に届くのでわかりにくいですが、「ひらがなかるた」と「えんぴつの持ち方&プレートシート」は12月号から入会された方限定の入会特典となり、他のコースにある早期入会特典はありません。 12月号でしか手に入らないおいしゃさんセット ほっぷコースはスタート月の4月からわりと「ひらがな」を覚えたり、書けるようになるプログラムが目立っていましたが、ここにきて突然のおいしゃさんセットです。 この教材は今後特典などで付く事はないので、12月号限定と紹介されています。 おいしゃさんセットといえば、今や100均でも売られている時代ですが、こどもちゃれんじのおいしゃさんセットは、細かいですが聴診器や体温計のバネの仕組みなどとても良く出来ている上に、エデュトイだけでは終わりません。 必ずDVDや絵本などで、おいしゃさんセットに関する紹介や遊び方、教材の狙いに沿った利用方法などが掲載されているので、お子さんにとっても視覚から入りやすく、上手に楽しめる要素がつまっているんだと思います。 通常会員が引くほどの特典です! 初めて入会される方にはよりたくさんの教材を手にして、実際にお子さんとお試ししてもらいたいので、特典いっぱいの12月号は本当におススメなんです。 メッセンジャーブック 通常:10月号教材• いろマジックブック 通常:11月号教材• はじめてのとけいえほん• えいごクイズドラム&DVD• おふろカタカナポスター• キッズワーク12月号• すてっぷ絵本12月号• すてっぷDVD12月・1月合併号• お子さんが書いたかわいいメッセージを、ピカッとカラフルに光らせて相手に伝える事ができるユニークな教材です。 まだひらがなを書き慣れていないお子さんにとっては、すごく便利なシートなので一緒に使えたらいいですね。 英語にかかわるエデュトイって初? こどもちゃれんじは通常のコースとは別に「こどもちゃれんじEnglish」という英語に特化したコースも受講費別で受講することが出来るのですが、通常のコースではこれまでDVDの最後の方に少し英語のコーナーがあったり、ワーク教材で少しだけ英語にふれる機会はありましたが、月の教材で英語に特化したエデュトイって、すてっぷの12月号で初めて登場したような気がします。 英語教育は今後色々な場面で役立つと思いますので、早いうちから慣れ親しんでいく事がとっても重要です。 これを機にお子さんが英語に興味を持ってくれたら嬉しいですね。 とけいプログラムがはじまるのも12月から! それまで「生活リズム」はなんとなく意識して生活していたとは思いますが、「時間」を意識して行動することはお子さんにとっては中々むずかしいもの。 こどもちゃれんじの教材では、最初は読むのが難しい「時計」の読み方を、少しずつ楽しく学べるプログラムが用意されています。 そのスタート月となるのが12月号なので、この機会に始められるのもおススメです。 5・6歳向けコース【じゃんぷ】だけ小学校入学準備号になります 12月号から「じゃんぷ」コースを申し込む場合、他のコースとは違い、少し特殊な条件になるので注意が必要です。 じゃんぷコースは年長さん対象のコースなので、2019年の次年度は小学校入学となり、自動的に「こどもちゃれんじ」から「ちゃれんじ1ねんせい」へと切り替わります。 もし「 じゃんぷコースだけで辞めたい」「 ちゃれんじ1ねんせいはやるつもりはない」という場合は、申込み自体を電話で行い、その旨をオペレーターの方に伝えなくてはいけません。 そうしないと勝手に次年度も継続になり、連絡しない限りいつまでも教材が届き続けます。 それを知らずに申し込んでしまうと、勝手に「1年生準備スタートボックス」が届き、これが届くと「次年度も継続」縛りになり、じゃんぷコースだけで辞めたいと後から申し出ても4月号が届くまで辞められないか、自腹で送料を払って「1年生準備スタートボックス」を返送しなくてはいけない事になるのでご注意です。 (教材を使用してしまっても全て返送してくださいと言われます。 めざましコラショ 4月号教材を先行お届け• チャレンジ スタートナビ 4月号教材を先行お届け• かきかたばっちりワーク 入会特典• 1ねんせいじゅんびワーク 国語・算数 入会特典• 持ち物大切お名前シール 入会特典• 交通安全DVD 入会特典• 書き順ばっちり下敷き 入会特典• お名前練習帳 入会特典• コラショが応援!光る鉛筆削り&削って変身!レインボー鉛筆 入会特典•

次の

『1年生準備スタートボックス』先行入手できるのはいつまで?

一年生準備ボックス

この記事の目次はこちらです• 節約の白羽の矢は 塾の費用がかさんだ分、何かを節約しようということになってまず白羽の矢が立ったのは こどもチャレンジです。 まあ、月額2000~3000円程度ですが、最近うちの子どもも飽きてきたし、解約しようと思ったわけです。 こどもチャレンジの概要 お子さんのいる家庭はご存知だと思いますが、ベネッセが運営している幼児向けの教育商材で、毎月本やドリル、知育用の玩具などが送られてくるサービスです。 小学校前になるとこれまでこどもチャレンジを利用してきたご家庭を対象に 小学生準備プログラムの先行登録を受けることができます。 小学生準備プログラムに登録すると、 1ねんせいじゅんびスタートボックスをもらうことができます。 我が子には楽しいようで、毎日遊びながら勉強にいそしんでいる、といった毎日です。 解約の電話をしたものの で、さっそくうちのヨメが解約手続きを取ることにしまして。 解約方法はメールやウェブの入力フォームはなく、 電話のみの受付。 意外とあっさりつながり電話がつながったようで、解約の主旨を伝えたところ、 解約するならチャレンジ スタートナビで送った商品を自腹で返却してください、と言われたそうなんです。 一瞬、驚いたようですが、やむなく同意し、その日のキャンセルを保留した、とのことでした。 ウェブページに書いてある 1ねんせいじゅんびスタートボックスの申込する際は、こどもチャレンジのチラシを見たそうです。 すでにそのチラシは見当たらないのですが、これまでもまとめて取り寄せたほうが料金が安くてお得、といったことをよくやるらしく、 あまり疑うことなく気軽に申し込んだそうなんです。 なので、注意書きとかあまり詳しく読んでいなかったなあ、と反省しておりました。 やむを得ない事情により先行お届け後に、4月号から退会される場合は、 お客さまの送料ご負担で返品をお願いいたします(4月号の退会しめ切り日は2018年3月1日(木)です)。 また、先行お届け後に<チャレンジ1ねんせい>のご登録を取り消して、<チャレンジタッチ1ねんせい>に変更される場合は、 お客さまの送料ご負担で[チャレンジ スタートナビ]の返品をお願いいたします。 約款は書いてある事実があればいいのか? 企業側にしてみたら、いやいやここにこう書いてあるから、 よく読まないほうが悪いと主張するでしょう。 まあ、そう意味では反論はできないです。 ただ、消費者の反応としては、こどもの教育商材にまでこうした手口を使うのか?と 反感を感じる人たちはたくさんいるはずです。 チラシの小さい文字のほうが大切なことが書いてあるのは昔はマンションや戸建てなどの不動産だけでしたが、最近は、ケータイ・スマホやインターネットまで、同様の手口が見られるので油断なりません。 知らないことに漬け込む商売、疑い深く読み取る忍耐力、そして知識など、日常生活に身近なサービスも決して油断できませんね。 うーん、なんか セコイ商売というか、利益を出すにはそういうやり方しかないんでしょうか? 解約期限を忘れずに 今回の先行受付により、商材を返却しない限りは2018年4月号までは解約できません。 それまでは、 毎月、利用料金を支払う必要があります。 チャレンジ1ねんせいの登録を取り消す場合ですが、 3月25日から4月1日までのたった6日限定で、 電話連絡のみ受け付けだそうです。 前もって解約受付けしてくれてもいいと思うんですけどね… 最後に 本ブログではスマホやインターネットの記事が多いんですけど、契約期間を長く縛ることによって提供価格を安くするサービス、というのが横行しています。 これ自体は悪いことではないと思いません。 このことを理解した上で、低価格で良質なサービスを受けることも可能になるからです。 ただ、どうなんでしょう、それならもっと消費者に分かりやすく、契約上の制限を伝えることも必要なのではないかと。 そして、それはその企業に対する信頼性という形で返ってくるはず。 特に長期に渡る契約などこうした企業のカモになることかがないように努めることが消費者には求められるし、分からないものには手を出さない、という姿勢が大事なんだな、と今回の一件で思い知らされました。 都内居住、40代、こども2人、奥さん1人。 株をなんとなく始めて15年。 未だに億り人になれず、最近になって経済的自由をゲットするために本気に取り組み始める。 好きなものは、馬券、ポイ活、 LINE Pay、飛び地。 【メインテーマ】 日本株、米国株投資のほかインデックス投資の資産運用や節約情報、ガジェット関係。 運用資金は生活費の節約。 スマホなどの節約情報からクレカ、ポイントサイト、ふるさと納税、株主優待クロスに挑戦中。 【ブログのポリシー】 ブログは雑記ですが、毎日更新が目標。 実体験に基づき本当に良いものは良い、悪いものは悪いと感じたことをそのままに表現することが信条です。 申し訳ありません。 NEW ENTRY.

次の