コロナ 中国 責任 - コロナだけじゃない、中国で次々に発生する感染症に世界は耐えられるか

中国 責任 コロナ コロナ・パンデミックは「新しい戦争」とブラジル大統領が指摘 中国への責任追及の手を緩めるな!

激変するコロナ後の時代、中国共産党が恐れる「世界制覇の挫折」(長谷川 幸洋)

中国 責任 コロナ 中国はコロナウイルスをどう責任とるのでしょいか?

中国 責任 コロナ 感染源を米軍人だと言い出した中国の深謀遠慮 責任転嫁が教える南京事件の真実(1/7)

新型コロナ感染拡大責任追及 習近平氏はどう対応すべきか

中国 責任 コロナ 武漢から蔓延した新型コロナ、変異種の猛威! 中国の責任はどうなるのか!

中国 責任 コロナ コロナ・パンデミックは「新しい戦争」とブラジル大統領が指摘 中国への責任追及の手を緩めるな!

新型コロナ流出説が再燃、米国と中国の熾烈な「情報戦」が始まる 「陰謀論」と一蹴していた米国メディアが論調を一転(1/5)

中国 責任 コロナ なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

中国 責任 コロナ 中国に全世界が激怒。新型コロナ情報隠蔽に5500兆円の賠償要求

RIETI

中国 責任 コロナ 感染拡大させた中国の責任を追及、共産党と武漢ウイルス研究所などに召喚状=米ミシシッピ州

コロナの責任を中国は取らされますか?

中国 責任 コロナ 米国務長官、コロナ中国責任論を主張…「初期対応の失敗が深刻な結果招いた」(ハンギョレ新聞)

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

中国 責任 コロナ コロナ・パンデミックは「新しい戦争」とブラジル大統領が指摘 中国への責任追及の手を緩めるな!

激変するコロナ後の時代、中国共産党が恐れる「世界制覇の挫折」(長谷川 幸洋)

米ミシシッピ州は、中共ウィルス(新型コロナウイルス)の感染を拡大させたとして、中国共産党および複数の関係省庁に対して、召喚状を出した。

  • また先月27日の閣僚会合で、ブラジルのケジス経済相は録画されていることに気付かず、中国がコロナを「発明した」とし、「中国製のワクチンはアメリカ製よりも劣っている」とこぼしました。

  • すでに30州が早期投票を奨励し始めているし、コロラド、ハワイ、オレゴン、ユタ、ワシントン州では郵送投票する有権者が急増している。

  • そのハンセン教授は、トランプ共和党が密かに企てている大統領選の延長の可能性についてこう指摘している。

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

WHOのサイトより 世界の 新型コロナウイルスへの対応を検証する独立調査委員会は5月12日、最終報告書を公表した。

  • 現にしているのでありましょう。

  • 2か月と2週間後に新型ウイルス感染が完全に収まっているという保証はどこにもない。

  • 2020年は中国・武漢から始まった新型コロナウイルスの感染拡大で世界が一変した。

なぜ中国政府は新型コロナを世界中に広めた責任を認めないのか 全人代の「新規感染ゼロ」というウソ

缶詰類もグリーンビーンや大豆類はゼロ。

  • 米中関係は良好にいっているというのがトランプ大統領の口癖。

  • 「大統領選挙は米民主主義の根幹だし、中止になったことはない。

  • 犯罪率はゼロに近い。

コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

・「武漢ウイルス」「中国ウイルス」といった呼び方は、中国の人々にどう映っていたのか。

  • 今回のコロナ騒動で中国が罪深いのは発生源だからではありません。

  • 犯罪率はゼロに近い。

  • バイデン陣営のケイト・べディングフィールド選挙本部次長はこう述べている。

激変するコロナ後の時代、中国共産党が恐れる「世界制覇の挫折」(長谷川 幸洋)

(筆者の家を除けば)全米でも有数の上流、中流の上が住んでいる町だ。

  • いずれせよ、中止するわけにはいかない。

  • 発言は各メディアを通じて拡散されています。

  • ブリンケン長官は、2022年2月に北京で開かれる冬季五輪に米国が参加しない案については慎重な態度を示した。

コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

米中関係は良好にいっているというのがトランプ大統領の口癖。

  • WHOに1000億ドル程度の資金提供をして、中国企業から買ってもらうのも一案です。

  • さらに、自身も軍役経験を持つ同氏は、「軍は科学、ウィルス戦争が何であるのかを知っている。

  • 運営責任者: 金丸真弥• 開店と同時に店内に入る。

RIETI

感染拡大の深刻さはそこまで来ているのだ。

  • 台湾の自由時報がまとめたところによると、その賠償額は世界で1,532兆台湾ドル、日本円にして5,464兆円にのぼるということです。

  • それが米国に永住した筆者の実感だ。

  • さらにおかしいのは、中国では1月23日に最初に感染の起きた湖北省武漢市をロックダウン(都市封鎖)し、2カ月半後の4月8日にその封鎖を解いたが、5月に入って武漢市や吉林省で集団感染が起きている。

コロナだけじゃない、中国で次々に発生する感染症に世界は耐えられるか

目下各州の民主党支部はどう対応するのか検討している。

  • 2020年12月8日、新型コロナの発生源を調査中の世界保健機関(WHO)の専門家であるピーター・ベンエンバレク氏は、NHKのインタビューに答えて、「コロナは中国雲南省の洞窟で発源した模様」という分析結果を公表した。

  • ブリンケン長官は同日、NBC放送とのインタビューで、「新型コロナの初期段階でやるべきことをしなかったことを、中国自ら知っているはずだ」とし、「中国はリアルタイムで国際専門家の(情報)アクセスを認め、情報を共有して真の透明性を提供すべきだった」と述べた。

  • TEL:03-6806-8902 FAX:03-6730-2861• 日本もぼやぼやしていてはいけません。




2021 cdn.snowboardermag.com