第 三 次 補正 予算 - 【追加支援】第三次補正予算 補助金について(2/28締切)

三 次 予算 第 補正 第3次補正予算が成立

令和2年度補正予算(第1号及び第2号)の概要について : 財務省

三 次 予算 第 補正 政府 第3次補正予算案を国会提出

三 次 予算 第 補正 【追加支援】第三次補正予算 補助金について(2/28締切)

第3次補正予算が成立

三 次 予算 第 補正 国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

第3次補正予算が成立

三 次 予算 第 補正 【追加支援】第三次補正予算 補助金について(2/28締切)

令和2年度補正予算(第1号及び第2号)の概要について : 財務省

三 次 予算 第 補正 第3次補正予算 自民・公明・維新など賛成多数で可決・成立

第3次補正予算 自民・公明・維新など賛成多数で可決・成立

三 次 予算 第 補正 国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

三 次 予算 第 補正 政府 第3次補正予算案を国会提出

三 次 予算 第 補正 政府 第3次補正予算案を国会提出

第3次補正予算 自民・公明・維新など賛成多数で可決・成立

三 次 予算 第 補正 第3次補正予算案 閣議決定

昨夜、令和2年度第三次補正予算が成立いたしました。

  • 今年度は当初予算が一般会計の総額で102兆円余りでしたが、補正予算を3度にわたって組んだ結果、一般会計の総額は175兆円余りに膨らみました。

  • 5 ) 本補助金で補助を受けた医療機関は、令和3年度実施分では対象外となる 令和3年実施分の詳細はこの投稿をしている時点では発表されていないので、今回の内容と変更点があるのかどうかはわかりませんが、2月28日の締め切りに間に合わない医療機関への対応として、令和3年分の実施が予定されているそうです。

  • その具体的内容は以下の通りである。

国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

7億円】 ・保育分野におけるICT等導入支援【14億円】 ・ICTの活用等による児童虐待等の相談支援【57億円】 ・児童相談所におけるSNSによる相談体制の構築等【7. 承認の基準が全国一律になる点は良いですね。

  • 0億円】 (2)デジタル改革の実現 保険・医療、介護・福祉分野などにおけるデジタル化の推進や、ICTを活用した児童虐待等の相談支援等の拡大が計画されています。

  • 4 ) 二次補正予算の「医療機関・薬局等における感染拡大防止等支援事業」の補助を受けた医療機関等も補助の対象となる 二次補正で賄いきれなかった費用を申請できるのは良さそうですね。

  • 長引くコロナ禍の中、先週、令和2年3次が国会を通過しました。

【追加支援】第三次補正予算 補助金について(2/28締切)

新型コロナウイルスの感染防止策や経済対策の費用を盛り込んだ今年度の第3次補正予算案は28日、参議院予算委員会で自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決されました。

  • 一時支援金は、飲食店以外の中小企業・ も含まれるのでしょう で、飲食店へ商品やサービスを提供する事業者、不要不急の外出制限により売上が落ちた事業者が対象だそうです。

  • (オ)その他の支援(4兆7,127億円) 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の拡充のための経費2兆円、低所得のひとり親世帯への追加的な給付のための経費1,365億円、持続化給付金の対応強化のための経費1兆9,400億円などを計上している。

  • そして今回、政府は第3次補正予算の財源に1兆8500億円の予備費を充てていました。

第3次補正予算案 閣議決定 追加の歳出19兆円余

もしご心配な方がいらっしゃいましたら、厚労省の問い合わせ窓口までご相談いただけると幸いです。

  • 政府は、感染拡大の状況に応じて機動的に対応するため、予備費が必要だとしていて、新年度の当初予算案でも、新型コロナウイルスへの対応として5兆円の予備費を盛り込んでいます。

  • 令和2年度厚生労働省第三次補正予算案 令和2年度第三次補正予算では、政府が定めた「新型コロナウイルス感染症の拡大防止」「ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現」「防災・減災、国土強靱化の推進など安全・安心の確保」という3本の柱に基づいて各省庁の予算が策定されています。

  • 営業時間の短縮要請に応じた飲食店への協力金など、自治体が独自に使える「地方創生臨時交付金」は1兆5000億円を追加しました。

令和2年度補正予算(第1号及び第2号)の概要について : 財務省

締切間近ではありますが、ぜひ有効にご利用ください。

  • 』と明記されている(『「令和 2 年度新型コロナウイルス感染症感染拡大防止・医療提供体制確保支援補助金」のご案内』より) という確認がとれておりますので、問題なく補助金対象になると思われます。

  • そうした中、今年度は新型コロナウイルスへの対策で、3度にわたる補正予算が編成される一方、企業業績の悪化で税収は当初の見込みを8兆円余り下回りました。

  • 4兆円の規模となった。

国の第3次補正予算、注目すべき「6つの焦点」

こうした財政事情も踏まえ、第3次補正予算の成立にあわせて昨年度・令和元年度の国の一般会計の剰余金を財源として活用することを特例として認める法律も成立しました。

  • この結果、追加の歳出は、19兆1761億円となり、政府は今月中の成立を図る方針です。

  • 新型コロナウイルスの感染拡大防止策や経済回復に向けた取り組みなどを加速するための経費を盛り込んだ令和2年度第3次補正予算が1月28日の参院本会議で可決、成立しました。

  • では、第3次補正予算はどうなるか。

第3次補正予算案 閣議決定 追加の歳出19兆円余

3億円】 ・福祉施設における感染拡大防止等への支援【1,459億円】 ・妊産婦等への支援【46億円】 (2)検査体制の充実、ワクチン接種体制等の整備 新型コロナウイルスワクチン・治療薬の開発を進めるとともに、有効性及び安全性が確認された際には、希望する国民が遅延なくワクチン接種等を受けられるよう体制の整備を図ります。

  • 厚労省は「新型コロナウイルス感染症の拡大防止」と「ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現」に向けた取り組みに特に大きな予算を計上しており、医療のこれ以上のひっ迫を防ぎつつ、経産省との連携などによって新型コロナによる経済の冷え込みからの早期回復を目指します。

  • 補正予算案には、先月まとめた事業規模が総額で73兆円程度となる経済対策を実行する費用が盛り込まれています。

  • 補助金や助成金は、お金をもらうことがゴールではなく、売り上げを上げるためのツールとして各企業様の売上増大に繋がるためのサポートもさせていただいています。




2021 cdn.snowboardermag.com