月に沈む ネタバレ あらすじ。 【天気の子】あらすじネタバレと感想!『君の名は。』瀧・三葉など新海キャラも登場!

「トリプルヘッド・ジョーズ」ネタバレ・あらすじ・陸まで上がる3つの頭を持つジョーズ(感想・キャスト)

月に沈む ネタバレ あらすじ

Contents• 【エール】ネタバレ|第62話 6月23日 火 久志がなぜ音楽の道に進むことになったのか、そのきっかけについての物語。 大正8年、福島の小学校に通っていた久志 10歳 は、 父の再婚で新しくやってきた母・玲子に なじむことができず、葛藤をかかえていました。 三年前、両親は離婚し母親が出て行き、父が再婚した今でも生みの母のことを忘れられずにいます。 帰ってきた久志を優しく迎えてくれた母・玲子。 はじめて「お母さん」と呼ぶことができました。 当時のことを思い出しながら、『ふるさと』を歌います。 しかし久志は、藤堂先生が話しているのを無視して帰ってしまいます。 家に帰った久志は、母からの手紙を眺め切なくなりました。 そして、ついに手紙に書かれた住所を訪ねることにした久志。 しかしすでに 引っ越した後で、母と会うことは叶いませんでした。 落ち込んでいた久志ですが、偶然帰り道で母を見つけます。 駆け寄ろうとした瞬間、母が見知らぬ男性と赤ちゃんと一緒であることを知った久志は、雨の中を走り出しました。 家にも帰れず学校で一人たたずんでいると、藤堂先生がやってきます。 先生は童謡『 故郷』を歌い、久志も一緒に歌うよう促しました。 そして「やっぱり君、いい声してるよ!」と励ます先生。 歌に励まされた久志は、家に戻り新しい母親のことを「お母さん」と呼ぶことができました。 そして、久志は思い出の曲『故郷』を歌い、彼の歌声に裕一も鉄男も聞き入るのでした。 両親の離婚という悲しい経験を経て、子どもが大きく成長する姿を見せてもらった気がします。 今日は久志の生い立ちについてお届けしました🌹 両親が離婚し、複雑な事情を抱えていた佐藤家。 久志が歌をはじめた理由は、藤堂先生の歌での励ましがきっかけでした。 生みの母が忘れられず、思い悩むのはしょうがないですよ…。 そして生みの母にせっかく会いに行ったのですが、彼女には新しい家族がいて、そのことを知った久志は かなりショックだったでしょうね。 自分だけの母親でいてほしかったのでしょう…。 しかし、このことで少し前に進むことができた久志。 学校で藤堂先生と歌で励まされ、歌ってやっぱり すごい力を持っていますね! 久志は歌うことで元気付けられ、そしてこれからは歌でみんなを励まし勇気づけていくことでしょう。 藤堂先生のように、久志には多くの人を歌で元気付けてほしものです。 学校ではクールにふるまっている10歳の久志(山口太幹)だったが、家では父の再婚で新しくやってきた母・玲子(黒川芽以)になじむことができず、葛藤をかかえていた。 担任の藤堂先生(森山直太朗)は、ある日クラスの皆で歌っている時に久志の歌の才能に気づいて、学芸会でその歌声を披露することをすすめる。 そして…引用:Yahoo! テレビ欄 【エール】みんなの感想|第62話 6月23日 火 あ……バンブー夫婦の馴れ初め回で「行動してください、僕は行動しました」って久志が言ってたの、母に会いに行ってみたとか、こういうことだったのかな? ちなみに,童謡『ふるさと』の「ふるさと」は,長野県が舞台になっているとされています。 山があり,川があり,自然に囲まれている県ですよね。 ただ,昨年の台風19号で甚大な被害があった場所もあります。 一日も早い復興をお祈り申し上げます。 いちいち朝ドラ「エール」に涙するなぁ。 オンデマンドで周回遅ればかりだけど今日のもよかったなぁ。 藤堂先生みたいな音楽の先生が日本全国沢山いたら良いな。 森山直太朗さんの「ふるさと」と山崎育三郎さんの「ふるさと」アカペラ贅沢に堪能しました。 そんな時に藤堂先生が歌が、久志の暗く沈む心を救ってくれたのね。 気持ちを切り替えさせてくれたのね…。 久志の歌声も素敵だし、あの合唱の中で彼の声だけを聞き分けられる確かな耳を持ってるんでしょうけど、それだけ関心も高くなければできないことのような。 福島三羽ガラス、担任が藤堂先生で本当に良かったね。

次の

韓国ドラマ

月に沈む ネタバレ あらすじ

過去を取り戻す旅は、ある夜を境に消息を絶った共通の知人、梶原憂理を浮かび上がらせる。 あまりにも美しかった女の影は、十数年を経た今でも各人の胸に深く刻み込まれていた。 「美しい謎」に満ちた切ない物語。 「BOOK」データベースより 下巻 雨の音を聞きながら、静かな森の中を進んでいく大学時代の同窓生たち。 元恋人も含む四人の関係は、何気ない会話にも微妙な陰翳をにじませる。 一人芝居を披露したあと永遠に姿を消した憂理は既に死んでいた。 全員を巻き込んだ一夜の真相とは? 太古の杉に伝説の桜の木。 巨樹の森で展開する渾身の最高長編。 「BOOK」データベースより 『三月は深き紅の淵を』から始まるシリーズの第三弾で、上下巻でけっこうなボリュームを誇ります。 前作『麦の海に沈む果実』に登場した梶原憂理が登場(過去の話で)しますが、前作と繋がっているとは言いにくい内容なので、本書から読み始めてもそこまで違和感はないと思います。 この記事では、本書のあらすじや個人的な感想を書いています。 核心部のネタバレは避けますが、未読の方はご注意ください。 Contents• あらすじ 非日常を味わう旅 学生時代を共に過ごした四人の男女。 十数年ぶりに再会した四人は、四十歳手前にして現実から離れて非日常を味わうことを目的とした旅行を計画します。 目的地はY島(屋久島)。 非日常を味わうためにそれぞれが謎を提示し、解決するために意見を出し合うというミステリのような手法を楽しみます。 本書では四人それぞれが視点となり、やがて話や思考は共通の過去に及びます。 浮かび上がる過去 過去に話が及ぶと、そこで出てきたのは四人の学生時代の共通の知人・梶原憂理でした。 子役時代から演劇の舞台を踏み、美しい少女。 ある人にとっては親友で、ある人にとってはただならぬ仲で。 憂理はある夜を境に姿を消していて、その後の消息はつかめていません。 彼女はその後、どうしたのか? それぞれの立場から語られる話が合わさり、だんだんと憂理だけでなく、その頃は知らなかった真実が明らかになっていきます。 旅が終わる頃に謎は解けるのか。 四人は期待と不安に揺られながら会話を続けます。 スポンサーリンク 感想 現実的なのに幻想的 前二作は幻想的で、現実というよりも分かりやすく物語というテイストでした。 しかし本書は三十代後半の男女四人が現実を振り切るようにY島を旅行するという内容で、会話の端々から現実の世知辛さが見受けられます。 しかし、誰かの言葉をきっかけに過去を振り返ると、それが一気に幻想的な雰囲気に変わります。 本当にあったことなのか。 その過去が本当に今に繋がっているのか。 上巻から下巻に進むにつれて幻想的な雰囲気は濃くなっていき、気が付けば恩田ワールド全開になっています。 この境目の曖昧な感覚が秀逸で、恩田作品に慣れ親しんだ人であればすぐに作品に引き込まれると思います。 憂理の本当の姿 『麦の海に沈む果実』では理瀬のルームメイトとして、そして親友として登場した憂理。 本書では、メインとなる四人の共通の知人として登場します。 それぞれの中で憂理の思い出がありますが、一人ずつ彼女のことを口にすることでおぼろげだった過去の輪郭が明確になり、見えていなかった真実が明らかになっていきます。 『麦の海に沈む果実』に登場した彼女と同一人物かといわれると微妙な気がしますが、彼女のその後が明らかになるので読んで損はないと思います。 しかし、物語的にもほとんど独立しているので、憂理のことを知らずに本書だけ読んだとしてもそこまで問題はないと思います。 ある意味退屈かも 上下巻とかなりボリュームがありますが、物語はあまり展開しません。 行動といえば数日の旅行だけで、後は会話と回想のみで構成されています。 この会話や回想が最初こそ様子見という感じですが、後半になるにつれてそれぞれの思い出がリンクして一気に面白くなります。 恩田さんの作品の愛読者であればまず間違いなく楽しめると思います。 一方で、彼女の作品をあまり読まない、あるいは合わない人にとっては退屈に感じられるかもしれません。 おそらく恩田さんの初作品としていきなり本書を選ぶ人はいないと思うので問題にならないかもしれませんが、そういう人がいればご注意ください。 おわりに 最初は次第に高まる不安にドキドキしますが、後半になるにつれて真実が分かったことによる爽快感があり、特に最後に一番客観的な節子が語り手になったのが後味の良さに一役買っています。 ある程度大人になってから読んだので、こんな旅行ができる仲間がいることを羨ましく思いました。 本当に良いタイミングで出会えたと思います。

次の

まいりました先輩ネタバレ36話/9巻!最新話の感想&あらすじもチェック!

月に沈む ネタバレ あらすじ

海外ドラマ【LOST】とは? LOSTは、2004年から2010年にかけてABCテレビが製作放送したアメリカのテレビドラマです。 墜落した旅客機の乗客達による謎の島でのサバイバル生活を主題にしたストーリーですが、謎のモンスターの登場やタイムスリップなどSF、オカルト的要素も多く盛り込まれた見ごたえ十分の作品です。 一般に高視聴率の海外ドラマは各話完結型が多い傾向にありますが、本作は連続ミステリー物として異例の大ヒットを記録し、アメリカドラマ界に名を残しています。 また劇中に登場する6つの数字がロト6で大量に購入されるなど、世界各国で話題となり社会現象を起こしました。 アメリカのドラマでは珍しく作品に一貫した監督を置いており、SF作品の巨匠J・J・エイブラムス氏が本作の監督を担当しました。 海外ドラマ【LOST】シーズン1のあらすじと簡単なネタバレをご紹介 オーシャニック航空815便シドニー発ロサンゼルス行きの旅客機が、南太平洋上で乱気流に巻き込まれ空中分解し謎の島に墜落します。 乗客の一人だった外科医のジャックは怪我人の応急処置をしますが、墜落によって多くの死者が出ていました。 ジャック、ケイト、チャーリーは救助信号を送るため飛行機の残骸からトランシーバーを回収しようとしますが、操縦席に残っていた機長が正体不明のモンスターに無残に殺される姿を目撃します。 トランシーバーでは救助信号を送れず、無線機で救助を求めようとしますが通信できず逆に誰かからの救助要請を受信します。 生き残った48人の乗客は島でサバイバル生活をしながら救助を待ちますが、南太平洋にはいないはずのホッキョクグマに遭遇したり、墜落するまでは下半身不随になっていたはずのロックが島では普通に生活できるなど不可解な事件が続きます。 島には遭難し流れ着いてから16年間サバイバル生活していたルソーが居ました。 無線機で受信した救助要請を出していたのは彼女でした。 元軍人のサイードは、彼女から「他の者達」という集団が自分の娘をさらい、ともに流れ着いた生存者を殺されたという話を耳にします。 そしてサイードに815便の生存者も他の者達に襲撃されると警告します。 ある日ロックは謎のハッチを発見します。 他の者達からの襲撃を避けるためにハッチを隠れ家にしようと考えましたが、ハッチは開きませんでした。 島にある爆弾を使ってハッチを明けることはできましたが中は深い空洞で、隠れられるような場所には見えませんでした。 生存者のマイケルら4人は飛行機の残骸でいかだを作って島から脱出しようとしますが、途中で武装した他の者達の小型船に遭遇し脱出を阻止されていました。 マイケルの息子ウォルト小型船に乗せられ他の者達の元に連れていかれてしまいます。 海外ドラマ【LOST】シーズン2のあらすじと簡単なネタバレをご紹介 謎のハッチの中は井戸のように細く深くなっていました。 先に中に降りて消息が分からなくなっていたケイトを追ってジャックとロックはハッチの中に向かうと、ハッチの中は電気や水道など居住環境が整っており、デズモンドというジャックのかつての知り合いが住んでいました。 デズモンドは世界の破滅を防ぐために、108分ごとに6つの数列のコードを備え付けられているパソコンに入力する任務がありました。 6つの数列は、815便の生き残りのハーリーが宝くじで当選した時の番号と同じでした。 ジャック達は生存者達とデズモンドの任務に協力することにします。 いかだで脱出をこころみたマイケル、ソーヤ、ジンは浜辺に打ち上げられ、815便の後部座席に乗っていた別な生存者グループに捕らえられていました。 彼らは他の者達に襲撃され人間を警戒していましたが、マイケル達と打ち解けジャック達前部座席の生存者達のキャンプに合流します。 キャンプからは他の者達によると思われる誘拐が発生していました。 ルソーは他の者達の一人を捕え、キャンプに引き渡します。 他の者達に息子を捕らえられていたマイケルは捕えた男と人質交換で息子を取り戻そうと提案しますが、裏でマイケルは他の者達と取引し手先になっていました。 マイケルはキャンプのメンバーを殺し、他の者達の仕業だと偽装してキャンプのメンバーが他の者達と争うよう仕向けます。 そして他の者達は攻め込んで来たジャック達を捕えます。 その頃ハッチでは、パソコンにコードを入力する任務に疑問を持ったロックが、コードを入力するのをやめてしまいます。 するとハッチの中は強力な磁場で崩壊し始めますが、ハッチの前任者が残した「何かを止める鍵」によって崩壊は止まります。 デズモンドは、815便の墜落はこの装置が原因だと確信します。 そして島の外のどこかの研究所では、この強力な磁場を感知していました。 海外ドラマ【LOST】シーズン3のあらすじと簡単なネタバレをご紹介 ジャック、ケイト、ソーヤーは他の者達に捕らえられそれぞれ投獄されていました。 他の者達は、リーダーのベンの腫瘍を外科医であるジャックに治療させるために誘拐され、ケイトとソーヤーはジャックに手術をさせるためのコマとして捕えられていたのでした。 ジャックは手術が成功したら自分を解放することにベンの手術をし、手術している隙にケイトとソーヤーを脱出させます。 ベンの娘アレックスは、病気の自分の恋人カールを連れて出してもらうことを条件に脱出を手引きし、ジャックの世話役のジュリエットの協力もあり脱出することに成功します。 カールはアレックスを残してきたことを後悔して他の者達の元へ戻り、ケイトとソーヤーは自分たちのキャンプに戻ります。 ケイトはアレックスがルソーの娘ではないかと勘付き、ルソーを誘って数人のメンバーでジャックの救出へ向かいます。 ケイト達はジャックに接触しますがジャックは監視されており、ケイト達は他の者達に捕まってしまいます。 他の者達は基地を捨てて姿を隠し、ケイト達は寝返ったロックを除きジャックと残されたジュリエットを連れてキャンプに戻ります。 島にパラシュートでナオミという女性が降下してきます。 そしてキャンプのメンバーは彼女から外の世界では自分たちは死んだことになっていて、発見された815便の残骸から全員の遺体が見つかっていることを知ります。 ナオミの持っていた通信機で救難信号を出そうとしますが、他の者達が海中基地から妨害電波を出していました。 815便の基地に乗りこんで、チャーリーが自らの命と引き換えに妨害電波を切ることに成功します。 基地にいたベンは島からでない方がいいと警告しますが、ジャック達は救難信号を発し島からの脱出に成功します。 海外ドラマ【LOST】シーズン4のあらすじと簡単なネタバレをご紹介 妨害電波を切ることに成功し島からの脱出が可能になったキャンプのメンバーですが、海中基地で死んだチャーリーが救助船は危険だという旨の遺言を残したことで島に残る方がいいというメンバーと、脱出しようというメンバーに別れてしまいます。 ジャック、ケイト、サイードらが救助船で脱出することを決め、救助ヘリに乗り救助船を目指して島を後にします。 救助船はデズモンドの彼女であるペニーの父、ウィドモアが所有していた物でした。 船に向かうジャック達でしたが、救助船には爆弾が仕掛けられており、救助ヘリが着陸しようとした直前に船は爆破されます。 そこにペニーが派遣した本来の救助船があらわれ、一同はそれに乗って島を後にしました。 その頃他の者達はウィドモアに派遣された傭兵に村を襲われていました。 傭兵はアレックス、ルソーを殺し、ベンも殺そうとしますが、突如現れた黒い煙に襲われ一掃されます。 他の者達のリーダーはベンだと思われていましたが、他の者達を操っていた指導者はジェイコブという男でした。 ジェイコブはベンに「島を動かせ」と指示をします。 生還した6人は「オーシャニック6」と呼ばれていました。 ジャックはケイトにプロポーズし二人は婚約しますが、ジャックは父の幻覚を見て病み、薬物に溺れ婚約は破断になってしまいます。 そして、ロックが自殺したことを知り更に精神的に追い込まれてしまいます。 生前のロック、そしてなぜか脱出して接触してきたベンから、オーシャニック6でまた島に戻るよう説得されます。 ジャックは生還した6人には既に生活があり無理だと言い返しますが、ベンは自分にいい計画があると言います。 海外ドラマ【LOST】シーズン5のあらすじと簡単なネタバレをご紹介 ジャック達が救出された3年前、ダン達は救助船へ向かうためにボートで海を渡っていましたが、強い光に包まれ島に引き返していました。 ジェイコブの指示で島が瞬間移動したとき、光と共にタイムスリップしていたのです。 生還し3年が経っていたジャックはベンに手引きされ、オーシャニック6を呼び出し島へ戻る必要があると説得します。 ほとんどの者が島へ戻ることを拒否しますが、ウィドモアの支持でエロイーズという女性に接触して移動した島の位置を特定し、全員が島に戻る必要があると告げられます。 しかしデズモンドは同意せず去っていきます。 島へ向かうため5人の乗ったアジラ航空316便は島の上空で制御を失い、島に不時着します。 島では死んだと思われていたロックが生きており、他の者達のリーダーとなっていました。 そしてベンを操り他の者たちの指導者であるジェイコブを殺します。 しかし島ではロックの遺体が見つかり、他の者達のリーダーをしているロックは偽物だということが判明します。 ジャック達が到着した時、島は更に移動し30年前の1977年にタイムスリップしていました。 ジャック達は島に残っていたメンバーと再会を果たします。 そして、ジャック達がいる時代からは未来に起こることになる815便の事故を防ぐため、瞬間移動装置の作られる予定の当時建設中だったダーマ基地を破壊しようと画策します。 しかしいざ爆弾をセットし起爆しようとした時、ハッチで起こったのと同じ強力な磁場が発生し、爆弾をセットしに行ったメンバーは磁場に巻き込まれ、瞬間移動した時と同じ強い光に包まれます。 海外ドラマ【LOST】シーズン6のあらすじと簡単なネタバレをご紹介 ダーマ基地爆破に向かったメンバーが目を覚ますと、爆破したハッチを発見し時代が815便墜落時に戻ったことを確信し、事故を防げなかったことに落胆します。 ジュリエットは衝撃でがれきに埋もれ死亡してしまっていました。 サイードも重傷を負い瀕死でしたが、死んだはずのジェイコブがあらわれ「テンプル」に行くよう指示します。 先にテンプルに着いていた他の者達は、ロックがジェイコブを殺させたことを知りロックを殺そうとしますが、ロックの正体は島でモンスターと呼ばれていた黒い煙で、襲いかかった他の者達を皆殺しにしてテンプルを去りました。 サイードを連れテンプルに到着したジャック達は、導かれて泉にサイードを沈めますが、テンプルの守護者である道厳は「彼は死んだ」と告げます。 ジャック達は悲しみ、本物のロックの遺体と共に埋葬しようとした時、サイードは生き返り傷も完治していました。 サイードは道厳から、剣でロックを殺すよう指示されます。 しかし失敗しロックに操られ、テンプルにいるメンバーに島を出るように演説し、道厳を泉で溺死させます。 守護者を失ったテンプルには黒い煙が浸入し、破壊の限りをつくしました。 デズモンドはウィドモアによって島に連れてこられていました。 ソーヤ達はデズモンドが乗ってきた潜水艇で島を脱出しようとしますが、ロックにばれていて爆弾を仕掛けられていました。 サイードは爆弾を持って仲間達から離れ、自ら犠牲になって仲間たちの命を救います。 再びジェイコブがジャック達の前に現れ、黒い煙を殺す使命のためにオーシャニック6は島へ呼び戻されたことを明かします。 ジャックは立候補し黒い煙を殺す覚悟を決めました。 ロックは島を沈ませるつもりで、島を沈める鍵はデズモンドでした。 ロックはデズモンドのミスで計画を失敗し逃げようとしますがジャックに捕まり、ケイトの協力もあってロックを殺すことに成功します。 しかし島は沈み続けていました。 ジャックは島が沈むのを防ぐために残り、ケイト達を乗ってきた飛行機で逃がします。 ジャックはロックと戦った中で負った傷により息を引き取ります。 いつか分からない別な世界で、ジャック達は飛行機事故を免れそれぞれの生活を送っていました。 しかしそれはパラレルワールドで、ジャック達は優しく語らった後それぞれ光の中へ消えていきます。 【LOST】主要キャスト紹介 マシュー・フォックス(ジャック・シェパード役) 1966年7月14日生まれのアメリカ人俳優です。 主演となるドラマ「サンフランシスコの空の下」がゴールデングローブ賞を受賞して一躍注目の俳優となり、本作で主役を務めた後、映画「終戦のエンペラー」や「ワールド・ウォー・Z」など人気映画にも出演しています。 マシューはドラマ撮影の過密なスケジュールにうんざりしたようで、本作のクランクアップと共にドラマから手を引く宣言をしています。 本作で初の主役級キャラを演じ、ゴールデングローブ賞を中心に数々の賞にノミネートされ一躍注目の女優になりました。 ドミニク・モナハン(チャーリー・ペース役) 1976年12月8日生まれのドイツ出身のイギリス人俳優です。 初出演となる「ロード・オブ・ザ・リング」でホビットのメリー役を射止め3部作すべてに出演し世界的な大ヒットし、その後出演した本作も世界的大ヒットとなり出演作に恵まれた俳優人生を歩んできました。 「CSI:科学捜査班」や「NCIS 〜ネイビー犯罪捜査班」に出演した後本作でメインキャストの座を射止めました。 LOSTの制作陣が集結し製作されたSFドラマ「コロニー」では主役に抜擢されており。 制作陣からも愛されていたことがわかります。 テリー・オクィン(ジョン・ロック役) 1952年7月15日生まれのアメリカ人俳優です。 ドラマ「エイリアス」、「ザ・ホワイトハウス」、「Hawaii Five-0」でレギュラー出演しているアメリカドラマ界の名バイプレイヤーです。 本作で監督を務めるJ・J・エイブラムスからも信頼されており、エイブラムスが手がける2018年Huluで配信予定の「Castle Rock」への出演も決定しています。 コメディアンとして活動する傍らドラマに出演するようになり、本作でメインキャストを射止めその存在感が話題になりました。 ナヴィーン・アンドリュース(サイード・ジャラー役) 1969年1月17日生まれのイギリス出身のアメリカ人俳優です。 映画「ロンドン・キルズ・ミー」に初出演し、本作への出演でアメリカでも注目の俳優になりました。 「Once Upon a Time in Wonderland」や「センス8」でもメインキャストを務めています。 ヘンリー・イアン・キュージック(デズモンド・デイビッド・ヒューム役) 1967年4月17日生まれのスコットランド人俳優です。 ドラマ「Casualty」などに出演しており、本作出演からより出演機会が増え、「24 -TWENTY FOUR-」、「スキャンダル 託された秘密」、「メンタリスト」、「ボディ・オブ・プルーフ 死体の証言」など日本でも話題になった数々の作品に出演しています。 真田 広之(道厳役) 1960年10月12日生まれの日本人俳優です。 当初は日本で俳優をしていましたが、1999年にイギリスの舞台「リア王」に出演したことをきっかけに海外進出を始め、現在ではハリウッドで最も活躍しているアジア人俳優の一人になりました。 映画「ラストサムライ」や「ラッシュアワー3」に出演し、アニメ映画「ミニオンズ」では声優としても出演しました。 【LOST】監督の紹介 本作の監督を務めるのはJ・J・エイブラムス氏です。 また、日本のアニメ映画「君の名は。 」のハリウッド実写リメイク版での監督を務めるとも報じられています。 アメリカドラマ界では放送局のドラマ制作部が指揮し、脚本や特殊メイクなど各部門の責任者がチームとなって政策を進めることが多いですが、本作ではエイブラムスが監督としてトップに立ち主導しているのもヒットの大きな要因になっていると考えられています。 エイブラムスはLOSTの製作を手掛けたことでエミー賞深夜番組部門作品賞、監督賞を受賞、またゴールデングローブ賞作品賞に輝いています。

次の