ウイイレ 2020 シュート。 【ウイイレアプリ2020】ドロップシュートのやり方と所持選手一覧|ゲームエイト

【ウイイレ2020】攻撃のリズムが悪い時は「偽9番」を使ってみよう

ウイイレ 2020 シュート

パス まずは基本的な「パス」について。 ウイイレ2020は修正が入りパスは比較的通りやすくなりました。 それでも初心者の人は「パスが一番難しい」と感じるのではないでしょうか。 縦パスを出そうとすると、相手選手に引っかかったりパスがズレたりする人も多いと思います。 パスがつながりにくいを感じたら、「パスサーチレベルを変える」のもアリです。 自分に合ったサーチレベルを探してみましょう。 パス種類別の「パスのコツ」です。 まずは相手のほうを向いてしっかりパスを出すようにします。 「なるべく速いパス」のほうが通りやすいです。 またパスを出す体勢や浮き球をダイレクトではたくときは「多少ズレる」こともあります。 ただ大幅にズレてタッチラインを割るというシーンは少ないので、「ある程度無理が利く」ようになっています。 そのため、「この体勢でも何となくパスは通るな」という感覚を持つようにしましょう。 ただ初心者の人はまず「自分が出したいところにちゃんとパスが出ているか」というのを確認してください。 初心者の人は「自分が意図していない場所にパスが出ている」ことが多いです。 この辺りは慣れなので、どの程度スティックを出したらどこにパスが出るのか、パスのゲージはどれぐらいが良いのかを自分の中で確かめるようにします。 これがつながって、FWがキープできるかどうかが試合に勝てるかどうかを大きく左右します。 長い縦パスを何となく出すと相手のボランチに引っかかります。 長い縦パスを出すときは「画面下に出ているレーダー」を見るのは必須です。 味方のFWがDFよりも少しでも前にいるときに出すと、結構通りやすいです。 またパスを出すときに、細かい点を言えば「ゲージをためるタイミング」にも気を付けてみてください。 足からボールが離れた瞬間ぐらいにゲージをためるとスムーズにパスが出ます。 パスを出すときにゲージをためるタイミングが悪いとワンテンポ遅くなり「はよパス出せや!」と叫ぶことになります。 DFへの裏を狙うときに有効なパスです。 今作でもスルーパスは強いです。 特にショートカウンターで、前に「裏抜けできる」世界陸上の選手がいると非常に効果があります。 ただ気を付けたいのが「相手DFがガッツリFWを押さえているとき」はスルーパスを出しても押さえ込まれてしまいます。 身体で押さえ込まれるイメージです。 スルーパスを出すときも「ダッシュしながら」はかなりズレます。 ダッシュしながらのスルーパスは「ほぼ100%変なパスが出る」ので、カウンターのときもスルーパスを出す前はダッシュをしないようにしましょう。 スルーパスは最後のラストパスだけでなく、組み立てのときにも使います。 組み立てに使うときは「相手の身体の向きと味方の身体の向き」を見て、味方の動きだしが良いときにスルーパスをチョンと出します。 中盤の組み立てのときにスルーパスを上手に活用すると「中盤を激走する気持ち良いドリブル」ができます。 また最近では中盤ぐらいから「FWへのど真ん中スルーパス」が意外と通ります。 完全に裏抜けに成功してGKと1対1になるやつ。 これも気持ち良い形ですよね。 スルーパスはゴール前の「最後の崩し」でも強いです。 相手DFが近くにいても、スルーパスをちょんと出すとフワッと軽く浮いたスルーパスが出ます。 相手DFの脚の少し上を通るようなイメージです。 またゴール前でスルーパスを出すと、相手DFが先にボールに触ったとしても「岡崎のように諦めない」とDFからボールをかっさらうこともできます。 これも裏抜けが強くなってから増えてきた形です。 スルーパスを出して相手に取られても、「DFのファーストタッチが流れる」こともあるので、何気ないスルーパスも使えます。 中央からパスで崩していくスタイルの人にはスルーパスは必須テクニックです。 2019年10月24日の修正から「パスサッカーが強化」されているので、「中から攻める」のがやりやすくなっています。 フライパス 意外と使えるのがフライパス。 ただ初心者の人には少し難しいかもしれません。 組み立てるときに「前のパスコースをがっつり切られる」ことがあります。 特にサイドに追いやられるときに多いですよね。 そのときに「パスコース」を探すと、「上にある」のが分かります。 自分がピルロになった気分でふわっと〇ボタンのフライパスを出します。 フライパスはそれなりに通りますが、問題は受け手側です。 トラップのときに相手に寄せられることもありますが、そんなときはダイレクトでリターンパスをすることで十分に回避できます。 ただ「早いパスのとき」はダイレクトでリターンするとちょっとズレます。 試合中に一度フライパスを使うことで、相手にも「フライパスもある、相手には・・・ざわざわ」と思わせることができます。 そのため相手の逡巡を誘うためにも一度ぐらいは使ってみたほうが良いです。 ダイレクトパス ダイレクトパスも強いです。 今作はボールキープするのが難しいときがあるので、ダイレクトパスを使うほうが相手のプレッシャーを華麗にかわすことができます。 ダイレクトパスが強いので「前線は真ん中に固まったほうが良い」です。 周りにいくつかパスコースがあったほうがポンポンパスがつながります。 ツートップのフォーメーションを使用している人も、前線2人だけのワンツーパスも有効です。 ダイレクトパスが無理でもツータッチめにリズム良くパスをつなげていくと相手の守備も乱れやすくなります。 またFWが長い強めの縦パスをダイレクトで味方に落とすプレイも積極的に使いましょう。 ダイレクトパスを使うときは「リターンパス」から練習して、ダイレクトパスのつかむようにします。 さらに「フラスル」も若干強くなっている印象です。 特にゴール前で「2列目から飛び出している選手」にフラスルをすると、スルスルと抜け出すこともあります。 ワンツーパス 攻めるときに「必須」のテクニックがワンツーパス。 誰もが使っているテクニックですよね。 今作は「マークを付けられている」と感じることが多いので、ワンツーを使って抜け出すと「フリーになれる」チャンスも増えてきます。 「特に2列目からの飛び出しのときに使うと有効」です。 またトップの選手同士のワンツーは今作も強いです。 相手DFがガンガン前にボールを取りにくる人の場合は、あえて縦パスを少し弱めに出してDFに食いつかせます。 そしてFWが落として前に走るとドフリーになることもあるので、ワンツーは使える機会があれば積極的に使いましょう。 そして「走っている選手を基本的には使う」ようにすると、相手もワンツーで走っている選手をケアするようになるので、なるべくワンツーで走っている選手にパスを出すのを意識してみてください。 ただ無駄に走らせると後半の終盤に全然動かなくなります。 無駄に走らせないためにも、頻繁にワンツーする選手を決めておいて交代要員にするのもアリです。 さらにワンツーパスをすると相手のDFラインが乱れるので、ワンツーパスでの攻撃は必須です。 ドリブル ドリブルもよりリアル志向になりました。 特にダッシュドリブルの難易度が上がっています。 オンライン対戦で勝つためにはパスだけでは勝てません。 ドリブルもサッカーでは基本的なテクニックなので、「ドリブルのコツ」を確認してみてください。 ダッシュドリブル ダッシュドリブル(R1押し)はめちゃくちゃ難しいです。 特に前にDFがいるときに前作のようにダッシュドリブルをしながら抜こうとすると高確率で引っかかります。 いわゆる「1対1」のシーンです。 前作までは何となくスルスル抜けることもありましたが、今作はガッツリ引っかかります。 こちらがネイマールでも相手が「それなりの選手」の場合は、結構抜くのは難しいです。 身体を反転させて抜け出そうとしても、相手DFに取られます。 そのためダッシュドリブルを使うときは「中盤でドフリーなとき」と「DFライン裏への抜け出し」のときぐらいです。 ダッシュドリブルは「ボールを運ぶために使う」という感覚です。 また「裏への抜け出し」のダッシュドリブルのときに、こちら側が世界陸上の選手で相手DFが疲れていると、「競り合いでも勝てる」ことがあります。 相手DFがグリグリ身体で押さえているところをスピードで剥がして抜け出すのも気持ち良いです。 普通のドリブル スティックを倒すだけのドリブルですが、今作はこのドリブルを頻繁に利用します。 パスを出す前やクロスを出す前、シュートの前もダッシュドリブルから普通のドリブルにスピードを落としたほうが良いです。 普通のドリブルはウイイレをする上では基本中の基本なので、まずは 「自分が動かしたい方向に動かせるようにする」ようにしてください。 初心者の人は動きが定まっていないと言いますか、ふらふらした感じになっているので、「思うように選手を動かす練習」が必須です。 パスのところでも指摘しましたが、ドリブルをして「ボールが足から離れて、ボールが足に付く瞬間に方向転換をする」のと「何気なく方向転換をする」のでは、選手の動き(スムーズさ)が違ってきます。 そのため、よく選手を見ながらドリブルをするようにしてみてください。 上手い人のプレイでは「きゅっ、きゅっ」 という感じで選手がスムーズに方向転換をしています。 何気ないドリブルの方向転換ですが、細部までこだわることでドリブルも上達します。 ボールキープ 今作で攻撃をするときに最も重要なのが「ボールキープ」。 特にFWのボールキープは重要です。 長い縦パスがFWに通るとFWはボールを取られないようにキープします。 初心者の人はこのFWのキープができていないので、直ぐにボールをかっさらわれてしまいます。 FWのボールキープができると、そこからサイドへはたいたり、ワンツーをして裏抜けすることもできます。 ボールキープの体勢に入ると「絶対にボール取られたくないマン」になりますよね。 あの体勢のときに落ち着いてパスをしたり、ゴール前だとちょっとだけ前を向いてシュートを打てる体勢に変えたりします。 初心者の人は「ボールキープができない」と考えてしまいますが、上位1%ぐらいの人はボールキープが本当にうまいです。 ボールが全く取れる雰囲気がないのです。 FWでボールキープができるようになってきたら攻める時間が長くなります。 そして「中央からパスでこねてシュートまでイケる」ようになるので、攻めるバリエーションが一気に増えますよ。 ボールキープができないと、直ぐにボールを奪われて「攻める時間が作れない」ので、オンライン対戦をすると「ずーっと攻められている」感覚になります。 ボールキープをするときは焦って前を振りむこうとせずに「後ろにボールを落とす」のも重要です。 そして逆サイドへと展開するのもアリです。 ボールキープはゴール前だけでなくサイドでもよく使います。 今作はボールキープをして「体勢を良くして」パスやシュートをするのが重要になります。 ボールキープが上達すると、少ない人数でも攻めることが可能になります。 少ない人数で攻めることができるので「後ろも人数が残っていて安定」して失点も少なくなるので、初心者から抜け出すためにはボールキープの上達はマストです。 クロス 攻撃をするときにクロスも外せません。 特にカウンターをするときクロスは有効です。 普通のクロス まず普通のクロスもそれなりに強いです。 特にFWがレヴァンドフスキやジルーなどがいたら積極的にクロスを上げていきましょう。 クロスを上げるときは「ダッシュはせずに」上げます。 ダッシュしながら上げると、利き足じゃないと全く良いところに上がりません。 本当にプロなの?というレベルです。 さらに「できれば利き足で」上げたいところです。 真ん中から攻めるのが好きな人も、意識的に簡単にクロスを上げて攻撃するのも大切ですよ。 ゴール前にボールを入れることで「なんか知らんけど入った」ということもあります。 単純にクロスを入れるのもゲームのリズムを変えたりするために必要です。 初心者の人は最初、パスで崩すのは難しいので「サイドで簡単にクロスを上げる」のに意識を集中したほうが結果的には早く上達します。 一つの型を作るのは大切で、ウイイレの世界大会を見ると海外の選手は結構クロスを使います。 「クロスゲーwww」と相手から煽りのメッセージが来ても無視です。 日本の上手い人が一番やられてイヤなのが「クロスゲー」です。 クロスを上げられると「どうしようもないことが多い」ので、クロス攻撃はバカにされがちですが、そんなことはありません。 ただクロスを上げるときも、「可能であれば入りそうなタイミング(FWがおーいと手を挙げているとき)」で上げるようにしてください。 またカウンターのときで「DFと並走している状態」のときや「深く切り込めたとき」は入りやすいです。 DFががっちり守っているところにクロスを入れてもなかなか入りづらくなっています。 グラウンダーのクロス グラウンダーのクロスも結構強いです。 特に「ゴールライン際まで深く切り込んだとき」のグランダーのクロスは非常に強いです。 グラウンダーのクロスを上げるときは「ダッシュドリブルでも」マイナス気味で鋭いボールが出せます。 それでもダッシュドリブルからスピードを落としてグラウンダーのクロスを出すようにしてください。 グランダーのクロスを上げるということは、フリーの場合が多いので、中に走り込んでくるFWの選手に合わせやすいのも良いですよね。 DFとGKの間に速いグラウンダーパスを入れるとFWが突っ込んできてゴールとなります。 カウンターのときに「確実に決めたい」ときは普通のクロスではなく、グラウンダークロスのほうが精度が良いです。 シュート 今作ではシュートも今までとは少し違う印象です。 今まで入っていたシュートが入りにくくなっています。 ただウイイレは当然ながらシュートを決めるゲームなので、シュートは非常に大切です。 入りやすいシュート ・斜め45度からのコントロールシュート(コンカ) ・ペナルティエリア付近でボールキープから前を向いてシュート ・マイナス落としのダイレクトシュート ・GKと1対1になったときのニアサイドのGKの肩上 特にGKと1対1になったときのGKの肩上は入りやすいです。 それに入ったときに気持ち良いシュートでもあります。 また気持ち良いシュートは「遠目の斜め45度のコンカ」です。 メッシで切れ込んで、ペナルティーエリアの角付近からでもコンカが入ることがあります。 文字で伝えるのは難しいですが、角度をつけてから蹴ると「えぇそれ入るぅ~?」みたいな感じで入ります。 また入らなくてもGKが弾いたところを詰めることもできます。 あとはペナルティーエリア付近でケインがボールを持って、ターンしてシュートを打つのも入りやすいです。 この仕様は個人的にはアリだと感じています。 初心者の人でも「とりあえず前を向いてシュートを打てば入る」と思えるので、モチベーションアップにつながります。 ゴール前のコネコネはしんどいですよね。 またこの仕様にすることで、今まではFWには世界陸上に出場できる選手だけが優遇されていましたが、ケインやレバンドフスキーなども重宝されるようになるのではないでしょうか。 入りにくいシュート ・ダッシュしながらのシュート ・利き足じゃない足のシュート ・ファーサイドのズドン ・ミドルシュート(ペナルティーエリアから5メートル近く離れた) 特にダッシュしながらのシュートは、全く入りません。 ドフリーの状態で打っても入らないので、そういう仕様になっているのでしょう。 また利き足じゃないシュートも精度が悪いです。 斜め45度からファーサイドにズドンと打っても入りにくいです。 個人的にはもっとクロスからのヘディングシュートはもっと強化されてほしいです。 中央からのコネコネプレイは集中しないとダメなので目が痛くなります。 またミドルシュートはちょっと入らなすぎる気がします。 たまには「それ入るの!?」というのも欲しいです。 GKが一歩も動けず入るみたいな。 随時追記していきます。 【次の記事も読まれています】•

次の

【ウイイレアプリ2020】ミドルシュートのやり方(打ち方)と所持選手一覧|ゲームエイト

ウイイレ 2020 シュート

パス まずは基本的な「パス」について。 ウイイレ2020は修正が入りパスは比較的通りやすくなりました。 それでも初心者の人は「パスが一番難しい」と感じるのではないでしょうか。 縦パスを出そうとすると、相手選手に引っかかったりパスがズレたりする人も多いと思います。 パスがつながりにくいを感じたら、「パスサーチレベルを変える」のもアリです。 自分に合ったサーチレベルを探してみましょう。 パス種類別の「パスのコツ」です。 まずは相手のほうを向いてしっかりパスを出すようにします。 「なるべく速いパス」のほうが通りやすいです。 またパスを出す体勢や浮き球をダイレクトではたくときは「多少ズレる」こともあります。 ただ大幅にズレてタッチラインを割るというシーンは少ないので、「ある程度無理が利く」ようになっています。 そのため、「この体勢でも何となくパスは通るな」という感覚を持つようにしましょう。 ただ初心者の人はまず「自分が出したいところにちゃんとパスが出ているか」というのを確認してください。 初心者の人は「自分が意図していない場所にパスが出ている」ことが多いです。 この辺りは慣れなので、どの程度スティックを出したらどこにパスが出るのか、パスのゲージはどれぐらいが良いのかを自分の中で確かめるようにします。 これがつながって、FWがキープできるかどうかが試合に勝てるかどうかを大きく左右します。 長い縦パスを何となく出すと相手のボランチに引っかかります。 長い縦パスを出すときは「画面下に出ているレーダー」を見るのは必須です。 味方のFWがDFよりも少しでも前にいるときに出すと、結構通りやすいです。 またパスを出すときに、細かい点を言えば「ゲージをためるタイミング」にも気を付けてみてください。 足からボールが離れた瞬間ぐらいにゲージをためるとスムーズにパスが出ます。 パスを出すときにゲージをためるタイミングが悪いとワンテンポ遅くなり「はよパス出せや!」と叫ぶことになります。 DFへの裏を狙うときに有効なパスです。 今作でもスルーパスは強いです。 特にショートカウンターで、前に「裏抜けできる」世界陸上の選手がいると非常に効果があります。 ただ気を付けたいのが「相手DFがガッツリFWを押さえているとき」はスルーパスを出しても押さえ込まれてしまいます。 身体で押さえ込まれるイメージです。 スルーパスを出すときも「ダッシュしながら」はかなりズレます。 ダッシュしながらのスルーパスは「ほぼ100%変なパスが出る」ので、カウンターのときもスルーパスを出す前はダッシュをしないようにしましょう。 スルーパスは最後のラストパスだけでなく、組み立てのときにも使います。 組み立てに使うときは「相手の身体の向きと味方の身体の向き」を見て、味方の動きだしが良いときにスルーパスをチョンと出します。 中盤の組み立てのときにスルーパスを上手に活用すると「中盤を激走する気持ち良いドリブル」ができます。 また最近では中盤ぐらいから「FWへのど真ん中スルーパス」が意外と通ります。 完全に裏抜けに成功してGKと1対1になるやつ。 これも気持ち良い形ですよね。 スルーパスはゴール前の「最後の崩し」でも強いです。 相手DFが近くにいても、スルーパスをちょんと出すとフワッと軽く浮いたスルーパスが出ます。 相手DFの脚の少し上を通るようなイメージです。 またゴール前でスルーパスを出すと、相手DFが先にボールに触ったとしても「岡崎のように諦めない」とDFからボールをかっさらうこともできます。 これも裏抜けが強くなってから増えてきた形です。 スルーパスを出して相手に取られても、「DFのファーストタッチが流れる」こともあるので、何気ないスルーパスも使えます。 中央からパスで崩していくスタイルの人にはスルーパスは必須テクニックです。 2019年10月24日の修正から「パスサッカーが強化」されているので、「中から攻める」のがやりやすくなっています。 フライパス 意外と使えるのがフライパス。 ただ初心者の人には少し難しいかもしれません。 組み立てるときに「前のパスコースをがっつり切られる」ことがあります。 特にサイドに追いやられるときに多いですよね。 そのときに「パスコース」を探すと、「上にある」のが分かります。 自分がピルロになった気分でふわっと〇ボタンのフライパスを出します。 フライパスはそれなりに通りますが、問題は受け手側です。 トラップのときに相手に寄せられることもありますが、そんなときはダイレクトでリターンパスをすることで十分に回避できます。 ただ「早いパスのとき」はダイレクトでリターンするとちょっとズレます。 試合中に一度フライパスを使うことで、相手にも「フライパスもある、相手には・・・ざわざわ」と思わせることができます。 そのため相手の逡巡を誘うためにも一度ぐらいは使ってみたほうが良いです。 ダイレクトパス ダイレクトパスも強いです。 今作はボールキープするのが難しいときがあるので、ダイレクトパスを使うほうが相手のプレッシャーを華麗にかわすことができます。 ダイレクトパスが強いので「前線は真ん中に固まったほうが良い」です。 周りにいくつかパスコースがあったほうがポンポンパスがつながります。 ツートップのフォーメーションを使用している人も、前線2人だけのワンツーパスも有効です。 ダイレクトパスが無理でもツータッチめにリズム良くパスをつなげていくと相手の守備も乱れやすくなります。 またFWが長い強めの縦パスをダイレクトで味方に落とすプレイも積極的に使いましょう。 ダイレクトパスを使うときは「リターンパス」から練習して、ダイレクトパスのつかむようにします。 さらに「フラスル」も若干強くなっている印象です。 特にゴール前で「2列目から飛び出している選手」にフラスルをすると、スルスルと抜け出すこともあります。 ワンツーパス 攻めるときに「必須」のテクニックがワンツーパス。 誰もが使っているテクニックですよね。 今作は「マークを付けられている」と感じることが多いので、ワンツーを使って抜け出すと「フリーになれる」チャンスも増えてきます。 「特に2列目からの飛び出しのときに使うと有効」です。 またトップの選手同士のワンツーは今作も強いです。 相手DFがガンガン前にボールを取りにくる人の場合は、あえて縦パスを少し弱めに出してDFに食いつかせます。 そしてFWが落として前に走るとドフリーになることもあるので、ワンツーは使える機会があれば積極的に使いましょう。 そして「走っている選手を基本的には使う」ようにすると、相手もワンツーで走っている選手をケアするようになるので、なるべくワンツーで走っている選手にパスを出すのを意識してみてください。 ただ無駄に走らせると後半の終盤に全然動かなくなります。 無駄に走らせないためにも、頻繁にワンツーする選手を決めておいて交代要員にするのもアリです。 さらにワンツーパスをすると相手のDFラインが乱れるので、ワンツーパスでの攻撃は必須です。 ドリブル ドリブルもよりリアル志向になりました。 特にダッシュドリブルの難易度が上がっています。 オンライン対戦で勝つためにはパスだけでは勝てません。 ドリブルもサッカーでは基本的なテクニックなので、「ドリブルのコツ」を確認してみてください。 ダッシュドリブル ダッシュドリブル(R1押し)はめちゃくちゃ難しいです。 特に前にDFがいるときに前作のようにダッシュドリブルをしながら抜こうとすると高確率で引っかかります。 いわゆる「1対1」のシーンです。 前作までは何となくスルスル抜けることもありましたが、今作はガッツリ引っかかります。 こちらがネイマールでも相手が「それなりの選手」の場合は、結構抜くのは難しいです。 身体を反転させて抜け出そうとしても、相手DFに取られます。 そのためダッシュドリブルを使うときは「中盤でドフリーなとき」と「DFライン裏への抜け出し」のときぐらいです。 ダッシュドリブルは「ボールを運ぶために使う」という感覚です。 また「裏への抜け出し」のダッシュドリブルのときに、こちら側が世界陸上の選手で相手DFが疲れていると、「競り合いでも勝てる」ことがあります。 相手DFがグリグリ身体で押さえているところをスピードで剥がして抜け出すのも気持ち良いです。 普通のドリブル スティックを倒すだけのドリブルですが、今作はこのドリブルを頻繁に利用します。 パスを出す前やクロスを出す前、シュートの前もダッシュドリブルから普通のドリブルにスピードを落としたほうが良いです。 普通のドリブルはウイイレをする上では基本中の基本なので、まずは 「自分が動かしたい方向に動かせるようにする」ようにしてください。 初心者の人は動きが定まっていないと言いますか、ふらふらした感じになっているので、「思うように選手を動かす練習」が必須です。 パスのところでも指摘しましたが、ドリブルをして「ボールが足から離れて、ボールが足に付く瞬間に方向転換をする」のと「何気なく方向転換をする」のでは、選手の動き(スムーズさ)が違ってきます。 そのため、よく選手を見ながらドリブルをするようにしてみてください。 上手い人のプレイでは「きゅっ、きゅっ」 という感じで選手がスムーズに方向転換をしています。 何気ないドリブルの方向転換ですが、細部までこだわることでドリブルも上達します。 ボールキープ 今作で攻撃をするときに最も重要なのが「ボールキープ」。 特にFWのボールキープは重要です。 長い縦パスがFWに通るとFWはボールを取られないようにキープします。 初心者の人はこのFWのキープができていないので、直ぐにボールをかっさらわれてしまいます。 FWのボールキープができると、そこからサイドへはたいたり、ワンツーをして裏抜けすることもできます。 ボールキープの体勢に入ると「絶対にボール取られたくないマン」になりますよね。 あの体勢のときに落ち着いてパスをしたり、ゴール前だとちょっとだけ前を向いてシュートを打てる体勢に変えたりします。 初心者の人は「ボールキープができない」と考えてしまいますが、上位1%ぐらいの人はボールキープが本当にうまいです。 ボールが全く取れる雰囲気がないのです。 FWでボールキープができるようになってきたら攻める時間が長くなります。 そして「中央からパスでこねてシュートまでイケる」ようになるので、攻めるバリエーションが一気に増えますよ。 ボールキープができないと、直ぐにボールを奪われて「攻める時間が作れない」ので、オンライン対戦をすると「ずーっと攻められている」感覚になります。 ボールキープをするときは焦って前を振りむこうとせずに「後ろにボールを落とす」のも重要です。 そして逆サイドへと展開するのもアリです。 ボールキープはゴール前だけでなくサイドでもよく使います。 今作はボールキープをして「体勢を良くして」パスやシュートをするのが重要になります。 ボールキープが上達すると、少ない人数でも攻めることが可能になります。 少ない人数で攻めることができるので「後ろも人数が残っていて安定」して失点も少なくなるので、初心者から抜け出すためにはボールキープの上達はマストです。 クロス 攻撃をするときにクロスも外せません。 特にカウンターをするときクロスは有効です。 普通のクロス まず普通のクロスもそれなりに強いです。 特にFWがレヴァンドフスキやジルーなどがいたら積極的にクロスを上げていきましょう。 クロスを上げるときは「ダッシュはせずに」上げます。 ダッシュしながら上げると、利き足じゃないと全く良いところに上がりません。 本当にプロなの?というレベルです。 さらに「できれば利き足で」上げたいところです。 真ん中から攻めるのが好きな人も、意識的に簡単にクロスを上げて攻撃するのも大切ですよ。 ゴール前にボールを入れることで「なんか知らんけど入った」ということもあります。 単純にクロスを入れるのもゲームのリズムを変えたりするために必要です。 初心者の人は最初、パスで崩すのは難しいので「サイドで簡単にクロスを上げる」のに意識を集中したほうが結果的には早く上達します。 一つの型を作るのは大切で、ウイイレの世界大会を見ると海外の選手は結構クロスを使います。 「クロスゲーwww」と相手から煽りのメッセージが来ても無視です。 日本の上手い人が一番やられてイヤなのが「クロスゲー」です。 クロスを上げられると「どうしようもないことが多い」ので、クロス攻撃はバカにされがちですが、そんなことはありません。 ただクロスを上げるときも、「可能であれば入りそうなタイミング(FWがおーいと手を挙げているとき)」で上げるようにしてください。 またカウンターのときで「DFと並走している状態」のときや「深く切り込めたとき」は入りやすいです。 DFががっちり守っているところにクロスを入れてもなかなか入りづらくなっています。 グラウンダーのクロス グラウンダーのクロスも結構強いです。 特に「ゴールライン際まで深く切り込んだとき」のグランダーのクロスは非常に強いです。 グラウンダーのクロスを上げるときは「ダッシュドリブルでも」マイナス気味で鋭いボールが出せます。 それでもダッシュドリブルからスピードを落としてグラウンダーのクロスを出すようにしてください。 グランダーのクロスを上げるということは、フリーの場合が多いので、中に走り込んでくるFWの選手に合わせやすいのも良いですよね。 DFとGKの間に速いグラウンダーパスを入れるとFWが突っ込んできてゴールとなります。 カウンターのときに「確実に決めたい」ときは普通のクロスではなく、グラウンダークロスのほうが精度が良いです。 シュート 今作ではシュートも今までとは少し違う印象です。 今まで入っていたシュートが入りにくくなっています。 ただウイイレは当然ながらシュートを決めるゲームなので、シュートは非常に大切です。 入りやすいシュート ・斜め45度からのコントロールシュート(コンカ) ・ペナルティエリア付近でボールキープから前を向いてシュート ・マイナス落としのダイレクトシュート ・GKと1対1になったときのニアサイドのGKの肩上 特にGKと1対1になったときのGKの肩上は入りやすいです。 それに入ったときに気持ち良いシュートでもあります。 また気持ち良いシュートは「遠目の斜め45度のコンカ」です。 メッシで切れ込んで、ペナルティーエリアの角付近からでもコンカが入ることがあります。 文字で伝えるのは難しいですが、角度をつけてから蹴ると「えぇそれ入るぅ~?」みたいな感じで入ります。 また入らなくてもGKが弾いたところを詰めることもできます。 あとはペナルティーエリア付近でケインがボールを持って、ターンしてシュートを打つのも入りやすいです。 この仕様は個人的にはアリだと感じています。 初心者の人でも「とりあえず前を向いてシュートを打てば入る」と思えるので、モチベーションアップにつながります。 ゴール前のコネコネはしんどいですよね。 またこの仕様にすることで、今まではFWには世界陸上に出場できる選手だけが優遇されていましたが、ケインやレバンドフスキーなども重宝されるようになるのではないでしょうか。 入りにくいシュート ・ダッシュしながらのシュート ・利き足じゃない足のシュート ・ファーサイドのズドン ・ミドルシュート(ペナルティーエリアから5メートル近く離れた) 特にダッシュしながらのシュートは、全く入りません。 ドフリーの状態で打っても入らないので、そういう仕様になっているのでしょう。 また利き足じゃないシュートも精度が悪いです。 斜め45度からファーサイドにズドンと打っても入りにくいです。 個人的にはもっとクロスからのヘディングシュートはもっと強化されてほしいです。 中央からのコネコネプレイは集中しないとダメなので目が痛くなります。 またミドルシュートはちょっと入らなすぎる気がします。 たまには「それ入るの!?」というのも欲しいです。 GKが一歩も動けず入るみたいな。 随時追記していきます。 【次の記事も読まれています】•

次の

【ウイイレ2020】操作方法の一覧を作ってみた【テクニックを基礎から極める】

ウイイレ 2020 シュート

ミドルシュートとは? 中距離から打つシュート 「ミドルシュート」は、中距離から打つシュートです。 ペナルティエリアのやや外側から、ゴールを決めたい時に打つシュートになります。 ペナルティエリア内を固められた時で、ボールを持った選手がフリーの時は狙ってみましょう。 ミドルシュートの精度が上がるスキル スキル名 効果 ミドルシュート 正確なミドルシュートを打つことができます。 「ミドルシュート」は、スキルの1つでもあります。 スキルを習得しているとミドルシュートの精度が上がるため、ミドルシュートを打つ際はこのスキルを持っている選手で打つように意識しましょう。 ミドルシュートを打つ際は、選手の足元に表示されるゲージが オレンジ色の部分で打つようにしましょう。 飛びすぎず、弱すぎないシュートが打てるためゴールが決まりやすくなります。 具体的には右サイドの場合は左利きの選手で、左サイドの場合は右利きの選手で打つようにするとシュートの角度に余裕ができるため、ゴールを決めやすくなります。 選手の体勢が崩れている時は、シュート精度が下がりやすくなっているためです。 そのためバーストダッシュ後やトラップ後といった、選手の体勢が崩れている時は無理に打たないようにしましょう。 ミドルシュート所持選手一覧 選手 総合力 プレースタイル 98 インサイドレシーバー 94 2列目からの飛び出し 97 ラインブレイカー 94 プレーメイカー 92 アンカー 92 インナーラップサイドバック 92 チャンスメイカー 92 ウイングストライカー 94 プレーメイカー 97 ウイングストライカー 95 ボックスストライカー 94 インサイドレシーバー 95 インサイドレシーバー 93 ボックストゥボックス 91 ボックストゥボックス 93 2列目からの飛び出し 88 チャンスメイカー 91 ラインブレイカー 97 ボックスストライカー 93 攻撃的サイドバック 96 ラインブレイカー 93 ポストプレイヤー 92 ボックストゥボックス 92 プレーメイカー 93 2列目からの飛び出し 92 インサイドレシーバー 93 2列目からの飛び出し 90 ウイングストライカー 91 チャンスメイカー 91 ウイングストライカー 93 プレーメイカー 95 チャンスメイカー 89 ボックスストライカー 87 ウイングストライカー 91 ラインブレイカー 94 ウイングストライカー 92 ウイングストライカー 92 インサイドレシーバー 90 ポストプレイヤー 92 2列目からの飛び出し 91 チャンスメイカー 92 ウイングストライカー 94 ウイングストライカー 92 インナーラップサイドバック 94 ポストプレイヤー 94 2列目からの飛び出し 94 プレーメイカー 94 ポストプレイヤー 95 ボックストゥボックス 94 ウイングストライカー 95 ナンバー10 94 ボックスストライカー 94 ナンバー10 100 ナンバー10 92 2列目からの飛び出し 96 ラインブレイカー 96 チャンスメイカー 97 インサイドレシーバー 95 ラインブレイカー 96 ラインブレイカー 94 プレーメイカー 93 ポストプレイヤー 91 ボックスストライカー 91 チャンスメイカー 97 2列目からの飛び出し 93 アンカー 94 チャンスメイカー 88 ナンバー10 93 チャンスメイカー 92 ボックストゥボックス 91 攻撃的サイドバック 93 ボックストゥボックス 94 アンカー 99 インサイドレシーバー 95 2列目からの飛び出し 95 インサイドレシーバー 92 ボックストゥボックス 95 ボックスストライカー - ビルドアップ 92 ラインブレイカー 97 2列目からの飛び出し 97 プレーメイカー 100 ウイングストライカー 96 2列目からの飛び出し 93 ラインブレイカー 95 インサイドレシーバー 92 ウイングストライカー 89 ラインブレイカー 91 ボックスストライカー 91 ボックスストライカー 93 ボックスストライカー 94 ナンバー10 91 ラインブレイカー 93 ボックスストライカー 95 なし 94 2列目からの飛び出し 93 ウイングストライカー 95 2列目からの飛び出し 95 インサイドレシーバー 97 プレーメイカー 91 チャンスメイカー 97 ラインブレイカー 97 チャンスメイカー 100 インサイドレシーバー 98 ウイングストライカー 97 ウイングストライカー 99 インサイドレシーバー 91 攻撃的サイドバック 95 2列目からの飛び出し 97 2列目からの飛び出し 100 インサイドレシーバー 85 ナンバー10 94 ボックストゥボックス 94 インナーラップサイドバック 96 プレーメイカー 96 2列目からの飛び出し 99 インサイドレシーバー 93 クロサー 96 インサイドレシーバー 97 インサイドレシーバー 97 チャンスメイカー 99 ウイングストライカー 95 ビルドアップ 95 プレーメイカー 94 プレーメイカー 95 ボックストゥボックス 95 ウイングストライカー 96 ラインブレイカー 96 2列目からの飛び出し 94 チャンスメイカー 97 インサイドレシーバー 99 ウイングストライカー 91 ハードプレス 93 ラインブレイカー 95 2列目からの飛び出し 93 ポストプレイヤー 92 ボックストゥボックス 93 攻撃的サイドバック 94 ウイングストライカー 96 ラインブレイカー 92 ウイングストライカー 95 ウイングストライカー 96 インサイドレシーバー 96 インサイドレシーバー 97 ボックスストライカー 96 チャンスメイカー 95 インサイドレシーバー 90 チャンスメイカー 97 ボックスストライカー 95 インサイドレシーバー 96 プレーメイカー 96 チャンスメイカー 93 ラインブレイカー 94 ボックスストライカー 95 ウイングストライカー 94 ボックストゥボックス 90 ボックストゥボックス 93 ナンバー10 91 ウイングストライカー 95 プレーメイカー 92 ラインブレイカー 93 アンカー 95 2列目からの飛び出し 93 チャンスメイカー 95 チャンスメイカー 95 プレーメイカー 99 インサイドレシーバー 90 2列目からの飛び出し 92 ウイングストライカー 93 攻撃的サイドバック 93 ボックストゥボックス 94 チャンスメイカー 91 ボックストゥボックス 96 ラインブレイカー 94 ウイングストライカー 96 ラインブレイカー 89 ビルドアップ 93 デコイラン 90 ラインブレイカー 97 ウイングストライカー 95 ウイングストライカー 95 ボックスストライカー 95 ポストプレイヤー 94 ボックスストライカー 96 ボックスストライカー 94 ボックストゥボックス 98 ウイングストライカー 95 クロサー 93 インナーラップサイドバック 95 ポストプレイヤー 91 2列目からの飛び出し 91 ラインブレイカー 94 ボックスストライカー 93 ラインブレイカー 94 プレーメイカー 95 ボックストゥボックス 95 ラインブレイカー 90 ナンバー10 92 チャンスメイカー 94 ラインブレイカー 94 ラインブレイカー 93 インサイドレシーバー 92 ウイングストライカー 94 ハードプレス 95 ボックストゥボックス 95 ラインブレイカー 95 ボックストゥボックス 93 2列目からの飛び出し 96 インサイドレシーバー 93 ボックストゥボックス 95 2列目からの飛び出し 95 クロサー 95 プレーメイカー 96 ボックスストライカー 94 アンカー 96 2列目からの飛び出し 99 インサイドレシーバー 95 クロサー 95 ポストプレイヤー 100 インサイドレシーバー 94 ウイングストライカー 94 ウイングストライカー 95 ラインブレイカー 96 ウイングストライカー 97 ラインブレイカー 97 ラインブレイカー 93 攻撃的サイドバック 96 ウイングストライカー 95 ラインブレイカー 100 ラインブレイカー 96 ボックストゥボックス 96 ウイングストライカー 97 チャンスメイカー 97 ラインブレイカー 96 ナンバー10 94 プレーメイカー 96 2列目からの飛び出し 99 インサイドレシーバー 97 ウイングストライカー 94 2列目からの飛び出し 94 チャンスメイカー 99 ボックスストライカー 96 プレーメイカー 95 チャンスメイカー 97 ナンバー10 96 ボックスストライカー 91 デコイラン 94 プレーメイカー 93 チャンスメイカー 94 ボックスストライカー 96 チャンスメイカー 91 2列目からの飛び出し 92 ウイングストライカー 96 インサイドレシーバー 97 ラインブレイカー 98 ウイングストライカー 96 プレーメイカー 93 2列目からの飛び出し 98 ラインブレイカー 94 ラインブレイカー 92 チャンスメイカー 96 2列目からの飛び出し 99 インサイドレシーバー 94 攻撃的サイドバック 94 ボックストゥボックス 95 チャンスメイカー 99 ウイングストライカー 96 ナンバー10 97 2列目からの飛び出し 94 ラインブレイカー 97 ラインブレイカー 95 アンカー 96 チャンスメイカー 97 ウイングストライカー 97 ボックスストライカー 93 プレーメイカー 94 チャンスメイカー 98 インサイドレシーバー 関連リンク 人気記事一覧 -.

次の