富田優史 逮捕。 富田優史のフェイスブックやブログ・電話番号も特定?自宅住所wikiはデマ

【朗報】富田優史さん、完全に無実だった…メルカリで売り捌いていたのはアイドルDVDに遊戯王カード

富田優史 逮捕

米子医療生活協同組合が謝罪 米子医療生活協同組合の職員がトイレットペーパー品薄のデマを投稿したとTBSが報じました。 「トイレットペーパーが品薄になる」などと、誤った情報を、職員がSNSに投稿したとして、鳥取県の米子医療生活協同組合がホームページ上で謝罪しました。 米子医療生活協同組合は3日、勤務する職員が「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者の1人だったことを確認し、公式サイトで謝罪しました。 文書は、理事長名義で「当組合職員の極めて不適切な行為により、多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます」としています。 組合によりますと、職員は、「伝え聞いた情報を確認せずにあげてしまい、大変迷惑をかけた」と反省しているということです。 組合は、職員への詳しい聞き取りを行い、処分を検討するとしています。 引用元:twitter. いったいこの富田優史さんとはどのような人物なのか詳しく見ていきたいと思います。 スポンサーリンク 富田優史(職員)のプロフィール 引用元:富田優史WIKI 米子医療生活協同組合で勤務している富田優史さんのWIKIプロフィールは下記になります。 名前:富田優史(とみた・ゆうじ) 生年月日:1986年生まれ 年齢:34歳(満年齢) 出身地:鳥取県 住所:鳥取県米子市下郷(Facebookより) 学歴:(高校)鳥取県立米子高校卒業(偏差値42)2005年に卒業(Facebookより) (専門学校)YMCA米子医療福祉専門学校介護福祉士科を2009年に卒業(Facebookより) 職業:フリー介護士 勤務先:米子医療生活協同組合(住所:米子市博労町3-80-1) SNSに関してもFacebookやツイッターやインスタやブログなどあらゆるものをやっていました。 詳細はよろしければこちらでもご確認ください。 趣味はカメラでよく女性をモデルにして撮影しています。 こちらがフェイスブックに投稿されていた顔写真です。 引用元:富田優史フェイスブック イケメンであるのでインスタには彼女と思われる女性の写真がたくさんアップされていました。 また、報道機関が放送することによって、どれだけの影響が出るかを読み切れなかったメディア各社らも、米子医療生活協同組合の職員以上に猛省する必要がある。 未だに、スーパーマーケッツ等ではトイレットペーパー、ティッシュペーパーが品薄で入手困難な状況です。 今回のトイレットペーパーのデマは、実際に多くの人達を混乱に陥れた一因になる。 今回の方が明らかに悪質。 これを厳罰にしないとこれからもこういう輩が出てくる。 そしてさらに社会を乱す原因になった転売ヤーたちを罰する法整備をしてほしい。 売っている店を探し歩くことができない高齢者の方は、更に大変だったでしょう。 どんな理由があるにせよ、絶対に許せない行為です。 スポンサーリンク 米子医療生活協同組合のまとめ 「トイレットペーパーが品薄になる」というデマ・ガセの投稿者は米子医療生活協同組合の職員の富田優史(とみたゆうじ)さんのようです。 twitterとFacebookでトイペやティッシュペーパーが品薄になるとデマを投稿していたSNSが流出していました! ただこのデマはトイレットペーパーを転売して儲ける為に投稿したのではなく善意の気持ちで流したようですのでまだ過失は少ないのかもしれません。 この富田優史さんより前に投稿していた人物がいるとの事ですのでその人についても捜索して特定され次第追記していきたいと思います。

次の

米子医療生活協同組合 職員の富田優史がデマ!トイレットペーパー品薄

富田優史 逮捕

Contents• デマツイートの犯人特定! 現在、ホームセンターやドラッグ ストアなどのトイレットペーパーの陳列棚ががら空き状態です。 個人的に普通に買い物をしていたところ、奥様方がお子さんを引き継いれてトイレットペーパーを買い占めしているところに遭遇しました。 その原因というのが、トイレットペーパーやテッシュペーパーが品薄になるというデマなツイートなのです。 その デマツイートの内容というのが、 『製造元が中国で、マスクの製造に紙を回しておりトイレットペーパーやティッシュペーパーの製造をしていない』というもの。 新型コロナウイルスの震源地が中国ということもあり、実際世界中に感染拡大している状態でマスクはどこを品薄状態。 このような現状でデマツイートの内容を発見してしまうと、本当にこれからトイレットペーパーなどが品薄になってしまうと勘違いしてしまいますよね。 そこで気になるのが誰がこのデマを流したのか?という事ですよね。 調べてみたところ、犯人特定に至りました。 そのデマの元となるツイートがこちらです。 この投稿に書かれている富田優史さんという男性は、2月27日の午前10時ごろにフェイスブックで投稿し、さらに 『 拡散』とハッシュタグ付きでこの情報を拡散するように促しているのです。 その拡散というハッシュタグが日本中に広まりこのような混乱を招いたと言えるでしょう。 それにしても、日本国内のティッシュやトイレットペーパーは王子製紙などの工場で作られているのにもかかわらず、生産元がそもそも生産しないのが根拠と書かれているのですが、誰から聞いた情報なのでしょうか? このデマを流したとされる投稿は 『デマツイート』とあるように ツイッターでも同じ時間帯に投稿されていました。 この投稿による発信した場所が鳥取県米子市ということが特定されています。 そこで、フェイスブックのトップ画面がこちらで福祉関係の学校を卒業されており、現在も医療生活協同組合という医療機関で働かれています。 フェイスブックを一通り見たみたところ、好きな言葉が『人と過去は変えられない、自分と未来は変え られる』書かれており、過去は変えられないはずなのですが、投稿しな内容は削除されており無かった事にしているようですね。 ですが、アカウント自体は2月29日現在、存在しているのでその点はなかなかの図太さかと思われます。 富田優史のプロフィール• 名前:富田優史(とみた ゆうじ)• 年齢:30代前半• 出身地:鳥取県米子市• 在住:上記と同じ• 高校:米子高等学校• 出身校:YMCA米子医療福祉専門学校介護福祉士科• 職業:介護士• 職場:医療生活協同組合(前職:医療法人美穂会 前々職:日南福祉会) スポンサーリンク デマツイートで逮捕の可能性は? なぜ、デマツイートを投稿しただけで逮捕になるのか?と思われる方もいると思います。 ですが、今から約4年前に起きた熊本地震でデマツイートが投稿され話題になったことを覚えていらっしゃいますか? そう!『地震のせいで動物園からライオンが放たれた』という内容のツイートです。 この件で問われたのが『偽計業務妨害罪』が成立するのかという点でした。 ですが、熊本のライオンツイートをした人物が自白をしており、お咎めなしでした。 仮に、このデマツイートで風評被害で損益が出る場合などは訴えられれば逮捕という形になる事でしょう。 そこで、今回のトイレットペーパー品薄デマツイートに関しては富田優史さんの職業上、医療に精通している事で何か手助けになればという思いで、投稿されたのではないかと思われます。 実際、プロフィールをみても職場は変わっているものの全て同じ介護職に就いており、真面目な人物の可能性があります。 善かれと思って行動したもののその内容が調べもせず想像で投稿し、混乱を招いた事は正直良いこととは言えませんよね。 という事で、富田優史さんのデマツイートで逮捕される事はないでしょう。 デマと知ってて買い占める心理とは 今回のデマツイートで如実に現れたのが『みんなが買っているから買わないと』という日本人特有の右に習え精神。 日本人は和を重んじ、優しさで溢れる国民性で 『みんなと同じことをするのが美徳』とされている事から、今回のような 『あの人も買っているから我が家も買わなきゃ』という思いがデマと知っていながらもトイレットペーパーを購入した原因の一つでしょう。 そしてもう一点は、安倍総理がいきなり打ち出した全国の臨時休校もトイレットペーパーが品薄になった原因のと思われます。 なぜなら、今まで学校に行っていた子供たちが3月15日まで自宅にいるとなると、その分トイレに行く回数も増え、トイレットペーパーの消費も多くなります。 そこで、今回のデマツイートで品薄になるのであれば、ストックを買っておかねばという心理が働いたのでしょう。 実際、我が家も親戚の子供が臨時休校で来るためにペーパーのストックを購入しました。 ですが、国内でちゃんと製造されているのでネットで値段が異常に高いトイレットペーパーを買わずに店頭に並ぶのを購入した方が得策たと思いますよ。 仮に買っても発送中にドラッグストアなどの並んでると思います。

次の

デマツイートの犯人特定!逮捕の可能性と知ってて買い占める心理とは

富田優史 逮捕

スポンサーリンク 富田優史は逮捕?米子医療生協トイレットペーパー品薄デマ炎上で住所・顔画像特定! 富田優史の顔画像と住所特定! 富田優史さんはデマツイートから住所や電話番号、ブログ等から顔画像が特定されて終わりました… 名前:富田優史(とみたゆうじ) 自称:トミティ 住所:鳥取県米子市 高校:米子高校 偏差値:42 出身校:YMCA米子医療福祉専門学校介護福祉士科 職業:医療生活協同組合 電話番号:080-2926-0583 — 猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫猫まりもアニュハセヨ POLICE0611 (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) ツイッターでは本名で自身のブログもやっていたので、住所や勤め先もすぐに特定されてしまったようですね… 富田優史のトイレットペーパー品薄デマ、台湾なら逮捕レベル 富田優史さんはトイレットペーパー品薄デマを流しましたが、 台湾なら即逮捕レベル、日本でも偽計業務妨害で逮捕される可能性があるようです。 まず台湾では実際にSNSでトイレットペーパー品薄デマを流した3人の女がすぐに逮捕されているので、台湾だったら即逮捕されます。 3週間ほど前、台湾ではデマによってトイレットペーパーが一時的に品薄になったが、SNSでデマを流した3人の女がすぐに逮捕され、事態は収束した。 マスクとトイレットペーパーの原料は違いますよ、と政府からも呼びかけがあった。 — Tem Temstac1 トイレットペーパーの原料は紙、サージカルマスクは不織布。 台湾での十分な生産能力あり。 生活必需品の価格の吊り上げは最高3年の懲役または罰金100万円。 — Tem Temstac1 また、日本でもデマツイートで偽計業務妨害として逮捕される可能性があり、実際に熊本地震でライオン脱走とデマを流した神奈川県会社員の男 20 は偽計業務妨害で逮捕されています。 スポンサーリンク 富田優史、なりすましで延焼 富田優史さんは トイレットペーパー品薄デマを謝罪してからツイッターアカウントを削除したが、なりすましが煽りまくって炎上の火に油を注がれてしまっていたようです。 富田優史さんは炎上しばらくしてTwitterアカウントを削除されましたが、現在は富田優史さんのIDに似せて作られたなりすましアカウントが「騙されるテメェらが悪いんだよ」といったツイートを行い、炎上の燃え広がりに貢献されています — 滝沢ガレン takigare 富田優史さんはトイレットペーパー品薄デマで炎上し、謝罪をした後にツイッターアカウントを削除しました。 (画像引用元:) (画像引用元:) ところが、 富田優史さんのIDに似せて作られたなりすましアカウントが「騙されるテメェらが悪いんだよ」といったツイートで煽り、炎上の火に油を注がれてしまったのです。 (画像引用元:) 流石になりすましに関しては富田優史さんは被害者でやりすぎかと思います… 富田優史、勤務先の医療生協から懲戒解雇で一瞬の働きを切り取られる 富田優史さんは トイレットペーパー品薄デマにより勤め先もバレ、勤務先の医療生協から処分を受けるリアルにもかなり影響を及ぼしました。 米子医療生活協同組合は3日、 同組合の職員が「トイレットペーパーが品薄になる」というデマの投稿者の1人だったとして公式サイトで謝罪した。 サイトでは理事長名義で「職員の不祥事のご報告とお詫び」を掲載。 「このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。 当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」としている。 引用: スポンサーリンク トイレットペーパー品薄デマは転売屋の理由! トイレットペーパーが品薄になる情報を流した方の辿るとメルカリ転売屋で、複数の転売屋が発信しているとバレました。 トイレットペーパー買い占め騒動の出所特定したらメルカリ転売屋だったわ本当クソ。 — しとばむ?? musitoban (画像引用元:) (画像引用元:) (画像引用元:) 【補足】 発信源この人だけじゃないようです。 それ以前にも買い占めがありました 複数の転売屋が同時多発的に発信したっぽい。 — しとばむ?? musitoban トイレットペーパーが品薄だと、言葉に責任を持とうと言った喜楽屋さんがデマを流しましたが、この方は転売屋だったようです。 そのため、トイレットペーパーが品薄となり、メルカリで高額で売りつけようとするデマ流しをしたのかと疑惑が深まったのです。 また、この喜楽屋さんだけでなく、複数の転売屋が発信して高額で売りつける計画をしていたと言われているのでした。 ちなみに、現在は消されたデマを流して言葉に責任を持とうと言った喜楽屋さんのブログは以下のURLから飛ぶことが出来ます。 【拡散希望】 トイレットペーパー・箱ティッシュ・生理用品・オムツはなくなりません。 デマです。 — ましろい mashiroi1103 新型コロナウイルスの影響でマスクが店頭から消えた。 さらにここ数日、トイレットペーパーやティッシュペーパーも売り切れる店が続出している。 「紙不足でトイレットペーパーがなくなる」といったデマがネット上で広まり、多くの人が慌てて買ったことが原因だ。 実際は在庫もあり、マスクとは状況が異なる。 国やメーカー、小売店などは、デマに惑わされないよう呼びかけるが、騒動は収まっていない。 「マスクの次に不足するのは原材料が中国から入らないトイレットペーパーだ」といったデマが、早い段階からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で飛び交っていた。 引用: また、デマと分かってもとりあえず買おう、買い占められたことで店にトイレットペーパーが無くなり、無くなった惨状を見てついつい多めに買ってしまって買い占めの連鎖が起きているのでした。 最初はネット上での誤った情報だったものが、心配になった一部の人が実際に購入。 熊本市など一部の地域の店で、局所的に売り切れる事態となった。 空になった棚の写真がSNSなどで拡散され、「本当にないんだ」と思った人が買いに行くことで、他の地域にも品不足が広がっていった。 その状況が報道されることで、「デマかもしれないがとりあえず買っておこう」という人が増えた。 デマを収束させにくくしている要因としては、小売店など企業の構造的な弱点もある。 十分に商品を店頭に並べれば、そもそもパニックはおきない。 売り切れたら、すぐに倉庫から補充すればいいはずだ。 だが、企業は収益力を高めるため、在庫を出来るだけ減らすことに力を入れてきた。 平均的な売り上げに応じて、必要最小限のものだけ並べる。 店の倉庫は小さく、商品は巨大な物流センターに集約し、定期的にトラックで運ぶのが一般的だ。 このやり方は効率的で人手もかからないが、いったん想定外に売れる商品があると、対応できなくなる。 「トイレットペーパーのようなかさばるモノは、店頭に並べられる量に限りがあります。 物流センターから補充しようとしても、すぐには持ってこられないんです」(大手スーパーの担当者) 小売店に限らず企業は、人員をぎりぎりまで削減している。 トラックの運転手らの人手不足も深刻で、緊急事態に対応できる余裕は少ない。 リストラなどで「経営のスリム化」を推し進めた結果、想定外に対応できる柔軟性が弱まってしまったのだ。 引用: このように転売屋のデマから、デマだと分かっても買い、買い占められたことで店にトイレットペーパーがない惨状を見て買い占めしまう麩の連鎖が起きてしまったのでした。 富田優史は逮捕の可能性?米子医療生協トイレットペーパー品薄デマ炎上で住所・顔画像特定! 富田優史さんはツイッターで自分を晒していたので、住所や勤め先もすぐに特定されてしまったようです。 そして、勤め先が謝罪する事態となり、かなり重い処分がくだされそうです。 それだけでなく、台湾なら即逮捕レベル、日本でも偽計業務妨害として逮捕される可能性があるのです。 みなさんも、こういったデマツイートをすることで、ネットからの私刑だけでなく、本当に逮捕される可能性もあるので、デマで冗談を発する時は気をつけてください。 せばな~.

次の