マーティン ジップ - 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ジップ マーティン 【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

各アイテムを凝視すると興味深いディテールが目に入ってくる。

  • プリントは、オートクチュールに使用される素材、ダッチェスサテンがあしらわれた。

  • 「フィラ」とのコラボレーションアイテムは、これまでのスタイルを踏襲するだけでなく、新たなアイデアに満ちている。

  • 良い年をした中年男性がダブついたパンツを穿いても、果たして美しく見えるのだろうか。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

背面に打ち出しのメタル製パネルを配したコートや、ひざ下に丸くカットアウトしたニットドレスやレザーのフード付きレインコート、ニットベストを解体して縫い付けたシャツ、それらはとても突飛で違和感すら覚えるかもしれないが、「ロエベ」の技術力とクリエーションのレベルの高さを誇示するアイテムである。

  • スポーツウェア、ワークウェアからインスパイアされたアイテムを主軸に、どこを切り取っても「エルメス」らしさが滲む、気負うことのないエレガンスを漂わせるコレクションとなっていた。

  • 大地からインスパイアされた、地・風・水・火の4要素をフォトプリントで表現。

  • 幾通りにも着こなせるコンペンディウム・コートは今シーズンも継続し、今季はベンタイルコットンを使用したコンペンディウム・トレンチが登場。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

鮮やかな色こそなかったが、「リック・オウエンス(Rick Owens)」でさえダークカラーを控え、ホワイトのアイテムを主軸にしたコレクションを展開し、大きなインパクトを与えた。

  • カラージップのバックスキンのブルゾン、パンチングで馬を描いたシャツ、「モール・エ・グルメット」モチーフを透かし模様のように表現したデボレプリントのシャツ、ジグザグのヨットステッチのフード付きパーカ。

  • ディテールや全体像はもちろん、ライブで処理をしたグラフィカルな映像も流れ、画期的・革新的だった。

  • ベースとなる服そのものは、「ジル・サンダー」らしいミニマルでシンプルなシルエットで非の打ちどころがないが、レトロなディテールや強い個性を持つアクセサリー類を加えることで、着る人に独創性や多様性を与えて人々の注意を向ける。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

今季はレディースも同時に披露した。

  • 地面に着くほどの長さのスプリットヘムが目を引いた。

  • スポーツウェア、ストリートウェア、そしてワークウェアからテーラードまで幅広いアイテムを組み合わせている。

  • 厳格なロックダウン期間を経た現在も、パンデミックは終息する気配を見せない中、次なる時代にクラブカルチャーを重ねていたのが、「ロエベ」、「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」そして「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」である。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ニューヨークを拠点に活動するドイツ人アーティスト、フロリアン・クルーワーの作品からもインスパイア。

  • エキセントリックでアンバランスな中に、マーティンスの絶妙なバランス感覚が光る。

  • 実際に生産され、店頭販売されることを祈るばかりだ。

  • ヴェロニク・ニシャニアンによる「エルメス」は、エリゼ宮の家具を管理するモビリエ・ナショナルにてショーを開催した。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ドローコードのベルト、異なる色と異なる素材を組み合わせたブルゾン、エルメスのアイコニックなモチーフである「モール・エ・グルメット(ビットとカーブチェーンのモチーフ)」をモダンにアレンジしたプリントのポロ、そしてゆったりしたバミューダパンツ。

  • その一方で、「エルメス」や「ポール・スミス」に見られたように、アウトドアや自然を感じさせるコレクションも一つの傾向を示している。

  • 「軽やかさ、リラックス、そして自由の感覚」をキーワードに、これまで以上に柔らかでしなやかなシルエットを見せ、「エルメス」のコードを守りながらウォータースポーツやリゾートの要素を感じさせる開放的なコレクションを展開した。

  • インスピレーションについては、自由への渇望が見て取れるブランドが多かった。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

服そのものの傾向を思い返してみると、多くのブランドで見られた鮮やかな色が印象的だった。

  • アシッドな色合いのメッシュのレイヤーはクラバーのコスチュームを想起させ、メタリックフリンジのセットアップやロープを繋ぎ合わせたパンツ、アニマルモチーフのスパングル刺繍のセットアップは、ナイトクラブのエキセントリックな人々の装いに直結。

  • 勇気を要するチャレンジとなるに違いない。

  • それぞれイメージフィルムのみの配信で、明確な最新コレクションの発表をせず。

【2022春夏パリメンズ ハイライト2】アウトドア、クラブカルチャー、ポジティブカラー、ロングパンツ・・・自由への渇望が支えるキーワード

ルーシー・メイヤーとルーク・メイヤー夫妻による「ジル・サンダー」は、シャビーでレトロなミラノのホテルで撮影したムービーを公開した。

  • ジョナサン・アンダーソンによる「ロエベ」は、弾けるような鮮やかな色を用いて、夜遊びの楽しさやクラブカルチャーの自由さに着想を得たコレクションを発表。

  • これはストリートスタイルからインスパイアされたものなのだろうが、「リック・オウエンス」や「ジル・サンダー」、そして「ダンヒル」までもが発表していたのには驚かされた。

  • 前立ての横にジップを配したポロシャツ、前身頃が外れて「フィラ」のロゴが見えるブルゾン、襟が二重にも三重にもなったスウェットなど、コラボレーションならではの楽しさと面白さが感じられる。




2021 cdn.snowboardermag.com