新年 挨拶 メール ビジネス。 年始挨拶のビジネスメールのポイント2つ【文例あり】

新年の挨拶メールのビジネス文例とタイミングと遅れた時の対応法

新年 挨拶 メール ビジネス

新年の挨拶メールの注意点は? マナー以外にも気をつけておくべき点があります。 以下、4つご紹介します。 新年の挨拶は、最初の営業日から松の内までに! 新年の挨拶メールを送るタイミングとしては、 年明け最初の営業日~松の内(1月7日)までです。 もしも松の内を過ぎたあとから挨拶をする場合は、 「寒中見舞い」として挨拶しましょう。 一斉送信しないこと 一斉送信は、同じ文面を複数の相手に送れる便利な機能です。 ですが、新年の挨拶の時に利用するのは避けましょう。 相手に対して失礼にあたります。 たとえ面倒だとしても、一つずつ丁寧に送るようにしましょう。 年賀状をいただいたら年賀状で返すこと 年賀状が届いた場合は、こちらも年賀状で返しましょう。 メールで返すことは失礼にあたります。 送信前には必ず確認しよう 送信する前には、件名・宛先・内容ともに、敬語の使い方が間違っていないか、誤字脱字はないか、変換間違いがないか、きちんと確認しましょう。 新年の挨拶メール例文 送り先別の例文をご紹介します。 参考にしつつ、自分なりの文面を練ってみてください。 上司宛の新年挨拶メール 例文 件名には、上司の名前と自分の名前を入れます。 また、新年の挨拶であることを明記しましょう。 メール本文には、 最初に新年の挨拶を述べ、次に昨年のお礼を述べます。 さらに抱負や意気込みを書いておくと好印象です。 あまり硬すぎない文面を心がけましょう。 また、 業務に関係する内容を含まないように気をつけましょう。 新年早々から仕事に関連する内容だと、上司も気が滅入ってしまいます。 旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。 本年もより一層努力して、業務に励んでいきたいです。 昨年と同様に、変わらぬご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 同僚宛の新年挨拶メール 例文 同僚に対しては、あまり堅苦しすぎる文面だと距離を感じてしまうので、件名・内容ともに、ややくだけた感じにすると良いでしょう。 また、協力して仕事に取り組もうと伝える内容であれば、さらに印象も良くなるでしょう。 本年もより一層努力で、サービスの向上に努めてまいります。 どうぞ、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。 取引先宛の新年挨拶メール 例文 件名には、氏名と自社名を記載しましょう。 本文には、まず最初に祝辞を述べます。 次に、昨年度中のお礼を述べて、今年の抱負などを書きましょう。 お礼はなるべく具体的に書くと好印象です。 最後は、今後のお付き合いをお願いする文章にしましょう。 こちらも、お客様宛同様に、営業時間などを記載しておくと親切です。 旧年中はご高配に預かり、誠にありがとうございました。 本年も、さらなる努力をしていく所存です。 今後とも、倍旧のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝をお祈りいたします。 挨拶メールの返信、こんな時はどうすればいい? 挨拶メールを送っていなかった取引先などから、挨拶メールがきた場合 こちらからお送りしていなかった場合は、すぐに返信しましょう。 上記の例文をもとに、簡潔な挨拶文にすればOKです。 もしも 松の内を過ぎているのであれば、「寒中見舞い」として出しましょう。 挨拶メール中にこちらへの質問があった場合 挨拶メールの中に質問が混じっているようであれば、丁寧に返信してあげると良いでしょう。 相手も、「ちゃんと読んでくれたんだな」と安心してもらえます。 社長から社員へ一斉メールがきた場合 基本的に返信は不要。 社長と会ったときに直接お礼を言う程度で十分です。

次の

新年の挨拶をメールでする方法・文例・いつまで|ビジネス

新年 挨拶 メール ビジネス

日本には新年になると日頃の感謝やお礼を兼ねて年賀状を出す文化があります。 この年賀状の制度は日本ならではの文化です。 年賀状は年末に作成をして、元旦に届くように投函するものですが、年始の挨拶はその後も続きます。 実際に会ったときに年始の挨拶として新年が明けたことを喜びながらご挨拶をするものですが、年始の挨拶の期間はいつまですればよいのか不明という方に必見です。 いつまで挨拶するべきか、どのように年始の挨拶をするのかご紹介しますのでぜひともご参考にしてください。 ビジネス場面での年始の挨拶もご紹介します。 いつから 年始の挨拶は基本的には早ければ早い方がよいです。 ビジネス場面であれば、営業、出社初日に年始の挨拶をすることが望ましいです。 ビジネス上であれば営業開始のお知らせも含め、年始の挨拶をすることもあります。 一般的に企業の営業マンは年始の仕事として、まずは取引先への挨拶回りから始まります。 出社初日は社内での挨拶やパソコンなどのセットアップなどに追われることがありますが、翌日からは年始の挨拶回りに出かけることが多いです。 そのときには、取引先にアポイントを取ることが好ましいです。 いつまで 年始の挨拶はいつまでとは決まっておらず、新年になってから初めて会うのであれば、1月中なら「明けましておめでとうございます」ということもあります。 しかし、年始の挨拶がいつまでかという感覚は土地によって異なります。 一般的に関西地域では、1月15日まで年始の挨拶をすることが多いです。 しかし、関東地区ではもっと早く年始の挨拶は1月7日で終わらせることがあります。 そのため、転勤が多い職種の人はその地域によって年始の挨拶の一般的なタイミングを確認する必要があります。 年始の挨拶ビジネスメールの送り方 ビジネスメールは礼儀正しさと常識が問われます。 そのため、できる限り丁寧な挨拶文を作成しようと、二重敬語や意味が重複した文章にならないように注意しましょう。 よく間違った日本語を使っていることがありますので、メールを送る前には必ずチェックしましょう。 よく「新年、明けましておめでとうございます。 」という書き出しを見ますが、これは日本語として間違いです。 「新年」と「明けまして」は同じ意味があるため重複しています。 新年と使う場合は「新年おめでとうございます」が正しい日本語です。 同じ意味であっても使う言葉次第で印象がとても異なります。 例えば、友人との会話や普段の話し言葉のなかでは「今年」という言葉を使っていても、ビジネス場面では「本年」と言い換えるべきです。 年始に挨拶をメールで行う際には、「本年もよろしくお願いいたします。 」と挨拶をすることが相応しいです。 その他の言い回しであれば「今後ともよろしくお願い申し上げます。 」などもよく使用されます。 会社 年始の挨拶を友人同士や家族であればメールやラインですることは日常となりましたが、会社関係であっても近年ではメールで挨拶することは当たり前となってきています。 あきらかに年始早々に会う機会がある方にメールで年始の挨拶をする必要はないにしても、会社関係者で普段よりお世話になっていても会う機会が少ないのであればメールで送ることもあります。 そのときには「メールで失礼を承知の上、ご連絡させていただきます」など一言添えることが望ましいです。 お客様 お客様に年始の挨拶をメールですることは極力避けたいところですが、年始の挨拶はしないよりメールであっても絶対にする方がよいです。 お客様にメールで年始の挨拶をするときは、「本来であれば直接伺いご挨拶をするべきですが」とクッション言葉を付け加えることを忘れないようにしましょう。 社外 上司への年始の挨拶はメールではなく、面と向って挨拶をするようにしましょう。 例外として、上司が出張や別の支店に出勤しており会うことができない場合には、メールで取り急ぎ年始の挨拶をすることも選択肢の1つです。 直接会わない場合の挨拶としてはメールよりは電話の方が丁寧であり印象がよいです。 もし、メールで年始の挨拶をする場合には、昨年のお礼をしてから、今年もがんばっていくという意思が伝わるようなメッセージを含めて送るとよいです。 新年の目標や抱負を述べることも好ましいです。 社内 社内での年始の挨拶は社外に比べるとカジュアルでも許されがちです。 しかし、いくら社内であるからといっても礼儀とマナーだけは守りましょう。 特に注意するべき点は、自分との関係性です。 社長や上長に対してと後輩や部下に対してでは内容を変えることが望ましいです。 社内では一斉送信を使って簡素化することも多くなっております。 その場合には、件名に「年始のご挨拶」などと設けて送信することもあります。 社長や会長クラスの幹部は「社員各位」として社内に一斉送信で、年始の挨拶と今年の抱負や今後の意気込みを配信することも多々あります。 取引先 メールでの取引先への年始の挨拶は、その年の初めてコンタクトを取るときの冒頭の文章でまかなうケースが多々あります。 例えば、仕入先の年始の初めてのオーダーの際に、挨拶文章を入れてからいつもどおりの発注内容を記載します。 この場合は、オーダー内容のあとに年始の挨拶をすることはタブーです。 必ず、冒頭に記載することがポイントです。 年始の挨拶の文例 礼儀正しく メールは会話と違い相手の雰囲気や状況が読み取りづらいため特に注意深く礼儀正しく作成する必要があります。 電話の場合、雑談も含めコミュニケーションをする上で相手の人柄などを伺うことができますが、メールで挨拶となると相手の情報がとても少ないです。 ビジネス場面では相手に実際に会ったことがない場合も多く、メールでの文面は礼儀正しく失礼のないように心がけましょう。 面識のある方でも年始の挨拶では、かしこまって対応することが無難です。 シンプル 年始の挨拶はシンプルにあっさりと行う場合が多いです。 新年最初のコンタクトの際に、「明けましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になりました。 ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。 」と数行で年始の挨拶を終わらせることが大半です。 年始の挨拶は欠かせないけどあまりだらだらと長くならないように短文で対応することもあります。 レター ダイレクトメールでも最近では年始の挨拶メールがたくさん送られています。 ダイレクトメールのように、誰にでもあてはまるような内容ではなく、レターのように送る年始の挨拶は特に親しい間柄やお世話になっている方に相応しいです。 例文としては、「明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になり誠にありがとうございます。 おかげさまで良き新年を迎えることができました。 本年も昨年同様に、よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 」 シンプルに比べると少し長くはなりますが、途中に「休日いかがお過ごしになられましたか。 」などと問いかける文章を入れてもよいです。 年始の挨拶の締め方 どのようなことであっても、節目に関する挨拶はとても大切です。 挨拶というものは育ってきた環境から当たり前に行っている方がいますが、そのなかにも常識やマナーはつきものです。 仕事をする上では挨拶をできなければ取引まで発展することはありません。 普段から上司とのコミュニケーションが良好で仲がよかったとしても年始の挨拶などの節目にはきちんと礼儀正しく行えるようにしましょう。 親しき仲にも礼儀あり 「親しき仲にも礼儀あり」という言葉があるように、いくら仲がよい関係であっても超えてはいけないルールがあります。 先輩や上司などには特に常識や礼儀を忘れないようにしましょう。 取引先の方と食事に行くぐらいの近しき仲になったとしても、年始の挨拶には形式的に接することにこしたことはありません。 英語で年始の挨拶 グローバル化が進む日本の社会ですが年始の挨拶を英語でする場合のご紹介をします。 英語での「本年もよろしくお願いいたします。 」や「昨年は大変お世話になりました。 」という表現はどうするのでしょうか。 「明けましておめでとうございます。 」というフレーズは「Happy New Year」という認識のある方は多いですが、その他の文章についても知っておくといざというときに役立ちます。 アジアは旧正月がメイン アジアでは1月1日よりも旧暦でのお正月がメインイベントです。 旧正月は毎年日程は異なり、だいたい1月の終わり頃から2月中旬までにあたることが多いです。 英語では「昨年は大変お世話になりました。 」というフレーズはなく、「I hope you are doing well. 」という言い方をよく使います。 意味としては過去のことよりこれからの発展を願っていますという意味合いが強いです。 年始よりクリスマスがメイン 英語圏や特にヨーロッパを中心とする地域では、正月という概念はなくほとんどの会社も新年は1月2日から営業する企業がほとんどです。 こういった地域では正月よりもクリスマスが1年のビッグイベントであり、日本でいう年賀状と同じようにクリスマスレターを送ることが文化にあります。 日本で年賀状が1月2日以降に届くことが非常識ととられがちと同じで、クリスマスカードが12月25日までに届かないことは非常識にあたいします。 年賀状は少し早めに投函しても到着は元旦ですが、クリスマスカードはクリスマス前に順に届き始めます。 このときに「Merry christmas」と同時にまだ年を越していなくても「Happy New Year」とも記載されます。 年始の挨拶は新年の1番最初の仕事.

次の

新年の挨拶のマナーとは?ビジネスでは?メールの内容についても詳しく解説!|フリーブログ。

新年 挨拶 メール ビジネス

新年の挨拶メールの注意点は? マナー以外にも気をつけておくべき点があります。 以下、4つご紹介します。 新年の挨拶は、最初の営業日から松の内までに! 新年の挨拶メールを送るタイミングとしては、 年明け最初の営業日~松の内(1月7日)までです。 もしも松の内を過ぎたあとから挨拶をする場合は、 「寒中見舞い」として挨拶しましょう。 一斉送信しないこと 一斉送信は、同じ文面を複数の相手に送れる便利な機能です。 ですが、新年の挨拶の時に利用するのは避けましょう。 相手に対して失礼にあたります。 たとえ面倒だとしても、一つずつ丁寧に送るようにしましょう。 年賀状をいただいたら年賀状で返すこと 年賀状が届いた場合は、こちらも年賀状で返しましょう。 メールで返すことは失礼にあたります。 送信前には必ず確認しよう 送信する前には、件名・宛先・内容ともに、敬語の使い方が間違っていないか、誤字脱字はないか、変換間違いがないか、きちんと確認しましょう。 新年の挨拶メール例文 送り先別の例文をご紹介します。 参考にしつつ、自分なりの文面を練ってみてください。 上司宛の新年挨拶メール 例文 件名には、上司の名前と自分の名前を入れます。 また、新年の挨拶であることを明記しましょう。 メール本文には、 最初に新年の挨拶を述べ、次に昨年のお礼を述べます。 さらに抱負や意気込みを書いておくと好印象です。 あまり硬すぎない文面を心がけましょう。 また、 業務に関係する内容を含まないように気をつけましょう。 新年早々から仕事に関連する内容だと、上司も気が滅入ってしまいます。 旧年中は、大変お世話になり、ありがとうございました。 本年もより一層努力して、業務に励んでいきたいです。 昨年と同様に、変わらぬご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 同僚宛の新年挨拶メール 例文 同僚に対しては、あまり堅苦しすぎる文面だと距離を感じてしまうので、件名・内容ともに、ややくだけた感じにすると良いでしょう。 また、協力して仕事に取り組もうと伝える内容であれば、さらに印象も良くなるでしょう。 本年もより一層努力で、サービスの向上に努めてまいります。 どうぞ、変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。 取引先宛の新年挨拶メール 例文 件名には、氏名と自社名を記載しましょう。 本文には、まず最初に祝辞を述べます。 次に、昨年度中のお礼を述べて、今年の抱負などを書きましょう。 お礼はなるべく具体的に書くと好印象です。 最後は、今後のお付き合いをお願いする文章にしましょう。 こちらも、お客様宛同様に、営業時間などを記載しておくと親切です。 旧年中はご高配に預かり、誠にありがとうございました。 本年も、さらなる努力をしていく所存です。 今後とも、倍旧のご愛顧を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健勝をお祈りいたします。 挨拶メールの返信、こんな時はどうすればいい? 挨拶メールを送っていなかった取引先などから、挨拶メールがきた場合 こちらからお送りしていなかった場合は、すぐに返信しましょう。 上記の例文をもとに、簡潔な挨拶文にすればOKです。 もしも 松の内を過ぎているのであれば、「寒中見舞い」として出しましょう。 挨拶メール中にこちらへの質問があった場合 挨拶メールの中に質問が混じっているようであれば、丁寧に返信してあげると良いでしょう。 相手も、「ちゃんと読んでくれたんだな」と安心してもらえます。 社長から社員へ一斉メールがきた場合 基本的に返信は不要。 社長と会ったときに直接お礼を言う程度で十分です。

次の