盾 の 勇者 の お し ながき - 盾之勇者后宫录:说说盾勇男主的7位正牌后宫 最后两位才是真爱_尚文

の 勇者 ながき の 盾 お し 盾の勇者の成り上がり

の 勇者 ながき の 盾 お し 盾の勇者の成り上がり Reive

盾の勇者の成り上がり

の 勇者 ながき の 盾 お し 《盾之勇者》:召唤而来勇者能力排行,盾勇第三,最强来自别国

の 勇者 ながき の 盾 お し 在线播放《盾之勇者成名录》

の 勇者 ながき の 盾 お し 《盾之勇者》:召唤而来勇者能力排行,盾勇第三,最强来自别国

の 勇者 ながき の 盾 お し 盾の勇者の成り上がり Reive

の 勇者 ながき の 盾 お し 盾之勇者后宫录:说说盾勇男主的7位正牌后宫 最后两位才是真爱_尚文

在线播放《盾之勇者成名录》

の 勇者 ながき の 盾 お し 盾の勇者の成り上がり Reive

在线播放《盾之勇者成名录》

の 勇者 ながき の 盾 お し 盾之勇者后宫录:说说盾勇男主的7位正牌后宫 最后两位才是真爱_尚文

の 勇者 ながき の 盾 お し 在线播放《盾之勇者成名录》

《盾之勇者》:召唤而来勇者能力排行,盾勇第三,最强来自别国

たった一人残った妹ルシアを失った辺りから陰りを見せ始め、現在はその面影がないほどに落ちぶれ、尚文にしてきたような愚かな蛮行をするようになってしまう。

  • この特別な成長はホルンによって仕込まれた事であり、キングバルーンもホルンが生み出したと思われる。

  • Web版では服飾関係に力を入れている。

  • 私的な面においては妻であり女王のミレリアのことも深く愛しているなど、落ちぶれてしまった現在でも家族思いの性格。

盾の勇者の成り上がり Reive The Animation

一見すると育ちの良さそうな巻き毛の少年。

  • 奴隷商(魔物商)のところで魔物の卵くじで購入した卵から孵化した鳥型の魔物フィロリアル。

  • 行商により尚文が「神鳥の聖人」と呼ばれるようになり評判が高まって権威が揺らぎ、「四聖勇者」全員の抹殺と国家転覆を企んだため、女王により討伐されメルロマルクの国教は「四聖教」となり盾の勇者も等しく崇拝されることとなった。

  • また魂に攻撃を行うことができ、転生者の魂に止めを刺したことがある。

盾之勇者后宫录:说说盾勇男主的7位正牌后宫 最后两位才是真爱_尚文

在这个世界中团结绝对是最重要的,一个人即使再强也绝对挡不住浪潮的分点进攻。

  • また、 全ての女性を豚としか認識できなくなっており、外見の区別どころか言葉も通じなくなっている。

  • また、動物や魔物に懐かれやすく、アニマルフレンズ(動物に自然と好かれる)のダブルスキルとも言われている。

  • 強姦魔の冤罪を受けた尚文に対しても、悪と決めつけて糾弾していた。

コラボイベント「盾の勇者もやり直し」開催!【4/6(火)更

戦闘では龍脈法を使ったり、仲間と共に合唱魔法を行ったりする。

  • 弟がいるせいか年下と認識した相手は子ども扱いするところもある。

  • 会議のために尚文たちとフォーブレイに訪れた際にマインに取り入られたタクトに致命傷を負わされる。

  • 2周目ではメルロマルク側に謀殺されるが、その後のループでも最終的には元康を信頼しつつもその突飛な行動に頭を痛める立場になり、ループに入る元康にやるべきこと、やってはいけないことを指示して送り出している。

《盾之勇者》:召唤而来勇者能力排行,盾勇第三,最强来自别国

召喚以前から乗り物や酒で酔ったことがなく、乗り心地が最悪と評判のフィーロの引く馬車の中でも調合を行い、強力な酒の素であり普通の人なら1粒食べたら卒倒するという「ルコルの実(後述)」を平然と食べ続けるほど酒に強い。

  • 四聖勇者とその仲間に変幻無双流を伝授するが、尚文を除く努力嫌いな他の勇者は逃亡。

  • フィロリアルの聖域に住み、人里離れた龍刻の砂時計を中心に波に対処しており、霊亀とタイマンで戦えるほど戦闘能力に優れている。

  • サディナがラフタリアの両親と共にクテンロウから出た後に後釜として生まれた。

在线播放《盾之勇者成名录》

今代の勇者はいずれも、それぞれ似て非なる歴史を歩んだの現代日本から召喚された。

  • また、隠密行動や戦闘では暗殺者らしい冷静な行動をとる一方で、メルティに口調に関して文句を言ったり尚文をからかったりと茶目っ気でコミカルな一面ももつ。

  • 本人は知らされていなかったが、東方のクテンロウの天命(王族)にして勇者の調停者の末裔。

  • 金銭面や素材提供などでバックアップし、波や守護獣との戦いでは兵士の全体の指揮として戦いに参加している。




2021 cdn.snowboardermag.com