博多 弁 かわいい。 【福岡】福岡の方言がばりかわいいと話題!博多弁や北九州弁などキュンとするフレーズ大特集

博多弁女子が可愛い理由!キュンとくるセリフやフレーズ!

博多 弁 かわいい

2019年6月8日 6時0分 [めんたいワイド- 福岡放送] 2019年5月27日放送の「めんタイムス」のコーナーでは、「博多弁はなぜかわいい?」というテーマを特集していました。 さまざまな方言ランキングで上位に入るなど、よくかわいいと言われる博多弁。 そういったイメージは、どこから来ているのでしょうか。 「なんしようと?」 福岡県出身の美声評論家・秋竹朋子さんによると、博多弁がかわいいと言われるのには理由があるそうです。 例えば、博多弁で「なにしてるの?」は「なんしようと?」といいます。 この二つの言い方を比べると、博多弁のほうは語尾が上がります。 この語尾が上がることが、博多弁がかわいいと言われる理由の一つだそうです。 ちなみに、女性には「心配しとったとよ~」という博多弁が人気だそうです。 九州男児の言葉の強いイメージと変わって、語尾に「とよ~」が付くことで、かわいくなりギャップ萌えするようです。 私はずっと福岡なので、あまり意識したことはなかったのですが、こんなにかわいいと言われるなら、これからも自信をもって博多弁を話していきたいと思います。

次の

福岡の方言(博多弁)27選!例文やかわいい語尾・イントネーションの特徴も

博多 弁 かわいい

「なんしようと?」 「今、テレビ見よるばい」 「また遊ぼうやあ」 …このように、何気ない一言でもなんだか親しみが持てて、かわいいと思いませんか? それでは、ここからそんな「ばりかわいい」博多弁を厳選して10個、紹介します! 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁1「ばり~」 「とても~」の意味! 「ばり楽しい!」「ばりかわいい!」「ばりよかったよ!」など、聞いたことのある人も多い方言でしょう。 「とても~」という意味で、自分の予想を超えたときに使われるイメージです。 例えば友達のファッションを褒めるときに「ばりかわいい」と言ったら、「想像してたよりもすごくかわいい」という感動のニュアンスが含まれます。 ちなみに、似た表現として、「とても~」の意味で最上級を表す「ちかっぱ」も覚えておきましょう。 「ちからいっぱい」から来た方言で、「ばり」よりも強い表現です。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁2「なんしようと?」 「なにをしているの?」の意味 友達に電話したときの一言目、街でばったり知人に会ったときなど、挨拶代わりに交わされる方言です。 ちなみに、年配の方だと「なんばしようと?」といったように、間に「ば」を入れることが多いです。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁3「よかよ!」 「いいよ!」の意味! 言葉としてとてもかわいらしい印象を受ける方言といえるのではないでしょうか? 何かお願いに対して承諾するときに「よかよ!」と言いますが、「しぶしぶOK」というよりは、前のめりで快諾するニュアンスです。 デートのお誘いに対してこの方言でOKを貰えたら、かなり脈ありと思っていいかも? 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁4「好きっちゃけど」 「好きです」の意味! 女子が言うのはもちろん、男子が言ってもかわいい方言ですね。 直訳すると「好きなんだけど」という意味なので、「好きっちゃけど、付き合ってくれん?」といったように後に言葉が続くこともありますが、単体で使うことも。 その場合は、「好きっちゃけど…(照れ笑い)」と、照れ隠しの曖昧な表現として使われます。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁5「~ばい」 「~だよ」の意味! 語尾をちょっと強くしたいとき、この「~ばい」を使います。 何かをがんばりたいと思ったときに、「やるばい!」と意気込むなど、勢いを感じる方言ですね。 ちなみに、似た言葉に「~たい」があります。 とりあえず「ばい」「たい」を語尾につけとけばOK…と思っていると、福岡の人によっては「バカにしとると?」と思われてしまう可能性もあるので注意。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁6「~やあ」 「~しようね」の意味! 「また遊ぼうやあ」「一緒にご飯食べようやあ」のように、「やあ」という語尾が可愛らしく、親しみの持てる方言ですね。 親友などとくに近しい人に対して、ちょっと甘えた感じでお願いをするときにこの表現を使います。 旅先で出会った福岡の人からこんな風に言われたら、「私はあなたに気を許していますよ」ということなので、喜んでよし! 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁7「~やけんね!」 「~だからね!」の意味! これも意味はわかりやすいと思いますが、かわいい表現なので紹介します。 「明日、デートやけんね!」というように、念を押すときに使われる方言です。 「~だから忘れないでほしいな」のニュアンスが含まれていることが多く、この後に「忘れんどってね」と続く場合も。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁8「~かいな?」 「~なの?」の意味! 「ピザ好きなやったかいな?」「昨日は雨降っとったかいな?」のように、「~だと思うんだけど、合ってる?」と確認したいときに使う方言です。 語尾に「な」がつくことでどこか柔らかく優しい印象を受けるのがいいところですね。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁9「~ろうもん」 「~でしょ」の意味! 有名な使い方は「よかろうもん(=いいでしょ)」。 聞いたことがある方も多い言い回しではないでしょうか? 実は、福岡では若い人はあまり使わず、年配の方の言葉というイメージがあります。 他にも、「しとろうもん(=してるでしょ)」「あったろうもん(=あったでしょ)」「寒かろうもん(=寒いでしょ)」のように、動詞や形容詞と一緒に幅広く使うことができます。 胸キュン必須!ばりかわいい博多弁10「はらかいとる」 「機嫌が悪い」の意味! 機嫌が悪くなってちょっと拗ねてしまった様子の人に対して使う表現です。 例えば「あの子、髪型変えたのに彼氏が全然気づいてくれんけん、はらかいとるみたいよ」といったシーンですね。 福岡以外にも、九州の広い範囲で使われる表現なので覚えておくといいでしょう。 間違いに注意!標準語とは意味が違う方言のご紹介 「来る」「なおす」「かたる」それぞれの意味は…? 福岡の方言には、標準語と言葉が同じでも意味が違うものがあります。 例えば、「来る」は「行く」の意味で使われることがあります。 「そっち来るけん」は、「そっちに行くからね」という意味なのです。 「なおす」も誤解を生みやすい表現。 標準語では「(病気やケガを)治療する」や「(故障などを)修理する」という意味の言葉ですが、福岡では「片づける」意味で使う場合があります。 「この本、本棚にちゃんとなおしとって」といった使い方ですね。 また、「かたる」は標準語では「語る」ですが、福岡では「仲間に入る」意味があります。 友達がゲームをしているところに行って、「私もかたらして(=一緒に遊ばせて)」のように使います。 お出かけの際は公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

次の

博多弁女子が可愛い理由!キュンとくるセリフやフレーズ!

博多 弁 かわいい

福岡の方言、博多弁は主に福岡市全域(福岡県西部)で使われてるのが特徴的です。 福岡県全部が博多弁を使っていると思っている方も多いですが、北九州市は北九州弁(北九弁)になります。 柳川市、大牟田市、久留米市は筑後弁が使われています。 博多弁とは言い回しなどが異なるのが特徴ですが、北九州弁(北九弁)、筑後弁どちらも、かわいい福岡の方言です。 最近は特にその「かわいい」が全国的に知られて、かわいい方言ランキングのトップになっています。 愛嬌のある語尾「~と?」などは、愛嬌だけなく少しおっとりと感じる優しい雰囲気が男性のハートを捉えているようです。 福岡の方言(博多弁)には独自の発音の仕方があります。 福岡の人気うどん店「かろのうろん」という店がありますが、これは「角のうどん屋」が「かろのうろん屋」と言われて、そのまま店名になったそうです。 このように「だ行」と「ら行」の発音を取り違えることが多いのが特徴です。 又「先生」が「しぇんしぇー」となったり「ジェットコースター」が「ゼットコースター」のなったりと独特な発音があります。 動詞、形容詞、語尾の使い方などに特徴があります。 動詞の「着ろ」は「着れ」に、形容詞の「寒くなる」は「さむうなる」になります。 語尾の「いいよ、いいよ」は「よか、よか」となります。 博多弁に慣れるまで、使いこなすのは難しいかもしれませんね。 博多弁のアクセントは語尾を上げたりと、最初は難しく感じます。 「帰るの?」の意味「帰ると?」の語尾は少し上げたアクセントで発音します。 この語尾を上げるイントネーションが、かわいい!という男性が多いです。 博多弁を真似て話す時に語尾に「と」を付ける人が多いですよね。 それほど博多弁でよく聞く言葉です。 代表的な例文で「何しているの?」を「なんしよーと?」。 「どこ行ったの?」を「どこ行ったと?」など疑問形によく使います。 語尾を上げれば疑問形になりますが、語尾を平坦に「~と」と言えば「~したのです」の意味になります。 A氏「行ったと?(語尾を上げて)」B氏「行ったと(平坦に)」これはA氏が「行ったの?」と聞いてB氏が「行ったよ」と答えています。 「~ので」「~だから」という意味で語尾に使います。 この言葉も「~と」と同じぐらい博多弁でよく聞く方言です。 「お腹空いたけん、ご飯食べに行こう」は「お腹空いたから、ご飯食べに行こう」という意味になります。 九州の人を真似る時によく使われる方言です。 「~ばい」は「~だよ」の意味の言い切りの表現で語尾に付けて使います。 例えば「買い物に行くばい」は「買い物に行くんだよ」の意味になります。 「〜だよ」という意味になります。 「~ばい」とよく似た感じです。 語尾に付けて使いますが、イントネーションが慣れるまで難しいようです。 使い方で「勉強しよったったい」は「勉強してたんだよ」になります。 「~ったい」も女性が使うとかわいいと人気です。 「~よね」「~でしょ」という意味になります。 年代問わず、よく使われる博多弁で方言と思っていない方も多いです。 「〜してる」の意味になります。 この「~とる」と「~よる」は使い方で意味が違ってきます。 「食べとる」は「食べ終えている」の意味で、「食べよる」は「今食べている」となります。 過去形と現在系と違ってきますので、使う時は注意しましょう。 「よい」という意味で使います。 女性が「よかよ~」と博多弁を話すのが、かわいいと好きな男性も多い人気の博多弁です。 「よか?」と話す時、語尾を上げていると「いいですか?」の疑問形になります。 「よか!」と言い切れば「いいよ!」となります。 例文では、男性「これ食べてよか?」女性「よかよ~」。 これは、男性「これ食べていい?」女性「いいわよ~」の意味になります。 アクセントやイントネーションで使い方が変わってきます。 「すごい」の意味で使います。 福岡市営地下鉄のICカードに「はやかけん」がありますが、「はやか」は「はやい」という意味です。 語尾の「い」が博多弁では「か」になります。 主な使い方は「かわいい」は「かわいか」、「うれしい」は「うれしか」です。 これは「とても」や「すごく」、「超」という意味になります。 若者がよく使う言葉です。 「ちかっぱ」は「力いっぱい」が訛って「ちかっぱ」になったという説があります。 「ちかっぱ嬉しか~」は「すごく嬉しい」となります。 意味は「こんな」になります。 「こんな大きな魚が釣れた」は「こげな大きな魚が釣れた」となります。 他にも似たニュアンスの言葉があり、「そげな」は「そんな」、「どげな」は「どんな」、「あげな」は「あんな」でシーンによって使い分けます。 意味は「好きじゃない」「嫌い」になります。 博多弁で好きは「好いとう」と言います。 「このお菓子好いとう」は「このお菓子好き」になり、「ピーマンは好かん」は「ピーマンは嫌い」になります。 彼氏が彼女にドッキリを仕掛けて、彼女がドッキリとわかった時「もう好か~ん」と少し拗ねながら言われると「かわいい!」とメロメロになる男性が多いです。 意味は「全然~ない」「少しも~ない」という意味です。 先ほどの好かんと一緒に使う事が多いです。 「ピーマンいっちょん好かん」は「ピーマンは全然すきじゃない」となります。 甘えモードの「いっちょんすかん」は、幼さも垣間見えて男性に人気です。 意味は「仕方ないよね」「気にしない」となります。 誰かを励ます時や、開き直って前向きになる時などに使います。 「チケット取れんのはしょんなかねー」は「チケット取れないのは仕方ない(ことだよ)」となります。 彼氏を励ます彼女が使う言葉で人気です。 意味は「~だろう」「~だろうが」となります。 「知っとろうもん」は「知っているだろうが(でしょ)」「わかっとろうもん」は「わかっているだろ(でしょ)」になります。 標準語だと少し硬い感じですが、博多弁は柔らかい感じになり、女性だとかわいく聞こえます。 意味は「どうしたの?」になります。 これは二つの言葉が繋がっていて「どげん?」は「どう?」で「したと?」は「したの?」が繋がっています。 落ち込んでいる男性に「どげんしたと?」と女性に聞かれると、「かわいい!」「癒される」という男性が多いです。 意味は「私」になります。 関西の女性が使うイメージがありますが、博多弁でも「うち」は「私」で使います。 「うちも好いとー」は「私も好きー」になります。 「うち」が好きな男性は多く、かわいい博多弁です。 意味は「とても」「すごく」になります。 「ばり嬉しか」は「とても嬉しい」の意味です。 デートで「ばり楽しかね!」(すごく楽しいね!)と彼女に言われるとテンションがあがる、かわいい博多弁です。 ラーメンの注文時「ばりかた」と言えば「とても硬麺で」になります。 意味は「~してあげる」となります。 例文で「肩もみしちゃあよ」は「肩もみしてあげるよ」という意味です。 「~しちゃあ」と女性に笑顔で言われると、男性は「かわいいなぁ」と思う人が多いようです。 意味は「~だよね」「~じゃん」となります。 この「~ちゃん」は大人気の博多弁で、アニメのキャラクターの言葉使いに似ているなど言われています。 「今日お弁当作ったっちゃん」は「今日お弁当作ったんだよね(作ったんだぁ)」と言う意味です。 意味は「好きだよ」になります。 これは最強にかわいい告白の方言と言われています。 恥ずかしいそうに「好いとーと」と告白されたら、胸キュンが止まらないですよね。 他の言い方で「ずうっと好いとったとよ」(ずっと好きだったんだよ)などもあります。 意味は「取ってるの?」「取ってます」になります。 これはイントネーションで疑問形と肯定形の使い分けをします。 語尾が上がる「とっとーと?」は「(ここ)取ってますか?」で語尾が上がらない「とっとーと」は「(はい)取ってます」の意味です。 意味は「かわいらしい」「愛らしい」「愛しい」「元気いっぱいな」となります。 赤ちゃんを見て「あいらしかね~」は「かわいらしいわね~」の意味です。 年配の方が使う事が多い方言です。 意味は「おしゃれだね!」「画期的だね」となります。 「その洋服しゃれとんしゃあね!」は「その洋服おしゃれだね!」の意味です。 意味は「しまう」「片づける」「元にあった場所に戻す」になります。 「この掃除機なおして」は「この掃除機片付けて」の意味です。 「掃除機をなおす」をそのまま解釈して「掃除機を修理する」人が多いと、博多弁を紹介する時の笑い話によく登場します。 意味は「めんどくさい」「煩わしい」「うるさい」など幅広いです。 よく似た言葉で「しゃーしい」「しゃーしか」があります。 どちらもよく使いますが、「しゃーしい」の方が少し軽めの意味で、若い方はこちらの方をよく使っています。 意味は「~みたい」「~そう」になります。 「雨の降るごたる」「雨の降るごたー」は「雨が降るみたい」「雨が降りそう」の意味です。 「この犬、猫のごたーね」は「この犬、猫みたいね」となります。 少し難しい方言です。 意味は「ヤモリ」の事です。 これを方言と知らず標準語と思っている方も多いです。 家の壁に居ると「あっ!かべちょろだ」と子供は喜びます。 子どもから年配の方まで使う方言です。 デートのお誘いにピッタリの例文を紹介します。 ちかっぱを使って「もの凄く」を強調したい時に使う福岡の方言(博多弁)になります。 標準語と言われる東京にも「東京弁」があるのはご存知ですか。 こちらの記事は「東京弁」の事が詳しく書かれています。 博多弁もかわいい、魅力的ですが東京弁にも知られていない良さがあります。 ぜひ参考にご覧ください。

次の